せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

タグ:美術館博物館

亭主(脚のケガが治りつつあるなぁ
と思っていたある日、
脇腹に肋間神経痛のような激しい痛み

最近は体のあちこちに不具合が起こり、回復も遅い・・・
自分でも嫌になります。
加齢とはこういうものなのでしょうか

そんなんで、体を動かすことをためらっている間
しばし、読書に勤しみました

図書館から借りてきたのは
ダン・ブラウン氏作の「インフェルノ」
彼を一躍著名にした「ダ・ヴィンチ・コード」の続作シリーズです。
P1000032
舞台はイタリアのフィレンツェから始まり
主人公の「ラングドン教授」が前作等と同様に、
今回はイタリアの詩人「ダンテ」の叙事詩「神曲」
その周辺を取り巻く美術品に隠された謎を頼りに
ストーリーを展開して行きます。


むかしむかしの十数年前、
フィレンツェには行ったことがあったなぁと
思い出しながら読破しました。

(ここからは、ほんの少々のネタばれ注意です!)

d1
フィレンツェの象徴「ドゥォーモ」

大きすぎて引きが足りません。
当時はデジカメは持たず、
ポケットカメラで写したものでしたから。

f1
レンタルサイクルを借りて街中を観光しました。
小説ではいきなり、ラングドンも何者かに追われ
このような小路を逃げまどいます。

IMG_0003
高台にある「ミケランジェロ広場」から市街を望む
右にうっすらと見えるのが「ドゥォーモ」で
中央の高い塔がラングドンが病室から見た「ヴェッキオ宮殿」です。
「ロマーナ門」はもう少し左側の方角でしょうか?

ここから街に下る坂道で
亭主は自転車から派手に転倒してしまった記憶があります
当時は若く、痛くもかゆくもありませんでしたが、
現在の老いた体ではムチウチ必至だったでしょう


IMG_0006
パニーニとビールで休憩したのは「ボーボリ庭園」
この広い庭園でもラングドンの逃亡は続く
(今回、顔消しはダンテの肖像です)

IMG_0008
かつてのトスカーナ大公のお住まい「ピッティ宮殿」
ここでもラングドン達は追手をうまく欺きます。

IMG_0004
観光名所の「ヴェッキオ橋」から濁ったアルノ川を望む
この橋の上は建造物「ヴァザーリの回廊」であり、
ウフィツィ美術館への通路となっています。

写真右は友人K君
二人で毎晩ワインをべろんべろんに飲んでいたので
毎日の旅程も泊まるホテルもろくに決まらず
翌朝、安ホテルのお湯が出ないシャワーを浴びた後に
「地球の歩き方」で行くところを決めて観光しました。

IMG_0002
「ウフィツィ美術館」
ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」ほか
珠玉の名画方が展示されていますが
この日は残念ながら休館日でした。
なんとももったいないことをしたものです・・・

f2
フィレンツェのシニョリーア広場「ダヴィデ像」の前
右側の建物は現在も市庁舎に当たる「ヴェッキオ宮殿」
小説はこの建物内の「五百人広間」で一つの山場を迎えます。

読者が思い描く展開はここからさらに裏切られます!

ラングドン達はフィレンツェから舞台を移し
隠された謎は・・・
この後もあっと驚く展開が・・・


ダン・ブラウン氏の小説は実在の都市や作品をモチーフに
「事実に基づき(作者筆)」描かれているので、
とてもリアリティに富み、わくわくします。
氏のラングドンシリーズはこれからも続きそうで、次作が早くも楽しみです。


さてしかし、亭主は恥ずかしながら、
これまで世界文学の頂点付近に位置する
ダンテの「神曲」を手にしたことがありませんでした。

これを機会にと考え
また、アマゾンで「ポチッ!」とやってしまいました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ある休日、家族でドライブしました。
目的地は熊本県南阿蘇村(みなみあそむら)です。
asoyama
とても良い天気に恵まれました。
阿蘇山を南側から望みます。

熊本が世界に誇る「阿蘇山」は五つの山々からなる集合体です。
奥様の頭のすぐ右に見えるのが最高峰の「高岳(1,592m)」
左に白く煙が立ち上っているのは「地獄温泉(じごくおんせん)」です。

途中、行ってみたかったパン屋さんへ立ち寄りました。
「天然酵母 パン ダイゴ」
P1000554
久木野(くぎの)温泉館のお隣です。

daigo
お店の看板やチラシのデザインです。

お店の中は
P1000556
小上がりに畳敷きのスペースや

P1000558
木のテーブルでしっとりとお茶を楽しむ空間があります。

肝心のパンですが
P1000555
こんなお惣菜パンや

P1000557
甘いパンなどたくさん種類がありました。
写真は「クロワッサンアマンド」
さくさくのパイ生地の中にカスタードがたっぷり入っていました。

訪れたのは、休日の11時頃でしたが、
魅力的なパンが次々に焼きあがってきたので、
どれを買おうかとても迷いました。


続いて参ったのは本日の一番の目的
「阿蘇白水郷美術館」
P1000559

そこでは熊本県八代市在住の画家
澤村武山(さわむらぶさん)さんの個展が開かれていました。
P1000560
おされなポスターです。

P1000561
会場に入るとその作品の数に圧倒されます。
約60点が展示されていました。

カンバスに油彩で描かれているのは
P1000569
画家や亭主が住んでいる八代市のいとしき風景

それらに加えて
P1000563
「南阿蘇の風景」です。

青い空」「白い雲」「緑の山脈(やまなみ)」
「澤村トリコロール」全快の逸品です

これは、作者本人が今年の初秋、
南阿蘇にテントを張って住み込み、
地元の方々との触れ合いを通じながら
描きおろした新鮮な作品です。

P1000565
写真は作者が使っていらっしゃるイーゼル、パレット
この絵はまだ描きかけだそうです。

おっと、左に写っていらっしゃるのは作者本人!


最後に・・・
P1000562
作者の自画像をアップしときます

澤村さんの個展は12月23日まで開催中です。


ブログランキング・にほんブログ村へ

本日8月15日 人吉市で花火大会が催されます。
好天だといいですねぇ
natsume
これは、贅沢なポスターですね


さて、先日熊本県立美術館へ行きました。
zyo
お隣は熊本城二の丸広場
亭主のかつてのジョギングコース(と言える程は走っていません)

お目当ての展覧会はコレ
foujita

レオナール・フジタ=藤田嗣治(ふじたつぐはる)
葛飾北斎とともに海外で最も有名な日本人画家です。

フジタは、日本画家界のイチローと言ってもおかしくはありません。

いやー、良かったです。
今回は彼がパリで輝いた1920年代の作品を中心として
パブロ・ピカソ、アメデオ・モディリアニ、ジュール・パスキンら
「エコール・ド・パリ」(パリ派)と賞賛された芸術家たちとの交流や
彼の歴代の女性たちとの関わりにも焦点があてられ
文化的にも価値がある展覧会であったのではないかと思います。

館内には、彼が幼少の頃熊本に住んでいた所縁ならではの展示もありました。

亭主は、その一風変り者で日本の画壇からは評価を得難かったが
海外で華開いたフジタの生き方に興味を覚えます。

また、2006年に開催された藤田展で展示されたように、
南米に渡った後や「アッツ島玉砕」、
それからキリスト教洗礼後の作品もまた観覧したいものです。

図録も買ってしまいました。
foujita
裸婦の輪郭は面相筆によって「すーーーっ」と通り
西洋と東洋の美が融合しています。


この展覧会
熊本では8月25日まで開催され、
北九州・京都・秋田・岡山と巡回するようです。

ぜひ一度ご覧あれ!



ブログランキング・にほんブログ村へ

フツーの家庭のフツーな行楽の様子ですが
良かったらご覧下さい!

3月23日
八代城跡にてお花見
sakura
若干他のご家庭と違っていたのは
お弁当でなくケンチキ持参だったこと

3月24日
熊本市動植物園へお出かけ
ペンギンとカピバラコーナーが新しくなったとのことで
早速「わさもんの我が家」は参りました

まずは、親子で入会している動物サポーター会員証を更新
zoo12
サポーター料は動物たちのえさ代にあてられます。
また、子どもは好きな遊具施設に1年間乗り放題です

こちらも桜満開
zoo7

早速ペンギン&カピバラコーナーへ
zoo1
手を伸ばせば届きます
が、噛みつかれかねません。
zoo2
カピバラは自分の居場所を探しているかのようでした。

さて、他にも
zoo3
蒲の、いや、カバのモモコも熊本に慣れました。

zoo6
オタリアはサービス満点でした

zoo5
シマウマの赤ちゃんは1日30分の慣らし公開です。

息子も絶叫マシン?に
「一人で乗る」ようになりました。
zoo11

水上コースター?デビューです。
zoo8

zoo9
おーい!毛が逆立ってますよ

zoo4
ペンギンコーナーの前で一人たたずむ
しかし、キミ・・・、その衣装「冬」ですやん!



ブログランキング・にほんブログ村へ

明日3月9日から全国の映画館で
「映画ドラえもん のび太の秘密道具博物館」
封切られます

亭主は幼い頃、ドラえもんの単行本はほぼコンプリート!
小学校低学年の頃、かぜをひき熱発し学校を休むと
父が仕事の合間にお土産として買ってくれており
藤子不二雄先生には御恩すら感じます。

DNAは継承するもので
4歳の息子も最近金曜夜のアニメ
「ドラえもん」を楽しみにしています
(今夜はWBCで放送がないと知ったら・・・

そこで、昨年のことで恐縮ですが
川崎市の藤子F不二雄ミュージアムに行ったお話を・・・

新宿から小田急線で約20分強
「登戸駅」で下車
doram4
(写真は隣接するJRの登戸駅)

駅前でしばし待つと
やって来ました、シャトルバス。
doram5
「キテレツ大百科」のラッピング!
内装も降車ボタンが「コロ助」だったりして、凝っています。

dora4
バスは計4台あり
いずれもナンバーは「21‐12」
ドラえもんの生誕年です

間もなく到着
bohem6
ミュージアムの外観写真がこんなものしかありません・・・
(この時、亭主は既にそわそわと浮足だっていました

開館前のウェイティングスペースにはキャラが展示
季節によって展示内容が変わるようです。
doram7
クリスマスにジャイアンが歌っているオブジェ
あの「ボェーーというやつです。

亭主、この時点で感極まり、目はすでにウルウルです

さて、中に入ると藤子F不二雄先生作が生み出したキャラたちが
わんさとSF(少し不思議な)感じで展示されています。
doram3
壁面や案内サインにもキャラ続々

ドラえもんはもちろん、
「パーマン」のヘルメットやコピーロボット
「キテレツ大百科」の奇天烈大百科
他にも「ぽこにゃん」「オバQ」「21エモン」「エスパー魔美」・・・

藤子先生の仕事部屋を再現した展示もあり
どれも珠玉 マニア垂涎です
(展示室内は撮影禁止で紹介できないのが残念です。)

展示室を抜けると
doram10
読書コーナー 単行本がズラリ


doram11
ガチャポンまでドラえもん型

屋外には秘密道具が展示
doram9
「もしもボックス」

doram8
「どこでもドア」

doram13
初作映画のヒーロー
フタバスズキリュウの「ピー助」

dora3
原っぱには「土管」 やや大きめです。


1階はミュージアムショップ
散財したお土産の一部 ↓
doram1
右上桃色の袋は「桃太郎印のきびだんご」
岡山県の某有名会社の製造と、こだわっています。

本当はカフェに行きたかったのですが
2時間程待ちのため断念!

今度訪れた際は
ぜひ「ジャイアンシチュー」を食べてみたいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

以前「珈琲家」という喫茶店を紹介しましたが ↓
http://blog.livedoor.jp/okazy1985/archives/22323662.html

「八代の喫茶店といえばココ!」というお店があります。
八代駅から徒歩1分
しかしながら、駅前に立っても拝めない所に
「ミック(MICK)」はあります。
八代在住の方で知らない人はいないんじゃないでしょうか?

mick3
右の茶色い建物が八代駅

昭和42年(1967年)8月にOPENして以来
カウンターからマスターと常連さんの
元気なおしゃべり声が聞こえつつも
落ち着いた重厚な雰囲気を醸し出す喫茶店

店内にはジャズが流れ、写真や絵画も展示され
大人の社交場といった雰囲気があります。
もちろん、家族連れも歓迎だそうです。

訪れたのは午後3時
昼食を済ませてなかった亭主は
「ケアリーセット」を注文
mick2
系統が異なる2つのホットサンド
ひとつは野菜中心のサンド
もうひとつはアップルやラムレーズンが入った
ほっとする甘さのサンド
オリジナルブレンドはクセがなくやわらかな香りと口あたり

メニューには名物のカレーや、これも名物のおそばもあります。

mick1
写真はカウンターですが、広い店内にはテーブル席も
たくさんあり、茶褐色を基調として落ち着いた
ゆったりとした造りです。

左に展示してある絵は 郷土の画家「澤村武山」さんの作品

マスターの出水さんは、
ただ今、熊本日日新聞の自伝コーナーに執筆中!
「毎朝、楽しく読ませてもらっています。」と伝えると
太くお元気な声で「お友達になりましょう!」と
気さくに声をかけていただきました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

1月27日、職場の同僚に誘発されて受験したとある資格。
自己採点の結果は「合格
だろうと思ってたら、こんなニュースが
fp
なんと、試験実施団体のHPから
事前に問題が漏えいしていたとのこと
(亭主を含め)全国約26万人の受験者に影響があるらしいです

こんなことでは資格の権威が疑われますし
関係者の方々には猛省を促したいですね


今回の本題は、
その試験終了後に気分一新するため「美術館」へ行った話。

熊本の美術館と言えば熊本城近くの
熊本県立美術館
kenbi
しかし、
そこで開催中の「大原美術館展」を裏切って

今日は「熊本市現代美術館」へ行きました
shibi1
「あの鶴屋の前んところタイ」と言えば
熊本県人なら分かってもらえると思います。

時の経つのは早く、開館10周年だそうです
オーソドックスな総合美術館である県美と違う路線で
過去には、個性あるいろんな展覧会を
精力的に自主開催したり、巡回を誘致されています。

「リアルな江戸時代の生人形の展覧会」
「荒木経惟(アラーキー)さんの過激な写真展」

2009年には「スラムダンク」や「バガボンド」の作者
「井上雅彦 最後のマンガ展」が開かれました。
baga
             (我が子がまだ赤ちゃんでした)
この展覧会
作者の井上さんがかつて熊本在住であったことや
宮本武蔵の終焉の地で開催されたことなども相まって
短い会期で約8万人を動員しました

さて、今回観覧した展覧会は
奈良美智(ならよしとも)さんの九州初!の個展
shibi2
「奈良さんは青森県出身。
にらみつけるような表情の少女の絵などが
若者を中心に人気がある。」です。(読売新聞より引用)

leaflet(青森県立美術館開催のチラシより引用)

彼が描く個性的な眼の少女が会場狭しと並びます。
絵画、デッサン、アクリル、色鉛筆・・・
スタジオを再現した部屋には音楽が流れ
奈良さん直筆のセットリストあり、
3次元のブロンズ彫刻も初挑戦だそうです。

会場を回っていると
いつの間に、その挑戦的な眼が愛くるしく感じられます

ある少女の瞳をよく見るとメッセージが刻まれていたり
奈良ワールド全開です

この日は奈良さん本人が美術館を訪れ
トークショーが開催されていました。
時間の都合で少ししか拝聴できませんでしたが
じっくり話を聞いていれば、また鑑賞が深まったのかも知れません。

この展覧会、おすすめです


ブログランキング・にほんブログ村へ

このページのトップヘ