せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

タグ:ロアッソ

熊本県でも桜が開花しました。
P1000102

この日は九州ダービー
こちらも勝利して満開宣言といきたいところです。

P1000104
スタジアム前の彫刻「歓喜(TRIUMPH)」に願掛けしました。
「この彫刻はギリシャ神話のビクトリア(勝利の女神)を引用し、
躍動感、生命感を表現した。
大地よりのエネルギーを得た彫刻は4枚の翼を有し、
それらは勝利の歓喜を表現している。」
フランシスコ・ソマーニ作(作品銘板より)



P1000093
大分からたくさんのサポーターがつめかけました。
そういえば熊本のビッグフラッグはどこへ行ったのでしょう?

P1000106
たくさんご来場いただきありがとうございます。

P1000095
さてキックオフ!
前半はロアッソの中盤が機能します。
素早いチャージでボールを奪い、前線の選手に送ります。
決定力には欠けましたが、
今季初スタメンの五領選手澤田選手の活きの良さに
他の選手もつられるようにいい動きでした。

ハーフタイムにグッズ売り場を覗くと
「新生活応援フェア」
P1000105
お弁当箱やネクタイなども販売!
サポーターの心をくすぐります。

後半早々、ゴールが生まれます
仲間選手が左正面から力強く脚を振り抜き
澤田選手にあたりながらネットを揺らします

その後も一進一退
途中から入った黒木選手がサイドで積極的にプレーしている姿が印象的でした。
P1000107
後半40分過ぎにゴール前の混戦から押し込まれてしまい
1-1のドローに終わってしまい、勝ち点3こそ逃しましたが、
今日の試合は面白かった!

両チームともドリブルで積極的に攻め上がり、半ば打ち合い!
コーナーキックの多さがそれを物語っているでしょう。
大分の西選手も頑張っているようです。

とにかく今日の試合は見ていてドキドキしましたし、
何か力をもらいました

P1000108
試合終了後の選手の表情もそれぞれのようです。

4試合を終えて1勝1分2敗の勝ち点4は昨年と全く同じですが、
新加入の選手の躍動感、ベンチ入りしたユース出身の森川選手など
選手の底上げが進んでおり、少々調子が悪い選手がいても
充分にカバーしてくれるでしょう。
昨年のようにズルズルとはいかないようです

この次はアウェー2連戦ですが
調子が上がらない実力チームを叩きたいですね。
巻選手も古巣相手で気合いが入るでしょうし
特に横浜FC戦では敵将山口監督やGKの南選手
ひと泡吹かせてほしいものです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

2週続けてのホームゲームです。
先週いい形で勝利したので、
今年はイケると思ったサポーターは多いでしょう。

我が家も通常より早めにスタジアムに到着しました。
しばらくスタジアムの隣で遊びました。

持参した「そり」でゲレンデを滑りました。
P1000012
そりの裏に「ろう」を塗るとシューッと勢いがつきます。

P1000013
アスレチックも人気です。

P1000020
まだまだ時間があったのでアウェー席側から撮りました。

wasabi
持ち込みのお菓子は「信州本わさび」味
松本を喰います
しかし、この辛さは5歳児に強烈なカウンターをあびせました

okamoto
今年から加入の岡本選手
右ひざにテーピングをしており本調子ではないようですが
傷が癒えたら爆発してくれそうな力を持っている選手です。
しかし、途中出場のこの日は不発でした。

P1060101
試合前には黙とうがささげられました。

maki
黙とう後キックオフさあ「レッツゴー!」と思いきや
強い向い風の中、防戦一方でした。
山雅の経験豊富で高い守備陣に完全に制空権を握られ
セカンドもほとんど拾えず苦しい戦いでした。
巻選手仲間選手は少々お疲れ気味でしょうか?

hata
ゴール前の空中戦は得意、長身の畑選手ですが
フィード、ここぞの飛び出しや
後ろからの指示はまだまだのようです。

後半、追い風となって攻め込むかと思いましたが
ズルズルと時間ばかり経過し、こちらの右サイドを深くえぐられ
ポンと速いクロスからポンと頭で合わされました。

両者互いの見せ場はこの位
前半に中盤の選手がイエロー2枚もらったのも
後半、大人しい試合運びになってしまった要因でしょう。
「つないで行きゃいいのに!」と思いましたが
ただ、前線に蹴り込むばかりでした。

score
結果は0-1
点を与えた後は、とにかく見せ場がなかった

6位以内を目指すチームが直接争う相手に
ホームで負けたのは痛い

kumamon
せっかくのくまモンとの撮影でしたが
息子の連勝記録は4でストップです

さあ次に切り替えて!
って、次節はアウェーでジュビロ磐田ですと

ブログランキング・にほんブログ村へ

2014年
ワールドカップイヤーのJリーグが開幕しました。

昨年、ロアッソの試合会場でいただいた庭先のシクラメン
それ以来花芽が出てこず、全く咲いていなかったのですが
P1060041
約3カ月ぶり、開幕日の朝(本当に)咲きました

P1060044
行列が苦手な亭主が開場前から列に並びました。
それだけ皆楽しみにしていた証拠です。

P1060046
一人ひとりを池谷社長が出迎えてくださいます。
なかなかできないことです。気持ちが伝わります。

P1060057
撮影にも快く応じてくださいました。
大学に進学する息子さんの活躍も楽しみです。

P1060059
今年からは県内全域を盛り上げようと
選手が特定の市町村のイベント等に参加してくれるようです。
八代市担当は斉藤選手パブロ選手山崎選手です。

P1060069
福岡からも参戦です。
さすが老舗のウルトラオブリ。アウェーでもやることはやります。
乱戦も予想されましたが、吉田寿光主審がきっちり裁いてくれました。

P1060071
試合前のイレブン
P1060075
後半のイレブン
右端が巻選手、献身的な守備が光りました。
後半に退く際に選手を鼓舞し、
吉井選手にキャプテンマークをしっかり渡す姿に感動を覚えました。

さて試合は
P1060079
片山選手園田選手のどちらも見事なゴールで開幕勝利です。

P1060086
引き上げる一人だけ白シャツの片山選手
普段はふわっとしたクロスが持ち味ですが
今日は、キャプテン翼に登場する早田くんの
“カミソリシュート”のような弾道でネットに突き刺しました。

この日のように全員が機能した試合は珍しいのではないでしょうか?
スタメン11人に加え途中出場の3人がフルに働き
今年から加入した選手とこれまでおなじみの選手の
連携がしっかり取れていたと思われます。
小野監督のスカウティング術は観客席からは分かりませんが
3枚効果的に使いきる采配も良かったでしょうし
GKの畑選手もホッとしたことでしょう。

P1060081
たった一つの勝ち星ですが、こんなことで皆が元気になるのです。
ロアッソに課せられた責任は大きいです。

次戦(来週)もホームゲーム
奥様にお伺いをたてると
「もちろん行くよ!」と快諾を得ることができました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

仕事から帰宅すると、
以前に申し込んでいたロアッソ熊本の
シーズンパスポートが届きました。
P1060038
イヤーブックとトートバッグのおまけつきです。
チーム発足10年目を迎え、
どんどんプロのチームらしくなってきました。

イヤーブックはデザイン、選手紹介など盛りだくさんで
気持ちが高ぶってきます。
一方、バッグは大きさ、デザイン、生地とも・・・。

P1060039
シーズンパスは30,000円もしますが
ホームゲーム21試合をすべて観戦することができます。
少しでも地元のチームに貢献できているという自負も味わえます。
3年連続の購入です。

3月2日(日)は開幕戦
どんなチームでも
勝てば首位、負ければ最下位です。
ホームだし、チャンスです。
小野新監督の采配が楽しみです。

今までとは新規一転!
新しく戦う姿を見せて、頑張ってほしいものです。


さて、このカードは↓
P1060040
単なるファンクラブですが、加入7年目となりました。
毎年ユニフォームやバッグなどプレゼントが豊富です。
甲子園や東京ドームのチケットを
優先的に購入することもできる代物です。
こちらは3月28日(金)開幕!

亭主にとって楽しみな季節がやってきました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

12月14日、ロアッソ熊本の今年最後の練習を見に行きました。
「練習を見に行った!」と言うと相当マニアックと思われますが、
それだけの思いをかけた選手が熊本を離れることになりました。

最後の練習は地元の高校生との練習試合でした。
試合が終わった後、ファンに囲まれる「背番号6」
P1050851

P1050848
福王忠世(ふくおうただよ)選手

兵庫県出身、まだ20代であり、
チームが発足した当初から頑張ってくれた
最後の“生え抜き”のミスターロアッソです。
我々が今、Jリーグの試合を生で見ることができるのは
彼の活躍によるところが大きいです。

今日の練習試合を見ても、若手選手に檄を飛ばし
明るく振る舞い、彼がチームに
大きな影響を与えていたことが分かりました。

試合の最後ではミドルシュートをふかして派手に悔しがり
寒い中集まった我々約200人程のファンを沸かせてくれました。

「まだできる」いや「もっとできる」選手です。
他チームでも頑張ってほしいものです。


もう一人大切な選手
P1050855
堀米勇輝(ほりごめゆうき)選手
(若干撮らされたようなあどけない表情ですね。)

今年のシーズン途中、
ヴァンフォーレ甲府からレンタル移籍で加入した
まだ21歳ながら“甲府の至宝”と言われる選手です。

若くはつらつと、左足で繰り出す素晴らしいテクニックで
熊本に活力を生み出してくれました。
今年彼がいなかったら、
ロアッソ熊本は下部リーグに降格していたことでしょう。

今日の練習試合では「10番」を着けてプレーしていましたが
格の違いを見せつけ、エースナンバーがすごく似合っていました。

彼は、5年後の「ロシアW杯」のメンバーに入っていてもおかしくない
まさにプラチナ世代の「これからの子」です。
もっと上のカテゴリーで頑張ってくれるでしょう。

二人がグラウンドを離れる際、
残ったファン一同、大きな拍手と声援で送りだしました。
「熊本のファンは、とても温かいですね。」


ブログランキング・にほんブログ村へ

最後の最後、ロスタイムに点を取られ、
0-1で負けました。

この日は
北嶋秀朗選手の実質的な引退試合でもありました。
kitazima

後半まもなく北嶋選手が交代してピッチに入ります。
「なんとかキタジのゴールで勝利をおさめたい」
そんな気持ちでしょうが、

「あれも買って~、これも買って~」と欲張ってせがむ
子どものようなサッカーを公式戦でやって
願いがかなうはずはありません。

北嶋選手本人も40分間動き回れるコンディションでは
到底なかったものと思われます。
いくら、偉大な選手であろうと、
花試合は10分もあれば充分でした。

しかし、これまでの選手生活で苦しみや葛藤もあったでしょうが
家族と共に熊本へやって来てくれたことに感謝します。
本当にお疲れさまでした


さて、ヒール役に徹したのは敵将の山口監督
2012年10月22日の日記「日曜の午後はスタジアムへ行こう!」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2012-10-22.html

亭主はこの方の欧州かぶれした
憎たらしいまでのリアクションが大好きです。
yamaguchi1
「オイ!コラ!ヤマグチ!」
「お前には情けっちゅうもんがないんかい!」
と言いたいところですが、
キングがベンチ入りせずとも、
ピッチの横で、この方がPrincipe(皇子)のようにふるまいました。
yamaguchi2
敵のプレーには、イチイチ突っ込みを入れます。

yamaguchi3
ケゲンな顔して帰ってきます。

敵将は、後半の暮れにキレのある外国人選手を投入し、
アウェーでの悲鳴には耳を貸さず
勝ち点3をかっさらって横浜へ帰りました。

さて、ロアッソ熊本はこれがホーム最終戦
今年は散々な成績でした。
Provincia(プロビンチャ=地方のチーム)のサポーターは
毎年のように、見ず知らずの新しい選手を愛さねばなりません。
来シーズンは、生え抜きの若い選手が
台頭してきてくれることを望みます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

九州ダービー
前回負けている長崎相手に1-0で勝ちました。
roassov
引退を発表している北嶋選手を待望する声が
もっと聞こえても良かったですかね。

この試合ではエントランス付近で「長崎県」の方が
観光プロモーションを行われていました。
P1000217
チラシと「一〇香」(いっこうこう)という長崎銘菓が配られました。

「長崎銘菓の一〇香(いっこっこう)は、中が空洞のふしぎな饅頭。
見た目はお饅頭。焼く前は餡を入れるのに炊き上がったら空洞になっちゃう不思議なお菓子。
一口たべると香ばしいことから「一口香」と名付け販売をはじめたのが弊社創業の始まりです。」
(茂木一〇香本家HPより)

このチラシの好感度が高いです。
P1000220
「ロアッソ熊本のサポーターの皆さま」とありとても低姿勢です。

しかし、試合には勝ちました。
roassov
長崎の皆さま、アウェイでの負け試合は疲れが倍増します。
熊本でゆっくりおくつろぎ、気をつけてお帰りください。

そんな勝利の一日に
我が家の息子 5歳の誕生日を迎えました。
birthcake

両親に似て「せからしさ」が倍増した感があります。


ブログランキング・にほんブログ村へ

2-1でホーム連勝です!
shiro6
後半、片山選手の決勝ゴールが鋭く決まり
漂っていたモヤモヤ感をスカッと爽快にさせてくれました!

shiro5
後半34分まではガマンの連続で、ちびっ子には退屈でしたね。
しかし、息子は今シーズン勝率10割なり!(奥様撮影)


shiro2
「運動会がんばった」で賞(4歳児撮影)

shiro
両者のチームカラーは「赤」ですが、
胸のスポンサーは「白岳」と「白い恋人」の対戦(4歳児撮影)

shiro4
「勝利のために」
試合後の樽募金にはお札がたくさん入りました。(大人撮影)

勝利の美酒は
beeer
「ヴェルテンブルガー・アッサム・ボック」(ドイツ)
輸入者はあの「月桂冠酒造」さんです。
Alc 6.5% 500ml
「SEIT1050」とあり、歴史を感じさせます。
黒いです。スタウトです。相当苦そうな感じです。
しかし、飲むととっても甘いです。
商品説明には「18%以上の濃度の高い麦汁からつくられる
濃色下面発酵ビール」「麦汁由来の優しい甘みとコクが特徴」

黒糖のような甘さがあり、寒い冬の夜にちびちび
飲んでみるのがいいかも知れません。


ブログランキング・にほんブログ村へ

2-1 ようやくホームで勝ちました!
k2-1v
リーグ戦のホームゲームは今季2勝目
亭主は、今シーズン初めて勝利を目のあたりにしました。
弱いチームを応援することには慣れていましたが、
ここまで勝てないとは思いませんでした。
暗黒時代からの脱出を願いたいですね。


k2-1v2
負けても負けても声援を送り続けるサポーターに感服します。

日本のプロスポーツは観戦に訪れる方々を満足させることが一番の目的。
多くのファンが集まるホームで勝利することが
チームや選手、地域を活性化させる一番の近道なのです。

チームの勝利は消費にも貢献します。
いつもは素通りされる試合後のグッズショップは人だかり、
ゴールを決めた選手のTシャツなどが売れ、
チームへの「樽募金」へはお札がたくさん入れられていました

当然、アルコール消費も進みますね
bigwave
「ビッグウェーブ・ゴールデンエール」
(コナ ブルーイング カンパニー社)
Alc 4.4%
「エール」と名乗っていますが、色は透きとおった金色。
酵母はやや感じるくらい。
パッションの薫りと口あたりがして、とてもさわやかな飲みごたえです。
グラスに入れましたが、びんのままグビグビ飲むとさらにおいしいでしょうね。
どんな料理でも合いそうですが、生ハムをあてにいただきました。
今度は自分へのご褒美に6本入りで買ってもいいですかね?


ブログランキング・にほんブログ村へ

「今日こそは勝つ!」
ホームで不調なロアッソ熊本
まだ、今シーズン私は勝ちゲームを見てません

試合前、いい雰囲気だったんですよ・・・
涼しい風も吹いて、DJ.KOVAさんのアナウンスも気合いたっぷりで・・・

サポーターも準備OK!
roa2
よーく見てください。
白いTシャツを着たくまモンがいます。

(答:左の中段付近です。)

ナイターの灯が西洋芝を照らし、きれいです。
roa1


結果ですか?
1-3ですわ
今日もホームなのに惨敗ですわ

風上の前半にしっかりと決めていなかったことが
後半の3失点につながりました。
ただでさえ、個人技で劣っているのに、連携ミス連発で勝てるわけがありません。

しかし、この方々は嬉しかったでしょうね
roa4
はるばる京都より「おこしやす

京都サポーター
よく見ると完全に分断されています。
roa5
左側のサポーターはスタンディングで応援してますが
右側の方々はノリがイマイチです。

きっと「京セラ」か何かの社員の方々が鹿児島からいらっしゃったのでしょう。
それでも、「くまモン」を見つけた時はみんなはしゃいでたみたいですね

さて、試合ですが
後半28分頃、3点目を決められると
赤いシャツを来たお客さんはぞろぞろと帰路につき始めました。
そりゃそうです。日曜のナイターですもん
明日は学校や仕事がありますもん

それでも、自分が応援しているチームが
ファジアーノ岡山やサガン鳥栖のような決してあきらめることのないチームだったら
ほとんどのお客さんは最後までスタジアムに残っていたでしょう。

知っているんです。
今の熊本の選手達では勝てないことを・・・

主審へのアピールは忘れないが、足を動かすことを忘れている選手
誰もいないスペースにボールが飛んでも、誰も追わず
相手選手に「へへへ」と走られ取られ、ピンチを招く選手
ゴールへの嗅覚はどこへ?全くキレがないベテランの選手

極めつけは
試合中、しかも自分のチームが負けているのにふざけあっている控え守備陣
(さすがに、これを見た時は情けなかったですね・・・)
他の多くのお客さんも目にしていたことでしょう
一番小学生には見せたくないシーンでしたよ

それでも、サポーターの声が届いたのか
後半35分過ぎだったでしょうか?
GK南選手がゴールを留守にしてでも、ロングフィードを蹴り
「上がれ!上がれ!」と鼓舞します。
roa3
そうでした。
現在のスタメンの中にはこのように選手を鼓舞できる
フィールドプレーヤーがいませんでしたね。

ようやく後半40分過ぎに幾度かチャンスがめぐってきました。
しかし、ロアッソの攻撃陣は点を取れませんでした。
「そんなに攻めても決めれないんだったら、俺達が決めてやるよ。」
とばかりに相手のオウンゴールで1点もらいました。

つまり、攻撃のフィニッシュのイメージを抱くこともできず
試合終了のホイッスルを聞いてしまったのです。

今日も「弱いところばかり」を見せられてしまいました。
前回の栃木戦(5/23の日記)に続き、最低の観戦でしたね。

それでも、次も行かずにはおれません。
負けが込んでいる時、
ひとつ勝つとそのうれしさは何勝分にも値することを亭主は存じています。
皆さん、また明日から頑張りましょう

追加(これ欲しいなぁ・・・)
130609_181051


ブログランキング・にほんブログ村へ

このページのトップヘ