せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

カテゴリ: 熊本うまかもん(グルメ)

息子の12歳の誕生日を記念して、熊本市のステーキハウス佳紋に参りました!
image

このお店は、昨年7月にアシモモ〜さんと参りました。
http://sekarashika.blog.jp/archives/55617416.html
大人はビヤーで乾杯!
image
事前に誕生日と伝えていたところドリンクをサービスしていただきました。


image
オードブルは鴨肉のロースト

image
コンソメロワイヤルスープ

image
活アワビのステーキ

image
メインの牛フィレステーキ!




image
焼き野菜と共にミディアムでいただきました。

image
誕生日ということで照明を落とし、バースデーカードとバースデーソングのオルゴールに加えて、デザートにはキャンドルを準備していただきました。

image
これにサラダ、抜群の風味の鉄板焼きピラフ、お味噌汁と続いた大人のコースを完食するようになりました。

ほとんど好き嫌いがないため、親としても助かります。これからも健やかに育ってくれることでしょう。

image
デザート盛り合わせは天草塩を使ったジェラートに季節の果物、ブリュレにケーキと大人もたいそう満足できました(^^)

「また、来年来たい!」とリクエストがありましたが、中学生になったら親にくっついて外出しなくなるかもしれませんね。

亭主のランニングブログ
せからしかスタジアム


ブログランキング・にほんブログ村へ         

熊本県芦北町湯浦(ゆのうら)
IMG_5816
町営の温水プール

のお隣
IMG_5815
町営の湯浦温泉ヘルシーパーク芦北

それら2件の施設の前にこじんまりした食堂があります。
IMG_5814
清水屋食堂

かつて何十年も続いた駄菓子屋を引き継ぎ食堂として再オープン!

関東育ちで洋食屋で修行された店主の手によるガテン系メニューで有名なお店です。

当店では唐揚げを始めとする定食やテイクアウト可能なたこ焼きがありますが、

フラッグシップは
IMG_5811
ちゃんぽん!

熊本では珍しい透き通った鶏ガラしょう油味のスープです!

IMG_5812
麺はコシが効いたやや太め
スープも具材もよくからみます。


IMG_5813
スープは飲み干せるほどの爽やかさ。旨味も効いています!

家族も連れて来たいな!

亭主のランニングブログ
せからしかスタジアム


ブログランキング・にほんブログ村へ         





先日、ママと2人でデートしました。

鶴屋の催場で開催されていた「イタリア展」であれこれ買い込み、アーケードを歩いていたところ、ママがとある店の看板を目ざとく見つけました。

image
下通(しもとおり)入口近く

image
幸せのパンケーキ 熊本店


image
image

「行ってみようか?」

「行こう!」

夫婦どちらかがブレーキをかければ良いのですが、そうはいかないのが我が家です。

イタリア展で、美味い食材を買い込んだ夕方にも関わらず、つい勢いで入店してしまいました。

前から気になっていたのですが、いつも行列ができているらしく、コロナのこのタイミングだからすんなり入店できました。

夕方なので、2人で一品に加えてドリンク二つ注文。

image
初めての注文はスタンダードな

幸せのパンケーキ

に、バニラアイスをトッピング

image
シロップ投入後の様子


ナイフを入れてフォークで口に運ぶと

フワッと空気のよう

シュワッと口の中で溶けて

芳醇なバターの味わいが残ります。


これはウマイ!


しかし、おっさん一人で再訪するのは難い!

ママと共に再訪必至です!


亭主のランニングブログ
せからしかスタジアム


ブログランキング・にほんブログ村へ         


コロナ禍からの自粛要請が解けたある週末のお昼に、我が家は亭主の実父(大亭主)と実母を連れてうなぎを食べるために外出しました。

IMG_4512
うなぎとくなが 託麻店(たくま)
熊本市東区新南部6-3-130
096-382-0515

熊本県内には「トクナガ」といううなぎ店が数店あります。

漢字表記の
5003
うなぎの徳永 北部店


5003
うなぎの徳永 富合本店


漢字表記の二店は、ロゴもメニューもすこしずつ異なります。


それに加えて
ひらがな表記の
5003
うなぎ・日本料理 とくなが 中ノ瀬店、近見店

漢字表記とひらがな表記の「ウナギノトクナガ」は全く別の経営であり、また、漢字の数店舗ともひらがな表記の数店とも店舗によって経営者が異なりややこしい。

いずれも同じ片喰の家紋を使用しており創業は一本だったようですが、親戚、兄弟と経営を分かち現在の形になっているとのことです。

うなぎとくなが託麻店は、中ノ瀬店、近見店とはご兄弟のようですが、経営は全く別でうなぎの仕入れ先も異なるとのことです。


県内には美味しいうなぎ屋さんがたくさんありますが、今回は亭主が父母から約40年以上前から連れて行ってもらっていた とくなが託麻店をチョイスしました。

とくなが託麻店は先の熊本地震で営業ができなくなりましたが、数年前に復活されました。
IMG_4516
以前はいい意味でうなぎの薫りが漂う店内でしたが、落ち着いた雰囲気の店に生まれ変わりました。

我が家は写真右奥の座敷に案内されました。
左側と右側の座敷はお客さんがいますが、中央の椅子席はコロナ対策で空けてありました。


IMG_4513
まず、小6息子のカルシウム補給にうなぎのほねを注文しました。

そして
IMG_4514
うなぎ特上定食 肝吸い、サラダ付き 4,240円をいただきました。

ご飯はおひつで出てきておかわりは無限です!

IMG_4515
うなぎは4枚、特上、上の区切りはうなぎの枚数です。

40年前から安定の甘いタレときちんとした管理下で養殖された柔らかく美味しい身のうなぎ。

当店は白焼やせいろ蒸しに加えて、鰻巻き、うざくや鯉のあらい、などもメニューにありますが、ひつまぶしがあればなおいいのにといつも思います。

なお、月に数回しか会えない父も母もご飯をたくさんおかわりして、元気が良いようで安心しました。また、父の日の慰労ともなったでしょうか?

うなぎの滋養力のおかげで、亭主も翌朝にレースペースで余裕をもって12km駆けることができ、力が着きました(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ         




湯の児島公園から車で約5分
海を望む山の中腹の「スペイン村 福田農場」に行きました!

DSC00302
熊本県水俣市陣内2525
https://www.fukuda-farm.co.jp/
電話0966-63-3900

福田農場は、海を望む山の中腹に農園、レストラン2つ、柑橘加工場、パン工房等を備えた食の観光施設です。コロナ禍のため2つのレストランは毎日交互に営業されているようです。

カラッとした晴天が似合う健康的な雰囲気の建物。

だけではなく、場内の亀コレクション館には世界中から集めた約5,000体の亀の置物がありました。
DSC00299
場内で唯一シュールな存在感を醸し出しています。

さて、ランチは館内レストランの一つセビリア館にて名物の・・・
IMG_4338
パエリャ!

レモンを絞り「いただきます!」

サフランライスは芯を残さず日本流に炊き上げられ抜群の美味しさです。ソカラ(おこげ)の香ばしさと魚介類の香りからバレンシアの雰囲気に浸ることができます。
(バレンシアなんぞ行ったことはありませんが)

IMG_4337
イベリコ豚かハンバーグとのセットがおすすめです。サラダのドレッシングやゼリーは名産である柑橘類でした。

そもそもパエリャとはフライパンの意味です。今回はセビリア館でいただいたためお皿での提供でしたが、バレンシア館では本場と同様にパエリャ鍋で提供されます。(2人前から)


満腹になったところで、海の景色を眺めたりしてのんびり過ごしました。
DSC00297

場内のギフトショップやパン屋さんを巡ってみました。

DSC00303
自家製ワインやサングリアの飲み比べができます。
あ、私はハンドルキーパーでしたが。


お土産を購入し、農場を後にして水俣市内へ車を走らせました。
DSC00309
エコパーク水俣内にあるバラ園

残念ながらコロナ禍で入場できませんでした。また、多くの花がやむなく切り戻されていました。

しかし、園の外周に咲いた美しい薔薇の花々を拝むことができました。
DSC00311

DSC00312

DSC00313

DSC00314

帰りは市内随一の洋菓子店
DSC00308
モンブランフジヤに立ち寄りました。
水俣市大黒町1丁目3-10
電話0966-63-1179

DSC00307
ブルーベリーパイも美味しそうでしたが、モンブランと一口ケーキ「デビルチョコ」をお持ち帰り、ママは手作りアイスキャンディーを賞味しました。(さっさと食べてしまったため画像がありません)


夕飯時にはスペイン村で購入した地ビールを堪能させていただきました。
IMG_4341
青→はちみつ浪漫
緑→甘夏浪漫
赤→エール
黄→ヴァイツェン です。

左の2本は日本の税法上では発泡酒に該当します。亭主の推しは緑の甘夏浪漫です。
小さな瓶の口からでも柑橘が爽やかに香り、美味しくいただきました。

大きな移動を伴わないコロナ禍の中での水俣行脚の休日は家族一同とても満足できました。


ブログランキング・にほんブログ村へ         


熊本県人吉市は密かなギョーザの街です。

かつて、「思いつきの店」「松龍軒」と並ぶ有名食堂がこちら↓
IMG_3997
茶びん食堂
人吉市二日町5

創業昭和30年、65年の歴史を誇ります。

IMG_4002
壁一面の豊富なメニュー、この他にも手書きで加わったメニューが数えきれません。

また、同様に壁面を飾るのは女将さんやお店のスタッフさんと店を訪れた有名人との写真の数々、中には誰か分からない方も沢山。

滅多に来れない名店ですので、無謀にも二品注文しました。
IMG_3999
炒飯 650円

IMG_4001
かき玉スープはサービス?

それから、お目当ての
IMG_3998
餃子 450円

もちっとした皮の中に包まれたたっぷりニラの餡、豚肉は控え目なのでドンドンイケる!

お昼時はいつも混雑していますので、まず餃子から注文するのが茶びんの必勝法!

1皿食べ終えた後に追加注文しても時間がかかるため、大食の方は2人前注文しておいた方が良いでしょう。


亭主が久しぶりに訪れたのが、今年の一月。

しかし、この人吉の有名店が令和2年3月末で閉店されるとの友人談。

「お客さん多過ぎてさぁ、餃子の注文は一皿限定だったヨ〜、でも行って良かった〜」ですと。

「友よ!何で、早よ教えてくれんかった?炒飯頼まんで餃子たらふく食ったのに!いや、ちゃんぽんも捨てがたい!」

惜しい、実に惜しい、人吉の餃子の魂がまた消えてしまうのか(T . T)

チャンスはあと4日!いや日曜休業なのであと3日!家が近くなら行くのになあ・・・。コロナ禍では脚も遠のく。

お店のスタッフの皆様、長い間おつかれさまでした。そして、ありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ         




熊本県南 水俣市街から山手へ車を走らせること10分
IMG_3822
湯の鶴温泉

IMG_3820
壇の浦の合戦で逃げのびた平家の落人の一部が集落をなして住み着いた土地です。
ある日川辺の水溜りに鶴が舞い降りて気持ちよさそうにひたっているのを調べてみると温泉が湧いており地名の由来となりました。

鶴が見つけたから湯の鶴温泉ですが、全国にはこのように生物が発見して、鳥類や動物の名がついた温泉がたくさんありますね。
熊の湯(長野県)、猿倉(青森県)、鷺ノ湯(島根県)、鳩ノ湯(埼玉県等)、山鹿(熊本県)、鶯宿(岩手検討)、猫啼(福島県)ほか多数。

他に名はついていなくても動物や鳥類が見つけた温泉も多数あります。

亭主はこのように開湯の成り立ち等にふれながら全国の湯巡りをすることに憧れているのです。

さて、今日は外回りのついでに立ち寄ったので入浴はできませんでしたが、美味しいランチをいただきました。

IMG_3819
湯の鶴迎賓館レストラン鶴の屋

IMG_3812
建築を手掛けたのは、多くの鉄道列車などをデザインした工業デザイナーの水戸岡鋭治氏です。

IMG_3813
メインが選べるブリフィクスランチ

鶴の屋特製カレー
ムッシュのハヤシライス
ローストビーフライス
不知火海の恵みのポワレ

鶴の屋特製カレーのランチ1,680円をいただくことにしました。

IMG_3814
大根と玉ねぎのポタージュ

IMG_3815
前菜盛り合わせ
人参のマリネ、ポテトサラダ、ごぼうのきんぴら?固定観念が覆される想像とは全く異なるお味ですよ、美味い!

IMG_3816
マグロ生ハムのサラダ

IMG_3817
カレーはコクと旨味に加えてスパイスの辛味がピリリと効いています。自家製ローストビーフはとても柔らかく仕上がっています。ピクルスもパプリカ、人参、ゴボウと様々な種類の野菜が使ってあり飽きがこない。


IMG_3818
デザート盛り

これに加えて、ハープティー、コーヒーなどドリンクバー利用可で、平日のおっさん一人のランチにはもったいないようでした。

ごちそうさまでした(^^)




  

八代市の臨港線を海側へ進み、イオン八代を超え、ヤマザキデイリーストアの手前から左に曲がると
麺処 田んなか があります。
IMG_3744
麺処 田んなか
八代市沖町六番割3843-1
0965-33-8007

障がいがある方々の就労場所としても機能しており、皆さん活き活きと働いていらっしゃいます。

IMG_3741
冬場はこのような風景ですが、平屋の深いひさしから眺める風景は「田んなか」そのものです。

一番人気は
IMG_3739
肉ごぼう鶏めしセット 850円

ごぼう天のささがき具合が素晴らしい!
IMG_3740
ピン!とそそり立っています。

IMG_3742
麺は太麺、コシが見事!
我が家は年に数回、麺とスープのみ発注して自宅で楽しんでいます。

麺の美味さの秘訣はコレ↓
IMG_3743
なんと、薪釜で炊かれているのです。

近くには熊本県南運動公園があります。
野球、サッカー、陸上、テニスを楽しんだ後にお立ち寄り下さい!





  



この時季

せからしか我が家

冬のお楽しみ会のメインディッシュ

IMG_3344

活車海老

熊本県上天草市の漁協からお取り寄せました。


箱の中のオガクズ内で眠っている車エビですが、箱から出すとビチビチって跳ねる跳ねる!


IMG_3347
車エビの塩焼き

車エビのお刺身でいただいた三尾分の頭にも味噌が詰まってます。

IMG_3348
車エビの有頭海老フライ

しっかりと真っ直ぐに仕上げました。
ママ自画自賛でした!

大変美味しゅうございました(^^)





  

熊本市水前寺の名物店 五郎八(いろは)に行きました。
IMG_2660
電車通り沿いで間口は小さいですが、奥行きは広く60〜70名くらい入ることができます。
 
IMG_2658
名物の馬生レバー!

絶品!!!!

IMG_2659
ただの モヤシ炒め!

絶品!!!

焼きホルモンは、撮影前に一斉に箸をつける美味しさ!

絶品!!!


忙しいのは分かるんだけど、店員の横柄な態度がなければ、熊本の、水前寺の夜を、もっと美味しく味わえるんだけどなー





  

このページのトップヘ