せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

カテゴリ: 新型コロナウイルス対策

ジメジメしたステイホームの生活をせめて少しでも豊かにするために、LUSHのボディシャンプーを買い求めました。
IMG_4518
家族3人好みの香りを選びました。
これまで使用していたHAPPY HIPPY収穫祭以外を選びました。

息子チョイス!
IMG_4563
DIRTY SPRINGWASH 280g
メントールクリスタルとスペアミントが香る爽やかな吐息にうっとり、まるで誰も足跡をつけていない新雪のようで、あなたの心を駆り立てることでしょう。(ヴィーガン向け)



亭主チョイス!
IMG_4564
レイニーシーズン 270g
恵みの雨をあなたに。芳醇なプラム果汁とウメボシエキスがお肌をみずみずしく洗い上げ、フルーティな香りを残します。



今回の目玉は、ママチョイス!
IMG_4562
ジンジャー 265g
キラキラ輝くシャワージェルでバスタイムを楽しんで、日々にスパイスを与えましょう。(ヴィーガン向け)

ママは洗顔料も購入
IMG_4565
天使のやさしさ

お肌の水分と油分のバランスを整えるラベンダーとカミツレ、潤いを与えてキメを整えるローズオイル、さらに汚れと余分な皮脂を吸着するカオリンを絶妙にブレンドしています。




シャワージェルは3つとも香りが異なりますが、親子3人が思い思いのジェルを使い、お風呂場をプンプン香らせて明日への活力にしているところです(^^♪



ブログランキング・にほんブログ村へ         

窮屈な家の中を飛び出し、我が家の庭で(窮屈さは変わりませんが)家庭菜園に取り組みました。
IMG_4555

IMG_4554
ピーマン

IMG_4553
ミニトマト

IMG_4552
ナス

IMG_4540
わずか2~3週間でグンと育ちます。

IMG_4542
なすびのくろぷり

IMG_4541
ミニトマト
赤く色づく前に息子がちぎって食べてしまいます。

IMG_4543
ピーマンは、待てずにちぎったものだから、ほんのり辛みがありシシトウを感じさせました。

IMG_4544
追加で植えたのは今シーズンの目玉
枝豆
まだ未収穫です。カメムシの害から守らねばなりません。

IMG_4545
なすびは、フライパンで焼いただけで、抜群に甘くおいしいです。


さて、
息子の学校は3月から約3か月間休校が続き、家族一同大変苦しい思いをしました。再開後もマスクの常時着用や、安っぽい透明のプラッチックに囲まれたりするなど窮屈な思いをさせられ、政府主導のトンチンカンなコロナ対策の割を食っている全国の子どもたちが本当に不憫でなりません。

世間ではオンライン授業に取り組んだり、タブレットばら撒いてお茶をにごそうとしているようですが、それも経済政策の一つとして実施されているものであり、子どもファーストの視点が欠け、そのピースが埋められないまま進められようとしています。学校で学ぶことは「基礎学力の定着」だけでなく、「自ら学ぶ力の滋養」や「善悪の判断力の育成」、ひいては「社会性の醸成」であり、それらは決してリモートでは学ぶことができないでしょう。


私にはコロナ禍に対する良案なんぞ思いつきもしませんが、愚策に突っ走られジャブジャブと湯水のごとく無駄遣をするくらいなら何もせずに動かないこと、すなわち今は施策の凍結や中止を推進した方がまだマシだと思うことがたくさんある気がします。

あ、
IMG_4546
この記事の後半はうまいお野菜をアテにビール片手にグダグダと書きなぐった駄文です。
不快に思われる方がいらっしゃいましたら「コロナウイルスのせい」だとお許しください。大変申し訳ありません。



ブログランキング・にほんブログ村へ         

コロナ禍からの自粛要請が解けたある週末のお昼に、我が家は亭主の実父(大亭主)と実母を連れてうなぎを食べるために外出しました。

IMG_4512
うなぎとくなが 託麻店(たくま)
熊本市東区新南部6-3-130
096-382-0515

熊本県内には「トクナガ」といううなぎ店が数店あります。

漢字表記の
5003
うなぎの徳永 北部店


5003
うなぎの徳永 富合本店


漢字表記の二店は、ロゴもメニューもすこしずつ異なります。


それに加えて
ひらがな表記の
5003
うなぎ・日本料理 とくなが 中ノ瀬店、近見店

漢字表記とひらがな表記の「ウナギノトクナガ」は全く別の経営であり、また、漢字の数店舗ともひらがな表記の数店とも店舗によって経営者が異なりややこしい。

いずれも同じ片喰の家紋を使用しており創業は一本だったようですが、親戚、兄弟と経営を分かち現在の形になっているとのことです。

うなぎとくなが託麻店は、中ノ瀬店、近見店とはご兄弟のようですが、経営は全く別でうなぎの仕入れ先も異なるとのことです。


県内には美味しいうなぎ屋さんがたくさんありますが、今回は亭主が父母から約40年以上前から連れて行ってもらっていた とくなが託麻店をチョイスしました。

とくなが託麻店は先の熊本地震で営業ができなくなりましたが、数年前に復活されました。
IMG_4516
以前はいい意味でうなぎの薫りが漂う店内でしたが、落ち着いた雰囲気の店に生まれ変わりました。

我が家は写真右奥の座敷に案内されました。
左側と右側の座敷はお客さんがいますが、中央の椅子席はコロナ対策で空けてありました。


IMG_4513
まず、小6息子のカルシウム補給にうなぎのほねを注文しました。

そして
IMG_4514
うなぎ特上定食 肝吸い、サラダ付き 4,240円をいただきました。

ご飯はおひつで出てきておかわりは無限です!

IMG_4515
うなぎは4枚、特上、上の区切りはうなぎの枚数です。

40年前から安定の甘いタレときちんとした管理下で養殖された柔らかく美味しい身のうなぎ。

当店は白焼やせいろ蒸しに加えて、鰻巻き、うざくや鯉のあらい、などもメニューにありますが、ひつまぶしがあればなおいいのにといつも思います。

なお、月に数回しか会えない父も母もご飯をたくさんおかわりして、元気が良いようで安心しました。また、父の日の慰労ともなったでしょうか?

うなぎの滋養力のおかげで、亭主も翌朝にレースペースで余裕をもって12km駆けることができ、力が着きました(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ         




九州地方は梅雨入りしてジメジメした日が続いています。

コロナと併せてうっとうしい中、亭主は少しでも家族の幸せな顔が見たくなりシャトレーゼで必要以上に買い物してしまいました。

FullSizeRender
樽出し生ワイン(赤)754円
初回のみボトル料金143円がかかります。2回目以降はボトルを持参すればワイン代だけでOKです。

無濾過、非加熱のためまろやかな口当たりです。樽の薫りも程よくどんな料理にも合いじゃんじゃん飲みやすいワインです。

FullSizeRender
ダブルシュークリーム108円とプレミアムプリン162円
バニラ香るカスタードとホイップ2つのクリームが香ばしい香りのするシュー皮にたっぷりつめてあります。油断するとクリームが飛び出してしまいます。なおシュークリームは底側を上にして天地逆さまにして食べるとクリームが飛び出しません。

プリンは、シャトレーゼ特別飼育卵の卵黄を使ってありとても濃厚な味わいになっています。濃厚すぎてむしろカラメルがさっぱりと感じられました。プリンの上には白い特製クリームがたっぷりかかっており、まろやかさが増しています。


続きまして、チョコバッキーに代表されるシャトレーゼのアイスバーシリーズから2点紹介
IMG_4497
ラムレーズンバー 1本75円
亭主のお気に入りの1本です。
自社ワイナリー製ラム酒&ゴールデンレーズン使用の贅沢な味です。カロリーも高いようです。

IMG_4498
タピオカ風ゼリー入り紅茶ラテバー 1本75円
紅茶はダージリン&アッサムのブレンドのようです。アイスには2種類のチーズが使ってあるようで、ほんのりコクが感じられます。

シャトレのアイスバーはどれも60〜70gのミニサイズに美味しさがギュッと詰まってますね。

FullSizeRender 
イタリア栗のモンブラン 432円
ホイップクリームを包むようにマロンクリームが組み合わさり高くそびえる山のようです。
ホイップクリームにはクッキークランチが混ぜてあり様々な質の高い味わいが楽しめます。


FullSizeRender
バタフライピーのカップデザート 302円
「バタフライピー」(天然由来の澄んだ青色をしたハーブティー)を使用したクラッシュゼリーとヨーグルトクリームを重ね、梅雨に咲く、紫陽花をイメージしてあります。別添えのレモン果汁をかけると、ほんのり紫色に染まります。

亭主は(これで梅雨のジメジメ感が吹き飛ぶのでは?)と思って買い求めました。

「スイーツにさっぱりなんて求めてないわ!」我が家のママには物足りなかったようです。

(これだけ食っておいて何言ってんだ?)とは言葉には出さず、ママのブレない一途な姿勢に感服いたしました。


ブログランキング・にほんブログ村へ         

ショッピングの途中、甘味が恋しくなりシャトレーゼに立ち寄りました。

亭主は単に立ち寄ったつもりですが、我が家のママはある勝商品をしっかりロックオンしていました。

ママの標的となったのは
FullSizeRender
シャトレーゼのさくらんぼもちです。

山形県産のさくらんぼがまるまる1個、求肥に包まれています。

IMG_4425
コロナ禍の折、今年は一つ入り、二つ入り、三つ入りとパッケージされていました。

柔らかな求肥の下からパンパンに張ったさくらんぼの皮がプチッとはじけると同時に、甘酸っぱい果肉が口の中いっぱいに広がり、舌の上から喉の奥にするりと消えます。口中に果肉の甘酸っぱい香りがいつまでもふわっと残っています。

毎年この時季のわずかな期間しか店頭に並んでいません。油断していると来年まで1年間待たされることとなります。

ここで、突然ですが、我が家がシャトレーゼで買い求める定番ベスト3は!

1位 チョコバッキー
2位 ダブルシュークリーム
3位 樽出し生ワイン赤 です!



さて、今回シャトレーゼでは瀬戸内レモンフェアを開催中でした。
IMG_4433

瀬戸内レモンと言えば亭主の大好物「レモンケーキ」が真っ先に思い浮かびました。

IMG_4426
おひさま香るレモンケーキ 1個128円(税込)

レモンケーキは亭主の大好物であり、当ブログでも度々取り上げています。

2020年2月
唐津レモンケーキ
http://sekarashika.blog.jp/archives/56460487.html

2019年1月
橘屋ベイクショップ
http://sekarashika.blog.jp/archives/54747673.html

2017年12月
広島県金萬堂
http://sekarashika.blog.jp/archives/52626265.html

2015年3月
長崎市茂木一〇香本家
http://sekarashika.blog.jp/archives/42829589.html

2014年2月
熊本市東区十音(じおん)
http://sekarashika.blog.jp/archives/37323258.html

2012年6月
八代駅そば田代福進堂
http://sekarashika.blog.jp/archives/8359164.html

 
IMG_4428
パッケージがかわいいですねー(^^)​​


IMG_4429
大きさは割と小ぶりです。
卵のL玉くらいでしょうかねー

2つに切り分けてみました。
IMG_4430
写真が悪いのですが、スポンジはしっとりしていますし、上の方に詰まったレモンピールにしっかり味がついて美味しいです。

姉妹菓子として
IMG_4427
おひさま香るオレンジケーキもあるようですよ!

シャトレーゼさん、いつもお手頃なお値段で美味しいおやつを提供していただきありがとうございます(^^♪


ブログランキング・にほんブログ村へ         

八代市港町にやってきました。
IMG_4413

IMG_4412
宗弘水産さんにワタリガニ(渡りかに)を買い付けに参りました!

宗弘水産
八代市港町276
電話0965-45-9200

IMG_4414
宗弘水産は、八代市内のいけす料理宗弘の仲買部門で、冬には牡蠣小屋も営業されているようです。

IMG_4409
いけす内には形が整った活きのいいワタリガニがたくさん!

こちら全て、内子(卵)を持ったメスのワタリガニです。なお、ワタリガニは6月までは内子とカニ味噌がつまったメスが旬、7月からは身に甘みがあるオスが旬と言われています。


IMG_4410
ワタリガニ5杯で約2kg 7,000円でした。

IMG_4411
カニは生きている時は1匹、2匹と数えますが、市場に出回った時から1杯、2杯と数えるそうです。

持って帰り、すぐ茹でればよいのですが、所用のため夕方までしばし活かしておくことにしました。
IMG_4421
プラケースに約3〜4%の塩水とエアーを仕込みました。元気にしていました。

調理する直前に目と目の間から竹串を刺してシメ、軽く洗いました。生きているまま湯に投入すると脚が外れてしまうそうです。

我が家でも神経じめが上手くいかなかった個体は脚が外れてしまいました。

たっぷりのお湯に塩少々を入れ
IMG_4434
腹を上にして15分湯がきました。

こちらは「蒸し」で調理!こちらも所要15分
IMG_4437

そして
IMG_4438
出来上がり!

IMG_4441
上々の出来栄えではないでしょうか?

天草産タコ飯のおにぎりと八代産スイートコーンを添えました。

甲羅を外してみました。
IMG_4443
オレンジ色の内子とミソがたっぷり詰まっていました!

IMG_4444
これですよ!

IMG_4445
魚卵好きの亭主にはたまらない酒のアテでした!

ブログランキング・にほんブログ村へ         

東京のアシモモ〜さんから素晴らしいプレゼントを送っていただきました(^^)
IMG_4353
東京麺珍亭本舗の油そばパックでございます。2つの箱が届きました。

IMG_4354
しかも、6食分(我が家3人×2食分)も贈っていただきました。

一の箱には
麺、タレ、メンマ、刻み海苔が入っています。

さらに!
IMG_4356
もう一つ、二の箱には
半熟玉子と太いチャーシューのトッピングセットが入っています!

玉子はなんと!
輸送時に割れていた時の予備として」贅沢に6個+2個=8個送られてきます。


本格的な一本チャーシューは包丁がスッと入る柔らかさ!わざと余らせてチャーハンの具材にできる程の潤沢な量です!

こりゃ楽しみ!心躍ります!
アシモモ〜さん、本当にありがとうございます!

週末ステイホームの夕刻に準備開始!
IMG_4358
多めのお湯で麺を4分間茹でます。

同時進行で
IMG_4355
チャーシューを輪切りにします。

IMG_4357
どんぶりとタレ、メンマを温めておきます。

IMG_4359
麺が茹で上がる直前にタレをどんぶりに入れます。我が家はこの時点で青ネギを投入しました。

なお、店舗では白ネギもトッピングできるようです。

さあ、時は来ました!
麺をささっと湯切りして、どんぶりに盛り付けます。

アシモモ〜さん曰くとにかく
はやく!早く!速く!
作ることを心がけなければなりません!

事前にオリジナルトッピングのゆでキャベツと追いネギを添えて
IMG_4361
完成です!

麺珍亭のタレには、既にお酢とラー油が配合されていますが、お好みでお酢とラー油をくるりと追いかけて、底からすくい上げるように混ぜていただきます!

半分程食べたら、半熟玉子をトッピングして食べると風味が変わり、いっそう美味しさが増します。

絶妙に配合され旨味があるタレがもっちりした麺に絡み、やみつきになる美味しさです。油っこさは全く気になりませんし、ラーメンのようにスープがないため、カロリー消費も少なくて良いとのことです。

唯一の弱点は、あまりに美味しく一気にすすって完食してしまうため、ビールが進まないことでしょうか(^^;;

我が家は2日連続でいただきました。
IMG_4362
今日はオリジナルとして、もやしをトッピングしてみました。

油そばは2013年にもアシモモ〜さん夫妻からいただいています。

変らぬ美味しさで、次回上京する際にはぜひ店舗にも参りたいと強く思いました。

アシモモ〜さんご馳走さまでした(*^o^*)


ブログランキング・にほんブログ村へ         

熊本県水俣市はかつての公害都市から生まれ変わった環境都市です。

美しい海辺に亀が見つけたと言われる「湯の児(ゆのこ)温泉」があります。

そちらにある「湯の児島公園」に参りました。
DSC00289
小さな島が砂州でつながっています。

一の島、二の島、三の島と分かれています。
FullSizeRender


DSC00295
一の島は陸と吊り橋(観月橋)でもつながっています。

DSC00284
周辺は海水浴場です。
また、SUPのメッカとしても知られています。
この日は前日までの雨が上がり、家族連れの方々が数組海辺で遊んでいました。コロナの影響がなければもっと多くの方々がいらっしゃるのでしょうね。

さて、吊り橋を渡ると遊歩道が整備されており、島を一周して海を眺めることができます。

一の島の南側を半周歩いて行きました。
島の所々に「亀」が鎮座しています。
DSC00267
ウェルカメ!

DSC00268
こちらもカメ

陸上の建物は湯の児温泉のホテル「海と夕やけ」です。こちらに泊まり朝夕に散歩すれば気持ちいいでしょうね(^^)


DSC00270
またまたカメ登場
このカメさんはやや小ぶりです。

さて、我が家のお目当てで、湯の児島のカメ群のエースは、一の島と二の島の間にかけられた歩道から拝むことができます。
DSC00272
願かけ亀」さま


亀の顔の手前に壺があります。
こちらを目掛けてお賽銭を投げ入れ見事入ると願いが叶うと言われています。

BlogPaint
壺は小さく2〜3mの距離があるため入りそうでなかなか入りません。1円玉は軽いので風にも流され届きにくいです。5円玉か10円玉を持って行った方が良いでしょう。

我が家は家族3人でなんとか一つ投げ入れることができました。願いはズバリ「コロナ禍の収束と家族の健康」です!

DSC00273
こちらは自然形のカメさん。右向こうには三の島が見えます。

二の島を一周して一の島の頂上に行き、湯乃児神社にお参りしました。
DSC00282
願かけ亀で小銭を使い過ぎたためこちらに奉納するお賽銭が少なくなってしまいましたがこちらでもしっかり祈願!

さて、海水浴場に戻り、しばし水遊びしました。
DSC00292
カニさん発見!
小さ過ぎて、我が家のママの食欲をそそるまでには至らなかったようです。

美しい海と明るい空が新緑に映え、とてもリラックスした時間を過ごすことができました。


ブログランキング・にほんブログ村へ         

熊本県内の公立学校の休校が5月末まで延長になりそうです。

今は、何処に行くにも何をするにも制限がかかります。釣りや潮干狩りなど屋外で密を避けても人の目を気にしながらですって!親戚の家にすら行けません。

外に出られないものですから家でテレビを見ていてもコロナ、コロナ。中には偏向的で陳腐な情報や視聴者のストレスを煽るような番組も見られます。

そこで、昨週末は外出を極力避けて、かつテレビも見ないように我が家の庭でキャンプをすることにしました。

まずは下準備。
IKEAの木製テーブルの塗装を行います。
BlogPaint
オイルステインを最初は塗装が剥がれているところのみ塗りました。小さな筆と少量の塗料でしたが、全部塗った方がきれいになりました。塗装後3分くらいしてから布で表面をこすり、余分な塗料を除きます。完全に乾いた後は木材表面も滑らかになり色移りもしませんでした。

今回は強風・乾燥注意報が発表されていましたのでウッドデッキ部にワンタッチテントを建てました。ポリタンクやペットボトルに水を入れロープでつなげば重しになります。

風のため、炭火は使わずホットプレートでBBQを楽しみました。(炭火は後片付けも面倒くさいので・・)
BlogPaint
ウッドデッキにもWiFiが届くので、アレクサを外のコンセントにつなぎ「森の音」や「川の音」をリクエストすれば雰囲気がでます。

IMG_4150
大人は「菊鹿シャルドネ」を堪能させていただきました。「日本で飲もう最高のワイン2019」でゴールド賞を受賞された白ワインです。

なんせ家庭ですから冷蔵庫から冷えた白ワインをすぐに取り出せます。

文明の利器を活用した「庭かキャンプ」です。批判はご容赦ください(^^;;

BlogPaint
辺りが暗くなり雰囲気出てきました。この季節はまだ蚊や蛾などの害虫は出ていません。

BlogPaint
約7000円のワンタッチテントですが、高さがあるためゆとりが感じられました。電池式ランタンの灯の元、ヒーターとタブレットなんざ持ち込んでやりたい放題です。

ママと息子は「車内で寝たい」と要望していましたが、風邪を引かせて免疫低下を招いてはいけません。
BlogPaint
別のワンタッチテントを室内に広げてあげました。

翌朝の朝食の様子
BlogPaint

IMG_E4135
(家電で焼いた)トーストにベーコン、玉子、アスパラ、温めたチーズをはさみます。

BlogPaint
流行りのチーズハットグのようにのびーる!

昼食は
BlogPaint
カレーとナンを電話注文してテイクアウト

プレーンナンとカレーで740円くらい?
お腹いっぱいになります。

テイクアウトしたプジャ(八代市松江町)
過去にも訪れています。
昼間はキャンプ中ですが、掃除、洗濯、宿題、ガーデニング、ランニングなど面々の用事を済ませます。亭主はテントの中で読書をしながらうたた寝してしまいました。

最後の晩餐にはたこ焼きとの二択になりましたが、お好み焼きを選択しました。
BlogPaint
屋外で飲み食いするだけで美味しさ倍増です。

IMG_4163
春キャベツたっぷりのモダン焼きも大成功!

晩ご飯を済ませた後は速やかに撤収!
IMG_4164
何事もなかったかのようです。
お風呂に入り、胃薬を飲みもたれたお腹をいたわりぐっすり就寝しました。


GWには息子が楽しみにしていたサッカーの合宿も中止となりました。

亭主が老体に鞭打ちステイホーム合宿を敢行しようと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ         



亭主と息子は4月30日に新日本プロレスを観戦する予定でしたが、世界中で猛威をふるうニューコロナウイルスの影響で、中止となってしまいました。

ロイヤルシート一枚8500円×2枚=17000円が払い戻されることになりましたので、この際、癒しの対象として「ぬいぐるみ」をポチッと買い求めました。

東京シナダの「もちねこ」シリーズ

中でも新日本プロレスで制御不能な働き方で大人気の高橋ヒロム選手とコラボした
IMG_4113

IMG_4109

もちねこナオルを買いました!
IMG_4117
ふてぶてしい表情ですが、このもちねこシリーズは生地がもちもちしており気持ち良いのです。

原作者の高橋ヒロム選手と所属するユニット ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは団体内で大暴れ中です。
IMG_4103

ということで、もちねこもせからしか我が家のパレハ(仲間)入りさせました。
IMG_4104
トランキーロ あっせんなよ

バックには新日本プロレスをV字回復に導いた経営者ハロルド・メイ社長「百戦錬磨」の本を並べてみました。

IMG_4119


IMG_4105
トトロもパレハ入り

グッズをこれだけ揃えれば社長にも喜んでもらえるでしょう。

日本においても政府の初動対応の失敗が尾を引き、私たちの暮らしがめちゃくちゃです。

''迷''イベンターの亭主としてはコロナ鬱に気をつけ、自粛しつつも家族を退屈させずにGWを乗り切っていきます。


ブログランキング・にほんブログ村へ         

このページのトップヘ