せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

カテゴリ: 熊本お出かけ(県北)

JR阿蘇駅を訪ねました。
IMG_5066
2016年の熊本地震以来、不通の区間があり阿蘇観光はズタズタの状態でした。しかし、令和2年8月8日に豊肥本線がいよいよ全線再開します。

駅の位置関係は次のとおりです。
5003
過去の新聞記事より引用

IMG_5070

駅内を散策していたところ肥後大津、内牧方面から試運転の列車が入線してきました。
IMG_5067
キハ125型気動車

IMG_5069
Y-DC125です。

亭主はかつて熊本市内で電車通勤をしていました。電化区間でしたが、最終列車は阿蘇宮地駅からこのイエローの気動車が山を下って来ます。

当時は大抵最終電車で帰る多忙な日々でした。そのためこの車体にいいイメージはありませんでしたが、今となっては感慨深いものがあります。

また阿蘇路を颯爽と駆けてスイッチバックをしっかり登って欲しいと思います。

阿蘇駅前の新しいスポットはこちら!
IMG_E5072
ウソップ像

ワンピースの主人公ルフィが率いる麦わらの一味の狙撃手 ゴッド・ウソップ!

懸賞金は一味の中でも高額の2億ベリー!

ドレスローザ編においてドンキホーテの部下シュガーを倒したことで、その威光は跳ね上がりました。

IMG_E5073
自信に溢れた長鼻くんの特徴が出て、良くできています。

BlogPaint
ウソップの像は実物大176cm
息子よ早く追いつくのだぞ!

なお、コロナウイルスの影響かウソップの人徳か、人は少なく写真撮影いつでも可能のようです。


ブログランキング・にほんブログ村へ         

熊本県内では、先の豪雨で被災された方々が避難所にいらっしゃいます。
我が夫婦も7/4以来、日常業務に加えて、災害復旧や避難者のお世話などに奉仕して参りました。
完全復旧まではしばらくかかるでしょう。これからも被災地の復旧に向けて邁進します。

一方で、家事や育児など日常の生活も営んでいます。
7月23日、この日はしばしお休みをいただき
息子のサッカーの試合引率で阿蘇市に参りました。
IMG_5055
阿蘇市農村公園 あぴか

涅槃像様の阿蘇五岳を拝みながらスポーツができる素晴らしいグラウンドです。

本来ならチームで合宿を行われるところですが、
コロナ禍の折、保護者が二日間引率を行わなければなりませんでした。

県内と言えども、我が家から車で1時間30分以上かかる阿蘇市ですので、チームメイトは各自阿蘇市内や近辺に宿泊された家族が多かったようでした。

我が家も水害前の6月中に宿泊の予約を済ませていました。
IMG_E5096
阿蘇市サマー宿泊割引キャンペーンを利用して・・・。

しかも三密を防ぐために、一日に数団体しか宿泊しない小さな民宿をチョイスしたのでした。

IMG_5056
民宿 あそ兵衛
熊本県阿蘇市乙姫1952-18
電話 0967-32-0381

「乙姫交差点のファミマのお隣」です。

IMG_5063
かつての結婚式場を改装されたようです。

IMG_5064
フロント 兼 帳場 兼 厨房入口

IMG_5065
ロビーでは、阿蘇五岳のジオラマをNゲージが走っていました。

IMG_5102
本館廊下

2階の「根子岳」の間
IMG_5057

IMG_5103
部屋は10畳の畳敷+小上がりのベッドスペース

IMG_5058
きれいな洗面、トイレ付き。

お楽しみの晩御飯

まずは馬刺
IMG_E5082

IMG_E5080
旬の野菜のバーニャカウダ

IMG_E5081
牛スジ煮込み

IMG_E5084
阿蘇のA4ランク あか牛の焼肉3種盛り

これ2人前です。
息子も含めて3人でも食べきれませんでした。

IMG_E5087

IMG_5085
熊本名物のだご汁

真ん中の白いだごを箸でめくると
IMG_5086
お肉がぎっしり!

阿蘇のお米を炊いた白飯もおいしくお腹いっぱい満足です。

他にも、子どもへは
ハンバーグにうるさい息子も唸るあか牛のハンバーグがつきました。

「ごちそうさまでした~」
満足して部屋に戻ると、スタッフさんが
IMG_E5090
部屋に熊本県産いちごのシャーベットを持って来てくださいました。
これがまた大きい!


部屋にシャワーはありませんが、4つのこじんまりした家族風呂があります。
IMG_E5092

IMG_5059
もみじの湯(1時間ごとの予約交替制)

IMG_E5091
椿の湯(こちらも当日着いてからの予約交替制)

温泉ではありませんが、阿蘇の柔らかい伏流水でした。

IMG_5061
一人用の五右衛門風呂

翌日の試合に備えて
ひとっ風呂浴びて、親子3人ベッドで気持ちよくバタンキュー!

翌朝は7時30分から朝食会場に行きました。
IMG_5097
夕食、朝食とも会場はこのような感じ

朝食もボリュームあるのなんの!
IMG_5099
右手前は阿蘇ジャージーのヨーグルト
お味噌汁はわらび、筍、シイタケ、個人的には油揚げがふわっとしていて美味しかった。
ボックスにはしっかり味ついたローストビーフ

子どもにはあか牛のキーマカレーもありました。

右手前の半熟たまごは何に使うのか?

IMG_5100
トマトとあか牛のすき焼き

IMG_5101
朝からすき焼き!

半熟たまごをからめて美味しくいただきました。


これで、大人1人 2食(あか牛3種焼肉付き)13,660円
ただでさえリーズナブルなのに、マイナス5,000円で8,660円!

さらに愚策のGoToキャンペーンのために「宿泊証明書」を出してくださいました。

観光情報も満載、温泉も近くにあります。
スタッフの方々は気さくで優しくとてもいいお宿でした(^^♪

民宿 あそ兵衛 さん
予約はコチラ↓


なお、翌日の息子の試合は大雨、雷のため帰れなくなる可能性があり、息子には申し訳なかったですが、キャンセルさせていただきました。
IMG_5105
帰って見ると、我が家の近くの河川も氾濫寸前でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ         

いちごマラソンを走った後に、熊本県玉名市に開設されている
IMG_0215
いだてん大河ドラマ館に参りました。

チケットを買い求めた後に入場待ちの列に並んでいたところ
IMG_0218
いだてんのお出ましたい〜

と、主人公 金栗四三役の中村勘九郎さんが出ていらっしゃるサプライズ❗️

少々興奮したところで、アシモモ〜さんと我が家はいざ館内へ!
IMG_0212
勘九郎さんのパネルには、つい先程書かれたであろうサインがありました。

館内はセットや登場人物のパネルに加えて、ドラマで使用された小物などが多数展示されていました。
IMG_0213
綾瀬はるかさんと中村獅童さん

とつけむにゃーバタバタした感がある脚本の中にあって、二人の名演に癒されています。


IMG_0217
古今亭志ん生 師匠役のビートたけし大師匠

ドラマにおいて、志ん生師匠のくだりはいるのかしら?


館内の展示は、ドラマが進行するにつれて変わってくると思われ、秋か冬にもう一度訪れてみたいものです。


さて、
玉名市中心部から車で約30分、和水町の山間にある
IMG_0206
金栗四三先生の生家に行きました。
(熊本県玉名郡和水町中林546番地)

ドラマのロケも行われた家は、記念館として一年間限定で開放されています。

IMG_0202


昔の造り酒屋の様子が再現されています。
IMG_0203

金栗四三ロードの出発点
IMG_0214


idaten
金栗が通った生家から玉名北高等小学校までの通学路は「金栗四三ロード」と呼ばれています。

山坂の難所を越える往復12キロの道のりを近所の子どもたちと毎日走って行き戻りすることで自然と心身は鍛えられ、マラソンランナーとして必要な素質が磨かれたのでした。四三本人も、のちに「マラソンの基礎は小学校時代に(片道)一里半の通学を行ったことである」と語っています。
 
IMG_0207
少しだけ走ってみました。
スッスッハッハッ
スッスッハッハッ

IMG_0208
道のりはアップダウンが相当厳しいです。

IMG_0209
玉名北高等小学校跡地は、現在、南関第三小学校(南関町)となっています。2017年には卒業生が記念に金栗をテーマにしたオリジナルソングを作成し、偉大な先輩を讃えました。(金栗四三ミュージアムHPより)

IMG_0219
校庭の巨木は金栗先生の走りを見守っていた証人の一人でしょう。


これは、一度走ってみなければ、金栗イズムは語れないと思い、今度再び往復の道のりを駆けてみようと心に誓いました。





  


熊本県荒尾市にやって来ました。

荒尾市といえば、西日本最大の遊園地
グリーンランドです。
IMG_9705
が!

今日の目的は、グリーンランドお隣の荒尾市総合運動公園にて、息子のサッカーの練習試合の引率でございます。
IMG_9706
1月5.6日と連戦でしたので、ホテルに泊まり地元の友人家族と久しぶりに再会し交流を深めました。

翌日のお昼ご飯を調達するために近くの通りに出ました。
IMG_9704
おそらく、昔 三池炭鉱の引込み線があった場所ではないかと思われます。

道路横の緑地帯には花がきれいに植えられていました。

その通りに発見したお弁当屋さん
IMG_9701
あつあつ亭 山の手店

「山の手店」ということは、チェーン店なのでしょうか?

初日にランニングを行った時に(2日目はこのお店でお昼のお弁当を調達しよう)と考えていました。

何しろ、この値段設定がすごい!
IMG_9700
ハンバーグ弁当や唐揚げ弁当などの定番は330円

のり弁は230円と破格の安値!
近年、値上げされたようですが、それでもこの価格!

さらに
IMG_9702

IMG_9703
朝10:00頃にレジ先に積まれた100円惣菜の山々
この後も続々と厨房から運ばれてくるではありませんか⁉️

我が家はのり弁とギョーザ惣菜を注文

のり弁230円のふたを開けてみると
IMG_9708
このボリューム!
キンピラ、高菜、玉子焼き、魚フライ

のりは潮の香りが強く、地元有明産でしょうか?

のりの下にはたっぷりのひじきとたっぷりのご飯があり、少し塩が強めの味付けは汗をかくスポーツマンや労働者の方に最適なお弁当でした(^^)

亭主はこの二日間で約20km走り頑張りました!

このお弁当が息子のエネルギーにもなればよいのですがね。





  

熊本県高森町で「高森湧水トンネル公園」に行きました。

公園?何なの?ここ?


入口 


入口付近の水は透明度がハンパない! 


昭和の時代 国鉄高森線と高千穂線を結ぶトンネル工事中に大量の出水があり、工事が不可能になり延伸計画もなくなりました。その後、トンネル跡を公園に整備した珍しい施設です。

トンネル内は一年中気温が17℃と一定で、様々なイルミネーションが施されています。


トンネルのドン付きから毎分37トンの湧水があり、神様が祭られています。

この湧水公園は高森駅からも近くオススメの観光施設です。



さて、我が家は今年も「いちご狩り」に行きました。

例年お世話になっていた「木之内農園」さんが熊本地震でハウスが全壊となり今年はようやくいちごが生り始めた程度でいちご狩りはOPENしていないそうです。

また、とても雰囲気が良い「岩下さんちのいちご園」に行くと「狩るいちごが少なすぎて本日はCLOSE!」とのことでした。


そこで、南阿蘇鉄道中松駅近くの「南阿蘇トーマス農園」に行きました。

駐車場の台数が少ないのでご注意!


ハウスの中は春の陽気


写真がイマイチですが、みずみずしく甘いいちごです。 


息子は持ち帰り分も含めて、三桁食ったかも!

見て良し、食べて良し、体験して良し!
南阿蘇村と高森町は我が家の家族を癒してくれる素晴らしいところです(^^)

       
ブログランキング・にほんブログ村へ         

南阿蘇に行ったら、お蕎麦を食べるのが我が家のルーチンです。

2016/2/17 「山さくら」

2015/10/10 「ほおずき」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2015-10-10.html

2014/3/18 「まつ田」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2014-03-18.html

2013/12/13 「明神そば」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2013-12-13.html

2017/1/9は・・・
「久木野そば研修センター そば道場」

南阿蘇村久木野庁舎のお隣です。
阿蘇の山々が望める大変良いところです。


この施設では、お客さんが手軽に蕎麦打ちを体験できます。

「こねばち」「伸ばし棒」「伸ばし板」を使い1グループ4人前のそばを打ちます。丁寧にご指導していただけます。
40分程で自分で手打ちしたそばを食べることができます。打ったそば麺はその場で食べずに持ち帰ることもできるようです。

料金は1人 2,420円 2人 2,920円 3人3,420円 4人3,920円とのことです。

我が家が訪れたのは午後2時過ぎ。もう少し早い時間帯だったら体験していたことでしょう。

我が家は食事のみ

亭主は「十割そば(もり)」980円 を頂きました。



さずが新そば十割です。香りがあります。たまに、「きざみ海苔」をのせて出すお店がありますが、そばの香りがなくなるため、のせないで欲しいのです。
十割では「つなぎ」はないのですがコシがありとてもおいしかったです。つゆはややあっさりですが亭主ごのみです。そば湯との相性も抜群です。



ママは「とりそば」を注文 おにぎり1個とお漬物がついていました。こちらは二八のようです。温かいだしがどうにもこうにもおいしかったです



       
ブログランキング・にほんブログ村へ         

熊本県の南阿蘇地方は熊本地震の被害を大きく受けました。

地域の足として、また観光の基幹として活躍してきた「南阿蘇鉄道(南鉄 17.7km)」も線路が土砂により流出し、トンネルには亀裂が走り、架橋も調査の必要があります。

7月に部分再開はされていますが、約7kmの区間にとどまり全線復旧やJR豊肥線との接続は目処がたっていません。

現在そこへ地域の復興を応援するための「ワンピース復興列車」が運行されています。

1/3の日記「くま川鉄道 編」もご覧ください。

高森駅


中松駅

両駅を起点終点とする約7kmの区間で1日3往復(平日1往復)運行されています。

中松駅へ入線
チョッパーのぬいぐるみと(なぜか)ロボットが出迎え


ラッピングは左右両方同じデザインです。


ワンピースの登場人物の紹介

麦わらの一味 船長
モンキー・D・ルフィ


麦わらの一味 航海士 泥棒猫
ナミ  すゎ〜ん と
コック 黒脚の  サンジ

ナミさんのお顔や「ワンマン」の看板が残念!


狙撃手  ゴッド ウソップ 
船大工  サイボーグ フランキー


船医 「ヒトヒトの実」の能力者
トニートニー・チョッパー

チョッパーとフランキーのスクリーンが下りていないのがまた少し残念!


ルフィの義兄 革命軍 サボ


車内は中吊りやポスターの掲示がある他は通常ですが、ルフィのアナウンスがあります。

麦わらの一味の手配書

もちろん最新版。ブルックはライブポスター柄です。

ママと息子を乗せた列車は途中
「見晴台(みはらしだい)駅」に停車

「キリン午後の紅茶」テレビCMのロケ地です。

CMは南阿蘇鉄道HPからどうぞ

メイキング画像も見逃がせません。


ちょうど新しい電柱の位置で上白石萌歌さんが演じる高校生がヘッドホンをつけて「て〜を つなごう 」と熱唱しています。


ここにあるはずの自販機からイケメン高校生が「午後の紅茶」を買い、女子高生に「声でかすぎっ」って渡すシーンです。亭主が100万回生まれ変わっても真似できないとてもさわやかな演技です。

なお、自販機は撮影用に持ってきたフェイクだったそうです。


写真に写りこんでいる運転手さんはこのCM撮影の際に運転手を勤められたそうです。

さて、南阿蘇鉄道ですが、廃線の危機は免れているとのことですが、現在大変危機的な状況であり地元の足としては成り立っていないことが分かりました。 


名物「トロッコ列車」は冬季運休中

「全国の皆さん!どうか南阿蘇に行って、乗って、買って、食べて!現地に行かずとも義援金のご協力をいただき、国土交通省に早期復旧を願う声を届けてください!どうかよろしくお願いします!」  



ブログランキング・にほんブログ村へ         

お正月はママの実家でのんびりさせていただきました。
義父から仕事のためになる本をいただいたり、息子と9マス将棋を指したり・・・。

1月2日は最寄り駅の、くま川鉄道「湯前駅」に行きました。

かつての国鉄湯前線、木材の貨物線としてもにぎわった駅です。


ここが終点です。



駅舎は国指定登録有形文化財に指定されています。

そこに発着しているのが
one1 one2
「ONE PIECE 復興列車」です。

「ONE PIECE」の原作者 尾田栄一郎 先生は熊本県出身ということで実現した企画であります。

この車両は一日数本往復しているようですが、おススメは11:11人吉温泉駅発→12:05終点湯前駅着の観光列車。駅前の「徳丸食堂」等で食事して折り返し帰るというコース。時間があれば周辺の文化財を巡るのも良いかと思われます。

湯前駅に到着



田舎の風景にぱあーっと映えます。


明るさがあります。   

ラッピングされたキャラの紹介

物語の主人公 「海賊王になる男 モンキー・D・ルフィ」


「麦わらの一味 海賊狩り ロロノア・ゾロ」


「麦わらの一味の考古学者 悪魔の子 ニコ・ロビン」


「麦わらの一味 船医 わたあめ大好き トニートニー・チョッパー」


「麦わらの一味の音楽家 大スター ソウルキング ブルック」
「パンツ見せてもらってもよろしいですか?」


「ハートの海賊団 船長 死の外科医 トラファルガー・ロー」


「王下七武海 世界最強の剣士 鷹の眼ミホーク」

ワンピースに興味のない方はどうでもいいでしょうが、亭主と息子は興奮してしまいました。


車内にはパネル

義兄サボとルフィ


アラバスタ編より

広告スペースには麦わら一味の手配書


フィギュアの数々
          


海軍三大将

さながら車内はワンピース博物館ですね。
乗車は人吉~湯前990円(座席指定含む)で、ルフィの車内アナウンスも聞けるようです。


ちなみに観光列車は二両編成です。

「田園シンフォニー KT-501 冬」


車内1


車内2 こんな車両で高校生が通学していくなんてうらやましいですね。


車両最後尾には小さな子どもが楽しめる小さな椅子


車内の木製ダストボックスは地元の工業高校生の作品です。

いやー!こりゃすごいわ!
来月中に南阿蘇鉄道 にも乗ってみてウソップ、ナミ、サンジ、フランキーにも会いたいですね。三セク両社にも相乗効果が生まれると良いですね(^^)
          

さらに、1月22日(日)16:00~


多良木駅前の会場にて焼酎の利き酒イベントがあるようです。
行ってみたいなぁ(^^♪    
   


ブログランキング・にほんブログ村へ         




熊本県南阿蘇に出かけたらお蕎麦を食べたくなるものです。

南阿蘇のお蕎麦屋さん第4弾目はこちら
P1080946
南阿蘇村の「山さくら」に行きました。

幅員が広い県道28号線からちょっと入り、すぐ着きますが、
お店の周りはとても細い道路ですから注意されてください。

P1080949
玄関

P1080951
築100年の古民家を改装してあるそうです。

P1080952
窓からは阿蘇の山並みが一望できます。

P1080954
少々太めに刻まれた盛りそば(800円)

P1080956
なす、蓮根、がんも等の小鉢に加え、ピーナッツ豆腐がついています。

P1080958
鴨南蛮そば(800円)

P1080959
お蕎麦に出汁がしっかりからみとても優しい味です。
かも肉は歯応えがあり、とろっとしたねぎとの調和が見事です。

できれば「ワカメ」でなく山のものをトッピングして
いただけると、なお良いのにと思いました。 

ごちそさまでした


ブログランキング・にほんブログ村へ  

我が家のルーチン行事の一つ
「いちご狩り」に出かけました。

行先は熊本県の「南阿蘇」
IMG_1624
「阿蘇五岳」をIphoneのパノラマで写してみました。

「岩下さん家のいちご園」
P1080933
こちらは9年前に初めて訪れて以来、3度目です。
受付の横には小さな子どもが遊べる場所が備わっています。
コーヒーや紅茶をいただきながら家族でゆっくりくつろげる雰囲気が落ち着けます。

P1080928
日曜日に参ったので摘めるいちごが少なかったのが少々残念でしたが、
息子は「風邪を吹き飛ばせ!」とばかりにバクバク食べていました。

昔に比べて随分お客さんが増えました。
農家の方によると、「土曜日に来てもらった方がいいかも。」とのことでした。

P1080931
小さないちごの方が完熟して甘みがぎゅっとつまっていました。


いちご狩りの帰りに寄った「道の駅」にて発見したのは
P1080971
白いいちご「淡雪」

2013年から登録された新しい品種です。
白いと言ってもほんのりピンク色です。

P1080972
中もピンク色です。
こんな色でもとても甘いですよ

なお、熊本県の阿蘇中央高校では農業実習の中で
「あその小雪」という新品種を生み出し登録されています。
DSC01469
酸味が少なく、とても甘くておいしいそうです。
全国から引っ張りだことのこと
ぜひ、食べてみたいものです


ブログランキング・にほんブログ村へ  

このページのトップヘ