(横浜たそがれ)

2017年03月26日

亭主の弾丸ツアー「横浜みなとみらい」編

出張で横浜に行きました。
お取引先2件を回る合間に少々時間がありました。

同行した同僚N氏はかつて神奈川県で仕事をしていましたが、「昔は みなとみらい線 はなかったんすよ〜」と興奮して話し、どうしても乗りたいというのでみなとみらい線を利用しました。

2004年2月1日開業、横浜駅〜元町・中華街駅の4.1kmを結び東急東横線との直通運転がなされています。

この後、同僚N氏は終始「みなとみらい線〜、みなとみらい線〜」というフレーズを連発して、旅の同行者を辟易させました。

なおN氏は、みなとみらい駅で駅員さんと間違えられるも、まんざらでもない表情をしていました。

さて、下車して散策しました。

ナビオス横浜(横浜国際船員センター)です。
船員・海事関係者が横浜を訪れたらこちらをご利用されると便利です。

大きな吹抜けは額装された絵画をイメージされ、片側からはランドマークタワー、反対側からは赤レンガ倉庫を見ることができます。


その、横浜ランドマークタワー(高さ296m)



の前のオブジェ「モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨー」

ステンレス造で高さ17mのこの作品は、1994年 最上壽之(もがみひさゆき)氏のデザインであり、風の通り道・流れを意識し、「たなびく雲」をイメージして作られました。ビル風の緩和という機能も備えているそうです。


世界最大級の時計付き大観覧車「コスモクロック21」

「かつて(平成元年)開かれた横浜博覧会の跡地に遊園地ができたんですよ~」とN氏がネタをはさみました。40代のおっさん二人が観覧車に乗ってはしゃぐ姿は周囲の方々へ様々な想像を提供してしまいますので、乗車拒否致しました。


帆船初代日本丸
1930年〜1984年まで我が国の航海練習帆船として活躍し、現在は公開展示されています。


全長97m海面からメインマストの高さは47mです。


横浜赤レンガ倉庫
中は洗練されたお店が並びます。

N氏は「この辺りは舘ひろしが拳銃構えながら走っていそうな雰囲気ですね〜」と今度は危ない刑事のロケ地ネタをはさんできました。

しかし、(相方は誰だったっけ〜)と「柴田恭平」さんの名前がなかなか出てこないところは、我々2人とも衰えが激しく哀しい😭


創建100年超の歴史があります。


横浜ベイブリッジを望みました。


豪華客船が停泊中です。

そんな穏やかな海の平和を脅かす船が隣国に存在します。

第3管区海上保安本部 海上資料館 横浜館 

東京のブロガーアシモモ〜氏の推薦により参りました。

2001(平成13)年12月、九州南西海域を航行していた国籍不明の不審船が、自衛隊の航空機によって発見されました。不審船はその後20時間ほど逃走を続け、最後には自沈という形で、証拠隠滅をはかりました。この不審船を引き上げて展示してあるのが当館です。

 


船尾には小船の格納庫が設けられています。船の格納庫ってサンダーバード2号かワンピースのサウザンドサニー号のような。やはりこいつは怪しい。


不審船内で見つかった携帯電話の通話記録を調べてみると、国内の暴力団と頻繁に交信していたことが判明。どうやら不審船は、覚せい剤などの密輸を行っていたようです。


同僚N氏は実は軍事マニアでもあり、こちらの資料館に引率したことをたいそう喜んでくれました。

夜はおっさん2人で山下公園を捜査しました。



日本郵船氷川丸

横浜マリンタワー

泊まりは都内だったため、カップルだらけの山下公園をニヤニヤしながら歩くとこちらが逮捕されそうなのでさっさと帰るはめとなりました。


ブログランキング・にほんブログ村へ        










okazy1985 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)