せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

カテゴリ: マラソン(亭主のだらだらマラソン練習!)

このたび、当ブログ「せからしか我が家」からランニングに関する日記を分割し「せからしかスタジアム(通称「せかスタ」)を開設しました。

実は7月上旬に一度開設したのですが、令和2年7月豪雨で被災された地域を取り上げていたためいったん日記を削除し再構築したものです。
IMG_E4568

自己のランニングログやスポーツ観戦のログとして活用するつもりです。

早速練習をさぼりがちで更新が不定期となっていますが、たまに覗いてみてください。

IMG_5736

これまで同様「せからしか我が家」もよろしくお願いします。

リンクはこちらから↓
http://sekarashika-sports.blog.jp/

せからしかスタジアム


ブログランキング・にほんブログ村へ         

ランニングシューズを購入しました。
IMG_E4568
ナイキ ズームライバルフライ2

2019年1月に購入したズームフライ フライニット以来の購入
http://sekarashika.blog.jp/archives/54736136.html

購入理由その1 「厚底はケガをしにくい。」
ここ数年陸上長距離界を席巻しているナイキの厚底シューズ
なんだかんだ言って厚底はクッション性に優れており、脚へのダメージが最小限で済みます。
他のシューズと走り比べると、厚底の方が足裏にかかる負担が圧倒的に少ない気がします。

IMG_E4569
ミッドソールの部分に厚みがあります。

購入理由その2 「軽い!」
気になるのはシューズの重量です。
かつての厚底シューズはクッション性は良いのですが、その分重さがかさむという印象でした。

シューズの重さを比較してみました。
DSC00327
これまで数足愛用していた
アディゼロ ジャパンブースト 26.5cm 205g
(当シューズは5代目ですが、不遇で購入後30kmほどの新古車です。)

DSC00328
ズームフライ フライニット 26.5cm 234g
+約30g 両足ならば+60g この差
亭主のようなにわかランナーでも違いが分かります。

また、ご覧のとおり、購入から1年半が経過して、ソールがすり減った感があります。
練習用のシューズがもう1足欲しくなりました。

さて、ズームライバルフライ 肝心の重量は?
DSC00329
なんと! 205g!
ジャパンブーストと変わらない!


IMG_E4568

購入理由その3 「シューレースの配置!」
靴紐が斜めに配置されています。
NIKE エアフットスケープを思い出させます。アッパーのツートーンのカラーも気に入りました。



かつて、ジャパンブーストでフルマラソンを走っていた際には後半に足がむくみ、足の甲が痛くなる現象が良くありました。フライニットの柔らかい素材は甲の痛みを解消してくれましたが、ナナメシューレースでも効果発揮してくれるものと思われます。

購入理由その4 「お値段お手頃!」
発売開始から半年以上経過しており、お値打ち価格になるのを待っていました。他のシューズと比較検討をしているうちにプライスダウンとなり、このシューズに決めました。




なお、他のカラーも用意されているようです。









さて、最後に予告です。
当ブログ せからしか我が家
これまで我が家と家族の成長を綴ってきましたが、
亭主のランニングにかかる日記は別ブログ
として立ち上げることにしました。


せからしかスタジアム(仮称)
http://sekarashika-sports.blog.jp/
2020年7月5日オープン予定です。

ランニングだけではなく、プロスポーツ等に関する亭主なりの駄文を綴っていきます。
もちろん、亭主と家族の成長日記「せからしか我が家」も引き続きどうぞよろしくお願いします。

→熊本県南を襲った豪雨災害の影響を考慮し延期します。


ブログランキング・にほんブログ村へ         



ここしばらく亭主のランニング熱が下火になりかけていた間にエプソンがランニング用GPSウォッチから撤退するというニュースを掴んでしまいました。

もしかしてとは感づいていましたが、EPSON社はホームページでついに公言しました。
IMG_3332
しかし、2020年1月クローズってすぐですやん!

亭主はEPSONユーザーです。
IMG_3335
SF-510T

2014年1月
初フルマラソン前に購入して以来、亭主のバラバラなラップを刻んでくれています。

ラップ計測に加えてスマホにデータを飛ばしてやると走行経路が地図になって表されます。

購入から7年が経過し、まだまだバッテリーの持ちも少しずつ短くなってきているようですので新機種への買い替えを検討していたのです。


ところがここ1年程、EPSONのホームページには「在庫限りで販売終了」の商品ばかりで、新商品の案内は全く出ていなかったため(これはもしや撤退か?)と予想していたところでした。
IMG_3336

ガーミンなど他社GPS製品やスマートウォッチを購入するか悩ましくなり、これではますます走る意欲が上がりません。

これまでの練習や10回のフルマラソン完走のデータがスマホやPCのアプリに蓄積されていますので、せめて他アプリへの移行ができればいいなと考えています。




  


亭主のランニング事情ですが、今冬のシーズンは

2/17(日)に熊本城マラソン出場
3/3(日)に鹿児島マラソン出場

中2週間で2本のフルマラソン大会に出場することを目標にしてきました。

結果として2本とも参加はできましたが、諸事情により記録は満足できるものではありませんでした。
そこで、今シーズンをほぼ終えて振り返り、来シーズンへの糧にしておきたいと思います。


まずは、2018年9月(月間150km)
FullSizeRender
残暑厳しい中、徐々に距離とタイムを伸ばし、9/23に「氷川町梨マラソン」10kmでまずまず好走し、9/29にはやくも30km走(6分19秒/km)を取り入れました!

氷川町梨マラソン大会(5分8秒/km)
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-09-23.html

IMG_8915
昨夏から暑い季節は足を保護していたタイツをやめました。


2018年10月(月間150.6km)
FullSizeRender
10/14は天草遠征(結婚式出席前、5分21秒/km)、21日には「球磨川幸福マラソン」(1時間49分19秒 5分09秒/km)出場(と2週連続でハーフ)、10/27には神戸マラソン3週間前の30km走(5分44秒/km)実施、2か月連続で月間150km超え達成と順調


IMG_9110

IMG_9113

kouhkumap

10/21「球磨川幸福マラソン」はクオリティ高くいい大会でした。
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-10-21.html


2018年11月(月間82.0km)
FullSizeRender
11/3の「苓北夕やけマラソン(ハーフ)」は余裕を持って安定のタイムでした。(5分13秒/km)

reihokugraff
苓北夕やけマラソン大会
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-11-03.html

レース後はしっかりアイシングを施し、ゆっくりとお風呂につかりケアをしていたのですが、それ以来ふくらはぎや膝裏のコリがとれず、ほとんど練習と調整ができませんでした。

BlogPaint
体心整骨院さんでしっかりコリをとってもらい大会に間に合わせました。

11/15の日記「神戸マラソンまもなく」では不安な兆候
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-11-15.html


koubegraff

不安が的中した神戸マラソン(4時間18分)
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-11-18.html

30km過ぎに足つりに襲われ大失速!
脚の痛みも再発!
IMG_9353
表情は微妙でした。


2018年12月(105.6km)
FullSizeRender
12月は脚のコリがとれず、ジョギング程度、12月30日にようやく20km(5分45秒/km)を走りました。


2019年1月(29.7km)
FullSizeRender
1/3、初ランにて悪夢の転倒!2回ほど走ったものの右胸の痛みがひかず、念のために通院したところ、肋骨にひびが入っており、ランニングどころか体すべての動きに制約が必要となりました。

1/9の通院日記「初ランで転倒」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2019-01-09.html

1/14(祝)に出場し、腕試しと思っていた「熊本30k」はDNSとなりました。


2019年2月(97.2km)
FullSizeRender
2/2にまるまる一カ月ぶりにランニング再開!しかし、調子は全くあがらず、2/10の12km走は6分39秒/km位(暗い=再転倒が怖い)

大本命であった
2/17の熊本城マラソンはLSDに徹することにしました。
http://sekarashika.blog.jp/archives/2019-02-17.html

5時間49分でしたが、
IMG_0075
これまで一番楽しく走ることができました。
家族の応援もうれしかったですね。

長い時間走ったためか右膝の外側がやや痛みました。また、肋骨骨折の付近が痛みましたが、単なる筋肉痛だったようでした。

2/24に横島いちごマラソンで調整し、金栗イズムを注入!
http://sekarashika.blog.jp/archives/2019-02-24.html

いちごマラソンは、来年はフルマラソンに昇格するとのことです。

そして迎えた2019年3月

先日アップした3/3の鹿児島マラソン
http://sekarashika.blog.jp/archives/2019-03-03.html

kagosimagraff
6分00秒/kmを目指しましたが、30km以降は息切れ、少々貧血も起こして救護テントで休憩しての完走でした。

果たして完走になるのか?

競技規則は次のとおりです。
〇ランナーはいかなる方法によっても、他人からの助力を受けてはいけません。
〇給水所以外での他人からの飲食物の供与は助力になります。
〇競技中、ランナーの体調管理や安全確認のために、スタッフが参加者に触れても助力にはあたりません。

というわけで、競技を終えることができたと解釈してもよいのではないでしょうか?
むしろ、競技上では、私設エイドで飴玉を頂いたり、応援してくださる沿道の方々とのハイタッチは少しばかりグレーと見なされる可能性があるでしょうね。

中2週間でのフルマラソンは記録を気にしなければ可能であり、コンディションさえ整えば記録も狙えるのではないでしょうか。

ともかく今シーズンは
IMG_0290
3個のメダルをいただきました。

来シーズンは、
(1)30km以降の失速を防ぐための距離走の実施
(2)ペースをもう一段階あげる(5分00~15秒)
(3)夏場の走り込み
(4)足つり対策(サプリ、ウォーターローディングの導入)
(5)走る前後のストレッチ強化
(6)体幹トレーニングを実施

これらを実施して来る老いに負けぬ身体つくりの上で

(1)11月の大会で自己ベスト更新
(2)東京マラソン2020の出場権獲得
(3)できれば夫婦同時出場
(4)できればサブ3.5への布石
(5)できれば100kmのウルトラマラソンへの触手
(6)MGCの観戦!

これらを目標にします。(後日下方修正があるかも)

まずは、3/24の芦北うたせマラソン(ハーフ)に向けて今シーズンもう少しだけがんばります!

(参考)2018年の同大会の様子
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-03-18.html






  



1/3にアバラ骨を骨折(ひび)した亭主でしたが、ようやく復調しました。

2/2に約1ヶ月ぶりにランニングを決行しました。
IMG_9822
かつ、おニューの厚底シューズをようやく試す日が来ました。

FullSizeRender
熊本県上益城郡嘉島町から御船町方面へ川沿いに往復10km走りました。

シューズはニット素材のため伸縮性があります。
紐を全体的にキツめに結んで「抜け」の心配を防ぎましたが、足にぴたりと一体化する感触があり、心配無用でした。

また、ニット素材は「すーすーすっ」感じです。レースの朝は寒いかも知れません。

走り始めます。
何もせずに、やや前傾姿勢となり前へ前へと進みます。推進力を感じ取った瞬間です。

さらに、厚底なのに沈み込む感はなくパンパンと地面を弾くイメージは、これまでになかったすごい感触です。

川沿いに6分/kmのペースで走りました。久しぶりのためもう少し抑えて走る予定でしたが、ついつい飛ばしてしまいました。



川沿いの単調な風景でしたが、ある山に少しずつ近づいていきます。
IMG_9899
飯田山(431m)

熊本平野の北東部に位置し、西の金峰山(665m)と対峙しています。

東西互いの山は、背比べしようということになり、神さまは、東西の山の頂上に樋を架けて水を流しました。

背比べの結果、西の金峰山が高かったため、水は東の飯田山へ流れ、そのこぼれた水は現在では頂上直下の池になっています。
また、樋の途中でも水がこぼれました。そこが現在の「神水(くわみず)」です。
それ以来、高さで負けた飯田山は「もう、高さの事はいいださん!」と言い、それが山の名前の由来という言い伝えがあります。

飯田山は、地震で傷ついた益城町を見守ったシンボルでもあります。登山道が整備されており、頂上からは熊本平野を一望できるため、今度家族で登りたいものです。

さて、走った翌日、ふくらはぎが筋肉痛です。シューズのせいではなく、久しぶりに走ったからでしょう。あばら付近は筋肉の「こわり」が出ました。

今さらですが、熊本城マラソンまでに少しでも走り、撃沈しないようにしなければなりません。





  


亭主は1/3の夜道をランニングしていた際に転倒して肋骨にヒビが入ってしまいました。

数えの齢四十八にして、人生初の骨折です。

1/29の診察の際にレントゲン写真を撮影させてもらいました。
IMG_9871
患部は右第九肋骨でした。

矢印のポイントの先に斜めに黒いスジが通っています。
これが「ヒビ」だそうです。

最初の診察の時には「うっすらヒビ」とおっしゃっられましたが、パックリ割れてるやん!

肋骨の内側の白い部分って脂肪肝ですかね?ヤバい!

さて、
1/5にやや痛みを感じながらランニングして以来1mも走らずに3週間が過ぎました。

極力、胸やお腹に負荷をかけずにおとなしくおとなしく日が経つのを待ちました。


そして、1/29に満を持して通院した際に、レントゲン撮影の許可が出ました。

なんせ、2回目(前回)に通院した際にはレントゲン撮影はなく、外科医の先生の診察はわずか30秒で終わりましたからね!

さて、診察結果は⁉️

「まあ、くっついてますねー。胸ベルトはもうしなくていいですよー」

「診察も今回で終わりでーす」

ようやく完治しました❗️


でも、まだ怖くて、胸ベルトを外せない亭主です(^_^;)





  

熊本城マラソンまであと1ヶ月に迫りました。

わさもんの亭主は、悩んだ挙句、ついに禁断の品を買ってしまいました。
衝動買いとも言えます。)

IMG_9822
ナイキズームフライ フライニット

IMG_9823
マラソン界で流行りの厚底です。


IMG_9835
2018年の東京マラソンで日本記録を樹立し1億円のボーナスをゲットした設楽悠太選手はナイキの厚底

IMG_9832
設楽選手の記録を上回る2時間5分50秒の現日本記録保持者大迫傑選手もナイキの厚底

プロランナーの彼らが履くのはナイキ ズームヴェイパーフライ 4%

その廉価版のようなものですが、仕様は負けず劣らず

●ナイキ ズーム フライ フライニット は、記録破りのスピードを実現するデザイン。Flyknitアッパーがグローブのように足にフィットし、超軽量のサポートを提供します。
●Flyknitアッパーで軽量性と通気性を確保。
●可融性の糸で、重さを加えず耐久性とサポート力を強化。
●ヴェイパーフライ 4%のプレートと同じ、フルレングスのカーボンファイバー製プレートを使用。
●Nike Reactテクノロジーが滑らかで反発力に優れた履き心地を提供。
●トラクションパターンに異なる形状やサイズを取り入れることで、安定感と地面を押す推進力が向上。

だ、そうです。

亭主が「買い」を決心したのは、店員さんの「背が少し高くなります」の一言!

「マジか⁉️」

確かめてみました。
IMG_9824
これまで愛用していたアディゼロ・ジャパン・ブーストとズームフライを両方とも履いて比較してみると、なんと1.5センチも身長が伸びました(^^)
(決して身長は伸びてない!)

なお、近年の箱根駅伝の出場選手たちが履いているシューズメーカーの傾向は下のとおり
sheos
青学大はアディダスですが、東洋大を始め、ナイキの比率が高まっています。

また、名シューズ職人三村仁司氏が所属するニューバランスも急増していますね。


ツラツラとおニューのシューズについて紹介してきましたが、

私、肋骨にヒビ入って1mも走れないんだった(T_T)❗️





  

亭主は2019年当初の自己目標として、2月には熊本城マラソン、3月には鹿児島マラソンと中2週間空けてのフルマラソン出場をあげています。

去る11月18日に神戸マラソンに出場し、その後2週間で脚や身体がどれだけ回復するのかをチェックしました。

しかし、予想に反して右脚のひざ裏からふくらはぎの炎症がとれません。

整体の先生にお世話になり、施術と鍼治療で随分と回復に向かっているものの、本番に向けて長い距離やスピードを上げての練習ができておらずかなり心配です。

先週の日曜日には「走らなきゃ、でも、脚痛いし、雨だし・・・」と、家でごろごろしながら、防府マラソンのテレビ中継を見ていました。

IMG_9610
先頭集団を走る選手達

左端には、来年からのプロ転向を目指す公務員ランナー 1川内優輝選手。

対する右から二番目には、モンゴルの英雄 2バトオチル選手。

防府ではお馴染みの2人を中心に集団が形成されていました。
中盤からは雨が降りしきる中ペースは落ちたものの、集団での互いの駆け引きが見られ勝負が面白くなりました。

IMG_9611
川内選手は通常の長距離ランナーのような細さはなく、肉付きが良いのですが、それが毎週のようにレースをこなすことができるタフさにつながっているのでしょうか?


39kmの跨線橋の上りで力を溜めて下りでバーンとスパート!
IMG_9612
あとは独走状態、バトオチル選手もついていけませんでした。

亭主が期待していた通りの展開となり、ファンの気持ちを体現してくれるところがスターですね!

IMG_9613
優勝タイムは2時間11分29秒

タイムはともかく、彼は後半の粘りはどうやって生み出しているのか?

IMG_9614
優勝インタビューではいつものように早口で来年の抱負をまくし立てました。

必ず地元の方々への感謝の意を込めた言葉を添えることも忘れません。

埼玉県内での市民マラソン大会では仮装をして走って大会を盛り上げることもあるそうです。


今年4月にはボストンマラソンを制したスターが身近な公務員ランナーでなくなってしまうのは寂しいですが、今後より注目を浴びることでしょう。

2月の熊本城マラソンと併行して行われる熊日30kmロードレースに出場予定だそうです。

亭主はコース上ですれ違うことができれば嬉しいです!


脚はまだ痛みますが、川内選手に刺激を受け、雨の中を10km走ってきました。今年も残り少ないですが、年末のお付き合いにも負けずに頑張ろうと鞭が入りました(^_^)





  





フルマラソンを走り切るには大会前3カ月間に月間100km走る必要があります。

さらに、自己の記録達成を目指すならばそれ以上の走行距離が求められるのではないかと思っています。

亭主の8月のラン記録は散々たるものでした。
IMG_8723
8月前半は仕事が忙しかったこともありますが、中盤はどっぷりと大企業並みの盆休み。しっかり脚を休めたのはいいが、後半はまたまただれてしまい、わずか月間50km。

これはいけません!

9月は月間150km走破を目指して、11月の神戸マラソンで大失速しないようにしたい!

さらに、ハーフマラソン二大会にエントリーしました。

FullSizeRender
10月21日(日)
球磨川幸福マラソン

FullSizeRender
11月3日(土)
苓北夕やけマラソン2018

できれば、30km走もどこかで行いたいと思ってますが、自分でハードル上げすぎですかね⁉️






  

西日本では雨がすごいことになりました。
IMG_8181
中国、四国地方で被害がひどいようです。ご冥福をお祈りするとともに、お見舞い申し上げます。まだまだ、河川が近いところ、地盤が崩れやすいところはご注意ください。


さて、そのような大雨の最中、我が家や周辺では予定外の行動を強いられましたが被害はなく安堵しているところです。


そんな雨のため、今年の七夕の夜は、星空を拝むことはできませんでした。
IMG_8183
我が家の七夕飾りも屋内に配置です。

「平和」「健康」だの「金持ち」「宝くじ」だの「やせる」「優勝」だの、あれもこれもと、願い事が多過ぎて少々カオスなことになっていました。

さて、

今夏こそ頑張って走ります!

自分にムチを入れるために新シューズを購入しました。
IMG_8151
アディダス エアロバウンス(26.5cm)です。

ソールはEVAという素材が使ってあります。今回、ソール部にもカラーリングがなされているモデルが気に入りました!

今までお世話になっているジャパンブーストはもちろん健在です。
image
ソールは反発力があるブースト素材を使ってあり走りやすいです。

しかし、
image
ブーストは「白い発泡スチロール」を履いて走っているみたいで、ソールがカラーリングされたモデルって出ないかな〜と思っていたところです。


肝心のエアロバウンスの走りごこちは、自分なりの感想ですが、シューズのいたるところが柔らかく履き心地がとてもいいです。

同サイズの他のモデルに比べてやや細身かな?と思われますが、インナーがぺたんとしているためか窮屈さは感じません。

10kmほどレースペースで走りました。足裏全体に均一にクッションが効いていて沈む感じがします。

足裏のアーチがつぶれてしまうのではないかと心配ですが10kmくらいでは大丈夫なようです。

今年の夏はがんばります!
と言いながら今日もビールを飲んでしまいました😅






     

このページのトップヘ