(九州は一つ!鹿児島県)

2017年06月20日

桜島フェリーの名物うどんは450円!

2ヶ月前に誕生した姪っ子に会いに鹿児島市に行きました。

かわいい姪っ子の写真はありませんが、
西郷どん(せごどん)の写真はあります😄

来年の大河ドラマの主人公です。
今夏頃からクランクインだそうです。鹿児島県内でもロケが行われるでしょうね。

我が家のママは「鈴木亮平くんも来っとね!?」と西郷像の前で興奮していました😅


おいといて、なかなか行くことがない桜島に船で渡りました。

桜島行きのフェリーターミナルです。


鹿児島港から桜島港まで大人片道160円です。運賃は鹿児島から桜島行きは後払い、桜島からは先払いです。


船の下二層は車を輸送するスペースです。


船内からも桜島が拝めます。

乗船したら名物の

うどんを食べました。


かけうどん 450円
親子三人の乗船料400円より高いですね。

小さなさつま揚げがのっています。


麺は平たくて柔らかいです。

味は「まあまあ」と言っておきます。

わずか15分で桜島に着きますが、慌てて食べなくても間に合います。


桜島が見えてきました。

桜島のターミナルでは、

サッカー日本代表 遠藤選手の栄光の品々が展示されています。

彼は桜島出身です。

船乗り場から徒歩10分程歩いて「桜島ビジターセンター」に行きました。

火山灰アートです。

ここには

全長100mの日本最大級の足湯が、あります。


鹿児島市内も一望できますよ(^^)

鹿児島市街へ戻りました。

鹿児島に来たからには、もう一つ食のノルマがあります。

天文館むじゃき アミュプラザ店

本来なら天文館本店に出向くところですが、諸事情により鹿児島中央駅内の支店に参りました。


アイス白熊(しろくま)M


白熊(しろくま)S

上野動物園の赤ちゃんパンダ誕生に多少なりとも乗っかれば良いのに、他を侵さず地道で保守的なところが鹿児島男児の粋なところです。

亭主の好物「プリン白熊(しろくま)」がメニューになかったのは残念でしたが、また、鹿児島に再来する理由ができました。


もう一つ鹿児島に再来する理由もあります。

美味しい食パンで有名な「乃が美 はなれ」(のがみ)が鹿児島に先日オープンした模様です。たまたま通りかかったこの日は既に完売していました。

九州では、福岡、北九州に続き3店舗目だそうです。

さぞかし、美味しいのでしょう。
次回はレポートしたい品ですね😋


ブログランキング・にほんブログ村へ        





okazy1985 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年10月29日

鹿児島出張あれこれ(少し走る)

九州の同業者の交流セミナーに参加するため鹿児島市に出張しました。


セミナー会場からは桜島をしっかり眺めることができました。

会場では商談や情報交換を行ったばかりでなく、ホテルの朝食会場では熊本県のお得意様と偶然お会いし、仕事の糧となる談議をさせていただき、大変有益な出張となりました。

さて、仕事はさておき鹿児島ランチの話です。
2日間とも鹿児島中央駅の構内で済ませました。といっても、今や駅グルメは侮れない存在なのです。

1日目は「鹿児島 黒豚 とんかつ 大山」の「ずんばい膳」

「ずんばい」って?どんな料理のことだろか?

出てきた御膳を指差して店員さんに聞きました。
「どれが ずんばい ですか?」

・・・「ずんばい」とは鹿児島弁で「たくさん」の意味だそうです


豚丼 うまかった〜


2日目は廻る寿司 めっけもん
 
「マグロ軍艦」の盛りが凄い❗️


「さより」のにぎりはお造りで出てきます。


亭主大好き「錦江湾のきびなご」


さて、 夜もにぎやかに過ごしましたが、翌朝は気持ちを切り替えて旅ランに精を出しました。

海岸沿いのとあるホテル発


割と広い道路を選択しました。並木がいかにも南国ですね(^^)

来年3月に開催される「鹿児島マラソン」のコースを走りました。

おそらくこの辺りがスタート地点になると思われます。

抽選は11/2です。結果は如何?


スタート地点は、海岸沿いの商業施設「ドルフィンポート」前です。

ホテルから約4km。少し迷ってしまいましたが、ここを折り返しました。

帰り道、鴨池陸上競技場と野球場です。
工事中でした。


2020年は鹿児島オリンピック国体の年なので、スタジアムが改修されるのでしょう。

既存を改修すれば充分です・・・。
負のレガシーは増やさないで。
使い捨てにするぐらいなら他にお金を使って欲しい。


こちら「鹿児島市民文化ホール」コンサートのメッカです。

ホテルに帰り、朝温泉につかりながら桜島を眺めました。

天気があいにくで雲がかかっていましたが2日目のセミナーを前にしてパワーをもらいました(^^)

        
ブログランキング・にほんブログ村へ            









okazy1985 at 20:40|PermalinkComments(0)

2016年08月06日

鹿児島で動物園と水族館をまとめて!

梅雨明け鹿児島行脚の最終回です。
 
「平川動物公園」にやって来ました。

地方の動物園は改修ラッシュ!
最近はどの園も動物の展示方法に気を配っています。

「アフリカの草原ゾーン」
サイ、キリン、シマウマ等が同じフィールドで生活する様子が見られます。

わざわざ鹿児島の動物園に行く目的は
何と言っても
 
コアラがいるからです。

樹上のほぼ同じ位置にいましたが、
ユーカリの葉っぱを食べたりして思った以上に"動いて"くれました。


さて、急ぎ足で

「いおワールドかごしま水族館」
地元の方のお話しでは、(オーストラリアの建物をイメージ)してあるそうです。

P1090429
お隣の港には桜島行きのフェリーが着きました。
約15分で鹿児島港〜桜島港を交互に運行します。
昼間は15分おきに出港、夜間も1時間に1本、なんと24時間運行です。


さて、水族館です。
P1090389
「ジンベイザメ」の大水槽(定番)

P1090390
「クマノミ」(定番)

IMG_2348
とても優雅な「タコクラゲ」

IMG_2361
日本最大の昆虫「タガメ」

IMG_2359
孵化して1週間「アカウミガメ」の赤ちゃん

BlogPaint
「ナマコ」

さて、館内最後の展示は
IMG_2351
「沈黙の海」

この水槽には生き物は何も入っていません。

キャプションには次の解説が・・・

青い海 なにもいない
もう耳をふさぎたいほど
生きものたちの歌が聞こえていた海
それが いつのまにか、何も聞こえない
青い海

人間という生きものが
自分たちだけのことしか考えない
そんな毎日が続いているうち
生きものたちの歌がひとつ消え
ふたつ消えて
それが いつのまにか なにも聞こえない
青い 沈黙の海

そんな海を子供たちに残さないために
わたしたちは 何をしたらいいのだろう?


初代館長が海の環境問題について伝えたり訴えたりするためにこの展示を思いついたそうです。
お子様と共にちょっとだけ足を止めて館長の意思を伝えてあげてほしいものです。
(我が家の息子は「ふーん?」とスルーしましたが




はい!地味シリーズ終了!

水族館でやはり大人気なのは
P1090414
「イルカのショー」
見事なジャンプからの着水!

P1090418
はい!団体種目も金メダル!

P1090423
愛くるしい眼


P1090404
満員のお客さんも大満足!


さて、この水族館が素敵なのは、
館外でイルカのショーを無料で見ることができるのです。


P1090438
1日3回開催されているようです。

かごしまの方はとてもオープンで気前が良いですね
最近は熊本県内でもこの両施設のCMをよく見かけます。
鹿児島県は、お隣さまで気軽に行けて見どころ、食べどころ満載で素敵な県でした😄



ブログランキング・にほんブログ村へ          




okazy1985 at 17:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年08月01日

亭主、やはり旅先で走る!鹿児島市編!

梅雨明け以来、九州は猛暑です。
連日35度超えで、早朝か夕方でないと走れません。

旅先でも距離を稼ぐために走ります。

今回は鹿児島市内編です。

宿舎は天文館そばの鹿児島ワシントンホテル。運がいいことに前日ネットで予約できました。


日曜朝の天文館は、朝帰りの輩もいます。朝まで飲める若さがチトうらやましい歳になりました。


「照国神社」前に差し掛かりました。
ちょうど、国道3号線と10号線の終点にあたります。

鳥居の上、城山にある茶色の建物は、鹿児島市一の名門、「城山観光ホテル」です。

実は当神社で、鹿児島のお祭り「六月燈」(ろっがっどう)が2日前に開催されており、機を逃してしまいました。        


拝殿
西南の役や太平洋戦争で焼失しましたが、昭和28年に本殿、42年に拝殿が再建されました。


当社は島津家28代当主島津斉彬公が、照國大明神として祭られています。


斉彬公は欧米の列強が、鎖国時代の日本に押し寄せた時、外国船と区別するために日本の印として「日の丸(日章旗)」を発案しました。 

さて、国道10号線を少し北上すると、

これまた鹿児島の偉人「西郷隆盛」像がそびえ立っています。

西郷隆盛は斉彬公に忠誠を尽くし、
公が亡くなられたとき自害しようと錦江湾に身を投げましたが、
生き延び、奄美に流刑されました。

 

「鶴丸城跡」のお堀には
 

きれいな蓮の花が咲いていました。
 
この辺りには公共の施設が多く 

「かごしま県民交流センター」から西へ進みました。


海岸から錦江湾を望むと

朝日に映ゆる桜島が拝めました。



鹿児島市内の道路の傍らにはうっすら火山灰が積もっています。


しかし、鹿児島市民には「桜島ビュー」のマンションが人気だそうです。

なお、この数日後7月26日に桜島は爆発的噴火が発生しました。 

さて、亭主は

「ドルフィンポート」を走りました。
 

明け方なので、誰もいません。
ウッドデッキ独り占めです(^^)


市中心部へ走って帰ります。

鹿児島市電です。600型標準塗装が撮れました。
路線は、新幹線の駅と天文館を結び便利です。料金は170円均一でした。


鹿児島一のブランドデパート「山形屋百貨店」
この辺りはパン屋さんがあるのでしょうか?焼きたてパンのいい香りが亭主のランペースを上げました。

約5km走り、ゴール地点の宿舎前では、

鹿児島出身の画家 「黒田清輝」像からねぎらってもらいました。



ブログランキング・にほんブログ村へ          




okazy1985 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月28日

鹿児島でわっぜうまか?鹿児島ラーメン「こむらさき」

表題を読み、不快に感じる恐れがある方はこの後の閲覧をご遠慮ください。






旅行2日目
鹿児島の「食」を満喫した今回の旅を締める最後の昼食は何にしようか?

そんな時、隣のママが囁きました。

「ねえ、何食べる?」

パートナーに主導権を渡してくれる我が家のママ💕

ハァ?

そんな優しいもんじゃありません!

食に"せからしか''ママの心中は「次は私にどんな美味しいもの食べさせてくれるのかしら?」ということであり、亭主にプレッシャーをかけます。


昼食ということでどんな街にもご当地の味がある日本のソウルフード「ラーメン」を選択しました。

過去に「くろいわ」や「ザボンラーメン」を訪れたことはありますが、今回は家族連れのため、ガイドブックに頼りました。

その中で選んだお店はこちら

「こむらさき」

ご近所の

「くろいわ」にしようか迷ったのですが…

鹿児島でナンバー1と言われる「こむらさき」にしました😄


休日の昼間だけあって盛況。だがすぐ座れそう。ここまでは順調😄


店内のポスターにのっている黒豚が乗ったチャーシューメンにしましょうかね〜😋

ママの決裁を経てレジで前会計💴

って、せ、せんえんもすっとねっ!? 

三人で三千円を支払いました。
九州でラーメン一杯千円なんて初めて聞き、びっくりするとともに、期待値も上がりました。

席に着き、しばし待つと出てきました。
 

 




申し訳ございません。
このお店のこの料理についてのコメントは差し控えます。


亭主には、なぜこのお店が人気なのか分かりませんでした。

ブログの記事にすることをためらいましたが、同じように違和感を感じた方がたくさんいらっしゃるようなので、あえてアップしました。


さて、「ふっこう割」等で九州への旅行がお得なようです。

初めて九州にいらっしゃる旅行者の皆さまへ
九州には、博多、久留米、熊本、その他の県、もちろん鹿児島にも、安い価格で美味しいラーメンがありますのでそちらもお楽しみください。



ブログランキング・にほんブログ村へ          












okazy1985 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月26日

鹿児島でわっぜうまか!「明石屋のかるかん」

鹿児島の名物と言えば「かるかん」が有名です。
南九州には多くのかるかん製造メーカーがあるのですが、

その中でも元祖を誇るのが、創業安政元年の「明石屋」

安政元年=1854年ですから、ペリーが来航して日米和親条約が締結された幕末の時代からの歴史を誇ります。

鹿児島北インターチェンジを利用する道すがら、明石屋玉里店に立ち寄りました。


お店は清潔感と高級感があり老舗の風格が漂います。

無料のコーヒーでくつろぐこともできるようです。


左手前が「かるかん」右は中に餡を入れた「かるかん饅頭」こちらの方が全国的にはポピュラーですかね?

なお、奥の商品は最上の黒糖を使用し中に餡が入ったお饅頭「一黙」です。上品な蒸しパンのようで、かるかんとのコントラストが映えます。

なお、かるかん饅頭よりも プレーンなかるかんの方がいいお値段します。

さて、本題のかるかんですが、九州人以外はプレーンなものは召し上がったことがない方も多いようです。

米の粉、砂糖、山芋を蒸して作られたこのお菓子の創案は、島津藩主 島津斉彬公が招聘した明石出身の菓子職人 八島六兵衛によるものとされる説が有力です。


亭主はかるかんのしっとりした食感とほんのりとした甘さが大好きなのです😄

観光しながらの歩き食いには少々敷居が高いですが、鹿児島でのご贈答には欠かせない「明石屋のかるかん」いかがでしょうか?
日持ちは一週間ほどですのでご注意!


ブログランキング・にほんブログ村へ         





okazy1985 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月23日

鹿児島でわっぜうまか!天文館むじゃきの元祖「白熊」

大雨にみまわれ続けた九州地方でしたが、ようやく梅雨明けしました。

鹿児島観光の代表的スポットでもある
IMG_2406
「天文館むじゃき」

鹿児島に行ったらこれを食べずにおられません。
IMG_2491
本家「白熊」(氷白熊)です。

「白熊」は他店では「白くま」や「しろくま」と表記されていますが、昭和24年発売の当店が元祖と言われています。(諸説あり)

history_1
販売当初の昔なつかし「氷白熊」
現在は毎年6月の白熊誕生祭にて再現販売されています。なお、氷の中にはフルーツがたくさん入ったギミックあり!

休日かつ夏の到来でお店の前にはすごい人だかりでした。
BlogPaint
左は食べ歩き用の「ハンディ白熊」を求める列
右は店内でゆっくりと「レギュラー」を相伴しようとする方の列

我が家は店内でいただくことにしました。

しばし、待ち時間がありましたので記念撮影
BlogPaint
うちわには「やっと逢えたね」の御挨拶が。

って、息子のマタの開脚度合いがすごい!


BlogPaint
白熊(ホッキョクグマ)のはく製

さて、10分程待って入店
BlogPaint
店内の様子です。キャパが多いので回転は早いようです。

IMG_2478
メニュー
白熊にもいろいろなバリエーションがあります。

IMG_2476
「白熊」の由来

IMG_2479
「取説」には、ブログ、ライン使用可ですと!


そしてついに!
IMG_2482
「白熊」


上から見るとレーズンで氷現されたクマの顔


「プリン白熊」も注文

3人で二つの器をガシガシつつき合いました。

みるみるうちに山が崩れ

完食〜


鹿児島市内の喫茶店や甘味屋では「白熊」は定番メニューであり、各店が工夫を凝らした「白熊」を提供していらっしゃいます。
IMG_2494
天文館アーケード内この店の

IMG_2495
これも気になり次回に期待



ブログランキング・にほんブログ村へ        


okazy1985 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月21日

鹿児島でわっぜうまか!黒豚しゃぶしゃぶの「いちにぃさん」

鹿児島旅行で外せないグルメと言えば 
黒豚!


黒豚しゃぶしゃぶのお店
「いちにぃさん」天文館店


植木鉢が「ブヒッ!」

始めは気にも止めなかったお店の壁面をよーく見ると
 
黒豚ちゃんの尻!お尻!


しっかり可愛く割れてます 💕

情に流されることなくいただきます!

さつまいもをえさとして、丁寧に育てられた上質な鹿児島産六白豚を


しゃぶしゃぶっと!

ここからがオリジナル
こちらのお店は、ネギをたっぷり入れた「そばつゆ」につけていただきます。


とてもさっぱりした後味になるので、お肉がどんどんお腹の中に消えてしまいます。


亭主はビアーもそこそこで食に走ってしまいましたが、親子で大満足でした。

「黒豚の角煮」や「豚足の唐揚げ」は画像に残る間もなく平らげてしまいました。


オブジェに感謝の意を表しました。

たいへん美味しくいただきました😋


ブログランキング・にほんブログ村へ         





okazy1985 at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月19日

鹿児島でわっぜうまか!廻る寿司「めっけもん」

鹿児島市に住む義兄夫妻を訪ねてドライブしました。
BlogPaint
我が家の愛車セレナ

熊本県八代市から鹿児島市へは休憩を入れても2時間弱です。
IMG_2344
鹿児島港にほど近い複合商業施設「ドルフィンポート」にやって来ました。

「廻る寿司 めっけもん ドルフィンポート店」で待ち合わせて昼食
IMG_2341
お昼前に着いたため、あまり待たずに入れたのはラッキーでした。

とにかく、こちらの店舗は地元のエージェントさん曰く
「おいしいし、最近は特に勢いがある。」そうです。

IMG_2343
その日のおススメのネタが板書してあります。


「いーるるるっしゃいませーっ
元気いい板前さんの声が店内に響きました

気前よく流れてくる回転皿の他にももちろん一皿ずつ握ってくださいます。
IMG_2334
店内の「下がり」にもおススメのネタが!

早速、ヒラマサを注文すると、身がきれいで脂がのったいいネタでした。

地グロ(メジナ)は新鮮でもちっとしたうまさが特徴です。

IMG_2338
中トロは息子の大好物です。

IMG_2337
お皿は鹿児島県の離島(漁場)が描かれており地元愛を感じます。

IMG_2336
亭主は枕崎産のカツオを頂きました。

鹿児島独特の甘いお醤油が合います

IMG_2335
サバ、アジ、きびなごの三貫盛り、その名も「ブルースリー」

錦江湾で採れるきびなごはとても美しい!

アジの骨は揚げて「せんべい」にしてくれました

IMG_2339
店内は、とにかく活気にあふれていて、我が家のテンションも上がりっぱなしでした

ぜひもう一度行きたいお店です

兄さんごちそうさまでした


ブログランキング・にほんブログ村へ        


okazy1985 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月02日

知覧特攻平和会館

先日、鹿児島県南九州市の知覧特攻平和会館へ行きました。
P1060529

見学できる時間が少なかったので
書籍を一冊買って帰りました。

P1060598
かつての悲惨な歴史を直視できないかも知れませんが、
少しずつ拝ませていただきます。




閣議決定?
良く分かりませんが、
「抗争の上に平和は成り立つ」みたいな考え方は
暴力団の親分とお変わりありませんね。

こんな大切なことを簡単に決められるはずがありません。

事の重大さを認識されていらっしゃらない方は
首相をお辞めになられて
世界の至る所で今も起こっている前線へ
自ら旅立たれてみてはいかがでしょうか?


ブログランキング・にほんブログ村へ

okazy1985 at 18:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)