せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

(関西とUSJ)

京都二条城で豪華絢爛金箔ソフトクリーム!

京都では世界遺産 二条城に参りました。

nizyou1

京都 二条城は、1603年 徳川家康が上洛時の宿所として築城、間もなくこの場所で征夷大将軍に就任、以後大坂冬の陣では徳川家の本営となり、家康はここから大阪へ駒を進めました。

P1090864
二の丸御殿へ入る前の見どころ
唐門には、金や漆の装飾が威風堂々としています。

唐門が設置されたのは三代将軍家光の時代です。さらに、二条城は明治に入り天皇家の所有となり、各所に菊の御紋がつけられていますが、元々は徳川家の葵の御紋があったそうです。

国宝 二の丸御殿の外観を再度
nizyou1
(写真はリーフレットより)

二の丸御殿は国宝に指定されており、部屋数は33、約800畳の広い邸内の内部を拝観することができます。

nizyou2
(写真はリーフレットより)
大政奉還の間
1867年、前年に将軍職を拝命した徳川家第十五代将軍 慶喜は二条城大広間で大政奉還を行い将軍職を返還しました。

IMG_7714
(Wikipediaより)

このように、江戸時代の幕開けと終焉の際に二条城は大きな役割を果たし、その遺構は歴史的にも建築的にも貴重なものとなっています。

IMG_7662
庭園は国特別史跡に指定されています。


まあ、歴史や建築はさておき、二条城の売店で親子が口にしたものは
P1090866
黄金ソフトクリーム
二条城桜ふぶき 1,200円


kin
堀金箔粉の金箔を一枚まるごと 抹茶ソフトにのせました。
障壁画の 虎が描かれた麩焼きせんべいを 古城の満月、フリーズドライ苺チップを舞い散る桜に見立てた 豪華絢爛な和風スイーツです。(茶乃逢HPより)

食べた後、口に金箔がついてテカテカした親子でした(^^)





     

大阪 淀川沿いを早朝ランニング!

今日もお宿は東横イン
IMG_7630
お隣さんはバンダイのビル

都会のビルに囲まれた環境ではGPSウォッチが電波をキャッチするのに少々時間がかかります。

IMG_7621
地面に置いてしばらく待ってキャッチ!

いつものように、まだ家族が寝静まっている早朝に、中津から淀川沿いをランニングしました。
IMG_7708
河川堤防の上は舗装はなされていませんが、足をひねるほど砂利があるわけではありません。

下流に向かって走りました。
IMG_7624
梅田スカイビルが見えました。

淀川には多くの橋がかかっています。
IMG_7709
阪急電車がバンバン走っています。

河川敷には
IMG_7626
野球のグラウンドがつきものです。


河川敷での野球といえば、亭主の愛読書である
IMG_7706
プレイボール2

故ちばあきお氏が38年前に22巻まで描いた作品の続編を、「グラゼニ」の原作者コージィ城倉氏が引き継いで連載再開しました。


IMG_7707
その作品の中にも河川敷の野球場が登場します。

さて、再び走ります。
IMG_7710
そこそこで折り返して今度は上流に向かいました。

河川沿いは車が通らず良いですが、日を遮るかげがなく、風も強いため己に厳しい鍛練のコースだと感じました。

ホテルから1kmほどの地点には、
「なにわの湯」という温泉施設があります。
IMG_7628
夜行バスが到着した朝に家族で利用した施設です。ゆったり朝風呂して気持ち良く観光できました。

osakarun
8.7km 約50分の旅ランでした。






     

宇治の新茶と平等院鳳凰堂!


5月、五月晴れのこの日に、
少し脚を伸ばして京都の宇治に参りました。
P1090848
JR宇治駅

駅から平等院鳳凰堂へ徒歩で参ると、
お茶の名店が幾店もあり、
さわやかないい香りが漂っていました。
IMG_7660

まずは駅近の
P1090851
伊藤久右衛門商店

IMG_7658
名物の抹茶パフェ

抹茶はアイスやチョコなど多くのスイーツのコンテンツとして確立しています。

亭主はかつて抹茶の苦みと菓子類の甘さが合わさる感じが苦手だったのですが、息子は若くして抹茶スイーツが大好きです。


InkedP1090852_LI
辻利 宇治本店

IMG_7639
店奥には庭を眺めることができるカフェの雰囲気がまた美しい!

IMG_7700
宇治抹茶アイス最中がとても濃厚な味で絶品でした。(写真は店舗HPより)

何やら歴史ありそうな屋号は
IMG_7641
上林春松本店(かんばやししゅんそう)

ここは我が家のオフィシャル飲料
IMG_7642
「綾鷹」で有名です。

さて、宇治橋のほとり
IMG_7702
紫式部の像を横目にして参道を歩き、

平等院鳳凰堂へたどり着きました。

こちらです。
IMG_7634
パノラマ撮影でないと収まらない。


平安時代後期(1053年)に藤原頼道(ふじはらのよりみち)によって建立された阿弥陀堂であり、華やかな藤原摂関時代をしのぶことができる唯一の遺構です。

IMG_7633
お約束の十円玉です。

午前早々の朝日がまぶしく照らしています。

鳳凰堂は東側に面して建立されており、
これは池を隔てて西側に極楽浄土があることを表しています。


P1090855
裏側からの景色も美しい!


naibu
(リーフレットより)

鳳凰堂は内部拝観が可能ですが、入場制限があります。
GWは当然待ち時間が長く、この日は午前10時の時点で3時間半待ちでした。

本堂の阿弥陀如来像天蓋
今思うと、一人で時間さえあれば3時間待ってでも拝むべき御仏ではなかったかと悔やまれます。

もし1時間程度の待ちでしたら
隣接するミュージアムを観覧していれば時は過ぎていくでしょう。

ミュージアム鳳凰館がまた素晴らしいのです。

館内のしつらえ、照明、空調、展示物までの導き、展示品の等級からミュージアムショップに至るまで

主役である国宝、重文級の芸術品を展示するのにふさわしい環境でした。

houou
屋根に飾られた一対の鳳凰は二代目ですが、初代鳳凰は館内に展示されています。
(リーフレットより)

言わずもがな一万円札の裏側のデザインであることを、この場では息子には言っていません。

また、大きく見事な梵鐘旧60円切手のデザインとなっています。
0000000034922
小学生時代、切手収集マニアだった亭主にとって
かつて、世の中でわんさか見ることができた
この図柄の実物を拝むことができて本当に良かったです。


平等院は四季折々異なった顔を見せると言われていますので、できればあと四度ほど訪れたい場所であると思いました。
hououdou
(リーフレットより)

帰りの参道でも散々お茶を頂き、抹茶アイスと金時ソフトを食したにもかかわらず小腹がすいたので、駅近くのうどん屋さんへ入りました。

IMG_7655
はなれ 中村製麺 にて
京鴨南蛮をおいしくいただきました。

調子のっちゃって
IMG_7654
京山水(きょうさんすい:月桂冠酒造)を一杯だけ!

たいそうおいしいお昼ご飯となりました (^^♪






     

九州〜大阪 夜行バスの旅2018(中年には酷な修行)

2018年のGWは、家族で関西に行きました。

いつもは関西方面へは新幹線で参るのですが、子どもに経験をさせたいのと、大人の財布の事情のため、夜間高速バスで行くことにしました。

亭主はスカイメイトを過ぎた若かりし頃、夜行バスを頻繁に利用しました。飛行機よりもはるかに値段が安く一日をフルに使うことができるからです。
また、当時は熊本から本州へ行くのに新幹線という選択肢はありませんでした。

今回は、WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)のバスを利用することにしました。


行きは、博多駅を22:00に経ちました。
小倉駅を経由して本州に入ったのが24:00頃
IMG_7577
関門橋のSAにて

座席予約はインターネットから行いましたが、GWにつき早々に空席が少なく4列シートになってしまいました。
IMG_7583

IMG_7584
それでも、シートの性能は良く、割とくつろぐことができました。

今どき欠かせないスマホの充電もバッチリ可能です。

窓はカーテンで遮光されていますし顔を隠すフードもあります。しかし、足元灯が青々と光っていますので、気になる方はアイマスクが必要です。

車内にはトイレはなく、約3時間おきにSAに停車します。
車内トイレは乗客にとってはあると安心ですが、設置にも管理にもコストがかかるでしょうから、やむを得ない選択でしょう。


IMG_7578
朝6:00
兵庫県の三木SAに停車した際に、洗顔・歯磨き・トイレを済ませました。

お尻、腰、脚の痛みに加えて、寝たようだが、充実感に欠けるビミョーな体調の元
所要9時間、7:20頃定刻で大阪市内に到着しました。

やっぱトシかな〜😓

さて、ウィーラー社のバス発着場所は
IMG_7587
梅田スカイビルのふもとです。

スカイビルは、原広司氏の設計による今や世界的にも著名な建築物です。

そのビルの前
IMG_7589
バスは、安藤忠雄氏発案の「希望の壁」の裏側に並びました。

この「希望の壁」は「環境都市大阪」の実現を目指して積水ハウスが賛同し2013年に建築されました。
高さ9m、長さ78m、奥行き3mに及ぶ緑のカーテンです。

裏側の庭園の設計者から訴えられたり、一部は造花により彩られていたりするなど騒動が絶えませんが、後方にそびえるスカイビルの根っこをなす活ける建築物として存在感があります。


さて、我が家はここを起点として家族で関西旅行を堪能しました。

あっという間に、時が経つのも、サイフの種銭が尽きるのも早いもので、再び、帰りの修行の時間が迫ってきました。

家へ帰り着くまでが旅行です。

夜20:00過ぎ、大阪駅からトランクを転がしながら徒歩でバス乗り場に向かいました。
IMG_7673
スカイビル内にはウィーラー社の待合室があります。着替えや洗面ができる部屋やコンセント、自販機もありました。

身支度を済ませて、21:40発の便に乗り込みました。

帰りの便はなんと!
IMG_7678
3列独立シートです(^^)

IMG_7679
この3列シートはバス後方の8席のみの仕様でした。

座席ごとにカーテンがついており個室のような仕様です。
息子はテンションが上がりきってなかなか寝つきません。
もう22:00過ぎなのに・・・。


梅田を発車したバスはUSJと三宮を経由して高速道路に入りました。
ここで、乗客が勢揃いしたところで、乗車上の注意についてのアナウンスがありました。
まずはテープによる放送が、スピーカーから流れてきます。

シートベルトを締めろだの、走行中の座席の移動は危険だの、一般的な案内と注意です。

ウトウトして寝付こうとしている最中でありましたが、スピーカーが近くにあったこともあり、しっかりと耳に入ってきます。

「それでは、ごゆっくりおくつろぎください。」

少々長かった放送がようやく終わり(やれやれ、寝るかなぁ)と思った矢先に、今度は英語でのアナウンスが始まりました。

まあ、中には外国の乗客もいるでしょう。(いないようだけど、世界の共通語だししゃーないか)と思いながら延々と聞いていました。

「テンキュー!」

どうやら、ようやく終わったようです。

さーて、寝ますかねー

と思った矢先に、なんと!

さらに中国語、とどめにハングル語でのアナウンスが流れ始めました!

正直申すと、聞き慣れない言語はノイズにしかなりません。

「カムサハムニダ〜!」

どーやらほんとに終わったようです。

と思っていたら、今度は乗務員さんのアナウンスが始まりました。

運転手さんと乗務員さんの自己紹介から始まったこの放送が細かく長い!

テープでは網羅できない事象やいろんな想定を鑑み
未然にトラブルを防ぐためには仕方ありませんが、
テープと合わせて延々と15分位続きました。幸い息子は眠りから目覚めることはなかったようです。


亭主は、ようやく浅い眠りについては目が覚め、を繰り返しながら、腰の痛みを覚えながらも、バスは高速道路を順調に飛ばしていきます。

岡山県、広島県を経て山口県に入ったAM4:00頃、
亭主が、SAでの休憩が終わった(かなー?)バスが出発した(かなー?)とかすかに夢心地で考えていたその直後!

息子がユサユサと両親を起こし「トイレ行きたいんだけど…。」と、のたまいました。
狭い車内の空気も読めない、まだまだ坊ちゃんです。すみません。

亭主は、真っ暗で狭い車内の通路を他のお客さんを起こさないように、なるべく静かに歩き、運転手さんに事情を相談すると、
よくあることと言わんばかりに、こころよく次のPAに停車していただきました。

息子は、亭主付き添いの元、用を足し座席に戻ると何事もなかったかのようにスコンと眠りにつきました。

運転手さま本当にありがとうございました。また、皆さまご迷惑をおかけしました。

その時、我が家のママは寝ぼけながらも、空の500mlペットボトルを活用する。という奇策が頭に浮かんでいたようです😅

とても足りず、大惨事になっていたと思われます😅😅

さて、トラブルを回避し、バスは翌朝8:30頃に博多駅に到着しました。
少し雨が降っていましたが、預けていたトランクを受け取り無事にバスの旅が終了しました。
(実はこの後ひと騒動あったのですが…。)


息子は今回の旅で楽しかったことのベスト3に
「バスに乗ったこと」をあげていました😄

将来、息子が自力で旅をする際にいろんな選択肢があることを学んでくれたのなら、中年の身体にムチを打って長時間の移動に耐えた甲斐があったと思っています。が、そんな親の身勝手な思いは伝わってないことでしょうねー😅






     

拙攻を繰り返して負けた〜2018年5月4日 中日戦!

5/4 甲子園に行きました。

IMG_7615
まず、阪神百貨店のスナパーでイカ焼きをゲット!

IMG_7614
11年ぶりに21号門をくぐりました。

IMG_7609
我が家の芝生育成のお手本は常にここにあります。

GWは「こどもまつり」が開催されていました。
IMG_7607
球場周辺には、虎のぼり

IMG_7610
スコアボードの選手名はすべてひらがな表記にしてあります。

この日は、互いのピッチャーが制球に苦しみ、試合時間も長くなりました。

しかし、我が社は相手からもらった好機を活かせず0を並べます。

唯一の得点も内野ゴロゲッツーの間に三塁走者が返っただけ。

3,4番が酷いことになっています。

延長11回には何でもない送球をいつのまにか守備固めで入った山崎がグラブで捕球できずに招いたピンチを藤川が堪え切れずに押し出しで決勝点献上

IMG_7617
スコアを見ると緊迫してそうですが、相当退屈な試合でした。

こうなりゃヤケ酒や!

梅田に戻り、お初天神辺りで夕食場所を物色していたら、がんこ寿司の店頭に寝かせてある「まぐろ解体」の文字に惹かれ家族全員意見一致で入店しました。
IMG_7611

IMG_7620
解体されたマグロは個室ごとにその場で握ってくださいます。
IMG_7612

IMG_7613
大トロ三カン
お待ち!

大トロも中トロもカマも中落ちもすべて美味しゅうございました。







     

阪神タイガースファン感謝デー2017❗️

11/25(土)
亭主、今シーズン初の甲子園詣でです。

シーズンはとっくに終わってますが、

ファン感に参りました!

入場無料(抽選)とはいえ、スタンドは超満員でした。

主力選手から若手までほとんどの選手が参加してファンと触れ合います。

syunen
金本監督が力強く宣言しました。
(デイリースポーツオンラインより)

来シーズンの新スローガンは「執念」です!

uni
来シーズンの新ユニフォームです。
黄色を意識したところがいいですね!
(デイリースポーツオンラインより)

オープニングの後はレクリエーションのようなものです。

松村邦洋さんと陣内智則さんの司会に乗せられて 選手が試合とは違った顔を見せてくれるイベントです。


遠くで分かりづらいですが、
藤浪晋太郎投手が的を狙ってゴルフスイングしている様子です。


名物の甲子園カレーをいただきました。


甲子園球場は右中間と左中間の膨らみが大きく外野手の守備力が要求されます。

昨シーズン守備力はリーグ最悪の阪神において、名手大和選手の流出は痛い!

大和は2番か7.8番センターで固定して欲しかった。

敵になりますが、新天地でも頑張って欲しい選手です。

さて、観覧はそこそこにして、球場外に出ました。

21号門前
球場の外周にはレンガが敷き詰められています。

そのレンガの一つは

我が家のレンガです。

2008年、一個3万円の権利料を支払い、レンガにアルファベットで文字を入れ、息子の誕生を祝いました。
権利は10年間で、2019年11月までは敷設されています。

息子は学校でローマ字を習っていますので、来シーズンはレンガの文字が読めると思います。

さて、甲子園球場には野球博物館が併設されています。

甲子園歴史館

野球場のスタンドの裏側にあたるスペースですので広さは限られていますが結構見応えがあります。

まず、高校野球ゾーン

今年の夏の大会に6本のホームランをかっ飛ばした広陵高校の中村奨成選手のバットと大会新記録のホームランボールが早速展示されていました。

さらに、

左はダルビッシュ選手のグラブ、右は駒大苫小牧高校の田中マー君たちの寄書きです。

次のゾーンでは

1934年に大リーグ選抜チームが来日した際のベーブ・ルースのサインボールです。

虎の足跡コーナーでは

31 掛布雅之選手と44 ランディ・バース選手の他、球団史上に残る選手がまつられています。

歓喜の瞬間コーナーにおいて

これは、1985年 球団史上唯一の日本一のペナントです。


こちらは、2003年 星野仙一監督の元 セ・リーグ優勝を果たした時のペナントです。

他にも

甲子園を題材とした漫画作品が壁面に紹介されています。


ダッグアウトのジオラマでは一枚撮れます!

これらは館内展示のほんの一部。プロ野球ファンならヨダレが出るこの博物館に行ってみませんか?

ブログランキング・にほんブログ村へ         

大エルミタージュ美術館展 in 兵庫県美!

第7回大阪マラソンの前日
兵庫県立美術館に行きました!


お目当ての展覧会はコレ⬇️
 
大エルミタージュ美術館展っす!


エルミタージュ美術館はサンクトペテルブルクにあるロシアの国立美術館であり、ルーブル、NYメトロポリタンと並び世界三大美術館と言われるうちの一つです。

その礎を築いたのが、
 
女帝エカテリーナ2世(在位1762〜1796)です。1764年にベルリンの実業家から取得した317点のコレクションから始まりました。

ちなみにこの絵画は撮影可でした。

今回の展覧会は同館の1万7千点のコレクションから、16世紀ルネサンス、17,18世紀のバロック・ロココまでの名画が展示されています。

亭主の好物を数点

ピーテル・ブリューゲル(息子)
《スケートをする人たちと鳥罠のある冬景色》1615-1620頃



ペーテル・パウル・ルーベンスと工房
《田園風景》1638-1640頃

この絵の隣に展示されていた弟子たちが描いたルーベンスと息子の絵画が微笑ましかったです。


17世紀のオランダ絵画と言えば亭主のど真ん中ストライク

レンブラント・ファン・レイン
《運命を悟るハマン》1660年代前半

死刑宣告を受けたハマンの表情と胸の内を表しています。

「レンブラントの作品を一枚手に入れて、部屋で眺めながら一人ウイスキーでも飲み、一日の疲れを癒す」そんな夢を見たところで到底かなうようなものではありませんし、

「ちーがーうーだーろー!」とツッコミが入りそうです💦


亭主はさらに
この方が描く肖像の男らしさが好き!

フランス・ハルス
《手袋を持つ男の肖像》1640年頃

素早いタッチかつ重厚に描かれています。


スペインからは

エステバン・ムリーリョ
《幼子イエスと洗礼者聖ヨハネ》1660年頃

続きまして

フランシスコ・デ・スルバラン
《聖母マリアの少女時代》1660年頃

裁縫の手を止めて祈りを捧げるマリア様の少女時代を描いた作品です。
トレードマークの赤と青の服は若くともマリア様を表しています。

フランスのロココからは
 
ニコラ・プッサン
《エジプトの聖家族》1657年

イエス様と両親がエジプトで施しを受けている風景です。

ところで、今回の展覧会のオフィシャルサポーターは

又吉直樹 大先生です。音声ガイドでも声を聞くことができたようです。

いや〜、満足しました(^^)

会期は来年の1/14までとたっぷり残っています。関西の美術ファンの皆様必見です。

(絵画の画像はHPからによります。)

ブログランキング・にほんブログ村へ         

第7回 大阪マラソン2017 前日受付!

11/25
明日は第7回大阪マラソンに出場します。

7:35 阿蘇くまもと空港発の航空機で大阪に向かいました。

B737のフラップです。

乗換えや搭乗手続きの時間やらを考慮しますと、九州〜大阪は新幹線が良いのですが、今回は安価なホテルパックを利用しましたので空路にて参戦します。

たいそう久しぶりに乗る伊丹行きの飛行機、かつ窓側でしたので浮かれて写真を撮りました。

世界一のカルデラ火山 阿蘇五岳です。
真ん中の中岳火口から煙が出ているのが分かります。

空の旅はあっという間

関西国際空港が見えました。


きっと写真中央の辺りがフィニッシュ地点のインテックス大阪でしょう。明日無事に完走できたらいいですね(^^)


大阪城がはっきりと見えました。天守閣のすぐ左上がスタート地点となる大阪府庁前です。

直前にコースを上から見ることができて良かったぁ(^^)


伊丹からはモノレール阪急電車を利用して梅田へ行きます。



阪急電車は車体も車内もピカピカです。


阪急も阪神も梅田が終着駅です。ホームがいくつもある風景はヨーロッパの主要駅のようです。九州では鹿児島中央駅や長崎駅もそれと同じで「旅に来た」感が大好きです。

今回はなぜ空港リムジンを使わないか?帰りの予習のためでしたが、電車の本数も10分おきにあり時間も読めるため、次回からはこちらを利用することにします。

梅田からは地下鉄御堂筋線と中央線を乗り継ぎコスモスクエア駅で下車。

徒歩で受付会場へ向かいました。

流れに沿って歩を進めると

大阪マラソンのフィニッシュ地点の目印として立派に役目を果たしている大阪府庁咲洲庁舎の横を通りました。

フィニッシュゲートです。

武者震いがしてきました🙏


会場のインテックス大阪まで徒歩10分ほどで着きました。明日の帰り道は駅まで歩けるでしょうか?


出場者のニックネームとメッセージが掲示されています。

そこからさらに並ばされました。

本人確認があるようです。


ようやくゲートイン❗️

事前に申告したチームカラーごとに受付がありました。

黄色は一番人気でした。

受付を済ませ
EXPO会場をチラ見で済ませようと思いましたが誘惑に負けてしまいました。


まず、メインスポンサーのミズノでいっぱい!

ミズノといえば

ドラマ「陸王」の制作に協力されています。


マラソン足袋 試作品


「シルクレイ」まで展示されていますよ!奥さん!


ダイワ食品のユニです。


完走神社


ピップエレキバンのテーピング教室


小林製薬の「足がつったらコムレケア

EXPOを出る頃には18:00 脚を使ってしまいました。風が冷たい一日でした。

気になる明日の大阪地方のお天気は

当初は雨の予報もありましたが、大丈夫のようです☀️

参加賞のTシャツはこれ⬇️

この色は関西ならではだと思います。
地方の大会では出てきません(^^)


宿はホテル京阪天満橋
スタート地点はすぐそばなんですが、手荷物を預けるには大阪城のお堀の周りをぐるっと回る必要があり、近くて遠いホテルですね。さてどうしようか?

前日メシは
ホテルそばの炭火焼のお店で

炭火焼鳥と鳥雑炊です。

一杯だけ飲みました🍺
ちょっとならいいでしょう😆

さて、早めに寝て
明日は頑張ります💪

ブログランキング・にほんブログ村へ         


秋の大阪食い倒れ お好み焼き「鶴橋風月」串カツ 「さくら」2017!

大阪一のマンモスお好み焼きチェーン
鶴橋 風月

ヨドバシ梅田店

お昼時には人がめっちゃ並んでます。

大阪に行きながらお好み焼きを食べないのは、うちのママの沽券に関わるそうなので並んでも苦にしません。


もちチーズとんぺい焼き


とろっ!ふわっ!

さらに
風月焼き(奥)と豚玉モダン焼き(手前)

風月の店員さんは、どの店舗でも「混ぜ」と「焼き」のスキルが完成されており、安心してお好み焼きを楽しむことができます。


美味いですね!間違いナイ!

さて、USJで遊んだら小腹がすきました。

おなじみの551蓬莱がユニバーサルシティウォークにありました。


具がぎっしり詰まった肉まんは一つでお腹いっぱい!

さらに、串カツも我が家の大阪ルーチン

旅路3日目、なんばグランド花月の公演終了後、ランチにてお約束を果たしました。

今回はいつもの新世界ではなく、ナンバでいただきました。我が家が新世界以外で串カツをいただくのは初めてかも知れません。
串カツさくら本店

ガイドブックには「米粉使用でヘルシー」みたいなことが書いてありましたが、

パン粉でカリカリでした。
これはこれでとても美味しかったです。

こだわりの具

えびやモッツァレラチーズ、もちの他、高級ネタもお値段以上!


どて焼き、きゅうりのたたきなどサイドメニューも充実。さらにサントリー銘柄のアルコールも充実!

外れない、スベらない、大阪グルメが大好きな我が家です😄



ブログランキング・にほんブログ村へ         




USJ行脚 2017 サンジの海賊レストラン

USJでは大人気で予約が取れにくい
「サンジの海賊レストラン」のチケットを取ることに成功しました。
 

麦わらの一味の名コック「サンジ」が、レディたちのために手料理を振る舞い、素敵な時間を過ごしてもらうレストランです。


理の腕前は一流で海上での生活において必要不可欠な食料配分や栄養管理ができる「海のコック」であり、長い船旅であっても仲間に栄養バランスを考えた食事を提供し、特に女性陣には細心の気を遣って作っています。
過去に遭難した時に「空腹の恐ろしさ」を 経験しているため「腹を空かしている奴ならたとえ敵でも食わせる」という人情味を持ち合わせていると同時に、食物を粗末に扱うことを決して許さないなど料理にかける気持ちはとても重いものがあります。


「レディたちのため」ということを忘れてファミリーで乗り込みました。

サンジの登場を楽しみに待つレディとわずかの男ども

黒脚のサンジ登場❗️

長身でスタイルがいいですね〜


原作と同様に、女性には優しく振る舞いますが男にはそっけない態度です。

タバコはもちろんフェイクです。

サンジが料理人であるにも関わらずほぼ常に煙草を吸っている理由は、少年時代にゼフに一人前の大人として認められたかった一心で「舌が狂う」と注意されながらも子供扱いされることを嫌い吸い続けています。 

と注釈があるくらいですので、世の料理人の方はやはりタバコは吸うべきではないと思います。


サンジは男性には冷たいですが、
酒豪のロロノア・ゾロが男どもと酒を酌み交わしてくれました。



殺気立っていますが、

子どもと❗️



酒飲みには優しい‼️

料理は「情熱フレンチ」

シーフードマリネとクスクスのサラダ仕立て  おれの愛情あふれるトマトジュレを添えて

メインは肉か魚から選ぶことができます。

スズキのポアレ 可憐なベルモット酒ソース 野菜のコンフィ"恋はメロリン"メルバトースト添え


オレンジソースで仕上げるバニラのパルフェとラズベリーゼリー

お子様には

サンジのキッズプレート おれ様流

どれも工夫が凝らしてあり、美味しいです。

が、レストラン内をワンピースのキャラが度々歩き周り場を盛り上げてくれるので、なかなか料理に集中できないのもこれまた楽しいところ。

ちなみにルフィ

肉を求めて動きが素早くなかなか目線をくれません⁉️

最後に記念撮影つき

レストランなのに、我が家の格好がみすぼらしいのは雨仕様☂️

皆さんありがとう😊


ブログランキング・にほんブログ村へ         







記事検索
最新コメント
プロフィール

じーおっぺ

  • ライブドアブログ