芝生の手入れ

2017年09月05日

芝生の手入れ2017 その7(9月)

先月(8月)は、例年のことですが、暑くて暑くて💦庭の手入れをサボってしまいました。

そのような中でも、水やりは雨の状況も見ながらしっかり行いましたので、芝生は枯れずに育ちました。

しかし、今シーズンは「コニシキソウ」の大発生に心折れました😩



芝生に負けじと葉と茎を伸ばしてくるのです。

9/3(ドラえもんの誕生日)早朝
夫婦でこのコニシキソウを一斉に抜き取りました。

コニシキソウはうまく抜かないと茎が「ぷちぷちっ」と切れてしまいます。

手袋、タンポポ抜きアイテムを使い、なるべく根っこから抜き取りました。

コニシキソウは夏に根付く一年草ですので間も無く姿を消すことでしょう。
しかし、来年に向けて落ち種を残させる訳にはいけません。

すぐに全滅とはなりませんが、少しずつでも駆除して、次の芝刈りに備えたいと思います。

追記
9/9久しぶりに芝刈り済み

ブログランキング・にほんブログ村へ         



okazy1985 at 00:00|PermalinkComments(0)

2017年08月02日

芝生の手入れ 2017 その6 (8月)

芝生いーです(^^)


写真では緑が薄く見える部分もありますが、おおむね良好です(^^)

しかし、今夏には厄介なこいつが大発生しました。

コニシキソウ




もとい、これがコニシキソウです。

くきからは毒性を含む白い汁が出ます。



芝生の間で地を這うように増えます。
こいつが大発生しました。

朝涼しいうちにひたすら抜きますが、芝生の間に入り込んで厄介です。

にっくきコニシキソウを調べていくと、思わぬことが分かりました。

どうやら、コニシキソウは「アリ」と持ちつ持たれつの関係のようです。

アリはコニシキソウの蜜や種を求めます。その際にコニシキソウの花粉を受粉させ、花はやがて実となり種となり、コニシキソウが増殖するのです。


なるほど!


以上NHKミクロワールドより


実は我が家の芝生はところどころにアリ塚のような小さな土の山ができており、アリが多いなあと思っていたところでした。

たかがアリですが、たまにチクリと咬まれます。室内への未然の進出を防ぐためには早めの撃退が肝心です。


全国的に話題のヒアリですが、我が国の対応は後手後手かつ、ちまちまとやっており、もはや手遅れでしょう。

そのうち、近所の公園や学校の校庭でもヒアリの巣が万延する可能性が大きいのではないでしょうか?

経済に大きなダメージにはなりますが、港や道路、橋等でいったん物流を止め、陸揚げの際コンテナの一つ一つやクレーン、貨客や乗組員全てに大規模な殺虫を施すなど、今、水際で食い止めないと、もはや近くにヒアリは潜んでいると思われます。

空港でも同様に、ニュージーランドやオーストラリアのように貨客が外来種を持ち込むことに厳しい制限をかけるのも早急かと。

しかし、国、地方問わず利己的な日本の政治家の目には小さなアリの存在はまだ見えてないと思われます。


さて、ミクロな話題に戻ります。

我が家では、コニシキソウとの関係は知らずに、アリの駆除は既に着手していたところでした。

アリの巣コロリの粉末を巣のそばにばら撒きました。


真ん中の黄色の顆粒がアリの巣コロリです。

顆粒をパラパラとアリ塚や蟻道にも撒くと、アリが一生懸命に運んでいきます。

効果てきめんで、5日後には芝生の中でウジャウジャ見かけた場所からアリが消えました。(ヒアリに効果があるかは分かりません)


我々一般庶民は、アース製薬やキンチョーなどの会社の株価には注目できるかな?


ブログランキング・にほんブログ村へ        






okazy1985 at 00:00|PermalinkComments(0)

2017年07月09日

芝生の手入れ2017 その5(7月 雨がひどくて・・・)

7月に入り、九州では台風3号や大雨による被害が各地で見られています。被災された方々に対してお悔み、お見舞い申し上げます。



追加で「日本の安心安全!」を祈願します。

公私とも慌しい新年度から一息つき、「さあ!◯◯を頑張るぞー❗️」と張り切っている矢先の雨。この時季は例年のこととはいえ、「やる気」までそがれてしまいます。

我が家の芝生の様子です。

ずいぶんと青みが増しました。

しかし、よく見ると

雑草の「コニシキソウ」が生えてますねぇ、抜かなきゃ!

と思い立ってから雨が、台風がで、1週間が経ちました。

すると

なんじゃこりゃー❗️

雑草が生え放題でとんでもないことになりました。

7月の日曜の早朝、雨があがっていました。
念入りに草を引き、ランニングの後、疲れたアラフィフの身体にムチを打ち芝刈りを施行しました。

さて、玄関先のヒメシャラです。

葉っぱがシャラシャラ鳴ります。

が、

あっ!葉っぱがスカスカ!

枝をユサユサと揺すりました。

何かぼてぼてぼてっと落っこちてきました。

カナブンです。
彼らが葉っぱを食い荒らしていました。

都合10匹ほど住み着いていました。

かわいそうですが、駆除しました。

ひと仕事終えた途端に

雲行きが怪しくなり、またザアザア降ってきました。


ブログランキング・にほんブログ村へ        






okazy1985 at 21:20|PermalinkComments(2)

2017年06月14日

芝生の手入れ 2017 その4(6月)

昨年は熊本地震以来、心が折れていた芝生の育成ですが、今年は頑張っています。

先月に芝生の土壌改良をした結果、例年に比べて上々の育成具合ではないかと思います。(あくまでも絶対評価であり、相対評価ではありません)

しかし、見てください

芝生の色づきにムラがあります。昨年も同様でしたが、施肥を行なった箇所と行なっていない箇所の違いであることは明らかです。


ジョウロにキャップ一杯の液肥を入れ、水を満タンにし希釈したうえでジョロジョロ撒きます。これを何度も行わなければならず、まあ、ムラが出るのもしょうがないですわ〜😓


そこで、またまた秘密兵器を手にいれました。

散水器や浄水器を手掛けるあのタカギと家庭園芸肥料のメーカー ハイポネックスジャパンが強力タッグを組みました。

液体肥料を手間なく散布
「ハイポネックス専用希釈キット」です。


ハイポネックスを装着にセットして、水道蛇口とつなげば、あ〜ら不思議!自動的に肥料を250倍に希釈して、かつ、ジャブジャブ散水できます。

別途、水道からキットにつなぐまでのホース(リール)と

上のようなアダプターを購入する必要があります。


このようにビャンビャン肥料を撒くことができます。

我が家が使用している「芝肥料メネデール」は、希釈率500倍が適量ですので、まず、空っぽのハイポネックス容器に2倍に薄めておいて、さらにキットで250倍に薄めることで、500倍希釈になるというところです。


施肥の前には芝刈りも行なってます。次回の報告は「成長」か「後退」かお楽しみに😅


 
ブログランキング・にほんブログ村へ        





okazy1985 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月19日

芝生の手入れ 2017 その3(5月)

先週仕事上、ある造園業者様と面会しました。

流れで芝生の話となり我が家の庭の話に及んだ時の会話です。


我が家の芝生には、4月中旬に土壌改良材と肥料を与えました。

我が家の写メを見せると

「ありゃー、高い肥料使ってますねー」


「褒められてるのかどうか分かりません。ヒロシです…」


「その肥料、効きましたか?」


「効いてるのならあなたに相談なんかしません。ヒロシです…」


「肥料が雑草の栄養になっとるとです。ヒロシです…ヒロシです…ヒロシです…。」


つーことで、雑草に悩まされている我が家の芝生です。

ツメクサ(だろうと推測します)がしつこい!


朝早起きして、必殺「タンポポ抜き」を駆使しながらひたすら抜きます!


厄介なツメクサを根こそぎ除去しました。

次に全体的にまばらな芝生の改良に取り掛かりました。


表面には「ランナー」が目立つ場所もあります。

本来なら地下に潜っているはずのランナーが地表に目立ちます。

造園屋さん曰く、
「根を切った方がいいですね。あと目土を少し入れてみたら。」とのアドバイス

そこで、5/13

ローンスパイクで穴あけ(エアレーション)を行いました。


写真では横一列に穴が開いています。この後、縦にも穴を開けて格子状にしました。

エアレーションの機会は施肥の機会だそうで、4月に施した土壌改良材と肥料を5月に再び与えます。

「高くねっすか?」と揶揄された肥料です。


確かに、たかだか田舎の一軒家でやるべきことではないかも知れません。ヒロシです…。

肥料を入れ、「砂」を少し入れました。

「砂」は近所のホームセンターにおいて、土のう袋一杯に詰めて298円です。袋は一枚20円でした。

ざざっと広げて、熊手でならします。

砂を入れたら、たっぷり水をまきました。

今年は例年より力を入れて芝生の手入れに取り組んでいます。

当ブログをご覧の皆さま
我が家の手入れはあくまでも我流ですので、参考にはなりませんが、温かく見守って下さい(^^)

 
ブログランキング・にほんブログ村へ         





okazy1985 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月12日

芝生の手入れ 2017 その2(4月)

日増しに暖かくなりましたが、世の桜の花も我が家の芝生もこれからといったところです。


思えば、この3年間は芝生の手入れも「できたしこ」(熊本弁:いい意味もあるが、悪い意味では「適当、いい加減」を指す)にとどまっていました。


特にこの冬は雑草どもにも構わずやりたい放題させていました。

そこで、平成29年4月9日
まず、サッチ(枯れた芝生)を熊手で取り除き、雑草を1時間程かけて手作業で除去しました。

我が家の芝生はたかが10坪程ですが根気が入りました。

この「サッチ」ですが手作業だけでは充分に取れず次第に地面の上にたまり「層」になります。すると通気性と水はけが悪くなり病原菌の元となるのです。藻や苔が生えたりもします。

今回の手入れの秘密兵器は楽天市場で取り寄せしました。

土壌改良材「万緑-NHT」と肥料「エンザアミン」です。

万緑は2kg入りが3袋、エンザアミンは2kg入りが2袋。これで6坪分とのことです。

 
「万緑」(土壌改良剤)
サッチは自然と分解するものですが、そのスピードは非常にゆっくりなので、この分解促進剤を使用しました。

「バチルス ナットウ菌」などの善玉菌が含まれています。あの納豆のナットウ菌です。
 

詳しい説明書がついていますので安心です。

「万緑」の肥料分としてはリン酸のみです。そこで

肥料「エンザアミン」
チッ素とカリウムが含まれた有機化成肥料です。

これで肥料の三要素「チッ素(葉肥)」「リン酸(花肥、実肥)」「カリ(根肥)」を施したことになります。

これらを半分ずつふるいと手撒きで散布し、水をたっぷりやりました。

これでしばらく様子を見てみましょう。

なお肥料には土のような粘り気があるため、肥料が落ち汚れた玄関タイルを掃除する必要もあります。

いい仕事をして今回はこれで終わり(^_^)


ブログランキング・にほんブログ村へ        


okazy1985 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年02月16日

芝生の手入れ 2017 その1(2月)

2017年2月11日

今年初!冬を越えてもっさりした芝生の手入れを行いました。


冬枯れして茶色になった中に目立つのは雑草!
見つけては抜き、見つけては抜き!の繰り返しです。


今年もリョービの小さなバリカンを駆使して刈りました。


枯れた芝と刈った芝のカス「サッチ」を取りのぞかないと病気の原因となります。しかし、道具が充実していない我が家にとってこの作業一苦労です。

正直申しますと、これだけ丁寧に手入れをしても亭主が思うとおりにはきれいな芝生にならず、その度に親の言うことを聞かない我が子を見ているようです。


次にローンスパイクを地面にグサグサ刺して地下の息苦しさを解消しました。決して虐待してしつけているのではありません。


昨年と同じ2月11日に手入れを行いました。これまでは忙しさのせいにして手入れが行き届かず、ボソボソした感じの芝生でしたが、今年はきれいに生え揃って欲しいものです。

           
ブログランキング・にほんブログ村へ       




okazy1985 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月20日

芝生の手入れ2016夏!

梅雨明け後の熊本県はほとんど雨が降らず、我が家の芝生は完全に水切れしてしまいました。
 
芝刈りや肥料などの手入れも足りてません。


一日中日光が当たる所は特に元気がありません。

そもそも、芝生は雑草みたいなものですから、そのうち元気になってくれるでしょう😅
と、気長に育てます。

さあ、400mリレー決勝が始まります!


ブログランキング・にほんブログ村へ            




okazy1985 at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月22日

立ち上がれロアッソ熊本!(芝生の手入れ)

前回「芝生の手入れ」について取り上げたのは2月でした。

http://sekarashika.blog.jp/archives/2016-02-19.html


目土を入れたり、サッチ(刈った後の枯草)をとったり、
雑草を抜いたり・・・。

この時季には肥料を月イチであげています。
書物やインターネットで調べた挙句、
今年はこの肥料を使っています。
P1010577
「メネデール芝肥料」

キャップ1杯(5ml)のメネデールを5リットルのじょうろに入れて
P1010579
畳一畳分の広さに撒きます。
これを芝生全面に繰り返しました。


さて、本題ですが、
ロアッソ熊本は、5/22に熊本地震後初のホームゲームを開催します。
roasso2

会場は千葉県の「日立柏サッカー場」です。
stadium_1
(柏レイソルHPより)
スタンドに黄色が映えるいいスタジアムです。

て、ホームじゃないやん!
とお思いでしょうが、現在ロアッソ熊本の本拠地である
熊本県民総合運動公園陸上競技場は地震による避難物資の備蓄拠点となっており、また、スタンドや照明設備にも地震の影響が表れており使用できる状況ではありません。

kk
2009年1月20日には日本代表の試合も開催され、岡崎慎司選手が代表初ゴールをあげたスタジアムでもあります。

このような美しい芝生が復旧し、満員のスタジアムでロアッソ熊本が勝利をおさめるのはいつになるでしょうか?
image
施設管理は一朝一夕でできるものではなく、関係者の日々の努力があってこそ様々なイベントが開催されるのです。

気長に待つしかありません。
が、しかし
「サッカーのない週末は退屈だ!」
画像 014
ヨーロッパや南米の人々ほどではありませんが、ようやく亭主にも「サッカーの文化」が少々根付いてきたようです。

さて、ロアッソ熊本
先週は千葉で歴史に残る気持ちのこもった戦いを見せてくれましたが、
本日の水戸戦では、「熊本は頑張っている!」ということを全国にアピールしてほしいですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ     







okazy1985 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月19日

芝生の手入れ2016その1

しばしのシーズンオフを終えて、
2016年も芝生と共の記録を残します。
なお、「芝生の手入れ」カテゴリーを作成していますので
過去の分もお時間許せばご覧いただき、
皆様の御指南頂戴できればと存じます。


さて、
我が家の狭い庭の「姫ちゃん(姫高麗芝)」は冬も元気でした。
P1080973
ふかふかしたその芝生の上で、ランニング後にシューズを脱いで、
ストレッチをするととても気持ちがいいです。

しかし、
P1080974
なんだか全体的にもっさりし
ところどころ、スカスカな部分もあり、
このままでは春に新芽が出た時に鮮やかな青い芝生になりませんし、
ランナー(茎)がびろーんと伸びてしまうのではないかと考えました。

そこで、2016年2月13,14日の2日間
脚を少し痛め、ジョギングができなかった週末に
思い切って更新を試みました。
P1080979
まず、軸刈り覚悟で庭全体を短く刈りました。
小さなバリカンを酷使しました。

我が家のバリカンには集草機能がついていないため
P1080975
熊手でせっせと集めた「サッチ」がこんもり!
少々湿り気がある状態の方がサッチを集めやすいです。

P1080976
金属熊手でひたすら取り続けました。
ゴミ袋の「大(1枚50円)」がパンパンになりました。

P1080981
その後、エアレーションです。
グサッ、グサッと地面に穴を開けて空気を送り込んでやります。
息子にお手伝い願いました。


最後に
我が家から車で数分のホームセンターに行き
P1080984
「ナフコ東八代店」
亭主はホームセンターに行くといろんなものが欲しくなります。

P1080986
春用の花や野菜の苗がたくさん入荷していました。

おっと!
真の目的は
P1080985
芝生の目土に使うまさ土を買いました。
この土だけでは水はけが悪くなるため、
粒が少し大きい「芝生の目土」を混ぜました。

P1090014
レベルが低いところや、不陸(でこぼこ)箇所に砂を入れて
平地に慣らしました。

これから一雨来るごとに暖かくなります。
春にきれいな芝生が生えてくることを願います。


ブログランキング・にほんブログ村へ  



okazy1985 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)