せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

芝生の手入れ

我が家の芝生とガーデン 2018 5月末

2018年5月 庭の芝生の状態はあまりよくありませんね・・・。
IMG_7796
鮮やかな緑色がまばらになり、雑草も所々面積が増えています。
少々徒長している箇所も多く芝刈りもせねばなりません。

ところが今日は雨模様なので、手入れは次回に・・・。

と先延ばしにしていると梅雨になり、暑くなり、さぼってしまうのは
ランニングと一緒ですね(^^ゞ


さて、最近我が家の庭に仲間入りした植物たち
IMG_7787
ユウガオです。

IMG_7795
百均でネットと支柱を買ってツルがのびるようにしてみました。

324円の割には上等でしょう!

せっかくなので隣のプランターにアサガオの種をまいてみました。
IMG_7794
種を植えて1週間
双葉が成長してきました。

なお、最近は「双葉」と言わず「子葉」(しよう)と習うようです。

観賞用とは別に食用として
IMG_7793
バジルの種をもらったので育てています。


さらに別のプランターに植えられた苗
さて、これは何でしょう ↓
IMG_7792
新野菜と呼ばれるアイスプラントです。
成長すると葉の表面につぶつぶができ、
そのつぶつぶの中には「塩」が入っており
見た目が凍ったように見えるところからその名前の由来となっているようです。

生でサラダに使うと食感がプチプチして、
調味料も控えめにしても塩味が効いておいしいらしいです。
早く育たないか楽しみです!


さらに庭の隅っこには
IMG_7797
3月に植えたブドウの苗が根付いてきました。

熊本県八代市に大工場を構えるYKK AP さんよりいただいた苗です。
なんで、アルミサッシの最大手メーカーが農業分野を手掛けているのか?

答えは苗に添えられていた「ブドウ苗の育て方」にありました。
budou
収穫まで3~4年程度

YKK AP製カーポート、フェンスを利用頂ければ幸いです。

なるほど、そういうことね。

「それなりの収穫量を目指すならそれなりの広さと高さが必要です。」
大きいポートを買ってねということですね!


ちょっと、我が家のような狭小住宅地の家庭では無理じゃ?

まあ、少々手を広げすぎの感がありますが、
みな、がんばって育つようにお世話したいと思います。





     




芝生の手入れ2018 4月の2 エアレーション

2018年4月
亭主の会社では複数の幹部の方々が転勤されました。
皆さま、既に他店でバリバリご活躍されていると思われます。
益々のご活躍とご健康をお祈りします。

という挨拶も充分に済ますことができないままに
新年度がスタートしています。

ブログの更新もなかなかできていないということは、
身の回り全てのことを更新できていない証でもあります。

ここひと月では、
毎週末に出勤しなければ仕事が捌けない状態であり、
我が家の庭の手入れもなかなか進まないままでしたが、
ようやく、四月の第三週末にようやく着手できました。

芝生のエアレーションを行いました。
IMG_7507
スパイクで穴を開けて芝の根を切り、促成させます。

こんな感じになります。
image
画像は昨年のものです。

次は、土壌改良に取り組みます。
image
昨年も注文した、広島県の松浦商店から取り寄せました。
「万緑」「エンザミアン」です。

この二つで次の効果が見込まれます。(松浦商店さんより)

・主要三要素のチッソ・リン酸・カリの供給
・サッチ分解促進(万緑-NHTの微生物+エンザアミンの酵素)
・ケイ酸とカルシウムで対病性向上
・ケイ酸・苦土・鉄による光合成促進
・万緑-NHTのトレハロース(糖)で耐候性向上
・微生物による病原菌抑制
・発色向上(鉄、苦土)
・エンザアミンの酵素による成長促進
・チッソをアミノ酸で与えることによる吸収後の負担軽減

松浦商店さんが管理されている

「芝生のお手入れとガーデニング」

というホームページがあり、

本日初めて拝見させていただきましたが、
ありとあらゆる芝生育成の経験とアイデアが掲載されていらっしゃいます。
「もっと早く見とけばよかった!」と後悔しきりです。

松浦氏の
「家庭の芝生は気楽にやりましょう」
とのお言葉には少し救われた気がしました。

ありがたや、ありがたや~






     



芝生の手入れ2018 4月 にっくきミミズ除去!画像あり

昨年頃から
IMG_7194
芝生の上にドロの塚が見られるようになりました。

これはなんと!
IMG_7195
ミミズのふん!
なのです。

ミミズは土壌改良には有益な生物ですが、ふん塚は芝生が部分的に枯れてしまうし、表面が黒く汚れてしまいます。

亭主はジョギングを終えた後にシューズを脱いで芝生の上でストレッチをしたりくつろいだりするのが好きなので、ふん塚にはナンギしていました。

この際抜本的な対策を講じることにしました。
IMG_7358
広島県福山市の松浦商店さんから通販で購入した「椿油粕」

5kg入りです。
ホームセンターでも購入できますが、ペレット状で大袋入りのものしかありませんでした。
20kgも必要ありませんので、以前肥料でお世話になった松浦商店さんの商品に頼ることにしました。
IMG_7359
粒状です。

「1m2あたり50~100g(2~4握りぐらい)を散布し、水をたっぷりかけてください。サポニンの成分をミミズが嫌がり、地上へ出てきて日光で駆除されます。」と丁寧な説明書がついています。

天然サポニンで薬ではないため、全く安全な代物ですが、「魚毒性があるため河川や池のそばでは使用しないでください。」とのことです。

IMG_7360
ふるいで撒いてみました。

IMG_7361
たっぷり水をかけました。

これで本当にミミズが退治できるのかしら?

IMG_7362
なお水を撒くと芝生の表面に椿油粕が溶け出し泡のようなものが出てきました。

待つこと10分

あっ!
IMG_7363
出てきたっ!

IMG_7364
うわっ!

IMG_7365
わずか10分で15匹ほど捕獲しました。

あとはこのまま日なたで日光浴していただきました。

大成功です(^_^)!

まだ椿油粕は残っていますので、これでしばらく様子を見てみたいと思います。





     



芝生の手入れ2018 3月 芝刈り!

2018年3月10日
今年第一回目の芝生の手入れを行いました。

記事のアップが遅くなってしまいました。

IMG_7060
まず芝生以外の小さな雑草をひたすら摘みました。

姫高麗芝は冬の期間は茶色になります。冬に緑色をしているものはほぼ雑草です。芝生に負けまいと必死に伸びようとする努力は認めますが、容赦なく摘みます。

次に、冬の間にモサモサになった部分を刈りました。
IMG_7058
リョービPAB1610です。
毎年頑張ってくれています。
使用するたびに刃を掃除しているのでバリバリ刈ることができます。


IMG_7059
サッチを取りました。

翌朝
IMG_7194
あっ!
ところどころ、ドロの塚があります。

これはなんと!
IMG_7195
ミミズのふん!
なのです。

とりあえず、ほうきとちりとりで撤去しましたが、芝生が部分的に枯れてしまうし、表面が黒く汚れてしまうので、根本的な対策を考えます。

そして、芝刈り2日目は
IMG_7196
バリカンの刃を新しく取り替えました。

IMG_7197
バリバリ刈ることができました。

何かと忙しい毎日ですが、庭を愛でる心の余裕くらい持ちたいものだと思いました。

今シーズンも頑張って芝生の手入れをしたいと思います。





     


芝生の手入れ2017 その9(12月上旬 ○○のウンチが!)

九州でもすっかり寒くなりました。
玄関先の金柑が色づき始めました。

今年は摘果作業をしておらず、おいしいかどうかはまだ分かりませんが、黄色の実が玄関先を彩ってくれており、和みます。

さて、主題はこちら

しばらく庭を眺めていなかったら落ち葉がたくさん散っていました。

玄関先のヒメシャラの葉っぱが吹かれて飛んできたものです。

幸い、ヒメシャラはすべて落葉してしまいました。
松葉かきやほうきで芝生の上の掃除を行いました。

すると、ところどころ
このように土が盛り上がっている場所があります。

盛り上がった土の量は指で一つまみから二つまみ分ほどです。

今年の春頃からちらほら見られてましたが、最近多く見られるようになりました。

芝生の上のあちこちで見られるこの光景は一体なんなのか?

鳥のふんか?アリ塚か?

粒々状になっています。
これはなんと!

ミミズの「ふん」だそうです。

なんだか土を浄化させてくれそうですが、実は芝生にとっては枯れる原因ともなります。また、見た目も悪いですしね。

しばらくは様子を見ますが、徹底駆除の方向に進みたいと思います。

月曜日から変な話題ですんません💦


ブログランキング・にほんブログ村へ        

芝生の手入れ2017 その8 (10月から11月)

10月上旬には九州でも順に稲刈りが完了しました。

我が家の芝生も10月は伸びがぐっと落ち着いています。

今シーズンを振り返って、
前半は快調に成長していましたが、夏はコニシキソウの大発生に心折れました。

秋になお残ったコニシキソウを少しずつ抜いていくものの撲滅にはほど遠く、来年の再発生が思いやられます。

さらに10月終盤には季節外れの台風もやってきたので、庭には落ち葉が舞い散りました。

もう一度、芝刈りとサッチ除去を施して冬を越させようと思います。

そして、
11月3日に芝刈りをしました。おそらく今シーズンは最後の芝刈りでしょう。

夜にライトアップさせてみました。
この角度から撮るのは久しぶりですね😆屋外ダイニングも見えます。

屋外ダイニングでは
今シーズン最後の鉄板じゅーじゅーパーティーを催行しました🎉

明日亭主が出場するハーフマラソンの壮行会です。

「がんばれ父ちゃん!」

GAP(ガンバっぺ)ですって😄⁉️

ブログランキング・にほんブログ村へ         


芝生の手入れ2017 その7(9月)

先月(8月)は、例年のことですが、暑くて暑くて💦庭の手入れをサボってしまいました。

そのような中でも、水やりは雨の状況も見ながらしっかり行いましたので、芝生は枯れずに育ちました。

しかし、今シーズンは「コニシキソウ」の大発生に心折れました😩



芝生に負けじと葉と茎を伸ばしてくるのです。

9/3(ドラえもんの誕生日)早朝
夫婦でこのコニシキソウを一斉に抜き取りました。

コニシキソウはうまく抜かないと茎が「ぷちぷちっ」と切れてしまいます。

手袋、タンポポ抜きアイテムを使い、なるべく根っこから抜き取りました。

コニシキソウは夏に根付く一年草ですので間も無く姿を消すことでしょう。
しかし、来年に向けて落ち種を残させる訳にはいけません。

すぐに全滅とはなりませんが、少しずつでも駆除して、次の芝刈りに備えたいと思います。

追記
9/9久しぶりに芝刈り済み

ブログランキング・にほんブログ村へ         

芝生の手入れ 2017 その6 (8月)

芝生いーです(^^)


写真では緑が薄く見える部分もありますが、おおむね良好です(^^)

しかし、今夏には厄介なこいつが大発生しました。

コニシキソウ




もとい、これがコニシキソウです。

くきからは毒性を含む白い汁が出ます。



芝生の間で地を這うように増えます。
こいつが大発生しました。

朝涼しいうちにひたすら抜きますが、芝生の間に入り込んで厄介です。

にっくきコニシキソウを調べていくと、思わぬことが分かりました。

どうやら、コニシキソウは「アリ」と持ちつ持たれつの関係のようです。

アリはコニシキソウの蜜や種を求めます。その際にコニシキソウの花粉を受粉させ、花はやがて実となり種となり、コニシキソウが増殖するのです。


なるほど!


以上NHKミクロワールドより


実は我が家の芝生はところどころにアリ塚のような小さな土の山ができており、アリが多いなあと思っていたところでした。

たかがアリですが、たまにチクリと咬まれます。室内への未然の進出を防ぐためには早めの撃退が肝心です。


全国的に話題のヒアリですが、我が国の対応は後手後手かつ、ちまちまとやっており、もはや手遅れでしょう。

そのうち、近所の公園や学校の校庭でもヒアリの巣が万延する可能性が大きいのではないでしょうか?

経済に大きなダメージにはなりますが、港や道路、橋等でいったん物流を止め、陸揚げの際コンテナの一つ一つやクレーン、貨客や乗組員全てに大規模な殺虫を施すなど、今、水際で食い止めないと、もはや近くにヒアリは潜んでいると思われます。

空港でも同様に、ニュージーランドやオーストラリアのように貨客が外来種を持ち込むことに厳しい制限をかけるのも早急かと。

しかし、国、地方問わず利己的な日本の政治家の目には小さなアリの存在はまだ見えてないと思われます。


さて、ミクロな話題に戻ります。

我が家では、コニシキソウとの関係は知らずに、アリの駆除は既に着手していたところでした。

アリの巣コロリの粉末を巣のそばにばら撒きました。


真ん中の黄色の顆粒がアリの巣コロリです。

顆粒をパラパラとアリ塚や蟻道にも撒くと、アリが一生懸命に運んでいきます。

効果てきめんで、5日後には芝生の中でウジャウジャ見かけた場所からアリが消えました。(ヒアリに効果があるかは分かりません)


我々一般庶民は、アース製薬やキンチョーなどの会社の株価には注目できるかな?


ブログランキング・にほんブログ村へ        




芝生の手入れ2017 その5(7月 雨がひどくて・・・)

7月に入り、九州では台風3号や大雨による被害が各地で見られています。被災された方々に対してお悔み、お見舞い申し上げます。



追加で「日本の安心安全!」を祈願します。

公私とも慌しい新年度から一息つき、「さあ!◯◯を頑張るぞー❗️」と張り切っている矢先の雨。この時季は例年のこととはいえ、「やる気」までそがれてしまいます。

我が家の芝生の様子です。

ずいぶんと青みが増しました。

しかし、よく見ると

雑草の「コニシキソウ」が生えてますねぇ、抜かなきゃ!

と思い立ってから雨が、台風がで、1週間が経ちました。

すると

なんじゃこりゃー❗️

雑草が生え放題でとんでもないことになりました。

7月の日曜の早朝、雨があがっていました。
念入りに草を引き、ランニングの後、疲れたアラフィフの身体にムチを打ち芝刈りを施行しました。

さて、玄関先のヒメシャラです。

葉っぱがシャラシャラ鳴ります。

が、

あっ!葉っぱがスカスカ!

枝をユサユサと揺すりました。

何かぼてぼてぼてっと落っこちてきました。

カナブンです。
彼らが葉っぱを食い荒らしていました。

都合10匹ほど住み着いていました。

かわいそうですが、駆除しました。

ひと仕事終えた途端に

雲行きが怪しくなり、またザアザア降ってきました。


ブログランキング・にほんブログ村へ        




芝生の手入れ 2017 その4(6月)

昨年は熊本地震以来、心が折れていた芝生の育成ですが、今年は頑張っています。

先月に芝生の土壌改良をした結果、例年に比べて上々の育成具合ではないかと思います。(あくまでも絶対評価であり、相対評価ではありません)

しかし、見てください

芝生の色づきにムラがあります。昨年も同様でしたが、施肥を行なった箇所と行なっていない箇所の違いであることは明らかです。


ジョウロにキャップ一杯の液肥を入れ、水を満タンにし希釈したうえでジョロジョロ撒きます。これを何度も行わなければならず、まあ、ムラが出るのもしょうがないですわ〜😓


そこで、またまた秘密兵器を手にいれました。

散水器や浄水器を手掛けるあのタカギと家庭園芸肥料のメーカー ハイポネックスジャパンが強力タッグを組みました。

液体肥料を手間なく散布
「ハイポネックス専用希釈キット」です。


ハイポネックスを装着にセットして、水道蛇口とつなげば、あ〜ら不思議!自動的に肥料を250倍に希釈して、かつ、ジャブジャブ散水できます。

別途、水道からキットにつなぐまでのホース(リール)と

上のようなアダプターを購入する必要があります。


このようにビャンビャン肥料を撒くことができます。

我が家が使用している「芝肥料メネデール」は、希釈率500倍が適量ですので、まず、空っぽのハイポネックス容器に2倍に薄めておいて、さらにキットで250倍に薄めることで、500倍希釈になるというところです。


施肥の前には芝刈りも行なってます。次回の報告は「成長」か「後退」かお楽しみに😅


 
ブログランキング・にほんブログ村へ        



記事検索
最新コメント
プロフィール

じーおっぺ

  • ライブドアブログ