せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

カテゴリ: 熊本お出かけ(天草の別荘から)

今年のGWは天草の窯元巡りをしました。

著名な窯元とこれからグーンと有名になりそうな窯元を巡りました。



まずは、天草市の玄関 本渡

丸尾焼(まるおやき)

たくさんのお弟子さんと息子さん方が跡を継ぐ金澤さんが主宰する窯元です。


様々な普段使いができる器が目を引きます。

続きまして、天草郡苓北町


雲舟窯(うんしゅうがま)


鯉のぼりの焼き物



旬のびわが引き立つお皿です。


こちらはミニ盆栽
流木を使ったエアープランツなども販売されていました。

流れに逆らわない自然な作風がいいなと思いました。

同じく天草郡苓北町の

内田皿山焼


内田皿山郷の山中、古内田皿山窯の由来は17世紀と推測され、有田焼・波佐見(はさみ)焼等に次いで磁器では日本で2番目に古い貴重な窯跡だといわれています。古陶片には中国明時代の染付磁器、赤絵磁器と典型的な中国絵文様が描かれ、素朴な中にも洗練された白磁の美しさが魅力的です。

現在も、この古陶片に描かれている荒磯紋を忠実に再現した素朴な民芸白磁の製品をはじめ、生活に密着した陶磁器や装飾品づくりが行われています。 


また、日本で唯一「たこ壷」が焼かれています。

まだまだ続きます。
天草市五和町手野

市山くじらや


古民家そのものが展示会場

早速、コーヒーでおもてなしを受けました。


主宰者の市山さんは壱岐出身のとても穏やかな女性

その柔らかさは作風にあらわれてます。

実家のくじら肉販売店から屋号を頂いたそうです。


さて本日の目玉


天草市天草町下田南

天草唐津十朗窯(じゅうろうがま)

こちらは夫婦で主宰されている窯です。


唐津で修行された亀山さんはみかんの釉薬が新作の特徴

亭主もある筋からいただき現在愛用しています。


奥様のサ苗さんが描いた絵付けは実に愛らしい!


最後に天草最大手の窯元

高浜焼 寿芳窯(じゅほうがま)

単身赴任の3年間、亭主がコーヒーを入れていた白磁の器。

そこに、ママが買い足してペアになりました😍

    
ブログランキング・にほんブログ村へ        

亭主、4月は忙しい毎日を過ごしました。

忙しさにかまけて、5月連休の予定を無計画でありました。そのため、家族からの「GWはどうするとね?」的な冷たい目線が気になっていました。

ようやく重い腰を上げて
5/2(金)の夕方に天草方面のホテルや旅館に電話をかけまくりました。

当然ですが、どこも満室でした。ゲストハウスも空いていません。

ところが、ようやく一件空きがありました〜

旅館 海舟

熊本県天草郡苓北町富岡の四季咲(しきさき)にあります。

灯台元暗しとはこのことです。

3月まで亭主が働いていた支店のそばにあるのです。

「キャンセルが出たのでOKです。」とのことでした。


玄関


ロビー


お部屋

「狭いですが・・・」と通されましたが「いえいえ、急遽予約して申し訳ないです。」と返しました。


海抜24mの部屋からの眺めはサイコー!


海水浴場もすぐそば!


西日が水平線に沈むのを拝むこともできます。


突然、ヨガをし始めだしたママ

ほっといて、他のお客がいない風呂に入りメシメシ!


まず、ドーンとマダイ、ブリ、カンパチの新鮮な天草のお刺身。魚卵にサザエにツワブキ。


手のひらから人差し指までありそうなサイズの高級な岩牡蠣はチーズマヨで焼いてあります。タイはお煮付け。


タイの酒蒸しはモミジおろしでいただきました。


お魚やおいもの天ぷらはもちろん揚げたて(^^)


魚の出汁が効いたお味噌汁がうまいのなんの!


デザートのネーブルは途中の口直しとしても重宝します。

なお子どもには、魚介類の量が控えめにしてありつつ、大人にはない鳥の唐揚げや玉ねぎの甘みとひき肉のバランスが絶妙な鉄板ハンバーグも用意していただきました。

料理長は2代目である息子さん。亭主と同じくらいの年齢の方でしょうか?

素材の味をそのままに、かつ、出来立てを意識して提供されるおもてなしの心に感謝です。


満腹でお部屋に帰り、テレビは早目に消し、男二人は楽しくゲーム、ママは読書に興じ就寝しました。


亭主は翌朝に1人早起き

朝焼けで茜色に染まる有明方面を眺めました。


実は、昨日のうちに3月までの同僚であるN氏と連絡を取っており、ラン友でもあるN氏と合流して朝ランを行いました。


N氏については3/26,28,30の日記を参照

3/26 亭主の弾丸ツアー編
http://sekarashika.blog.jp/archives/2017-03-26.html



高松を照らす朝日影の元を約7km走りました。

N氏は会社の組織改編がなされた天草支店において、ますますご活躍されるものと思います。


走った後の朝食は格別にウマイ!

別行動で朝の散歩を済ませたママ&息子もパクパクいただきました。

さて、ハウマッチ!
びっくりする価格で書けません!


ご主人や女将さんへ早速夏の予約もお願いして旅館を後にしました。

 

   
ブログランキング・にほんブログ村へ        




天草市本渡のパン屋さん
 
ぐぅちょきパン
惣菜パンが充実しています(^_^)


さて、このたび転勤となり3年間の単身赴任にピリオドを打つことになりました。


ガラーンとした天草の別荘
近くにはお店も多く便利でした。


キッチンは少々古くさかったですがレンジしか使いませんでした。


昨夜は上司が釣った天然鯛とアカハタのお刺身で送別会を催していただきました。

退社の際には会社の同僚がたくさん見送ってくださいました。

心のこもったプレゼントもたくさんいただきました。仲間に恵まれたことに感謝です。

別荘と営業所の荷物を引き払い いよいよ天草を後にします。

車に荷物を詰め込んで、感慨に浸りながら2時間の道のりを運転しました。

途中著しい睡魔に襲われました。
ここ半月は仕事、出張、引越し、挨拶まわりなどで睡眠時間が短く、ドッと疲れが出ました。


へとへとになって「我が家」にたどり着きましたが、

(少々雑ですが)家族の歓迎で疲れが飛んでいきました。


ママと息子の下手な芝居を踏まえた サプライズもありがたくいただきました。


また、心機一転家族3人で楽しく暮らせればと思います(^_^)


という訳で「天草の別荘」カテゴリーは最終回となります。

新たなネタを探さなければいけませんね。


ブログランキング・にほんブログ村へ        

天草の「わくわく海中水族館シードーナツ」では春の特別展「くまギョン展」が開催されていました。

クマノミ、トウアカクマノミ、モンツキハギ、クマドリモンガラ

クマモンがついた名前の魚が展示されていました。ハイ、以上です!


海水魚だけでなく淡水魚も種類が豊富です。

アマゾンコーナー

手を入れたら噛まれそう何かがひそんでいそうですね。


ひそんでいたのは
アリゲーターガー


ワニのような長い口です。

さて、外に出てドーナツの円内では

マダイの群れ


エサやり100円ナリ

このいけすに落下・転落してしまったモノ、ヒトのリストが掲示してあります。

 注意喚起でしょうね。
吊るし上げではないですよね。

ケータイやサングラスに加え

傾向として3〜4歳の子が良く落ちているようです。


一言コメント
「エサやりに夢中になりすぎました。」
「イルカが食べなくて本当に良かったです。」
「年末にイベントが待っていました。じゃぼんです。」

ネタ拾わないで、落ちたモノをさっさと拾ってほしいです。


さて、ドーナツ外のイカダではイルカのトレーニング中でした。


  
イルカが三頭


このイルカは2017年2月に仲間入りしたばかりだそうです。


このように見どころてんこ盛りのシードーナツですが

入館料は大人1,300円

そのままでもお値段以上です。

さらに、facebookで「いいね!」するだけで、なんと300円オフの1,000円ポッキリになるそうですよ!



ブログランキング・にほんブログ村へ        






天草4号橋たもとのリゾラテラス天草に立ち寄りました。

この日はお天気が良い連休のためレストランは40分待ち


テイクアウトのバターカレーを海岸沿いのテラスでいただきました。


本当のお目当は店内で焼く「塩パン」でした。

人気No.1の塩パンプレーン


焼きたてはものすごくいい香りがします。

塩パンはラインナップ豊富で

人気No.2 塩キャラメルパン


人気No.3 塩メロンパン

これらの人気パン

残念ながらこの日は買えませんでした。

普段はこのような店内ですが、この日はお客さんがごった返し、皆さん一日中パンが焼き上がるのを待ち構えておられていたため断念しました。(パンの写真は過日撮影分です)


息子がお隣の「わくわく水族館シードーナツ」に行きたいというので、亭主も後学のために皆で参りました。

「シードーナツ」は海に浮かぶ船上の水族館です。


東西50m、南北34m、3200トンの巨大なドーナツ型の船で世界中の魚介類を観察することができます。同様の施設は日本には静岡県の下田と熊本の天草にしかありません。



海が穏やかで、磯遊びもできます。


桟橋を渡り船に乗ります。


船の室内に階段があり下って行くと




水面下3mの水族館です。
世界7大陸の生態が学べます。

施設設備は昭和時代の香りがプンプンします。あと、船ですので油や塗料の匂いも少しだけ。しかし、船内でこれだけの設備を維持することは並大抵のことではないでしょう。

早速、見学〜

ハリセンボン

解説のキャプションはほとんどが「手作り」しかも一言多い!

ハリセンボン
・フグの仲間です。
・ハリで身を守ります。
・沖縄ではみそ汁にして食べます。
・ハリは350本くらい。名前負けです。


かわいいカクレクマノミちゃん



本当はブサイク!?と言っちゃった!

その他

フグは筋肉を食べるべし

骨格が見えてしまう魚は

安心してください。ちゃんとエサもらってますよ!


ウニの解説は

ムラサキウニ 3〜5月
・さっぱりとした甘味のウニ
アカウニ 7〜9月
・濃厚な甘味のウニ
・夏の天草を代表する食材
ガンガゼ 10〜3月
・やや苦味のあるウニ

これ・・・
もはや、魚屋さんがお客さんに販売するときのセリフ 


しかし、一つ一つの解説がとても分かりやすく、親しみやすい。決してオサレで恵まれた環境ではないが、水槽の前に立ち止まる時間が長くなる。様々な視点から魚介類を学ぶことができるたいへんためになる水族館です。


英語の解説も充実!

次回へ続く


ブログランキング・にほんブログ村へ        




 

 













亭主がたま〜に朝食に利用している

天草市中心部にある「マクドナルド324本渡店」

やや小規模な店舗です。

食品偽装問題がありしばらく行くことをためらった時期もありました。

このお店
対面カウンターも他の店舗と変わりありません。

この店舗が他とは異なる点
それは・・・
アメリカシカゴのマクドナルド1号店をモデルとしてデザインされているのです。


ほんまや〜


大きなアーチが特徴


車寄せは駐輪場にシフト


小さいけどテラスがあります。


店内は広くはないです。


アメリカンなポスター

写真を撮る変なおっさんではなくちゃんと朝マックを消費して帰りました(^^)



ブログランキング・にほんブログ村へ        

熊本県上天草市のショッピングセンターから東側へ入り車を数分走らせると和菓子の名店にたどり着きます。

天草菓匠 春風庵(しゅんぷうあん)
 
平成2年創業で平成7年に現店舗になったとのことです。


看板も暖簾も

そして店内も
とても清潔感があります。

このお店の代名詞と言えるお菓子が
みそまん 75円(税込)

もちっとした粘りある生地ですが、この生地にはお味噌が練り込んであるのです。
中心の餡の甘みと生地のうっすら塩気が相まってとってもおいしいのです。

このみそまんがお店の一番人気なのですが、我が家絶賛!のお菓子はこちら ↓

かりんとう饅頭 天草かりん


かりかりのおいしさはお買い上げ「当日中」にお召し上がりください

賞味期限当日とのことですので、帰宅後すぐに頂くことにしました。


沖縄県産の黒糖を使用した懐かしいかりんとうをイメージしたお菓子で、揚げてあるので外はカリッ、中はしっとりしたこし餡が入った大人気商品です。(お店HPより)

一口かじりました。

本当に外はカリカリッとしています。かりんとうのような硬さはなく、ほどよく「パフ」のようなザクッとした感触のようですが、これまでなかった食感かも知れません。


中はこしあん。たっぷりつまっていますがくどさがなく、皮と非常に合います。

他にも種をこらした和菓子がたくさん売ってあり、亭主はしばらくはまりそうです(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ        





天草五橋のうち、新一号橋が鋭意建設中なのですが、2/20に既存の橋を車で通行していると、偶然にも橋桁を吊り上げている場面に出くわしました。

台船からアーチの一番上まで60m以上あります。


これから4本のワイヤーで吊り上げます。


少しずつ浮かびます。


ここまで30分待ちました。


橋桁同士が連結するまで一時間以上かかるということで歴史的瞬間を見ることはできませんでした。

しかし、日本の建設技術は素晴らしいのだと改めて実感できるスケールが大きい工事でした。

さて、その橋から車で数分

国道から漁港をまたいだ先に見える黄色い看板

「大空食堂」

亭主の記憶に寄ると30年以上前から存在する食堂です。橋の工事現場の方も多く訪れていることでしょう。

ちゃんぽんで超有名な食堂ですが、賛否両論と聞いており、
これまで幾度も参るチャンスはあったのですが、そもそも天草には魚介類が美味しいお店がたくさんあることもあり、気が向かない亭主でした。

また、気が向いた時でも、駐車できなかったり、お店の前で休業日に気づいたりと縁遠いお店でした。

今回ようやく訪れることができました。

店内写真撮影okとのことです。

メニューを見ると、ただの「ちゃんぽん」ではなく「長崎ちゃんぽん」でした。

かつて、天草は長崎県だった歴史がありますが現在は熊本県。あえて「長崎」の冠をつけるとは?店主の修行先なのでしょうか?

ちゃんぽんの他にもカレーやオムライス、親子丼などのご飯ものも充実しています。


店内はキャパが大きく30人以上は入れます。座敷の奥には神棚があります。 

しばし、出てきました!

「長崎ちゃんぽん」730円


見てください!この野菜の高さ!

しか〜し、キャベツは芯が多すぎ、かつ、しんなりしすぎ、はっきり言って火を通し過ぎです。野菜の質も今一つです。


 しばらく野菜の層をこなしていくと、ようやく名物のエビ(殻付き)が出てきました。
この後、10匹くらい入っていました。殻を取るか取らぬかで議論になっているようですが、殻付きでOKだと思います。  
これは美味しいです。


麺は九州の一般的なちゃんぽん麺、コシはなくボソボソした感があります。


スープはエビの出汁が効いてて亭主好みです。

前評判のとおり賛否分かれるところです。相席した隣の方のちゃんぽんとは明らかに盛りが異なりましたし、エビが野菜の山の頂点にあったところなど明らかな違いも見られ、老舗なのに同じちゃんぽんでも安定した品を供給できていないのではないかと思われます。
ちょうどお客さんが多かったのも影響しているのでしょうか?       


しかし、一度
は行って食べてみる価値はあるでしょう。

食べた後はお店の前の漁港で釣り人を冷やかすのも良いでしょう。
 
ごちそうさまでした。     
     


ブログランキング・にほんブログ村へ       

ある休日、会社の同僚達と共に海岸清掃ボランティアに参加しました。

熊本県天草郡苓北町の巴崎


地元の企業や学校の生徒さん等200人近くがボランティアに精をだされました。

この海は世界の海や川につながっていますので「地球を美しくすることに貢献した」と胸を張っていいでしょう。


ビニール袋やスチロール、ペットボトルが多かったですね。

私たちが普段の生活をほんの少しだけ見直すだけで、かえって「暮らしやすい世の中」になると思われます。



後世のために美しい地球を引き継いでいきましょう。


さて、本題
帰省の途中に立ち寄りました。
「リゾラテラス天草」

一昨年の夏、熊本県上天草市にオープンした複合施設です。


全席オーシャンビューのレストランや焼きたてパン屋さん、雑貨屋さんなどが南国の雰囲気を醸し出します。


いつも車で通る天草四号橋(前島橋:510m=五橋の中で最長)もこの角度で見ると風情が異なります。


天草の貝がらを使ったオブジェはネイティヴで、しかもお値段が安い!


天草のおみやが並びますが、ラインナップや陳列が既存の物産館とは一線を画しています。


亭主がこちらに立ち寄った目的は

「天草サブレ エスプレッソ味」

「天草サブレ」は熊本県内どこでも買うことができますが、エスプレッソ味はここでしか買うことができません。


ママ評「いつもんととくらぶっとちっとうすかばってんおいしかね!」(訳:いつも食べているものと比べると少し薄く材料をケチっているような気がするけど、とっても美味しいわ❤️)

お土産お菓子の二枚看板として「黒糖ドーナツ棒」の派生品

「天草黒糖ばなな」も美味しくて大人気のようです。


           
ブログランキング・にほんブログ村へ         

我が家の天草別荘から徒歩5分の「おさかな食堂将吾」

若いイケメンの兄ちゃんが仕切ってるお店です。

若いと言っても高校卒業後に福岡の魚屋さんで修行を積み、腕を磨いて帰郷した孝行息子のようです。

このお店、別荘から近いため家族でよくおじゃまするのですが、この日は一人でカウンター(予約席)に座りました。

たまには単身赴任者の醍醐味を味わうのも良いかと思われます。

3年前の亭主がまずハマったのは「焼きサバチャーハン」580エン

赴任したての頃はこちらをよくテイクアウトして食べてました。


サバと細かく刻まれた大葉がとても絶妙にマッチします。


看板のおさかなはもちろん新鮮です。

タイは皮なしと皮あぶりに加えてゴマサバ

そして

亭主の好物「タチウオ」



つるんとコラーゲンを摂取できる「揚げ豚足」は上品に仕上げてあります。

店主と身の上話を交わして、グビッとビアーを飲みほし、明日に備えて帰ろうかなぁと思った矢先に、同じカウンターに座った常連さんからお店自慢の本場韓国🇰🇷直輸入のマッコリ(ボトル4,000円)を「一杯飲まんですか〜?」と勧められ、またグビリ!

楽しく話し込んでしまいました(^^)

亭主はよく初対面、見ず知らずの人と馴れ馴れしく話しこんでしまうクセがありいけません

予定時間をオーバーしましたが、無事に徒歩で帰宅しました(^^)

           
ブログランキング・にほんブログ村へ         




このページのトップヘ