せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

カテゴリ: 日常の平和な日々のネタ

我が家が大好きな九州のご当地アイス 竹下製菓のブラックモンブラン
image

当ブログでもたびたびブラックモンブラン=BMを紹介させてもらっています。


天下のヤマザキ製パンがその人気に目をつけコラボしたパンがこのたび完成しました!
image
ブラックモンブランリングデニッシュ

ヤマザキのリングデニッシュとのコラボ商品ですね!

甘✖️甘です。楽しみです。

image
以前から愛用している春のパン祭りでいただいたお皿に盛ってみました。

image
おなじみチョコレートソースにクッキークランチ!

BM独特のポレポレっとした感はなく、柔らかなクランチです。

image
デニッシュ生地の中身はミルククリーム

ブラックモンブランをよく再現してありますし、菓子パンとしても充分なクオリティです。

これを朝食としていただきました!

美味しいです!

カロリーは424kcal!

おかげで脳も身体も一日元気に仕事がはかどりました(^^)!


亭主のランニングブログ
せからしかスタジアム


ブログランキング・にほんブログ村へ         

ママがずいぶん前に発注済みだったぶどう
瀬戸ジャイアンツが届きました。
image
岡山県加賀郡吉備中央町の
中瀬葡萄園🍇から届きました。

image
10/14に朝採りされたぶどうが翌15日に味わえるのです!

image
瀬戸ジャイアンツは「ネオマスカット」と「グザルカラー(赤黒系)」を交配した種がなく皮ごと食べられる品種です。

表面に「しみ」が出てくると食べ頃だそうですが、我が家は宅急便が着くやいなや、採り立てをいただきます!

大きな粒は一口で頬ばることはできないので、かじりますと

プチっと皮がはじけて果肉の甘さが広がります。酸味はほとんど感じず、甘さばかりが際立ちます。おいしいです。おいしかです!

一箱に三房入っていましたが、もう残りは一房になってしまいました。

果樹園の皆様、今年もおいしいぶどうをつくってくださってありがとうございました!


亭主のランニングブログ
せからしかスタジアム


ブログランキング・にほんブログ村へ         

暑かった令和2年の夏、子どもたちの夏休みが短かかったせいか、あっという間に過ぎ去った気がします。

暑い毎日を乗り切るために冷たいものを賞味しました。

そのような中、コンビニで発見!
IMG_5478
あまおう苺モンブラン

佐賀県の竹下製菓が製造、販売するブラックモンブラン(BM)シリーズの新フレーバーのようです。

BMをアイスる我が家としては見逃す訳にはいきません。即買いです!

2015年11月1日の日記「We love BM!」
http://sekarashika.blog.jp/archives/46539985.html

2013年3月16日「春いろいろ・・・」
http://sekarashika.blog.jp/archives/25621595.html

あまおうとは、

まい
るい
おきい
まい

の頭文字を取って名付けられた福岡県産の苺種です。

さて、本題のモンブランへ
IMG_5479
オリジナルBMと変わりない外見です。

IMG_5481
ほんのりピンクに色付いたアイスにシャリっとしたあまおう苺の果肉がしっかり入っていました。

開発では「さっぱりとしていながらもコクのあるバニラアイスに甘酸っぱいあまおう苺を合わせ、チョコクランチをコーティングしました。」そうです。

このあまおう苺モンブランは九州、四国、中国地区のローソンのみの限定販売だそうです。


さて、我が家の夢は竹下製菓さんの工場見学に参り、出来立てのBMをいただくことです。

竹下製菓さんは残念ながら一般向けの工場見学は企画されておりません。ひとまずは美味しい商品を安定して提供していただけることに満足するとしましょう。


亭主のランニングブログ
せからしかスタジアム


ブログランキング・にほんブログ村へ         

小学6年生、息子の小学生最後の夏休みは、8月8日から19日まで、たった12日間しかありませんでした。
たった12日間ですよ!全国津々浦々、最長42日間の学校と比較すると30日間の開きがあります。

例年ですと、家族旅行をおねだりしたり、サッカーの練習や試合をがんばったり、祖父母の家に参って小遣いを無心したり、その合間に?理科の自由研究や集中した学習に取り組んだりするなど充実した休み期間を過ごせたのでしょうけど・・・。

BlogPaint
力をつける機会だと、楽しみにしていたサッカーの合宿は中止となりましたが、くじけることなく前向きに取り組んでいます。(15番が愚息)

すべてはコロナウイルス感染症が台無しにしてくれました。

ただし、経済の循環等々大人の都合で、重症化リスクが比較的低い子どもたちまで制限を受けて、大切な時間を奪っている気もしており、気の毒でなりません。

大人なら「一年延期」で済みますが、子どもたち、学生たちには「その時しかない重要な期間」です。

そこで、罪滅ぼしか舐犢の愛か、少しでも小学生最後の夏休みを満喫させてやりたいと思い、幾何かのイベントを試みました。

まずは、我が家のウッドデッキにプールを出しました。
BlogPaint
大規模の民間プールには連れて行けず、市民プールや学校開放のプールは閉鎖中です。

IMG_5340
素直に戯れてくれる息子に感謝します(^^)

水替えを頻繁に行ったり、次亜塩素酸カルシウム(カルキ)を入れてコロナ対策にも心がけました。

BlogPaint
プールサイドで優雅に読書(コロコロコミック)に勤しむ息子

BlogPaint
当然、親父ものっかります。

BlogPaint
そのアクアデッキにて、おうち焼肉を決行しました。

IMG_5356
アスパラ、えのきのホイル焼き
奥には豆苗のベーコン巻
さらには、実家からお取り寄せした特大ニンニクの薫りをエビにつけました。

今夏はホットプレートを新調したのですよ!
IMG_5352
コイズミKIH-1411

焼肉ができる波型プレート、お好み焼き等ができる平面プレート、お鍋に加えて、上下分離させるとIH調理器単体としても使えます。

炭火網焼きもおいしいのですが、我が家では、手軽さと焼き加減の調節等々からホットプレートを愛用しており、数年前の型落ち品とはいえ、十数年愛用してきたものに比べると能力の高さは圧倒的でした。


さて、お盆明けの平日(火曜日)に息子を連れて熊本市のサクラマチに出かけました。
BlogPaint
親子2人で、熊本城ホールにて開催中の「特別展ミイラ」を鑑賞しました。

IMG_5366
同展は、本来3/25~6/7の開催予定でしたが、コロナの影響で大幅に会期が変更になりました。

IMG_5367
「この秋、世界からやってくる43体のミイラ達。」

この秋?

どうやらリーフレットは東京の巡回展の使いまわしのようです。

さておき、展覧会ですが、一口にミイラと言っても世界中で様々なものがあり、権力者の神々に対する畏敬の念、再生や生活の維持への願い、村の守り神としてのミイラ。
一方で、自然の湿泥の中から発見され鎮魂されたかどうかも定かでないミイラなど多数展示されていました。

観覧前には少し恐ろしがっていた息子ですが、会場内では大沢たかおさんによる分かり易い音声ガイドを聴きながら熱心に鑑賞していました。

息子は、図録や書籍を読み込んだ亭主よりずっとずっとミイラに詳しいのではないでしょうか?

展覧会の最後には物販コーナーが設けられており、我が息子との展覧会鑑賞のお土産の定番は

海洋堂のガチャガチャ

今回は全4種類あります
DSC00477
インカ帝国時代の「若い女性ミイラ」が出ました。

インカ帝国のミイラの特徴は全身を布で覆いかぶせることに特徴がありますが、このミイラは盗掘者によりミイラ包みを破壊したことにより姿が現れています。頭の右側にある手の中には茶色の毛糸玉が見られます。

「特別展ミイラ」は熊本城ホールで9月5日まで開催中!
コロナ対策もばっちり取られていましたよ!

展覧会鑑賞後は、盆明け平日でガラガラのサクラマチを散策して、栄養をつけるために

あか牛ダイニング yokayoka に行きました。
https://sakuramachi-kumamoto.jp/shop/yokayoka

IMG_5365
テラスを眺めることができる窓際の席でした。

DSC00478
平日とはいえガラガラ!

息子は
DSC00481
炎のハンバーグセット

DSC00479
目の前でアルコールに火をつけてくれます。

「父ちゃん、これ何て言うか知ってる?」

「フランベって言うとバイ!」

さすが、グルメの息子です!

亭主は
DSC00480
一日限定10食 本日のステーキ

父子二人だけで肉を食らい、帰宅後にママからの冷たい視線を浴びたのは言うまでもありません(^^;;


ブログランキング・にほんブログ村へ         

ある日曜日、八代市北部地域において先の豪雨の影響でダムに流れ込む河川の水が著しく濁ったため断水措置が取られました。

今回の断水のお知らせは前日に市の防災無線では放送されたらしいのですが、我が家の面々は三者三様外出していたため当日まで全く知りませんでした。市民に対してなんと水くさい!

そこで急遽
IMG_4905
給水所から水を調達しました。

IMG_4906
ビニール袋に6リットルの水が入ります。注ぎ口がホース状になります。

鹿児島県出水市からいただきました。ありがとうございます。

井戸水等も含め、計60リットルほど用意しました。

飲料水はペットボトルが販売されていますので問題ないのですが、生活用水が蛇口から出ないとなると困ります。

お風呂は温泉を利用しましたが、ランドリーの混み具合もあり洗濯は1日不可でした。

歯磨き、洗顔など、思った以上に水は減っていきます。

特にトイレの処理は大変です。
2階のタンク式トイレにペットボトルを持ち込み、使用者が次の利用者のために約4リットル補充する。そしてまた2階へ運ぶ!

何ということでしょう!
こんな時に限ってお通じが良くなるものです
(^^;)

翌日、亭主は「またタンクに水をくまなきゃ!」と観念しながら仕事していたところ。

ママから電話がありました。

「ウォーター!」

ヘレンケラーさんに対して失礼ですが、我が家にも水を感じることができた感動がありました。

息子も、

「あ〜、ウォシュレット〜!」と、
水を感じたようです。


わずか1日でしたが、断水には困りました。
しかし、怪我の効果で
我が家では「水は大切にしよう!」がここ数日の合言葉となっています(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ         

九州地方は梅雨入りしてジメジメした日が続いています。

コロナと併せてうっとうしい中、亭主は少しでも家族の幸せな顔が見たくなりシャトレーゼで必要以上に買い物してしまいました。

FullSizeRender
樽出し生ワイン(赤)754円
初回のみボトル料金143円がかかります。2回目以降はボトルを持参すればワイン代だけでOKです。

無濾過、非加熱のためまろやかな口当たりです。樽の薫りも程よくどんな料理にも合いじゃんじゃん飲みやすいワインです。

FullSizeRender
ダブルシュークリーム108円とプレミアムプリン162円
バニラ香るカスタードとホイップ2つのクリームが香ばしい香りのするシュー皮にたっぷりつめてあります。油断するとクリームが飛び出してしまいます。なおシュークリームは底側を上にして天地逆さまにして食べるとクリームが飛び出しません。

プリンは、シャトレーゼ特別飼育卵の卵黄を使ってありとても濃厚な味わいになっています。濃厚すぎてむしろカラメルがさっぱりと感じられました。プリンの上には白い特製クリームがたっぷりかかっており、まろやかさが増しています。


続きまして、チョコバッキーに代表されるシャトレーゼのアイスバーシリーズから2点紹介
IMG_4497
ラムレーズンバー 1本75円
亭主のお気に入りの1本です。
自社ワイナリー製ラム酒&ゴールデンレーズン使用の贅沢な味です。カロリーも高いようです。

IMG_4498
タピオカ風ゼリー入り紅茶ラテバー 1本75円
紅茶はダージリン&アッサムのブレンドのようです。アイスには2種類のチーズが使ってあるようで、ほんのりコクが感じられます。

シャトレのアイスバーはどれも60〜70gのミニサイズに美味しさがギュッと詰まってますね。

FullSizeRender 
イタリア栗のモンブラン 432円
ホイップクリームを包むようにマロンクリームが組み合わさり高くそびえる山のようです。
ホイップクリームにはクッキークランチが混ぜてあり様々な質の高い味わいが楽しめます。


FullSizeRender
バタフライピーのカップデザート 302円
「バタフライピー」(天然由来の澄んだ青色をしたハーブティー)を使用したクラッシュゼリーとヨーグルトクリームを重ね、梅雨に咲く、紫陽花をイメージしてあります。別添えのレモン果汁をかけると、ほんのり紫色に染まります。

亭主は(これで梅雨のジメジメ感が吹き飛ぶのでは?)と思って買い求めました。

「スイーツにさっぱりなんて求めてないわ!」我が家のママには物足りなかったようです。

(これだけ食っておいて何言ってんだ?)とは言葉には出さず、ママのブレない一途な姿勢に感服いたしました。


ブログランキング・にほんブログ村へ         

ショッピングの途中、甘味が恋しくなりシャトレーゼに立ち寄りました。

亭主は単に立ち寄ったつもりですが、我が家のママはある勝商品をしっかりロックオンしていました。

ママの標的となったのは
FullSizeRender
シャトレーゼのさくらんぼもちです。

山形県産のさくらんぼがまるまる1個、求肥に包まれています。

IMG_4425
コロナ禍の折、今年は一つ入り、二つ入り、三つ入りとパッケージされていました。

柔らかな求肥の下からパンパンに張ったさくらんぼの皮がプチッとはじけると同時に、甘酸っぱい果肉が口の中いっぱいに広がり、舌の上から喉の奥にするりと消えます。口中に果肉の甘酸っぱい香りがいつまでもふわっと残っています。

毎年この時季のわずかな期間しか店頭に並んでいません。油断していると来年まで1年間待たされることとなります。

ここで、突然ですが、我が家がシャトレーゼで買い求める定番ベスト3は!

1位 チョコバッキー
2位 ダブルシュークリーム
3位 樽出し生ワイン赤 です!



さて、今回シャトレーゼでは瀬戸内レモンフェアを開催中でした。
IMG_4433

瀬戸内レモンと言えば亭主の大好物「レモンケーキ」が真っ先に思い浮かびました。

IMG_4426
おひさま香るレモンケーキ 1個128円(税込)

レモンケーキは亭主の大好物であり、当ブログでも度々取り上げています。

2020年2月
唐津レモンケーキ
http://sekarashika.blog.jp/archives/56460487.html

2019年1月
橘屋ベイクショップ
http://sekarashika.blog.jp/archives/54747673.html

2017年12月
広島県金萬堂
http://sekarashika.blog.jp/archives/52626265.html

2015年3月
長崎市茂木一〇香本家
http://sekarashika.blog.jp/archives/42829589.html

2014年2月
熊本市東区十音(じおん)
http://sekarashika.blog.jp/archives/37323258.html

2012年6月
八代駅そば田代福進堂
http://sekarashika.blog.jp/archives/8359164.html

 
IMG_4428
パッケージがかわいいですねー(^^)​​


IMG_4429
大きさは割と小ぶりです。
卵のL玉くらいでしょうかねー

2つに切り分けてみました。
IMG_4430
写真が悪いのですが、スポンジはしっとりしていますし、上の方に詰まったレモンピールにしっかり味がついて美味しいです。

姉妹菓子として
IMG_4427
おひさま香るオレンジケーキもあるようですよ!

シャトレーゼさん、いつもお手頃なお値段で美味しいおやつを提供していただきありがとうございます(^^♪


ブログランキング・にほんブログ村へ         

八代市港町にやってきました。
IMG_4413

IMG_4412
宗弘水産さんにワタリガニ(渡りかに)を買い付けに参りました!

宗弘水産
八代市港町276
電話0965-45-9200

IMG_4414
宗弘水産は、八代市内のいけす料理宗弘の仲買部門で、冬には牡蠣小屋も営業されているようです。

IMG_4409
いけす内には形が整った活きのいいワタリガニがたくさん!

こちら全て、内子(卵)を持ったメスのワタリガニです。なお、ワタリガニは6月までは内子とカニ味噌がつまったメスが旬、7月からは身に甘みがあるオスが旬と言われています。


IMG_4410
ワタリガニ5杯で約2kg 7,000円でした。

IMG_4411
カニは生きている時は1匹、2匹と数えますが、市場に出回った時から1杯、2杯と数えるそうです。

持って帰り、すぐ茹でればよいのですが、所用のため夕方までしばし活かしておくことにしました。
IMG_4421
プラケースに約3〜4%の塩水とエアーを仕込みました。元気にしていました。

調理する直前に目と目の間から竹串を刺してシメ、軽く洗いました。生きているまま湯に投入すると脚が外れてしまうそうです。

我が家でも神経じめが上手くいかなかった個体は脚が外れてしまいました。

たっぷりのお湯に塩少々を入れ
IMG_4434
腹を上にして15分湯がきました。

こちらは「蒸し」で調理!こちらも所要15分
IMG_4437

そして
IMG_4438
出来上がり!

IMG_4441
上々の出来栄えではないでしょうか?

天草産タコ飯のおにぎりと八代産スイートコーンを添えました。

甲羅を外してみました。
IMG_4443
オレンジ色の内子とミソがたっぷり詰まっていました!

IMG_4444
これですよ!

IMG_4445
魚卵好きの亭主にはたまらない酒のアテでした!

ブログランキング・にほんブログ村へ         

亭主が大型特殊免許を取得して初の週末に早速義父からトラクターの操縦を習うことになりました。
IMG_4391
まずは車庫から田んぼまで歩を進めます。

IMG_4392
トラクターで田起こしを行いました。

トラクターの後部には耕運機が装着されており、前進しながら耕運機を上げたり下げたりしながら田んぼを何度も往復します。

田の西半分は義父、東半分は私が耕しました。
IMG_4386
義父が施工した箇所

IMG_4387
私が施工した箇所

写真では分かりにくいのですが、同じ機械で同じ速度で行ったはずなのに、義父の方はきれいに平らに慣らされているのに対して、私方は凹凸があったり起こされていない箇所があったりしました。

義父の長年の経験から培われた技術や勘所は素晴らしいと思いました。

たった数時間の作業でしたし、灼熱の真夏や極寒の真冬に作業を行った訳でもないので農業を営んでいらっしゃる方のご苦労など察することはできません。また、義父からすると「猫の手を借りた方がまだマシだ」と思われていることでしょう。


翌朝、義父は涼しい顔で早速田んぼに水をはり、代かきを行っていました。
IMG_4395
来週はいよいよ苗を植えるそうです。

亭主は、まだ一年を通してお手伝いをできる身分ではありませんし、手伝いどころか義父のお荷物になると思われます。

初秋には広大な土地の畑起こしが待っているそうです。

我が家に帰り、まずは家庭菜園から始め、農業の楽しさと難しさをプチ体験しておこうと思いました。
FullSizeRender


ブログランキング・にほんブログ村へ         


なお、田起こし中に、息子がアカハライモリを何匹何匹も捕まえていました。下に画像あり↓


IMG_4388
アカハライモリ
環境省レッドリストでは準絶滅危惧種に指定されていますが、球磨郡多良木町には町人口より多く生息しているんじゃないか?と思われました。

息子からは「家で飼いたい!」と陳情を受けましたが、亭主が世話をする羽目になるため却下しました。

令和2年5月、亭主は30年ぶりに自動車学校へ通いました。
IMG_4287
八代ドライビングスクール(通称YDS)

熊本県下唯一の全車種教習可能校です。
IMG_4301
教習コースは熊本県内最大を誇ります。合宿免許取得も可能です。

IMG_4299
受付で入校手続きや実技予約等を行います。
実技予約はカウンターに設置されたパソコンの画面をタッチして行います。なお、スマホからも予約できます。

自動車学校では館内外や教習車内などありとあらゆる箇所でコロナウイルス対策が施されていました。
5003
非接触型検温、車内消毒、絶対マスク着用、完全一方通行、待合室の換気(ほぼ屋外と同様)、座席制限・・・。

昨今のコロナ情勢の中で店舗型の営業を行う場合の対策モデルになるのでは?というくらい徹底されており、安心して利用できました。

IMG_4288
こちらは教習室です。
ここでは、入校説明と適正検査を受けました。適正検査の結果は概ね良好ですが、やや短気だとご指摘されました。自覚していますが、あらためて気をつけなければなりません。

建物の造りは古いですが、設備や内装は都度新しく更新されています。教習車や送迎車もきれいです。

IMG_4289
校内には各種自販機があります。パンやスナック菓子などの自販機もあり、仕事や学校から直接通う方に配慮されているようです。また、待合室には漫画本も多数あるようです。

他にも女性教官や外国語通訳の方がいらっしゃったり、駅などからの送迎、キッズルームの設置などありとあらゆる手段を用いて生徒募集に努めているようでした。


さて、亭主が新たに取得した免許は
大型特殊免許です。

目的は、トラクターを扱うため

5003

いつも義父からいただいている美味しいお米や野菜の作り方を教わるために必要な免許なのです。

「普通車(小型特殊免許)」じゃだめなの?と思いますが、全長4.7mか全幅1.7m以上のトラクター等の農耕車を公道で走らせるためには「大型」の運転免許が必要です。

令和元年の法改正で、トラクターはロータリーなどの作業機をつけて公道を走行できるようになりました。しかし作業機をつけるとたいてい全幅が1.7mを超えてしまうため、「大型特殊免許」が必要であり、たとえ地区内の農道であろうと無免許運転となり、普通車免許まで取消処分となってしまいます。


法改正から間もないことや交通事故防止のため警察の取締りも厳しくなっており、大型特殊免許取得希望者は大変多く、入校は数ヶ月待ちで実技も空き時間が極めて限られているようです。

亭主はたまたまコロナ禍や農繁期のスキをつき滑り込み入校できましたが、入校から実技開始まで一週間待ちました。

なお、「大学特殊免許」には「農耕車限定」もあり、各県の農業大学校にて数千円で取得できるようです。今回は数々のしばりや高倍率のため断念しました。

さて、教習ですが、大型特殊免許は普通自動車免許を取得している者なら比較的取得が容易です。
IMG_4300
教習ではホイールローダーを運転します。

大型特殊免許を取得していれば、クレーン車、ブルドーザー、ショベルカー等を公道で運転できます。ただし、現場で業務を行う場合などについては別途作業講習を受ける必要がありますけど。

IMG_4332
30年ぶりの教習で緊張しましたし、車高が高くタイヤも大きく、取り回しに苦労しましたが、徐々に慣れてきました。

あっという間に6時間の実技講習を終え、
IMG_4333
卒業検定にも無事合格!

IMG_4365
熊本県運転免許センターに新しい免許を受け取りに行きました。

IMG_4366
この時季の公共施設は空調を効かせておらず、蒸し暑い館内で約3時間拘束されたものの無事に免許が書き換えられました。

おまけにブルー免許からゴールド免許に返り咲きました!これで来年から自動車の任意保険料が年間約5千円安くなります。


【大特免許取得までの道のり】
5月9日(土)自動車学校入校
14日(金)15(土)18(火)実技講習
20(木)卒業検定(平日のみ)
25(月)運転免許センターで免許証受領(平日のみ)

※20日と25日は会社に時間休を申請しました。

【費用】
自動車学校費用 91,500円
免許センター申請手数料1,750円
免許交付手数料2,050円
合計95,300円

免許センターでは、申請手数料と交付手数料と二重に課金されたようで府に落ちない感がありました。

しかし、行政に少々還付しつつ、落ち込んでいる経済の再浮揚に貢献したことに加えて、家族の幸せのため自らのスキルを高めることができました。

我ながら定額給付金のいい使い方ができたのではないか?と思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ         

このページのトップヘ