令和2年7月4日 熊本県人吉市は未曾有の大水害に襲われました。

1週間が経ち、7月11日に人吉市内を通りました。
IMG_4872
温泉旅館や商店が立ち並ぶ国道445号線の様子。

節句、悲しい(T . T)

IMG_4871
コロナ禍から立ち直りのきざしが見えていた中で再び災害にみまわれた飲食店が並ぶ紺屋町。

絶句、悔しい!

国宝 青井阿蘇神社
IMG_4876

蓮池に架けられたみそぎ橋
IMG_4875

IMG_4877
欄干が滅茶苦茶に壊れていました。

神社前の電柱にはこんな表示があります。
IMG_4880

過去に3度の水害を更に大きく上回り冠水しました。
IMG_4878
電柱
1番上の小さな銘板を超えて約4mの水が押し寄せました。写真右上の車が破壊されていました。

IMG_4881
青井阿蘇神社前の人吉旅館も大きな被害が。
駐車場の車がとんでもないことになっています。

球磨川に行ってみました。
この日も水位は高く、中洲の公園も濁流に飲み込まれていました。

その球磨川に注ぐ支流の山田川
IMG_4869
本流に流れ込めずに滞留してしまうバックウォーター現象が起こり、水位が高くなり左側の堤防を越えて市街地へ水が流れていきました。


この日は避難所となった市内の施設を訪問しました。
IMG_4867
こちらのM施設長は私の恩師であり、自らの親戚宅数軒も大きな被害を受けられています。(写真は許可を得て撮影しました)

課題の一つは、避難者を県外在住の家族が訪ねて来られるのは致し方ないのですが、受付もせずにそのままお泊りになられて、避難者数の管理が難しくなっていること。また、そのことはコロナ対策には反していること。

二つ目は、マスコミの無責任な呼びかけに応じた方々から古着がプッシュ式に送られること。「いくらなんでも自分の子や孫にこんなん着せないやろ」って古着が山のように届いていました。

しかし、Mさんは、親戚宅の泥だしを行いながらも避難されている方々の利便性を少しでも良くしてあげるために、コインランドリーの業者と折衝されていらっしゃいました。

Mさんはもちろん、我が家のママや亭主ゆかりの人吉には、絶対に立ち直って欲しい!

がんばれ!がんばれ!人吉っ!


ブログランキング・にほんブログ村へ