コロナ禍からの自粛要請が解けたある週末のお昼に、我が家は亭主の実父(大亭主)と実母を連れてうなぎを食べるために外出しました。

IMG_4512
うなぎとくなが 託麻店(たくま)
熊本市東区新南部6-3-130
096-382-0515

熊本県内には「トクナガ」といううなぎ店が数店あります。

漢字表記の
5003
うなぎの徳永 北部店


5003
うなぎの徳永 富合本店


漢字表記の二店は、ロゴもメニューもすこしずつ異なります。


それに加えて
ひらがな表記の
5003
うなぎ・日本料理 とくなが 中ノ瀬店、近見店

漢字表記とひらがな表記の「ウナギノトクナガ」は全く別の経営であり、また、漢字の数店舗ともひらがな表記の数店とも店舗によって経営者が異なりややこしい。

いずれも同じ片喰の家紋を使用しており創業は一本だったようですが、親戚、兄弟と経営を分かち現在の形になっているとのことです。

うなぎとくなが託麻店は、中ノ瀬店、近見店とはご兄弟のようですが、経営は全く別でうなぎの仕入れ先も異なるとのことです。


県内には美味しいうなぎ屋さんがたくさんありますが、今回は亭主が父母から約40年以上前から連れて行ってもらっていた とくなが託麻店をチョイスしました。

とくなが託麻店は先の熊本地震で営業ができなくなりましたが、数年前に復活されました。
IMG_4516
以前はいい意味でうなぎの薫りが漂う店内でしたが、落ち着いた雰囲気の店に生まれ変わりました。

我が家は写真右奥の座敷に案内されました。
左側と右側の座敷はお客さんがいますが、中央の椅子席はコロナ対策で空けてありました。


IMG_4513
まず、小6息子のカルシウム補給にうなぎのほねを注文しました。

そして
IMG_4514
うなぎ特上定食 肝吸い、サラダ付き 4,240円をいただきました。

ご飯はおひつで出てきておかわりは無限です!

IMG_4515
うなぎは4枚、特上、上の区切りはうなぎの枚数です。

40年前から安定の甘いタレときちんとした管理下で養殖された柔らかく美味しい身のうなぎ。

当店は白焼やせいろ蒸しに加えて、鰻巻き、うざくや鯉のあらい、などもメニューにありますが、ひつまぶしがあればなおいいのにといつも思います。

なお、月に数回しか会えない父も母もご飯をたくさんおかわりして、元気が良いようで安心しました。また、父の日の慰労ともなったでしょうか?

うなぎの滋養力のおかげで、亭主も翌朝にレースペースで余裕をもって12km駆けることができ、力が着きました(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ