11月上旬、かつて同勤した営業所の同志たちと宴会を開きました。

今の時代はどこに住んでいようがスマホでつながっており一晩もあれば意思統一が図れます。便利な世の中になったものです。

舞台は熊本県南の人吉市
IMG_2855
日本三大急流の球磨川(くまがわ)の両岸に広がる、かつては人吉相良藩が治める城下町であり、現在も小京都と呼ばれる街並みが残る街です。 

球磨川南岸に位置する人吉城跡に残る石垣は「武者返し」と言われますが、熊本城のように単に勾配が急なだけではなく、欧州の築城技術である「はね出し工法」で築かれています。
IMG_2856
IMG_2857
この工法は日本では極めて珍しく、東京のお台場や函館五稜郭や鶴岡城で見られるものの、このように大規模なものは当城のみです。


さて、久しぶりの宴会では、大人5名、小人1名が7年ぶりに揃い昔話に花を咲かせて大いに賑わいました(^^)
皆さんまた、飲みましょう!


当日はあいにく安宿の予約がなかなか取れませんで、楽天トラベルで一軒見つかりました。

その宿は
IMG_2865
人吉ゲストハウス堺

人吉市紺屋町67-4
0966-22-5097

一泊素泊まり、24時間シャワー利用可で税込4,720円とな!さらに楽天ポイントが使えたので格安!

一階にある判子屋さんでチェックインしましたが、記憶を辿ると、ここはかつて学生向けの下宿所だった場所だということに気づきました。

2年前に下宿をやめられ、部屋を改装して、ゲストハウスへ転身されたとのことです。

カギを預かり部屋へ
IMG_2858
2人部屋ですが、ベッドは片方しか使わないでくださいとのことです。

部屋には
IMG_2859
流し台

IMG_2860
冷蔵庫と歯ブラシ、紙コップ

なお、タオル、寝間着もあります。

IMG_2861
小さいけどテレビ

IMG_2862
歓楽街のど真ん中ですが、辺りはあまり騒がしくありません。お布団と割と新しいエアコンでぐっすり眠れました。

24時間シャワーOKなのですが、部屋を出て階段を下り屋外からガレージに入った位置にあるため断念しました。

翌朝に
IMG_2848
人吉温泉 元湯に参りました。

朝6時から営業されています。

IMG_2850
大人200円
なお、シャンプー、石鹸の類は備えつけてはありません。

IMG_2851
脱衣所です。

IMG_2852
浴室には、浴槽のみ
昭和8年の創業以来の浴槽です。

人吉温泉の源泉は少し熱めですが、適度な温度に絶妙に調整してありました。

アルカリ性のまろやかなお湯にゆっくりつかってしまいました。

疲れ気味の心と身体を休めることができ、最高の週末の朝を迎えることができました(^^)