水泳ワールドカップを観戦した後に、第五福竜丸展示館に行きました。
IMG_1516
東京都立第五福竜丸展示館は、東京都江東区の夢の島公園内にある第五福竜丸を主体とした展示施設です。

IMG_1503
学生さんたちでしょうか?入口付近に集合されていました。入館料は無料です。

第五福竜丸(第五福龍丸、だいごふくりゅうまる)は1954年3月1日、太平洋のマーシャル諸島にあるビキニ環礁でアメリカ軍が行った水爆実験により発生した多量の放射性降下物(死の灰)を浴びた遠洋マグロ漁船です。

IMG_1511
太平洋の色が異なっている箇所付近で水爆実験が行われました。

IMG_1506
入館料は無料です。入口には大漁旗のレプリカが展示されています。

IMG_1509
船首です。湾曲した形になっています。
長さ30m、重さ140トンの漁船です。


IMG_1510
アンカー(錨)には歴史の重みが付加されています。

IMG_1507
船尾は丸型です。

IMG_1508
舵とペラです。

IMG_1512
「死の灰」を浴びた23人の若い漁師たち、船体、漁獲物に放射性降下物による被害がでました。無線長だった久保山愛吉さんは約半年後の9月23日に「原水爆による犠牲者は、私で最後にして欲しい」と遺言を残し、亡くなられました。

IMG_1514

被爆した第五福竜丸は、3月14日に焼津港に帰還し、検査では船体から30メートル離れた場所で放射線が検出されたことから、人家から離れた場所で係留された。その後、文部省に買い上げられ、検査と放射能除去が行われたあとに改造され、東京水産大学の練習船はやぶさ丸となりました。


IMG_1515
はやぶさ丸は1967年に廃船となり、使用可能な部品が抜き取られたあと、夢の島の隣にある第十五号埋立地に打ち捨てられました。同年、東京都職員らによって再発見されると保存運動が起こり、現在永久展示されています。

IMG_1504
心臓部であるエンジン部分は、廃船時に船体から切り離されて別の貨物船「第三千代川丸」に搭載されていましたが、この貨物船は1968年に三重県熊野沖で座礁、沈没しました。

28年後の1996年12月、民間有志(『第五福竜丸エンジンを東京・夢の島へ』和歌山県民・東京都民運動)によって海底から引き揚げられ、第五福竜丸展示館の脇に展示されています。

IMG_1505
6気筒エンジンは海の底でぼろぼろになっていました・・・。


第五福竜丸の被爆は、広島、長崎への原爆投下に次ぐ「日本を巻き込んだ第三の原子力災害」となり、日本は原子爆弾と水素爆弾の両方の兵器による原子力災害(被爆と被曝)を経験した国となりました。


世界ではここひと月で北朝鮮が飛翔体を乱発するパフォーマンスを展開していますが、核兵器を始めとする武力行使による外交では何も解決するものはなく、なんと愚かなことを行っているのだと哀しくてなりません。