博多駅周辺をぶらぶら散策していた我が家の面子。蒸し暑い中、のどが渇きました。

そこで、巷で流行りのタピオカミルクティーをいただくことにしました。

春水堂 アミュプラザ博多店
IMG_1019
春水堂(チュンスイタン)は創業1983年、台湾で45店舗を展開するお茶専門カフェ。タピオカミルクティー発祥の店として本場台湾で国民的な人気を誇っています。

春水堂は、高品質のお茶を提供するために「お茶マイスター認定制度」を導入。テストに合格した有資格者である社員のみがお客様へ提供するドリンクを作ることが許されています。「お茶マイスター」は、厳しいトレーニングを受け茶葉に対する専門知識を習得した社員にしか与えられない厳格な社内資格制度で春水堂の味を守っています。

IMG_1015
タピオカマンゴーミルクティー(702円)

ローカルフードのタピオカを濃厚なミルクティーにミックスした「タピオカミルクティー」を発明。国民的人気ドリンクへと大ヒット。のちに世界的にもタピオカドリンクのブームが広がる。

IMG_1016
日本上陸6周年記念コースター

我が家は、タピオカミルクティーだけでなく、ついつい甘味にも手が伸びてしまいました。

IMG_1017
タピオカフルーツ豆花(735駅)

IMG_1018
杏仁味ではあらず、小豆の甘みもあっさりしており罪悪感は抱きません。

最近では、巷においてタピオカの仕入れが追いついていない程の人気だそうです。
ブームにしっかりと乗っかることができました。