第17回女子ハンドボールアジア選手権大会が熊本県を舞台に開催されます。
IMG_9460

2018年11月30日 熊本県八代市では開幕戦2試合が行われました。
IMG_9461
会場前にて

P1100275
第1試合は日本と同じグループAの
カザフスタンVSオーストラリア

Aグループでは日本のライバルとなる
カザフスタンが順当に勝利をおさめましたが、序盤はオーストラリアがリードして試合を進め、その後は一進一退の攻防で、決して侮れない相手だということが分かりました。

もちろん知らない選手ばかりでしたが、やはり国を代表して戦う選手たちです。
ハンドボールのスピードと力強さが十分伝わってきました。

さて、第2試合目
日本代表おりひめジャパンが登場すると会場には大きな歓声があがりました。
P1100280
会場は多くのお客さんが詰め掛けました。

P1100277
来年2019年に熊本県で開催される女子ハンドボール世界選手権のサポーターとして元プロ野球選手の松中信彦さんに、委嘱状が熊本県小野副知事より手渡されました。

P1100288
国歌斉唱中のおりひめジャパン

君が代を聞くと、国際大会の雰囲気が出てテンションあがりますね(^^)素晴らしいです。

P1100286
左から、5塩田選手、3角南選手、2永田美香選手、24は主将の原選手

P1100282
地元熊本の強豪オムロンに所属する13勝連選手

ハンドボールは1チーム7人ずつのプレーヤーが相対します。
P1100297
ディフェンスの場面。
赤の中でプレーできるのはゴールキーパーだけです。

P1100295
ハーフタイム中でももくもくとアップする、オムロンの28永田しおり選手

P1100289
ハンドボールは攻守の切り替わりが激しく、スピードに満ち溢れて、前後半30分ずつの試合はあっという間に過ぎていきました。

宿敵韓国や中国を倒しアジア女王復活を狙うおりひめジャパンは初戦ニュージーランドに41-5と圧勝しました。

GKを除く出場全選手が得点を決め幸先いいスタートでした。

我が家の一押しはサウスポーの7藤田明日香選手(ドルトムント所属)です。
IMG_9465
(大会公式パンフレットより)

後半は温存された感もありましたが、活き活きと美しくシュートを放つ姿が素敵でした。

我が家の家族はすっかりハンドボールファンとなり、くまモンのレプリカボールを買ってしまいました。
IMG_9463


会場には中高生の動員もあったことでしょうが、たくさんの観客で盛り上がり、来年の世界選手権開催の成功に向けて弾みがついたのではないでしょうか?

生観戦すると迫力がすごいです。ルールもすぐに分かります。皆さまもぜひ観戦に訪れてください。

アジア選手権ですが、オセアニアや中東のイラン代表チームも参加するなど世界の代表チームが熊本に参集しています。

選手の皆さん、明日以降も頑張ってください。また、熊本の文化も楽しんで満喫してくださいね(^^)