八代市松江町、「シャトレーゼ」の向い側に
昨年末 カレー屋さんがOPENしました。
P1000985
本格インド料理「プジャ」
プジャとはヒンドゥー語で「お祈り」という意味だそうです。

このお店、元々ラーメン屋さんの跡にOPENしたため
周囲の方々は
「前ん店ば知っとるけん行きづらかけど、気になっとたいね~」
と噂しているようです。

そこで、「我が家」が行って参りました。

土曜日の11時30分頃に店内に入ると
ネイティブの店員さんがガラス越しの厨房から手を合わせ
「ナマステ~」と元気な挨拶
日本人の店員さんもいらっしゃいます。
indnepa
店内の壁面にはインドやネパールの国旗が飾ってあり
テレビでは何やらインド人が熱唱しており雰囲気を醸し出します。


元ラーメン屋の名残であろう小あがりの座敷にあがり
たくさんあるメニューの中から奥様がチョイスしたのは
P1000980
「チーズナンセット」¥990
スープ、サラダ、ドリンク付きです。
カレーはチキンサグ(鶏肉とほうれん草)をチョイス

P1000982
たっぷりチーズが入ったナンを中辛のカレーにつけて食べると
味がマイルドになりマッチしました。
このチーズの量は半端ないです

カレーは、「甘口、普通、中辛、・・・、激辛」と辛さを選べます。
普通だとやや物足りなさを感じましたが、卓上のスパイスで調節可能です。
お子様向けの「甘口」でもおいしいカレーの風味が味わえました。

P1000979
亭主は「ターリーランチ」¥1,150
カレー3種(チキン、ベジタブル、日替わり=この日は茄子とチキン)
タンドリーチキン、サラダ、スープ、ドリンクと豪勢なラインアップ
期待にたがわず、ナンとライスはおかわり自由です。

辛さを「普通」にしていたためややマイルドな味わいでしたが
卓上のスパイスで調整すると味わいが変わります。

亭主のプレーンナンと奥様のチーズナンをちぎって
カレーとともに食べます。
プレーンナンは油っこさが少なく、カレーをしっかり含んでくれます。

亭主はこの「つけて食べる」行為が大好きなのです。
パンをお皿に盛ったジャムにつけて食べたり、
串カツやチーズフォンデュまで・・・

ランチは¥650からあります。
帰る間際には店内もほぼ満席となりました。
我が家がレジ横に用意されたフェンネルで口直ししていると
部活帰りの女子高生3人組が勢いよく自転車を停め
「おなか減った~」と入っていきました。
OPENして間もないですが、既に広く認知されているようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ


なお、当ブログに掲載されているお店等は
写真撮影とブログ掲載の許可を得ています。