本日8月15日 人吉市で花火大会が催されます。
好天だといいですねぇ
natsume
これは、贅沢なポスターですね


さて、先日熊本県立美術館へ行きました。
zyo
お隣は熊本城二の丸広場
亭主のかつてのジョギングコース(と言える程は走っていません)

お目当ての展覧会はコレ
foujita

レオナール・フジタ=藤田嗣治(ふじたつぐはる)
葛飾北斎とともに海外で最も有名な日本人画家です。

フジタは、日本画家界のイチローと言ってもおかしくはありません。

いやー、良かったです。
今回は彼がパリで輝いた1920年代の作品を中心として
パブロ・ピカソ、アメデオ・モディリアニ、ジュール・パスキンら
「エコール・ド・パリ」(パリ派)と賞賛された芸術家たちとの交流や
彼の歴代の女性たちとの関わりにも焦点があてられ
文化的にも価値がある展覧会であったのではないかと思います。

館内には、彼が幼少の頃熊本に住んでいた所縁ならではの展示もありました。

亭主は、その一風変り者で日本の画壇からは評価を得難かったが
海外で華開いたフジタの生き方に興味を覚えます。

また、2006年に開催された藤田展で展示されたように、
南米に渡った後や「アッツ島玉砕」、
それからキリスト教洗礼後の作品もまた観覧したいものです。

図録も買ってしまいました。
foujita
裸婦の輪郭は面相筆によって「すーーーっ」と通り
西洋と東洋の美が融合しています。


この展覧会
熊本では8月25日まで開催され、
北九州・京都・秋田・岡山と巡回するようです。

ぜひ一度ご覧あれ!



ブログランキング・にほんブログ村へ