明日3月9日から全国の映画館で
「映画ドラえもん のび太の秘密道具博物館」
封切られます

亭主は幼い頃、ドラえもんの単行本はほぼコンプリート!
小学校低学年の頃、かぜをひき熱発し学校を休むと
父が仕事の合間にお土産として買ってくれており
藤子不二雄先生には御恩すら感じます。

DNAは継承するもので
4歳の息子も最近金曜夜のアニメ
「ドラえもん」を楽しみにしています
(今夜はWBCで放送がないと知ったら・・・

そこで、昨年のことで恐縮ですが
川崎市の藤子F不二雄ミュージアムに行ったお話を・・・

新宿から小田急線で約20分強
「登戸駅」で下車
doram4
(写真は隣接するJRの登戸駅)

駅前でしばし待つと
やって来ました、シャトルバス。
doram5
「キテレツ大百科」のラッピング!
内装も降車ボタンが「コロ助」だったりして、凝っています。

dora4
バスは計4台あり
いずれもナンバーは「21‐12」
ドラえもんの生誕年です

間もなく到着
bohem6
ミュージアムの外観写真がこんなものしかありません・・・
(この時、亭主は既にそわそわと浮足だっていました

開館前のウェイティングスペースにはキャラが展示
季節によって展示内容が変わるようです。
doram7
クリスマスにジャイアンが歌っているオブジェ
あの「ボェーーというやつです。

亭主、この時点で感極まり、目はすでにウルウルです

さて、中に入ると藤子F不二雄先生作が生み出したキャラたちが
わんさとSF(少し不思議な)感じで展示されています。
doram3
壁面や案内サインにもキャラ続々

ドラえもんはもちろん、
「パーマン」のヘルメットやコピーロボット
「キテレツ大百科」の奇天烈大百科
他にも「ぽこにゃん」「オバQ」「21エモン」「エスパー魔美」・・・

藤子先生の仕事部屋を再現した展示もあり
どれも珠玉 マニア垂涎です
(展示室内は撮影禁止で紹介できないのが残念です。)

展示室を抜けると
doram10
読書コーナー 単行本がズラリ


doram11
ガチャポンまでドラえもん型

屋外には秘密道具が展示
doram9
「もしもボックス」

doram8
「どこでもドア」

doram13
初作映画のヒーロー
フタバスズキリュウの「ピー助」

dora3
原っぱには「土管」 やや大きめです。


1階はミュージアムショップ
散財したお土産の一部 ↓
doram1
右上桃色の袋は「桃太郎印のきびだんご」
岡山県の某有名会社の製造と、こだわっています。

本当はカフェに行きたかったのですが
2時間程待ちのため断念!

今度訪れた際は
ぜひ「ジャイアンシチュー」を食べてみたいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ