せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

2021年08月

コストコが熊本県に初出店しました。
日本最南端の倉庫です。

っても4/1にオープンしてから5ヶ月経過しています。
IMG_1669
コロナ禍の折「わさもん」方の熱が冷めてから行く方が良かろうと思い、オープンからしばらく経ってから参りました。

まずは会員証を作る必要があります。
オープンから数ヶ月経った現在も休日はこのカードを作るのすら1時間待ちの列ができますので、亭主は平日の夕方、仕事帰りに立ち寄って会員証を作っておきました。

なお、コストコの支払いは現金、プリカ若しくはマスターカードに限られています。
VISA、AMEX、JCBは使えないようです。


さて、店の入り口で会員証を提示し、カートを押して店内へ進みました。
カートは店内には設置してありませんので注意が必要です。

このカートがまたアメリカサイズであり、大量買いできる大家族の方も、我が家のような小家族も、取り回しに苦労する大き過ぎるカートを押して行かなければなりません。

筋力をつけたい方にとってはちょっとしたトレーニングになります。

IMG_1674
こちらM7の熊本地震の震源からほど近くの店舗ですから、耐震の配慮がなされていることだと思われます。

店内にはご近所のスーパーで売ってあるものから、海外ブランドの品々までロット単位で売られています。

その種類は、パソコン、家電、家具、食料品、日用品、衣類、アウトドアなど様々です。

食料品やお惣菜のコーナーもひとつひとつの商品が大量です。例えば「ロールパン30個入り」とか「ケーキ1ホール」や「お寿司50カン」とか。自家用車と大きめの冷凍庫を備えないといけませんね。

また、ひとつの単価はおよそ千円単位ですのであれもこれもカートに入れてしまうとあっという間に数万円のお買い物になります。

IMG_1675
ワインはコンテナのままでダーっと並んでいますが1本単位で購入可能です。
このような様は目の保養にもなります(^^)

さて、我が家が調達したものの中からお惣菜を少し紹介

IMG_1676
ロティサリーチキンは丸々一鷄です。
焼きたてを提供してくれます。

お持ち帰り後、ほんの少しレンチン(パックのままかろうじてレンジにおさまりました)
IMG_1677
ナイフで切り分けていただきました。

ガーリックライスもメガサイズ
IMG_1671
こちらもアツアツをご提供

IMG_1672
大皿で2〜3皿分あります。
お肉がゴロゴロ入っています。

IMG_1673
シュリンプカクテルは盛り付けてみました。
これらのお惣菜は家族3人で2日間かけていただきました。

ママはお酢を炭酸で割って楽しんでいるようです。
FullSizeRender
コストコHPより

田舎暮らしの我が家ですが、コロナワクチンも新種株に対しては効果が未知数との説もあり、最近聞かれなくなった「ステイホーム」という言葉を遵守しています。

コストコはオススメや賛否様々な意見が多くありますが、片田舎では週末の午後にふらりと行けるちょっとしたテーマパークができたなという感覚であり、地域の雇用と適度な賑わい創出に繋がっていることからまあ良いことではないかと好意的に受け止めています。


ブログランキング・にほんブログ村へ         

令和2年7月豪雨により大きな被害を受けた人吉球磨地方の早い復興を願ってます。

さて、2021年8月8日の夜半、台風9号が南九州を通過しました。

大型の台風ではありませんでしたが、復興半ばの人吉の街中や会社のことが心配になり、翌日の早朝に出勤しました。

様子をひととおり目視した結果、街並みも会社も異常なく一安心!

球磨川の様子
水量が増えていますが、問題なしです。



さて、8月9日の早朝
小雨は残っていましたが、球磨川周辺をジョギングすることにしました。

球磨川にかかる人吉大橋からの様子です。
IMG_1558
欄干には地域にまつわる歌人の銘板がありました。

その人吉大橋のたもとにある神社へ参りました。

IMG_1557
老神神社(おいかみじんじゃ)


鳥居の扁額には「老神社」と記されています。

約670年の長きに渡り地域を治めた相良氏の氏神として保護されており、御祭神はニニギノミコト、鹿児島県の霧島神宮と同体なのだそうです。


IMG_1555
現在の社殿は1628年、相良長毎(さがらながつね)によって造られたものであり、奥に見える茅葺きの本殿は、国指定重要文化財に指定されています。

特徴的なこととして、参道のど真ん中に石灯籠があり、神域との結界を示しているといわれます。これは、京都奈良地方の神社仏閣では見られますが、人吉球磨地方では他には見られないとのことです。

他にも敷地内にある天満宮の社には西南戦争時の弾痕が残っていました。

人吉球磨地方にはたくさんの由緒ある寺社が残っています。ひとつでも多く巡ってみたいものです。


さて、
約6km走り、汗を流すためにひとっ風呂浴びることにしました。
IMG_1564
人吉温泉 元湯
人吉市麓町9-4
0966-32-8632

昨年、令和2年7月豪雨で施設は泥に埋まってしまいましたが、3か月後に復旧、新装オープンされました。

その際にホームページも新規開設
https://peraichi.com/landing_pages/view/motoyu/

昭和9年開湯
IMG_1560
湯船がひとつだけだった浴室に、新たにシャワーがふたつつきました。また、石けん、シャンプーが備えつけになりました。

窓は全開です。お隣のおうちからは丸見えですが、気にする方は誰もいらっしゃいません。

IMG_1562
脱衣所の隅に水害前からあった体重計
狂いなくしっかり測定できます。

IMG_1563
32貫まで測定できます。

IMG_1561
脱衣所の窓も全開で外気をたっぷり取り込みます。

こちらでゆったりとドリンクを飲みながら

ととのいました!


ブログランキング・にほんブログ村へ         

2021年7月31日(土)
ファイザー社製のコロナウイルスワクチン接種(2回目)を行いました。

1回目の接種は7月10日(土)でした。
http://sekarashika.blog.jp/archives/58238219.html

1回目の接種後は目立った副反応はありませんでした。

2回目の方が副反応が強いと言われています。当日は仕事を早めに切り上げてドキドキしながら病院へ向かいました。
IMG_1306
八代市 八代神宮前の
ごとう脳神経外科痛みのクリニック


駐車場に設けられた特設テントにて、接種券と問診票を提出し、運転免許証で本人確認を済ませました。

院内で簡単な問診の後にいよいよ接種です。
IMG_1522
時刻は17:00前

前回と同様に駐車場で15分待ち帰宅しました。

接種後すぐに左肩に違和感がありますが、まあこれは想定内です。

接種から2時間後の19:00頃、やはり左肩に鈍痛がありました。しかし、寝返りで困るほどではありません。

いつもの週末のようにビヤーを美味しくいただき、日曜日の活動に備えました。

ここから副反応との闘いが始まります。

接種から14時間後、翌朝7:00頃に起床した際、やや身体の節々がダルい感じがしました。

倦怠感というのでしょうか?
体温を計ると37.0℃ありました。
平熱は36.2℃位ですので少々の微熱と言えます。

身体のだるさは終日続き、貴重な日曜日の活動がフイになりました。

セデスを飲み、水分を取り、室内でじっとしていました。

冬風邪は布団にくるまっていることができますが、夏風邪は熱と暑さが相まってキツいですよね。

TVでオリンピックが放映されており暇つぶしになるかなと思いましたが、どれも息を飲む競技ばかりで心身疲れてしまいました。

接種から20時間後の15:00
IMG_1523
熱は下がらず最高の38.0℃に上昇

接種からまる1日(24時間後)の17:00
37.8℃と熱が下がる気配がありません。


ここで2回目のセデス投薬!

ファイザー社や武田モデルナ社のワクチンはmRNAという設計図を身体に注入して抗体を作るものと聞いていますが、この副反応は体内で抗体ができているのだと思えば良いのでしょうね。

夕方になり倦怠感は残りますが、食欲が出てきました。夕飯は通常通りいただきました。

シャワーを浴びて翌日の仕事に備えました。

接種から28時間後の21:00
体温計は37.6℃!

熱っぽいまま就寝。

接種日の翌々日(2日目かつ37時間後)
仕事だーっと気合いを入れて検温したところ
なんと体温計は37.1℃!

まだ解熱せず!

mRNAワクチン恐るべし!

しかし、仕事のため微熱症状のまま出勤しました。

職場の検温モニターは37.5℃以下なら「正常体温です!」とアナウンスしてくれます。

職場には事情を話し、倦怠感と節々の痛みを抱えたまま大事な仕事だけ何とかこなし、午後は早退しました。

帰宅後、横になってしばらく休みました。

ようやくようやく
午後4時頃(接種から2日目かつ47時間後)
平熱に下がり、身体のダルさも取れました。

しかし、これで一安心ではありません。抗体の定着には約2週間かかると言われています。今後の風邪症状には要注意です。

IMG_1525
熊本県でもいよいよ県民広域接種センターが開設されましたが対象は18歳以上とのこと。
子どもたちが接種できるのは冬以降でしょうか?

念のために警鐘を鳴らしておきます。
副反応は若い方ほど強く出ると言われていますし、将来に渡っての副反応についてはまだ解明されていないようです。

さて、当年50のおっさんですら副反応に苦しんだワクチン接種ですが、来年には3回目の接種が待ち構えているとのこと。

恐怖心しかありません。一日も早い治療薬の完成を祈っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ         

このページのトップヘ