せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

2020年09月

先日、ママと2人でデートしました。

鶴屋の催場で開催されていた「イタリア展」であれこれ買い込み、アーケードを歩いていたところ、ママがとある店の看板を目ざとく見つけました。

image
下通(しもとおり)入口近く

image
幸せのパンケーキ 熊本店


image
image

「行ってみようか?」

「行こう!」

夫婦どちらかがブレーキをかければ良いのですが、そうはいかないのが我が家です。

イタリア展で、美味い食材を買い込んだ夕方にも関わらず、つい勢いで入店してしまいました。

前から気になっていたのですが、いつも行列ができているらしく、コロナのこのタイミングだからすんなり入店できました。

夕方なので、2人で一品に加えてドリンク二つ注文。

image
初めての注文はスタンダードな

幸せのパンケーキ

に、バニラアイスをトッピング

image
シロップ投入後の様子


ナイフを入れてフォークで口に運ぶと

フワッと空気のよう

シュワッと口の中で溶けて

芳醇なバターの味わいが残ります。


これはウマイ!


しかし、おっさん一人で再訪するのは難い!

ママと共に再訪必至です!


亭主のランニングブログ
せからしかスタジアム


ブログランキング・にほんブログ村へ         


暑かった令和2年の夏、子どもたちの夏休みが短かかったせいか、あっという間に過ぎ去った気がします。

暑い毎日を乗り切るために冷たいものを賞味しました。

そのような中、コンビニで発見!
IMG_5478
あまおう苺モンブラン

佐賀県の竹下製菓が製造、販売するブラックモンブラン(BM)シリーズの新フレーバーのようです。

BMをアイスる我が家としては見逃す訳にはいきません。即買いです!

2015年11月1日の日記「We love BM!」
http://sekarashika.blog.jp/archives/46539985.html

2013年3月16日「春いろいろ・・・」
http://sekarashika.blog.jp/archives/25621595.html

あまおうとは、

まい
るい
おきい
まい

の頭文字を取って名付けられた福岡県産の苺種です。

さて、本題のモンブランへ
IMG_5479
オリジナルBMと変わりない外見です。

IMG_5481
ほんのりピンクに色付いたアイスにシャリっとしたあまおう苺の果肉がしっかり入っていました。

開発では「さっぱりとしていながらもコクのあるバニラアイスに甘酸っぱいあまおう苺を合わせ、チョコクランチをコーティングしました。」そうです。

このあまおう苺モンブランは九州、四国、中国地区のローソンのみの限定販売だそうです。


さて、我が家の夢は竹下製菓さんの工場見学に参り、出来立てのBMをいただくことです。

竹下製菓さんは残念ながら一般向けの工場見学は企画されておりません。ひとまずは美味しい商品を安定して提供していただけることに満足するとしましょう。


亭主のランニングブログ
せからしかスタジアム


ブログランキング・にほんブログ村へ         

このたび、当ブログ「せからしか我が家」からランニングに関する日記を分割し「せからしかスタジアム(通称「せかスタ」)を開設しました。

実は7月上旬に一度開設したのですが、令和2年7月豪雨で被災された地域を取り上げていたためいったん日記を削除し再構築したものです。
IMG_E4568

自己のランニングログやスポーツ観戦のログとして活用するつもりです。

早速練習をさぼりがちで更新が不定期となっていますが、たまに覗いてみてください。

IMG_5736

これまで同様「せからしか我が家」もよろしくお願いします。

リンクはこちらから↓
http://sekarashika-sports.blog.jp/

せからしかスタジアム


ブログランキング・にほんブログ村へ         

熊本県上天草市にママとドライブに行きました。
image
日差しがある暑い日でしたが、8月の猛暑に比べると海からの風は少しだけ涼しさを感じさせました。

image
天草四郎ミュージアム

南蛮文化とキリスト教伝来の様子を映像などのメディアと資料で紹介する歴史テーマ館です。


そのお向かいの道の駅さんぱーる内の食堂はいつもお客さんが多く賑わっています。

そちらで季節限定「黄金のハモ天丼」をいただきました。
image
丸々とした特大ハモの身3つに加えて大葉、かぼちゃ、人参
もちろん全て揚げたてです。

image
あおさ汁が添えてあるのが嬉しい!

image
かじった後で申し訳ないですがハモの身の断面をご覧ください。

熊本県内でハモを日常的に食べられるお店って意外と少ないのです。


ママは裏切らないさんぱーる特製海鮮丼をお召しになりました。
image
「写真撮らせてっ!」
という間もなく醤油をかけられた様です。

二人で分け合い大変美味しくいただきました(^^♪


ブログランキング・にほんブログ村へ         


令和2年9月 スーパービバホームが熊本市八代市のイオン八代店のテナントとしてオープンしました。
image

image

image
資材館と生活館と棲み分けがしてあります。

亭主はホームセンターで建築資材や現場道具を眺めることが大好きです。
image
マキタの充電工具がズラリと並んでいました。結構いいお値段がするので、なかなか手が出ません。まあ、バッテリーが高いのですけど、そもそも我が家においてもDIYの機会なんて少ないのですがね。

アウトドア用品も豊富
image
ガスオーブンなんかよさそうですが、我が家のプチキャンプには必要ないかなー。

image

園芸コーナーは観葉植物が主力のようです。
image
花苗類はこれからでしょうか?

お店の入り口には「店長一押し!」コーナー
image
写真左の商品は「水土のう」
季節柄、防災用品が多く紹介されていました。

我が家はこの日あれやこれやと1万円程散財しました。

目的の一つである草刈り用品も調達できました。
image
早速帰宅後の夕方に、家族三人で我が家の庭の手入れを行いました。

我が家の芝生は近年ガタガタの状態です。
今年はしっかり手を加える予定でした。
5月の日記

ところが、今シーズンも亭主の手抜きにより
image
水枯れの上、コニシキソウの大繁殖ですわ。

image
にっくきコニシキソウ

image
ママと息子が除草とサッチ取りのお手伝い

image
庭の状態はまだまだですが、約2時間かけて家族全員で取り組み、いい週末となりました。



ブログランキング・にほんブログ村へ         



令和2年9月6日から7日にかけて九州地方は記録的な大型台風10号に襲われています。

数日前の予報ではこれまで見たことがない中心気圧915とか920hPaや最大瞬間風速80mなどの数字がニュースで飛び交いました。

亭主は数年前まで、常に台風、強風や高潮の被害に悩まされる熊本県苓北町の会社で働いていましたので、台風に対しては敏感なのですが、これ程大型の台風は経験したことがありません。

自宅も会社も数日前から台風対策を図りました。屋外に置いてあるものを屋内に片付け、屋内に入れられないものはロープや農業用バンドを使いまとめてくくり付けたりしました。
image
自宅の東向きの窓へはプラ段を内側に張り付けました。うっかり一枚だけ外側に張り付けてしまいました。暴風域に入ってしまったのでやり直しようがありません。幸いしっかり張り付いているようです。

台風の後の停電に備えて
image
ポリタンクに生活用水をくみました。

地域のホームセンターやスーパーでは行列ができ、棚からは商品が消えました。
image

image
用意周到なママのおかげで1週間は大丈夫のようです。

対策といってもできることはやり尽くしました。ついでに自宅の火災保険の内容を確認し、自動車の車両保険を掛け足しました。

さて、日付が変わり9月7日
image
午前0時から1時にかけて我が家の熊本県南に最も接近していると思われます。

直撃は免れましたが、台風の東側にあたる最悪のコースです。
image
依然勢力は衰えていません。
中心気圧は945hPaです。

先程まで2階にいましたが、風がまともに家にあたり揺れます。1階に避難しました。風速は常時12〜3m、瞬間では30m以上でしょうか?
雨も相当降っているようです。

image
動画でも撮影すればこの恐ろしさを伝えることもできるのですがよしておきます。

NHKさんタイムリーな情報ありがとうございます。インターネットは新旧の情報が入り乱れるため間違えて拾ってしまう恐れがあります。

とにかくあと数時間何事もなく過ぎ去るのを待ちたいと思います。

先日豪雨被害にあった会社も心配です。明朝はまた復旧作業に追われることになりそうです。

追伸
午前3時、南からの風になりましたが、風速は弱まりません。家は相変わらず揺れています。
眠れません・・・。

午前6時、熊本県南は暴風圏域を抜け出しつつありますが、いまだ強風が吹き荒れています。
どうやら、我が家は家族、建物とも大きな被害はないようです。早速、会社に出勤して被害状況を確認したいと思います。

皆さまのご無事を祈ります。


ブログランキング・にほんブログ村へ         

このページのトップヘ