せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

2020年08月

11月29日に予定されていた第1回長崎平和マラソンが中止(延期)となりました。
IMG_E5423
令和2年3月
当該事務局は、コロナウイルスの感染が拡大している最中での申し込み開始を見切り発車で行いました。
私も、先着順でしたので、出走権を確保するために事務局に確認の元、やむなく申し込み決済を済ませたのですがやはり中止となりました。

事前に周到なご準備をされてきただけに、突然に態度変更することは関係各署との調整がつかなかったのでしょう。
事務局の御担当者の御苦労がしのばれますが、行政も勇気を持って立ち止まることが必要ではないかと思いました。

返金申込書が同封されていました。
IMG_5424
こちらも手の込んだアナログ方式です。
GoToキャンペーンという世紀の愚策の様式と似ていますね。

この書類をチェックされる方々の御苦労にも申し訳ない。


1年後の大会の開催もどうなるか分かりませんが、出場させていただいた暁には、沿道の方々に御礼を申し上げながら走り、長崎の街を思い切り満喫して、次につながる大会にしていきたいものだと思いました。

8月27日、28日 遅い夏休みをいただきました。
しかし、家族は仕事、学校で一人ぼっち!(当たり前!)

前日の夜にネットで調べてみると、タマスタ筑後で阪神戦が行われるとのこと!
しかもデーゲームで夕方の息子のサッカーのお迎えにも間に合いそう!
コロナの影響でチケットも楽々買えそうだし、行くことにしました!

車で1時間ちょっと
DSC00518
タマホームスタジアム筑後

入場の際には個人情報や座席番号を提供してコロナウイルス感染に備えなければなりません。
屋外球場とはいえ、検温、アルコール消毒等対策ばっちりです。

DSC00520
たまらない!

DSC00554
九州新幹線筑後船小屋駅のお隣という好立地!
コロナと夕方のお迎えがなければ新幹線で参りビール片手に観戦できたのですけどね~

DSC00526
先発は育成契約となったドラ1 115 横山雄哉 投手

DSC00530
P1100554
P1100555
初回先頭打者に三塁打を浴び、一点を失いましたが、その後はノーヒットピッチング。球速こそ140km代前半でしたが内外コースにしっかり投げ分けました。

しかし、5回裏リチャードの打球が左肩を直撃して無念の降板となってしまいました。
打球が当たる「ビシーッ!」という音がしっかり聞こえました。
今日の調子なら支配下登録復活となっていたでしょうに残念です。しっかり治して欲しいです。

その横山投手以上にソフトバンクのピッチャーが良かった!
DSC00541
相手の古谷投手には3回パーフェクトに抑えられました。

このピッチャー速い!この日は最速155kmだったと思います。
阪神のバッターほとんど前に飛ばすことができませんでした。

リードするのは秀岳館高校出身の九鬼捕手
P1100565
先頭打者として右中間へ三塁打を飛ばしました!

九鬼選手は途中で退きました。おそらく夕方からの一軍の試合にも呼ばれているのでしょう!
楽しみな選手です!

DSC00556
元阪神の松田遼馬投手

その松田投手から一矢報いるホームランを打ったのは
DSC00557
53 島田海吏選手

DSC00559


P1100568
期待の32 井上広大選手は不発!

DSC00550
4 熊谷選手は一軍で良かっただけに二軍では経験の差を見せ付けるプレーが必要です。

DSC00552
57 岡崎捕手

DSC00540
94 原口選手らを見れたことも収穫

深刻なのはこの方
DSC00548
2 北條選手

バッティングも芯を捉えず、6回相手の大量得点につながる記録に表れないお粗末な守備が目立ちました。

コロナのため声援禁止でなければ、きっと罵声が浴びせられたことでしょう。


DSC00571
試合後に平野コーチに指摘されていました。

DSC00570
外野守備について中村コーチからの指導を受け確認する井上、島田両選手

試合は1-4で敗れてしまいました。
打線の不調は深刻です。
暑い夏しっかり振り込んで、一軍昇格を勝ち取ってもらいたいものです。

DSC00523
(見出し画像はあまり期待していないけどまずまずの出来だった51コロナ隼太選手)

今シーズンはプロ野球を観戦できないとあきらめていましたが、やはり球場での生観戦は素晴らしいものがありました。


ブログランキング・にほんブログ村へ         



小学6年生、息子の小学生最後の夏休みは、8月8日から19日まで、たった12日間しかありませんでした。
たった12日間ですよ!全国津々浦々、最長42日間の学校と比較すると30日間の開きがあります。

例年ですと、家族旅行をおねだりしたり、サッカーの練習や試合をがんばったり、祖父母の家に参って小遣いを無心したり、その合間に?理科の自由研究や集中した学習に取り組んだりするなど充実した休み期間を過ごせたのでしょうけど・・・。

BlogPaint
力をつける機会だと、楽しみにしていたサッカーの合宿は中止となりましたが、くじけることなく前向きに取り組んでいます。(15番が愚息)

すべてはコロナウイルス感染症が台無しにしてくれました。

ただし、経済の循環等々大人の都合で、重症化リスクが比較的低い子どもたちまで制限を受けて、大切な時間を奪っている気もしており、気の毒でなりません。

大人なら「一年延期」で済みますが、子どもたち、学生たちには「その時しかない重要な期間」です。

そこで、罪滅ぼしか舐犢の愛か、少しでも小学生最後の夏休みを満喫させてやりたいと思い、幾何かのイベントを試みました。

まずは、我が家のウッドデッキにプールを出しました。
BlogPaint
大規模の民間プールには連れて行けず、市民プールや学校開放のプールは閉鎖中です。

IMG_5340
素直に戯れてくれる息子に感謝します(^^)

水替えを頻繁に行ったり、次亜塩素酸カルシウム(カルキ)を入れてコロナ対策にも心がけました。

BlogPaint
プールサイドで優雅に読書(コロコロコミック)に勤しむ息子

BlogPaint
当然、親父ものっかります。

BlogPaint
そのアクアデッキにて、おうち焼肉を決行しました。

IMG_5356
アスパラ、えのきのホイル焼き
奥には豆苗のベーコン巻
さらには、実家からお取り寄せした特大ニンニクの薫りをエビにつけました。

今夏はホットプレートを新調したのですよ!
IMG_5352
コイズミKIH-1411

焼肉ができる波型プレート、お好み焼き等ができる平面プレート、お鍋に加えて、上下分離させるとIH調理器単体としても使えます。

炭火網焼きもおいしいのですが、我が家では、手軽さと焼き加減の調節等々からホットプレートを愛用しており、数年前の型落ち品とはいえ、十数年愛用してきたものに比べると能力の高さは圧倒的でした。


さて、お盆明けの平日(火曜日)に息子を連れて熊本市のサクラマチに出かけました。
BlogPaint
親子2人で、熊本城ホールにて開催中の「特別展ミイラ」を鑑賞しました。

IMG_5366
同展は、本来3/25~6/7の開催予定でしたが、コロナの影響で大幅に会期が変更になりました。

IMG_5367
「この秋、世界からやってくる43体のミイラ達。」

この秋?

どうやらリーフレットは東京の巡回展の使いまわしのようです。

さておき、展覧会ですが、一口にミイラと言っても世界中で様々なものがあり、権力者の神々に対する畏敬の念、再生や生活の維持への願い、村の守り神としてのミイラ。
一方で、自然の湿泥の中から発見され鎮魂されたかどうかも定かでないミイラなど多数展示されていました。

観覧前には少し恐ろしがっていた息子ですが、会場内では大沢たかおさんによる分かり易い音声ガイドを聴きながら熱心に鑑賞していました。

息子は、図録や書籍を読み込んだ亭主よりずっとずっとミイラに詳しいのではないでしょうか?

展覧会の最後には物販コーナーが設けられており、我が息子との展覧会鑑賞のお土産の定番は

海洋堂のガチャガチャ

今回は全4種類あります
DSC00477
インカ帝国時代の「若い女性ミイラ」が出ました。

インカ帝国のミイラの特徴は全身を布で覆いかぶせることに特徴がありますが、このミイラは盗掘者によりミイラ包みを破壊したことにより姿が現れています。頭の右側にある手の中には茶色の毛糸玉が見られます。

「特別展ミイラ」は熊本城ホールで9月5日まで開催中!
コロナ対策もばっちり取られていましたよ!

展覧会鑑賞後は、盆明け平日でガラガラのサクラマチを散策して、栄養をつけるために

あか牛ダイニング yokayoka に行きました。
https://sakuramachi-kumamoto.jp/shop/yokayoka

IMG_5365
テラスを眺めることができる窓際の席でした。

DSC00478
平日とはいえガラガラ!

息子は
DSC00481
炎のハンバーグセット

DSC00479
目の前でアルコールに火をつけてくれます。

「父ちゃん、これ何て言うか知ってる?」

「フランベって言うとバイ!」

さすが、グルメの息子です!

亭主は
DSC00480
一日限定10食 本日のステーキ

父子二人だけで肉を食らい、帰宅後にママからの冷たい視線を浴びたのは言うまでもありません(^^;;


ブログランキング・にほんブログ村へ         

令和2年7月4日に熊本県南を襲った水害からひと月以上たちました。
IMG_5309
芦北町内の主要部は、車の屋根が辛うじて見える高さまで冠水する被害に見舞われました。

IMG_5256
復旧はまだまだだと感じます。

肥薩おれんじ鉄道も全面再開に向けて線路の復旧が進んでいます。
IMG_5312

IMG_5311
津奈木駅前

そのような中、新日本プロレスは芦北町や八代市の避難所や学校等にTシャツ、タオル、帽子等総額1,000万円にも及ぶ義援品を贈られました。

亭主もいただき、会社の復旧作業に活用させていただきました。
IMG_5310
ロスインゴ グッズです!

幻となった内藤対ヒロムのTシャツです!
クタクタになるまで着させていただきます。

ところで8/13 予定されていた新日本プロレス宇和島大会は、選手の1人に発熱者が出たため大事を取って試合開始直前に中止となりました。
FullSizeRender

  • 2020.8.13

    第85回「愛媛大会の中止について」

本日(8月13日)愛媛・宇和島市総合体育館にて大会を予定しておりましたが、出場予定の一部の選手に発熱が確認されました。新日本プロレスは会場にお越しいただいたお客様の安全確保を最優先に考え、急ではありましたが大会を中止させていただきました。当該選手は現在病院にて検査中です。

お時間を割いて暑い中会場に足を運んでくださっていたお客様、本当に申し訳ございません。前売りチケットの払い戻し方法については、追って公式サイトにてお知らせさせていただきます。試合結果を楽しみにされていた皆様にも深くお詫び申し上げます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

暑い日が続きますので、皆様もどうか体調を崩されませんようにお気をつけてお過ごしください。


以上、ハロルド・メイ社長のコメントです。

このギリギリでの英断は素晴らしい!
また、試合開始直前での英断に応えた愛媛県宇和島市のファンもまた素晴らしい!

一昔前の興業とは異なり、新日本プロレスは新しい時代におけるプロスポーツ、エンターテイメントのコロナ対策の旗手として成長を遂げていくものと思います。

一方で、あらためて、マスクにしてもGO TOにしても人の金だと思ってるのか何だか分かりませんが、けしからん世紀の愚策を途中でやめることすらできない今の内閣には呆れてものも言えません。


ブログランキング・にほんブログ村へ         

令和2年7月4日、熊本県南では極めて短時間に大雨が降り、河川や山林沿いの地域では水害や土砂災害に見舞われました。

熊本県芦北町でも河川が氾濫し、私の会社も腰高まで冠水し、その復旧作業等に追われています。
IMG_5255
佐敷川は左右の堤防を茶色に濁った水が越えていきました。

IMG_5256
のこぎり家並の佐敷街道
両側に並ぶ商店はどちらも床上浸水に見舞われ酷く冠水しました。
道路の汚泥はようやく取り除かれましたが、まだ街の至る所に災害ゴミが積まれています。


さて、今回のLSD記は、その水害の数日前にあらかた記したものに加筆したものです。


湯浦温泉(ゆのうらおんせん)センターに車を停めて
IMG_E4572
LSDを試みました。

IMG_E4574
湯浦温泉センターのお向かいには
民営の岩の湯さんもあります。

早朝から夜まで源泉掛け流しの柔らかいお湯につかることができます。


この日は、芦北町女島(めしま)を通り、往復約15kmをゆっくり走りました。
湯浦川の堤防沿いには紫陽花が咲いていました。
IMG_E4575

IMG_E4576
芦北大橋

橋の下は河口にあたり、普段は透き通った美しい水なのですが、先の水害により最近は茶色に濁っています。

IMG_E4578
計石漁港


IMG_E4579
天草行きのフェリー乗り場跡です。
水害のゴミ置き場になっています。

IMG_E4584
野坂の浦
景色の良い海岸沿いに、万葉集に唄われた歌碑があります。

「葦北の 野坂の浦ゆ 船出して 水島に行かむ 浪立つなゆめ」長田王

IMG_E4585
現在、海は茶色に濁っています。
このように美しい海の色に戻るのには時間がかかりそうです。

IMG_E4588
写真中央は熊本県立芦北青少年の家

コロナ禍で開店休業状態でしたが、今回は災害救助スタッフの一時宿泊施設に活用されました。

IMG_E4595
15.1km 約1時間40分でした。

早く元の平穏な芦北町に戻るよう、少しでも力になれればと思います。



マラソン・ジョギングランキング

本来であれば日本中はオリンピック熱にうなされていたであろう2020年8月

息子の少年サッカーの応援がてら、ランニングを決行!
IMG_5253
熊本県菊池市七城町(しちじょうまち)のサッカー場周辺を走りました。

七城町の由来は、中世に当地一帯を治めていた菊池氏の居城である菊池城を取り囲むように十八の城塞(外城)があり、そのうち七つがこの町の区域内にあったことに由来するものです。

sitizyou
一級河川 菊池川流域の肥沃な平地が美味しいお米や野菜を産み出している近辺です。

サッカー場をスタート
IMG_5252
ささやかながら、しっかり主張された車止めです。

このようにのどかな風景です。
IMG_5250

IMG_5251
しかし、この日の最高気温は34.8度

本来、菊池川沿いを一人走る予定でしたが、熱中症で倒れたら大変!コースを変更して周回に切り替えました。

サッカー場と道路を挟んである鴨川河畔公園(かもがわかはんこうえん)
IMG_5254
水遊びをする親水ゾーン、魚釣りゾーン、舟遊びゾーンと別れています。
サッカー場に隣接する遊水池公園では多くの家族連れで賑わっていました。

大型遊具があったり、BBQゾーン(申請必要)があったり、家族連れでたっぷり遊べる公園です。

鴨川河畔公園の案内
https://www.city.kikuchi.lg.jp/q/aview/103/3570.html


さて、この日5.1km 28分 5分27秒/kmでした。



マラソン・ジョギングランキング

このページのトップヘ