せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

2020年03月

熊本県人吉市は密かなギョーザの街です。

かつて、「思いつきの店」「松龍軒」と並ぶ有名食堂がこちら↓
IMG_3997
茶びん食堂
人吉市二日町5

創業昭和30年、65年の歴史を誇ります。

IMG_4002
壁一面の豊富なメニュー、この他にも手書きで加わったメニューが数えきれません。

また、同様に壁面を飾るのは女将さんやお店のスタッフさんと店を訪れた有名人との写真の数々、中には誰か分からない方も沢山。

滅多に来れない名店ですので、無謀にも二品注文しました。
IMG_3999
炒飯 650円

IMG_4001
かき玉スープはサービス?

それから、お目当ての
IMG_3998
餃子 450円

もちっとした皮の中に包まれたたっぷりニラの餡、豚肉は控え目なのでドンドンイケる!

お昼時はいつも混雑していますので、まず餃子から注文するのが茶びんの必勝法!

1皿食べ終えた後に追加注文しても時間がかかるため、大食の方は2人前注文しておいた方が良いでしょう。


亭主が久しぶりに訪れたのが、今年の一月。

しかし、この人吉の有名店が令和2年3月末で閉店されるとの友人談。

「お客さん多過ぎてさぁ、餃子の注文は一皿限定だったヨ〜、でも行って良かった〜」ですと。

「友よ!何で、早よ教えてくれんかった?炒飯頼まんで餃子たらふく食ったのに!いや、ちゃんぽんも捨てがたい!」

惜しい、実に惜しい、人吉の餃子の魂がまた消えてしまうのか(T . T)

チャンスはあと4日!いや日曜休業なのであと3日!家が近くなら行くのになあ・・・。コロナ禍では脚も遠のく。

お店のスタッフの皆様、長い間おつかれさまでした。そして、ありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ         




我が家に亭主念願の「書斎コーナー」を設けました。
IMG_3985
ニトリやナフコのコスパに優れた家具で揃えました。

残念ながらまだ椅子が揃っておらず、しばらくはスツールで代用します。

コロナ禍により、全国の子どもたちが毎日家の中で引きこもっており、我が家の息子も例外ではなく、亭主も仕事がたまっているのにも関わらず退勤を早めざるを得ない日がありました。

そこで、早速(個人情報以外の)業務を持ち帰り「新書斎」にて取り組んでみると、半年間寝かせて後回しにしていた業務がわずか1日で目処が立ちました。

新書斎」の効果はてきめん!

今後は、在宅業務はもちろん、課題である簿記等の資格取得や将来の両親介護に向けた福祉の学習、トレンドが下向きになり投資しやすくなった株の研究等等、頭が動く限り手を広げていきたいと思います。

さて、息子は依然休校から春休みに突入しますが、この度、熊本市のじい様よりどっさりとワークブックの類が送られてきました。

IMG_3983
学力低下を心配してのものでしょう。
父上(亭主の実父)ありがとうございます(^^)


って、どーせ、1ページもしやせんがな!


ブログランキング・にほんブログ村へ         

4/15追伸
椅子も揃えています。
IMG_4080

3/6から公開予定だった「映画ドラえもん のび太の新恐竜」が公開延期 となっています。

IMG_3968
番宣HPにも「近日公開」の文字が!

忌々しいコロナウイルス対策のためですが、休校のため平日は自宅に引きこもらざるを得ない子どもたちにとっては、休日の娯楽までも制限されてはストレスもたまりましょう。


2020年はドラえもんが連載開始されて記念すべき50周年の年です。
FullSizeRender
神奈川県の藤子・F・不二雄ミュージアムでは特別展が開催され(現在、臨時休館中)

FullSizeRender
東京のお台場には、世界初のドラえもん未来デパートがオープン!

「アメトーク」の企画は
IMG_3961
「ドラえもん秘密道具ドラフト会議」の企画があったりお祝いムードが高まっていました。

それなのにコロナ禍で全てパー
ドラえもんの秘密道具でも感染拡大は止められないのでしょうか?

最後に紹介するのが、ローソンで販売されている
IMG_3962
ドラえもんの和菓子

ネズミから耳をかじられる前の黄色いドラえもんと
IMG_3963
耳をかじられて青ざめてしまったいつものドラえもん

IMG_3964
尻尾(スイッチ)まで巧妙にできています。

IMG_3965
耳をかじって食べてみましたが、変わらないかわいさ!

今年は特にドラえもんデパートやミュージアムに参りたかったのですが、難しくなりそうですね
(T . T)






  

3/15(日)に開催、出場予定だった芦北うたせマラソン大会がコロナウイルス対策のため中止となりました。
IMG_3960
今年のランニングシーズンの締めくくりができなくなっただけではなく、大会ゲストランナーとして、川内優輝選手の来熊も予定されていたためことさら残念です。

しかし、なんと大会開催予定日の翌日には参加記念品が郵送されてきました!
IMG_3958
①大会パンフレット
②芦北の塩を使ったキャンディ「HAYAPOWER」(熊本のスポーツ店の老舗ハヤカワスポーツさんのプロデュースでしょうか?)
③発祥の地である芦北が誇る柑橘類「でこぽんの缶詰」(意外と高級な品です)
④地元岩永醤店製造の「フリーズ味噌汁の素」
⑤これも芦北の塩が使われた「シュガーバターラスク」
⑥芦北の赤エビを使った「えびめし」の素

これら地元特産品が丁寧に記念の手提げ袋に入っていました。

さらに
IMG_3969
大会のゼッケンナンバーカードと大会記念タオル


ゼッケンナンバーが8246!

やつしろ=八代 になってるやないかい!

単なる偶然か?
カテゴリーは複数ありましたが、全参加予定者は1748名だったはずです。それとも「どうせ中止になったんだから、参加者の情報に合わせてゴロが良い番号をあげよう」という大会事務局さんのお計らいか?

熊本なら「1592」(ヒゴクニ)とか、誕生日とかだったりね!


関係者の皆様が準備にかけられたご苦労を考えると、大会中止の決断は無念の思いだろうと察します。

潤沢な参加賞と粋なお計らいを受けて、来年こそはと祈念しました。
ありがとうございました。





  

新型コロナウイルスの流行拡大で子どもたちの休校措置が延長となりました。

子どもたちの休校は私たち共働き夫婦にも大混乱をもたらしています。

昼間は働きながらも、家で一人留守番の小学生の動向が気になります。
ママはお昼のお弁当を作る必要があります。
室内で勉強も運動もほとんどせずに時が立つのを過ごすだけでは、学習の遅れと体力の低下は著しいでしょう。
生活メニューを立てたところで、我が息子は実行できないと思われます。

普段からいかに子ども中心で廻っていたのかが改めて分かります。

さらには、3月15日に開催予定だった芦北うたせマラソン(ハーフ)も中止となりました。
FullSizeRender

手かせ足かせをつけられた状態で生きています。しかし、近年の震災や集中豪雨などで住むところを無くした方々が今なお多数いらっしゃいます。これぐらいでへこたれる訳にはいきません。

まあ、車社会のど田舎の熊本県です。祭りでも開催されていない限りは人混みには当たりません。人混みとはパチンコ屋の開店の列くらいでしょうか?

このような中で、東京や都会の方々はどのように生活しているのでしょう?


さて、あまり外を出歩くことは避けて、家中の不用品を処分し、模様替えを行い、さらに息子の学習環境を整えることにしました。(臨時休校中はほとんど学習していない怒)

せっせと片付けに励み、可燃物大10袋、古着14袋の他、書籍・雑誌多数、古い扇風機や電動のおもちゃなどが発生しました。

IMG_3938
エコエイトやつしろ

IMG_3937
中はキチンと整理整頓

我が家はまず土曜日に訪問し
160kgのゴミを搬出
まだまだ積みきれず
日曜日は70㎏、2日トータルで230kg
処分料金は2300円でした。

つまり我が邸宅は230kgのダイエットに成功したと言えますね(^^)

エコエイトは八代海沿いに位置しています。
IMG_3948
敷地内には芝生公園が整備

IMG_3942
海の眺めもいい!

IMG_3949
桟橋には多数のボート
やはり、ご当地ヤマハの船が多いです。

園内には遊歩道が整備されています。
IMG_3941

ビオトープの森
IMG_3945
って「藻」だらけ!

IMG_3944
「も」

公園の一角には大型遊具があります。
IMG_3939
遊具は12歳まで使用可能です。

海を意識した遊具
IMG_3946
海賊船のよう

IMG_3947
こちらはくじら⁉️

ゴミ処理場のお隣という環境ですが、こちらの公園へもぜひどうぞ!





  




新型コロナウイルスの拡大が止まりません。

政府は水際対策に失敗したツケを、まず弱者である子どもたちになすりつけました。理解できる施策ですが、あまりにも唐突な判断であったため日本中がパニックになりました。

湧き出る課題に対しては「責任を取る」という無責任な回答のみで、日本国中の不安感を煽っています。折からの国会での隠蔽答弁のしっぺ返しを食らってます。世界に対して自己の面子を保つために、官民共々国民全てを巻き込み大混乱ですわ。

中でも教育を受ける機会を突然に奪い去られた子どもたち。自分の意思で行動できる高校生や中学生はまだマシですが、自宅軟禁状態に陥れられた小学生世代は鬱憤がたまりにたまっているようです。さらに著しい体力の低下も想定されます。

怖いのは、休校の陰には家庭で他の感染症の情報が隠れているのではないかということ。仮に休校が明けたとしてもインフルエンザB型等他の感染症が流行する恐れがありますので、やはり気候が安定するまでは対策が必要ではないでしょうか?

なお、我が息子の学校の先生、休校中の課題をどっさり与えてくださいました。
わずか半日足らず、しかも授業や行事を進行させながら突然の休校に向けて最大限の準備をしてくださって頭が下がる思いです。


さて、穏やかな話題へ

熊本県民総合運動公園
IMG_3909
このような時は屋外でしょう。
イベントも施設の貸し出しもないのに、身体を動かそうとする家族連れの方が多かった!が田舎は依然人口密度低し!

Jリーグの練習試合が行われていたり、陸上は小学生の団体練習(自主練?)が行われていました。
IMG_3908

IMG_3906
広場も賑わっていました。

IMG_3907
我が家も澄んだ空気の元、3人でジョギングやサッカーのトレーニングに励みました。

風評被害を恐れて近所の小さな公園で遊ぶこともままなりませんが、少々のキツさにも笑顔で取り組んでいた姿が印象的でした(^^)


このようなわずかな行動でも非難される世の中になっているようです。すべてはリーダーの無責任さが招いたことであると思います。どうせ何も責任を負わないなら、いっそ無策のまま投げ出してくださればいいのに・・・。

このページのトップヘ