せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

2019年02月

いちごマラソンを走った後に、熊本県玉名市に開設されている
IMG_0215
いだてん大河ドラマ館に参りました。

チケットを買い求めた後に入場待ちの列に並んでいたところ
IMG_0218
いだてんのお出ましたい〜

と、主人公 金栗四三役の中村勘九郎さんが出ていらっしゃるサプライズ❗️

少々興奮したところで、アシモモ〜さんと我が家はいざ館内へ!
IMG_0212
勘九郎さんのパネルには、つい先程書かれたであろうサインがありました。

館内はセットや登場人物のパネルに加えて、ドラマで使用された小物などが多数展示されていました。
IMG_0213
綾瀬はるかさんと中村獅童さん

とつけむにゃーバタバタした感がある脚本の中にあって、二人の名演に癒されています。


IMG_0217
古今亭志ん生 師匠役のビートたけし大師匠

ドラマにおいて、志ん生師匠のくだりはいるのかしら?


館内の展示は、ドラマが進行するにつれて変わってくると思われ、秋か冬にもう一度訪れてみたいものです。


さて、
玉名市中心部から車で約30分、和水町の山間にある
IMG_0206
金栗四三先生の生家に行きました。
(熊本県玉名郡和水町中林546番地)

ドラマのロケも行われた家は、記念館として一年間限定で開放されています。

IMG_0202


昔の造り酒屋の様子が再現されています。
IMG_0203

金栗四三ロードの出発点
IMG_0214


idaten
金栗が通った生家から玉名北高等小学校までの通学路は「金栗四三ロード」と呼ばれています。

山坂の難所を越える往復12キロの道のりを近所の子どもたちと毎日走って行き戻りすることで自然と心身は鍛えられ、マラソンランナーとして必要な素質が磨かれたのでした。四三本人も、のちに「マラソンの基礎は小学校時代に(片道)一里半の通学を行ったことである」と語っています。
 
IMG_0207
少しだけ走ってみました。
スッスッハッハッ
スッスッハッハッ

IMG_0208
道のりはアップダウンが相当厳しいです。

IMG_0209
玉名北高等小学校跡地は、現在、南関第三小学校(南関町)となっています。2017年には卒業生が記念に金栗をテーマにしたオリジナルソングを作成し、偉大な先輩を讃えました。(金栗四三ミュージアムHPより)

IMG_0219
校庭の巨木は金栗先生の走りを見守っていた証人の一人でしょう。


これは、一度走ってみなければ、金栗イズムは語れないと思い、今度再び往復の道のりを駆けてみようと心に誓いました。





  


2019年2月24日(日)
玉名横島いちごマラソンが開催されました。

AM8時30分 法雲寺の駐車場に停めてシャトルバスで送迎していただきました。
会場横の350台Pや周辺のPは既に満車のようで山の上駐車場に回されていました。

今回からは、駐車場情報はネットにてリアルタイムで検索することができるようになっているようです。

さて、現地に到着すると人だかりができており、何かと思えば
ryou
ロンブーの亮くん

これは「ランスマ」の収録だと、ピンときました!

熊本城マラソンといい、今回といい、亮くんは熊本と縁がある人ですね。


BlogPaint
今回は
息子は3kmの部、亭主とママは5kmの部

さらに、アシモモ〜さんは2.5kmの部に出場!
我が家の御守りをしていただき助かりました(^^♪


スタート地点は盛り上がり
IMG_0116
なぜか?

なんと!スターターは大河ドラマ「いだてん」主演の中村勘九郎さん
kankurou
右は、熊本のヒロイン宮崎美子さん
ピカピカに光っていました!

このように豪華ゲストに見送られて
BlogPaint
小学生の部スタート!

BlogPaint
給いちごや給トマトをいただきながら、それぞれマイペースで完走しました。
ママも40分しっかりと走りきり、すごいです!

息子もきっちり給いちごをいただきながらハイペースで頑張りました!


レースを終えた後は
IMG_0367
あさりたっぷりの貝汁


IMG_0185
お土産はLサイズいちご2パック、いちごジャムと有明海の海苔

なお、本日の様子のランスマは4月17日放送予定です。

亮くんも大河ドラマに出演するのかしら?

このように大会史上最大の盛り上がりを見せた今年のいちごマラソン

亭主も花粉症に負けじと走り、かつたっぷりと楽しむことができました(^^♪






  

鹿児島マラソンに向けて休養中の亭主です。

さて、このたび息子のサッカー熱にあおられて昔なつかし
エポック社のサッカー盤を買いました。
IMG_9978
エポック社 ロックオンストライカー
アマゾンで約3,000円でした。

IMG_9979
懐かしいですね~
基本形は約40年前と何ら変わっていません。
人形は6対ずつです。

IMG_0043
6体の選手を4本のグリップで操ります。
昭和版は金属の棒にゴムのキャップがついており、ガシガシ激しく扱うと棒が曲がってしまいました。
現代版はプラ製ですが耐久性がありそうです。

キーパーのグリップは中央にあります。これは左端で操っていた昭和版の方が使いやすいですね。


ningyou
フィールドプレイヤーはそれぞれ形が異なります。

ボールが外に飛び出した時のスローイン装置が付いています。
srou
これは、いちいち動かすのが面倒なのでもう1個欲しいですね。
なお、ボールボーイとしてレゴ人形を配置しました。


右サイドの選手は攻守両方のプレーが求められます。
side
日本代表なら酒井選手や長友選手のように運動量が必要なポジションですね。

一番のギミックは、その右サイドから攻め上がり
IMG_9981
クロスボール装置から

korner
センタリング発射!

2列目からMFが駆け込んで
IMG_9982
ダイレクトボレーシュートがゴールネットを揺らした~!

このようにアラフィフのおっさんも懐かしく熱くなり、子どもとともに遊べるゲームです。

本当は子どもと実際にボールを蹴って遊ぶのがいいんですけどね(^_^;)





  




2019年2月17日(日)
熊本城マラソン2019が開催されました。

亭主は幾度も参加させてもらっているので慣れているはずなのですが、不安からくる緊張に加えて、よりによって今考えなくてもいいような日頃の悩みまで相まってしまい、昨夜はほとんど寝付けませんでした。

6:54新八代駅発の新幹線で熊本へ向かい7:05着です。
IMG_0079
熊本駅はまもなくリニューアル

IMG_0077
構内には金栗四三とくまモンがコラボ

「いだてん」は視聴率が低迷しているようですが、明治と昭和を行ったり来たりする「とつけむにゃー」構成の脚本が受け入れられないのでしょう。

改札を出ると案内が
IMG_0078
白川口からバスに乗るのが一番早く中心部に着きます。

スタート地点近くのホテルに泊まるのも良いものですが、我が家の安心感には変えられません。

今回は実弟のお供をさせてもらうことにしました。7分30秒/kmで42kmのLSD敢行です。
IMG_0076
15km地点では余裕の表情

IMG_0074
息子とママの応援が力強い!
やはり家族です!
家族なしでは生きていけない!


さて、兄弟はこの後25kmからペースが乱れます。

IMG_0075
あと1km
亭主の右膝も痛みかろうじて走っている状態。速く走っても、遅く走っても同じ距離。きつさは変わらないことが分かりました。

IMG_0080
兄弟で6時間近く話しながら走りました。亭主は昨年より2時間タイムが落ちましたが、普段は別々に暮らしているためこのような機会は滅多にありません。いろいろなことを話しました。それだけでもとてもいいランニングでした。DNSしなくて良かったです。

IMG_0071
今大会から完走メダルの形が変わりました。

また、マラソン大会では参加者の約1/3のボランティアの方々が必要と言われていますが、ランナーを勇気づけてくださるその運営にはいつも感謝です。
本当にありがとうございます。

彼女ら、彼らにもなんとか報いてあげてください。

さて、熊本城は復元中
IMG_0067
随分と白い天守が見えてきました。






  

熊本城マラソン2019明日開催です!
大会2日前の2/15に受付に行きました。

車で行きましたが、雨の金曜日夕方ということで中心部に向かう道路が混雑しており、受付を完了したのは午後8時の終了10分前でした。

IMG_0024

IMG_0025
受付のボランティアの方々

一般的なマラソン大会では、参加者の1/3の数だけボランティアが必要と言われています。
ざっと13,000人の参加者に対して4,000人のボランティアさんが必要です。

毎回、どの街のどの大会でもボランティアの方々のおかげで走ることができます。本当にありがとうございます。

受付会場隣のEXPOに行きました。
IMG_0026

IMG_0029
スポンサーのブース

IMG_0028
毎回いただいています。
「えがお」の青汁とみそ汁

はい!毎回お約束の
IMG_0030
世界記録更新❗️

参加賞のTシャツは
IMG_0038
熊本名物 辛子れんこんのデザイン

寄り道してご飯
IMG_0037
お寿司

亭主は特にマグロで鉄分補給!

あまり熊本では、赤身の魚はいいものがありませんが、こちらのお店は噂に違わずマグロに力を入れているようでした。
IMG_0039
清村社長と「すしざんまい!」




  




熊本城マラソン2019まであと2日となりました。

IMG_9975
HPより大会案内をダウンロードしました。これまで幾度も走らせていただいているので、受付方法などおよそのことは分かっているつもりですが、もう一度確認しておきたいと思います。

IMG_9988
今朝の熊日新聞は特別紙面を発行しています。


前もって言い訳をいたしますと、新年1/3のあばらひび事件に加えて、ひざ裏の調子も悪く、金栗四三先生が唱えられた「体力・気力・努力」とも最悪の状態です。

このような状態で何ができましょう。
ということで、目標は「完走」に設定しました。

しかし、トラベル会社経営で世界の大会を経験されたアシモモ〜さんも初出場されますし、家族も応援してくれそうなため、せめて脚の回復を待ち、気力を蓄えて本番に臨むだけです。


さて、気持ちは次のレースにも傾きつつあります。

参加案内が同時に2通届きました。
IMG_9977
2/24(日)開催の第42回横島いちごマラソン 5kmと、

3/3(日)開催の鹿児島マラソン2019です。
IMG_9976
3週連続で大会出場です。

ダウンロードも省力化で良いでしょうが、わざわざ郵送してくださる封筒に入った案内も気合いが入るものです。

いちごMは家族と出場、鹿児島は親せき筋での御前レースとなり外すことはできません。

ハードな日程ですが、がんばって走ります(^^)

みなさんも熊本城マラソンがんばりましょう❗️





  

「我が家」新築の際に購入したソファ
P1010696
ナガノインテリアさんの製品です。

ナガノインテリアHP
http://www.nagano-interior.co.jp/


さすがに7年たつとカバーも色あせてきました。
IMG_9885
洗濯機でガンガン洗って、天日干ししている影響もあるでしょう。


この際、カバーを特注して変えてみることにしました。

生地と色見本を取り寄せて発注し、待つこと2カ月

BlogPaint
写真はピンクっぽく写っていますが、暖色のオレンジがかった色です。

バレンタインデーらしく
部屋に暖かみがでました(^^♪





  

熊本県芦北町の道の駅で仕事をしていたところ「アンケートに答えていただけませんか⁉︎」と熱心な勧誘にあいました。

どうやら、町内を回遊する「自動車の自動運転実証実験」のモニター募集のようです。
ashikita
国土交通省HPより

道の駅の停留所です。
IMG_9950
気軽にさらさらっと記入して「はい、アンケート終わりました〜」と手渡しました。
すると「すみませ〜ん、裏面もありますんで!」

裏面どころじゃありません、たっぷり4ページくらいありました。

さらに、乗りかかった車です。登録料50円払ってカードを作りました。

IMG_9947
この自動車に乗ることができます。

運転席含めて6人乗りです。
荷物は車の後部に載せることができそうです。

高齢者の方々の通院や買い物、道の駅への産品の出荷者をターゲットとしているみたいです。

IMG_9949
町内の道路には黒い電磁誘導線が埋め込まれています。
この黒い線の上を自動車が通過していくようです。

なお、電磁誘導線敷設のコストは30mあたり30万円とのこと。

同日の午後、休憩時間を利用して一区間だけ乗ることにしました。
IMG_9948
冬はビニールカーテンが施されていますので寒くありません。


時速12〜14kmで走ることができるそうです。5分/kmくらいですね。

誘導線の上に別の車が停まっていた場合はどうなるのか?
IMG_9952
危険を察知すると一旦停止します。

その場合は
IMG_9951
運転手の方が操縦して回避されます。

今回の実験では運転手の方が乗っており、完全な自動運転ではないそうです。

ゴルフ場のカートのようで、乗り心地も良く、音も静かで環境にも良さそうですね。



大概、このような公共交通に関する案件はアセスから導入までには相当な時間を費やすものです。

亭主の会社では、業務上町内を回る機会がある社員は自家用車を利用していますが、事故や違反などのリスクがあるので、それに代わる方法を検討していたところであり、実験が好結果であることを望むばかりです。






  


1/3にアバラ骨を骨折(ひび)した亭主でしたが、ようやく復調しました。

2/2に約1ヶ月ぶりにランニングを決行しました。
IMG_9822
かつ、おニューの厚底シューズをようやく試す日が来ました。

FullSizeRender
熊本県上益城郡嘉島町から御船町方面へ川沿いに往復10km走りました。

シューズはニット素材のため伸縮性があります。
紐を全体的にキツめに結んで「抜け」の心配を防ぎましたが、足にぴたりと一体化する感触があり、心配無用でした。

また、ニット素材は「すーすーすっ」感じです。レースの朝は寒いかも知れません。

走り始めます。
何もせずに、やや前傾姿勢となり前へ前へと進みます。推進力を感じ取った瞬間です。

さらに、厚底なのに沈み込む感はなくパンパンと地面を弾くイメージは、これまでになかったすごい感触です。

川沿いに6分/kmのペースで走りました。久しぶりのためもう少し抑えて走る予定でしたが、ついつい飛ばしてしまいました。



川沿いの単調な風景でしたが、ある山に少しずつ近づいていきます。
IMG_9899
飯田山(431m)

熊本平野の北東部に位置し、西の金峰山(665m)と対峙しています。

東西互いの山は、背比べしようということになり、神さまは、東西の山の頂上に樋を架けて水を流しました。

背比べの結果、西の金峰山が高かったため、水は東の飯田山へ流れ、そのこぼれた水は現在では頂上直下の池になっています。
また、樋の途中でも水がこぼれました。そこが現在の「神水(くわみず)」です。
それ以来、高さで負けた飯田山は「もう、高さの事はいいださん!」と言い、それが山の名前の由来という言い伝えがあります。

飯田山は、地震で傷ついた益城町を見守ったシンボルでもあります。登山道が整備されており、頂上からは熊本平野を一望できるため、今度家族で登りたいものです。

さて、走った翌日、ふくらはぎが筋肉痛です。シューズのせいではなく、久しぶりに走ったからでしょう。あばら付近は筋肉の「こわり」が出ました。

今さらですが、熊本城マラソンまでに少しでも走り、撃沈しないようにしなければなりません。





  


プロ野球の次は、Jリーグの話題です。

日曜日の午後、日南市で春季キャンプを張っている横浜FCのトレーニングと練習試合を見に行きました。
IMG_9937
横浜FCは、5年連続9度目の日南キャンプです。

場所は日南市総合運動公園陸上競技場です。駐車場はたくさんありますし、各駅と競技場や野球場を回る周遊バスが便利のようです。

この日の日南市は気温が20℃を超え暖かい一日でした。


今回の趣旨は、小学4年の息子のためになるようにと言いつつ、真の目的はやはり!

キングカズ
三浦知良選手

IMG_9936
オーラがプンプン!

BlogPaint
11番の背中
が拝めただけでも来たかいがあったというものです。

それなのに、後半頭からカズさん出場!今月に52歳の誕生日を迎えるレジェンドは前線だけでなくボールをもらいに下がるなど精力的に走り回りました。

とても50代の動きには見えません。
25分間の出場で、ゴールを奪うまでは行きませんでしたが、彼がピッチ上に立つだけで見せ場です。


練習試合の結果は
横浜FC0-2テゲバジャーロ宮崎

再三ラインの裏をつき、幾度もオフサイドを取られながら貫いた宮崎の攻めが前半に実りました。

横浜は中盤を支配できず、不用意なパス回しも相まって格下の地元チームのいい引き立て役です。

練習の写真撮影は禁止ということですが、練習試合の後にしばらく待っていればファンサービスがあったものと思われます。

カズさんを目の前で拝むことができるチャンスでしたでしょうが、帰路の道中もありますし、雨も降り出してきたため退散しました。

今シーズンは熊本でカズさんの勇姿が見られないのが残念です。





  

このページのトップヘ