せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

2019年01月

亭主は1/3の夜道をランニングしていた際に転倒して肋骨にヒビが入ってしまいました。

数えの齢四十八にして、人生初の骨折です。

1/29の診察の際にレントゲン写真を撮影させてもらいました。
IMG_9871
患部は右第九肋骨でした。

矢印のポイントの先に斜めに黒いスジが通っています。
これが「ヒビ」だそうです。

最初の診察の時には「うっすらヒビ」とおっしゃっられましたが、パックリ割れてるやん!

肋骨の内側の白い部分って脂肪肝ですかね?ヤバい!

さて、
1/5にやや痛みを感じながらランニングして以来1mも走らずに3週間が過ぎました。

極力、胸やお腹に負荷をかけずにおとなしくおとなしく日が経つのを待ちました。


そして、1/29に満を持して通院した際に、レントゲン撮影の許可が出ました。

なんせ、2回目(前回)に通院した際にはレントゲン撮影はなく、外科医の先生の診察はわずか30秒で終わりましたからね!

さて、診察結果は⁉️

「まあ、くっついてますねー。胸ベルトはもうしなくていいですよー」

「診察も今回で終わりでーす」

ようやく完治しました❗️


でも、まだ怖くて、胸ベルトを外せない亭主です(^_^;)





  

熊本県庁前にワンピースの主人公ルフィの銅像が建てられ、何時もどこの誰かが写真撮影をされていらっしゃいます。
P1100317
今後も聖地巡礼で訪れるファンの間でじわじわと人気になりそうです。


ルフィに続いて麦わらの一味の他のメンバーも県内各地に設置されるとのこと。

4_2835_169041_up_LPY240H1
熊本県HPより

31市町村から応募が出ているようです。各自治体は第二希望まで応募できるようですが、

1番人気は、ニコ・ロビンのようです。

各メンバーの得票数は次のとおり

ロビン13票
サンジ8票
ナミ7票
フランキー7票
チョッパー6票
ブルック4票
ウソップ3票
ゾロ3票

亭主は誠に勝手ながら、銅像が建立される地を各自治体の希望を元に予想してみました。
本当に勝手な予想であり、全県の復興を目途とした個人的な希望ですのであしからずご了承ください。


ロロノア・ゾロ

人吉市か高森町
人吉市は、タイ捨流流祖の兵人丸目蔵人ゆかりの地、かつ、焼酎どころで、剣豪酒豪のゾロのイメージと合致。
高森町の「れいざん」をゾロは愛飲しそう。方向音痴の彼のために南鉄の早期復旧を!

なお、ゾロは宮本武蔵の墓がある熊本市の武蔵塚あたりもふさわしいとも思っていますが。


ナミ

天草市か宇城市
一味の中でも穏やかな海が似合う明るい航海士は天草のイメージ。
天草への玄関口であり、地震で大きく傷ついた宇城市、特に「みかん」の産地三角町もふさわしい。


ゴッド・ウソップ

山都町
緑星を町内に発射して自然豊かな町の復興に寄与して欲しい。町のシンボル通潤橋の修復も彼ならできる!そげキングのコスプレイヤーが通潤橋の上に仁王立ちして放水する姿が見れそう!


ヴィンスモーク・サンジ

熊本市
まず、
熊本市はチョッパーを動植物園の復興、また、ロビンを熊本城の復興として希望されているようですが熊本市動植物園のシンボルはやはり生きた動物たちだと思います。また、熊本城は清正公様、あるいは、熊本城武将隊やひごまるくんという既存の立派なキャラの存在もあり、チョッパーやロビンのキャラを丸かぶりさせてはいけないと思います。

で、かわりにサンジ。中央から県内各地の食材を活かして、熊本の食のPRをやって欲しい。
バラティエゆかりの店の近辺、花畑町、付近への設置はどうか?
元専売公社近くだけどタバコは吸わせないでいただきたい。

ただ、そもそも熊本市内には既にルフィ像が建っているので、ほか市町村のために手を降ろされてはいかがでしょうか。


トニートニー・チョッパー

益城町
地震で最も傷ついた町の人の心も身体も癒してくれるのは名医チョッパーしかいないのではないでしょうか。一味の中で最も人気のキャラを熊本の復興の旗手に育てて欲しい。


ニコ・ロビン

阿蘇市か玉名市か和水町
考古学者の一面より、花の名所に設置していただきたい。
仙酔峡のミヤマキリシマとロビンちゃんは仙人も酔わせる美しさ。
玉名市の花しょうぶの紫色もイメージできます。
考古学にこだわるならば、菊水町の江田船山古墳群近辺になるのでしょう。


船大工フランキー(サニー号と共に)

八代市
彼が造った船であるサウザンドサニー号も一味の仲間であり、サニー号を係留できる港は県内では八代港ぐらいではないでしょうか。2年後に一味が集合するに相応しいと思います。
フランキーの造船ほかものづくりの技術をもって県南随一の工業都市八代の賑わいを創造してほしい。


ソウルキング・ブルック

御船町か南阿蘇村
音楽大学の町御船町は恐竜の町でもあります。恐竜と共にヨミがえったブルックに町の復興を託したい。
または、野外劇場アスペクタでブルック祭りを開催していただきたい。

繰り返しますが、あくまでも勝手連の希望的予想です。
熊本地震では、インフラや家屋や施設だけではなく、広く熊本県民の心が傷ついています。県内全域で一味の姿を見ることができれば良いですね。





  

亭主は1/3の夜ランで転倒し、10番目の右肋骨にヒビが入りました。

最初は単なる打撲と信じていましたが、徐々に痛みが増幅して、1/8に病院にかかりレントゲン撮影の結果ヒビが入っていることが分かり、全治1ヶ月の診断を受けました。

痛み止めのロキソニン錠と併せて飲む胃薬を処方され、シップを1日一回交換しています。

以来「骨がくっつくまで運動は控えてください。」「腰をひねる動きは禁物です。」
との教えを守り、粛々と過ごしています。

丸2週間走ってませんし、散歩をしても、なるべく身体に負荷をかけないようにしています。

特に、風邪をひいて咳こむことにならないように外出もなるべく控えて、大人しくした結果

体重が3kg増えてしまいました!

どおりで、コルセットのようなバストバンドを締めると、その上下から肉がはみ出すわけです。
IMG_9766

IMG_9759
特にお腹の部分のお肉がバンドとズボンのベルトに挟まり、こちらが苦痛!

また、夜に寝ようとしても、患部が圧迫されるためなのかどうか違和感があり、寝付けない!

もうしばらくのガマンです。
一か月後に熊本城マラソンが迫っており、大変焦っていますが、この際タイムは気にせずに完走のみを目指すことにします。


完治してから気合いを入れ直すことにして、この際もう少しエネルギーを蓄えておくことにします。

熊本市南熊本のお菓子屋さん
IMG_9845
橘屋ベイクショップ

売り切れることが多いという
IMG_9844
レモンケーキ

IMG_9843
表面のコーティングはチョコレートではありません。何でしょうか?緑色はピスタチオのようですね。

IMG_9842
断面です。

パクつきました。
表面はレモンシュガーです🍋!

ケーキ部は詰まって見えますが、ふんわりと空気を含み、なおかつしっとりしています。焼き菓子屋さんの本領で、ほんのり香ばしいバターの香りがたまりません❗️

美味しいところをいくつも備えているところは、まるで、ナイキの最新厚底シューズのようです❗️

これは美味しいです❗️❗️

IMG_9854
シフォンケーキやチーズケーキ、クッキーも上品な美味しさ❗️

私見ですが、現在、熊本の焼き菓子屋さんではナンバー1だと思います❗️






  

熊本城マラソンまであと1ヶ月に迫りました。

わさもんの亭主は、悩んだ挙句、ついに禁断の品を買ってしまいました。
衝動買いとも言えます。)

IMG_9822
ナイキズームフライ フライニット

IMG_9823
マラソン界で流行りの厚底です。


IMG_9835
2018年の東京マラソンで日本記録を樹立し1億円のボーナスをゲットした設楽悠太選手はナイキの厚底

IMG_9832
設楽選手の記録を上回る2時間5分50秒の現日本記録保持者大迫傑選手もナイキの厚底

プロランナーの彼らが履くのはナイキ ズームヴェイパーフライ 4%

その廉価版のようなものですが、仕様は負けず劣らず

●ナイキ ズーム フライ フライニット は、記録破りのスピードを実現するデザイン。Flyknitアッパーがグローブのように足にフィットし、超軽量のサポートを提供します。
●Flyknitアッパーで軽量性と通気性を確保。
●可融性の糸で、重さを加えず耐久性とサポート力を強化。
●ヴェイパーフライ 4%のプレートと同じ、フルレングスのカーボンファイバー製プレートを使用。
●Nike Reactテクノロジーが滑らかで反発力に優れた履き心地を提供。
●トラクションパターンに異なる形状やサイズを取り入れることで、安定感と地面を押す推進力が向上。

だ、そうです。

亭主が「買い」を決心したのは、店員さんの「背が少し高くなります」の一言!

「マジか⁉️」

確かめてみました。
IMG_9824
これまで愛用していたアディゼロ・ジャパン・ブーストとズームフライを両方とも履いて比較してみると、なんと1.5センチも身長が伸びました(^^)
(決して身長は伸びてない!)

なお、近年の箱根駅伝の出場選手たちが履いているシューズメーカーの傾向は下のとおり
sheos
青学大はアディダスですが、東洋大を始め、ナイキの比率が高まっています。

また、名シューズ職人三村仁司氏が所属するニューバランスも急増していますね。


ツラツラとおニューのシューズについて紹介してきましたが、

私、肋骨にヒビ入って1mも走れないんだった(T_T)❗️





  

ロアッソ熊本の顔であり、日本代表として、2006年ドイツW杯にも出場した巻選手が引退を発表されました。


巻 誠一郎(まき せいいちろう)選手

【ポジション/背番号】FW/18
【生年月日】1980年8月7日(38歳)
【身長/体重】184cm/80kg
【出身】熊本県宇城市
【サッカー歴】

河江小学校~小川中学校~大津高校~駒澤大学~ジェフユナイテッド市原~アムカル・ペルミ(ロシア)~深圳紅鑽足球倶楽部(中国)~東京ヴェルディ~ロアッソ熊本
【代表歴】
 国際Aマッチ32試合出場8得点
 (2006FIFAワールドカップ出場、AFCアジアカップ2007出場 他)
〇J通算:J1リーグ戦207試合53得点、J2リーグ戦231試合16得点、カップ戦38試合12得点、天皇杯21試合5得点



巻選手はロアッソ熊本には2014年から加入しましたが、チームの精神的支柱として他の選手の先頭に立ち誰よりも汗をかき、その泥臭いプレーがファンの心を掴みました。
maki1
2014年開幕戦で福岡に勝利をおさめ引き上げる巻選手(手前左は殊勲の片山選手)

maki2
2014年5月31日 カターレ富山戦 

選手のキャリアとしては晩年を迎えていましたが、試合ではいつも最後まで走り抜き、何かを期待させてくれるプレーを魅せてくれました。

なんといっても2016年の熊本地震の際には私たち県民のために大変尽力されました。

IMG_9827


maki4
2016年11月 熊本地震の復興支援プロジェクトの一環でサンフレッチェ広島を引き連れてきた巻選手

maki3
彼自身も汗をかき子どもたちの笑顔のために尽くしてくれました。

たらればですが、あと3年ロアッソに早く加入してくれていたら、熊本のサッカー界はもっと盛り上がっていたことでしょう。


来季はJ3で戦うロアッソ熊本にとって「ミスター熊本」の引退は大きいですが、彼は今後も熊本のために走り続けてくれるものと思います。

本当にお疲れさまでした。





  



2019年1月14日
30k
この日、亭主はエントリーしていた熊本30kを肋骨負傷のためDNS

IMG_9802
このゼッケンをつけてがんばる予定だったのに・・・。

ペースメーカーに加えて給水やゼリーも用意されており、絶好のトレーニングの機会として楽しみにしていたものですが、実に残念です。

それでも、弟や知人の応援に行きました。
IMG_9807
この日は、雲一つない好天に恵まれました。

IMG_9806
気温は13℃まであがり、日差しが暑いくらいでした。

皆さん、成果はいかがでしたでしょうか?

さて、本日夕方には熊本県八代市付近の子どもたちが楽しみにしているイベント「もぐらうち」が行われました。


2018年の様子

簡単に言うと

家庭の五穀豊穣を願って近所の子ども達がよその玄関先をわらでぽこぽこ叩いて報酬としてお菓子をもらうという和製ハロウィンのような行事です。

我が家の息子も毎年恩恵に預かっており、お正月に続く1月の楽しみなイベントです。

特に今年の1/14は、成人の日と重なり学校もお休みだったため、参加できる子どもも多かったことでしょう。

IMG_9809
「わらづと」は多良木製
なんと義父(息子にとってはおじいちゃん)が向こう3年分を作ってくださいました。
お義父さんお世話になりました。

この「もぐらうち」ですが、子どもたちを迎える側としても気を使います。
我が家にも絶対に大勢の子ども達が来るでしょう。


我が家のママは、連休を利用してスーパーから大袋系やアソート系のお菓子を買い込んで、4~5つずつを袋に丁寧に詰めて準備していました。
IMG_9796
一戸建てが増えつつある我が家の近所ですから去年より多めに約120個用意しました。

IMG_9812
と言っても、たくさんの子どもたちが来るのですから、バナナ1本ずつでも、お菓子一つずつでもいいのですが、


ママは「我が子もたくさんもらうから」と言いつつ、地域の子どもたちに与える愛情が半端なく、とても優しく素晴らしい奥さまであることをあらためて確認できました。


IMG_9817
子ども達が玄関先をポコポコやっている様子

IMG_9821
息子 平成最後の収穫です。

地域の皆様方ありがとうございました。





  





昨年(平成30年)6月から息子が合気道を習い始めました。
IMG_9780
亭主が通っていた道場の少年部に入門させ、亭主自身は息子を含む多くの子どもたちへ対して指導のお手伝いをさせていただいています。

合気道の稽古は、まず準備運動から始まります。
IMG_9789
みんなで輪になって、身体中をほぐしていきます。

この体操をやると、身体の中からじんわりと温まります。

近年では、稽古の引率者である保護者の方々も一緒に輪になって体操されるようになりました。

亭主のような中高年にとっては、たとえ週一回でも頭の先から足の指先まで身体をほぐすことで、健康的な生活をおくることにつながります。

なお、この合気道の準備運動は、合気道祥平塾(しょうへいじゅく)道場長の菅沼盛人先生が一冊の本にまとめておられます。
IMG_9787
本の中では、「合気道の開祖である植芝盛平先生は稽古前に禊(みそぎ)の行法も採り入れて入念に準備運動を行っておられました。」や「この中には、西武健康法や真向法、ヨガなどの動きにも共通した動作があります。時間もそれほどかからず、場所も畳一枚ほどの広さがあればできますので、合気道の稽古ができないと言われる方も、どうぞ毎日行って、体力と気力の充実を図っていただきたいと思います。」と記されておられます。


さて、合気道の稽古の様子です。
IMG_9783
受け身の稽古、前受け身と後ろ受け身です。

近年、現代人の中には不意につまづいて転んだ時に、とっさに手をつけずに顔や頭を傷つけてしまう方もいるようです。

子どもの頃からスポーツや遊びの中でいろんな動きを体験することで、身体機能が育つ、と言われており、このような受け身の稽古は道場内外、普段の生活において、とりわけ危機管理能力を養うことにもつながるのではないかと思います。

(先日ランニング中に転倒してしまった亭主ですが、合気道をやっていたおかげで軽傷で済んだのかも⁉︎)


技の稽古です。
IMG_9782
合気道は試合を行わない形の武道です。

剣や短刀など武器を持った相手に対した場合への対処とした技の稽古や、いわゆる「護身」につながる技の稽古を行う場合もあります。

写真は、まず対徒手(としゅ)の稽古を行っている様子です。

子どもたちの中には、やんちゃだったり控えめだったり、いろんな子がいますが、一人一人の毎日の生活の中で合気道をしていることが活きるような指導(のお手伝い)をしたいと思います。

さて、息子は昨年末に始めて昇級審査を受け、合気道十級を授与されました。
IMG_9790
いつもご指導いただいているU先生と撮影させていただきました。

U先生はいつも背筋が伸び矍鑠とされていらっしゃる姿がお美しいです。


私も、合気道を始めて20年になります。引越しなどで道場を転々として細々と続けており、しかし現在はしばらく自身の稽古から遠ざかっている現状ですが、稽古の場に再び立ち、いつか参段の取得を目指したいと思います。

古希を迎えられても、なおお元気にご指導いただいている菅沼先生やU先生のように毎日を健康に過ごせるように「今、ここを、いきいきと生きる。」ように心掛けたいともあらためて思いました。





  



あっという間に、新年も1週間以上が経ちました。
亭主は、昨年末から痛めていた脚の具合も少しずつ良くなり、1/3に、2019年の初走りを決行しました。

夜間暗い中でしたが、いつもと同様に明るいウェアを着て、蛍光タスキをかけ、ライトを片手に持ち出発!

いつもと違うのは、いただいた年賀状の返事を出すために郵便局に行くために
違うルートを通ったことです。

走り始めて約10分、身体が温まり始めた時、何かにつまづき、亭主は歩道に手から滑り込み、かつ胸を叩きつけました。

「いってー」

手に持っていたライトは3m先に吹っ飛び、ランニンググローブをしていた右手のひらや胸に痛みを感じました。

どうやら、側溝のコンクリート蓋が一枚3センチほど出っ張っていたものにつまづいたようです。

事故現場はこちら↓
IMG_9772

IMG_9773
とある知らない整骨院さんの前でした。(1/10 追記及び写真挿入)

やがて立ち上がり、幸い脚は無事のようで、そのまま走り続けました。

約6km走り郵便局で年賀状を投函しましたが、手がズキズキ痛みました。

そこで亭主はあることに気がつきました。

(今年はまだ初詣ばしとらんかった!)

今年は歳男という名誉で福のある身でありながら、神さまに挨拶一つしなかったバチがあたり、初ラン転倒という事態につながったのでしょう。

そこで亭主は、郵便局近くの八代宮にお参り(お祓い?)に行きました。

本堂の前でグローブを外すと、手のひらの皮がベロリと剥け、血がにじみ出ていました。

柏手も満足に叩けないまま、平成最後の願いごとを祈りました。

(どうか無事に家に帰りつきますように)

あまりにももったいない願いごとでしたが、おかげで家にたどり着くことができました。
haturan
転倒や寄り道以外はペースも上げてきました。


手や胸は少し痛みがありましたが、これぐらいで済んだのは幸いとばかりに、翌日、会社での仕事始め式ではスピーチのいいネタにしたほどです。

しかし、日を増すごとに胸の痛みが増してきました。

大丈夫だろうけど念のために1/9に病院でレントゲンを撮ると、

「下の方にうっすらヒビが入ってますね〜」との診断😱
IMG_9765
第十肋骨あたりかな?

どおりで、痛かったわけです・・・。


一か月後に迫った熊本城マラソンでの自己ベスト更新は夢と消えました😫


ベルトを胸に装着
IMG_9766

IMG_9759
こんな感じです。

痛み止めを処方されました。
全治一か月ですと!

骨折経験がある息子から、いじられ、いたわられました😅


亭主、落ちこんでます。

30k
1/14にエントリーしていた30k走はDNSすることになりました。


皆さまも夜道のランニングには充分ご注意ください。




  




熊本県荒尾市にやって来ました。

荒尾市といえば、西日本最大の遊園地
グリーンランドです。
IMG_9705
が!

今日の目的は、グリーンランドお隣の荒尾市総合運動公園にて、息子のサッカーの練習試合の引率でございます。
IMG_9706
1月5.6日と連戦でしたので、ホテルに泊まり地元の友人家族と久しぶりに再会し交流を深めました。

翌日のお昼ご飯を調達するために近くの通りに出ました。
IMG_9704
おそらく、昔 三池炭鉱の引込み線があった場所ではないかと思われます。

道路横の緑地帯には花がきれいに植えられていました。

その通りに発見したお弁当屋さん
IMG_9701
あつあつ亭 山の手店

「山の手店」ということは、チェーン店なのでしょうか?

初日にランニングを行った時に(2日目はこのお店でお昼のお弁当を調達しよう)と考えていました。

何しろ、この値段設定がすごい!
IMG_9700
ハンバーグ弁当や唐揚げ弁当などの定番は330円

のり弁は230円と破格の安値!
近年、値上げされたようですが、それでもこの価格!

さらに
IMG_9702

IMG_9703
朝10:00頃にレジ先に積まれた100円惣菜の山々
この後も続々と厨房から運ばれてくるではありませんか⁉️

我が家はのり弁とギョーザ惣菜を注文

のり弁230円のふたを開けてみると
IMG_9708
このボリューム!
キンピラ、高菜、玉子焼き、魚フライ

のりは潮の香りが強く、地元有明産でしょうか?

のりの下にはたっぷりのひじきとたっぷりのご飯があり、少し塩が強めの味付けは汗をかくスポーツマンや労働者の方に最適なお弁当でした(^^)

亭主はこの二日間で約20km走り頑張りました!

このお弁当が息子のエネルギーにもなればよいのですがね。





  

このページのトップヘ