あっという間に、新年も1週間以上が経ちました。
亭主は、昨年末から痛めていた脚の具合も少しずつ良くなり、1/3に、2019年の初走りを決行しました。

夜間暗い中でしたが、いつもと同様に明るいウェアを着て、蛍光タスキをかけ、ライトを片手に持ち出発!

いつもと違うのは、いただいた年賀状の返事を出すために郵便局に行くために
違うルートを通ったことです。

走り始めて約10分、身体が温まり始めた時、何かにつまづき、亭主は歩道に手から滑り込み、かつ胸を叩きつけました。

「いってー」

手に持っていたライトは3m先に吹っ飛び、ランニンググローブをしていた右手のひらや胸に痛みを感じました。

どうやら、側溝のコンクリート蓋が一枚3センチほど出っ張っていたものにつまづいたようです。

事故現場はこちら↓
IMG_9772

IMG_9773
とある知らない整骨院さんの前でした。(1/10 追記及び写真挿入)

やがて立ち上がり、幸い脚は無事のようで、そのまま走り続けました。

約6km走り郵便局で年賀状を投函しましたが、手がズキズキ痛みました。

そこで亭主はあることに気がつきました。

(今年はまだ初詣ばしとらんかった!)

今年は歳男という名誉で福のある身でありながら、神さまに挨拶一つしなかったバチがあたり、初ラン転倒という事態につながったのでしょう。

そこで亭主は、郵便局近くの八代宮にお参り(お祓い?)に行きました。

本堂の前でグローブを外すと、手のひらの皮がベロリと剥け、血がにじみ出ていました。

柏手も満足に叩けないまま、平成最後の願いごとを祈りました。

(どうか無事に家に帰りつきますように)

あまりにももったいない願いごとでしたが、おかげで家にたどり着くことができました。
haturan
転倒や寄り道以外はペースも上げてきました。


手や胸は少し痛みがありましたが、これぐらいで済んだのは幸いとばかりに、翌日、会社での仕事始め式ではスピーチのいいネタにしたほどです。

しかし、日を増すごとに胸の痛みが増してきました。

大丈夫だろうけど念のために1/9に病院でレントゲンを撮ると、

「下の方にうっすらヒビが入ってますね〜」との診断😱
IMG_9765
第十肋骨あたりかな?

どおりで、痛かったわけです・・・。


一か月後に迫った熊本城マラソンでの自己ベスト更新は夢と消えました😫


ベルトを胸に装着
IMG_9766

IMG_9759
こんな感じです。

痛み止めを処方されました。
全治一か月ですと!

骨折経験がある息子から、いじられ、いたわられました😅


亭主、落ちこんでます。

30k
1/14にエントリーしていた30k走はDNSすることになりました。


皆さまも夜道のランニングには充分ご注意ください。