せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

2018年12月

皆さま、2018年1年間当ブログをご覧いただきありがとうございました。

最近、亭主は日記をサボりがちでした。
決してネタに困っていたわけではありませんが、仕事が忙しかったり、また、仕事でも書き物が多かったりと、気持ちがのらず、下書きの途中でボツにしてしまったものも多数あります。

このような気まぐれなブログですが、我が家の生活の記録として、次の年号の時代にもつなげるためにも、来年は自らにムチを入れて引続き取り組みたいと思います。

その前に、まず、2018年、平成最後の我が家の振り返りをやっておきまーす!


まず、1月から振り返りますが、ハイライトは鹿児島旅行ですね。
image
2018年のNHK大河ドラマは隣県鹿児島の英雄西郷隆盛の生涯をつづった「西郷どん」でした。

BlogPaint
我が家は今年、各地を旅した際、西郷どんゆかりの地をたくさん訪ねました。(写真は鹿児島の旧島津家邸 仙巌園)

1/10の日記「NHK大河ドラマ西郷どんスタート!」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-01-10.html

5月には京都に行きました。
P1090864
大政奉還が行われた京都二条城

P1090866
二条城で食べた金箔ソフトクリーム

西郷どんからみでは、大河ドラマ館や田原坂にも行っています。
12/16「田原坂で西南戦争を知る」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-12-16.html

1年間、毎週日曜日の夜8時から家族三人で欠かさずドラマを鑑賞できる幸せな家族でいられた一年でした。

亭主は、年初より走り込み、2月の冬マラソン月に突入しました。
IMG_6992
亭主は熊本城マラソンに出場しました。

2/18「熊本城マラソンなんとか完走!」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-02-18.html

3時間54分でしたが、脚がつり自己ベスト更新はなりませんでした。


夏も頑張って練習を重ねて、11月には神戸マラソンに出場しました。
IMG_9353
またもや脚つりに襲われて大失速、4時間19分と惨敗でした。

11/18「神戸マラソン速報」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-11-18.html

その時に痛めたふくらはぎが完治していません。

12月の走行距離もようやく100kmを超えたくらいで、ここは新年に向けて課題を持ち越しました。

5月には新日本プロレスを観戦しました。
IMG_7569
5/3「新日観戦!」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-05-03.html

しばらく、我が家では「デ・ハポン!」が流行りました。

2018年は、その他、家族でいろんなスポーツやライブを観戦しました。
IMG_7443
セカオワのライブ

4/7「セカオワ野外」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-04-07.html


IMG_7728

IMG_7756
ゆずは福岡で、なんと2回も拝ませてもらいました。

5/21「BIG YELL」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-05-21.html


スポーツといえばサッカーW杯がありました。
IMG_8047
大迫、半端ない!


7/3「レッドデビル」ほか
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-07-03.html


IMG_9234 (1)
息子も四年生になり、サッカーの練習、試合にがんばりました。

IMG_8126
ロアッソ熊本は残念ながらJ3に降格することになりましたが、1年で昇格できるでしょうか?

3/4「ホーム開幕戦」ほか
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-03-04.html

阪神タイガースもたくさん観戦しました。
IMG_7609

IMG_9017
10/6「ファーム日本一」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-10-06.html

また熊本ではオールスターゲームが開催されました。
P1090955

http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-07-15.html

熊本でオールスターが開催されることは、新しいスタジアムができる後(少なくとも10年はかかるでしょう)でないともう二度とないでしょう。

夏に亭主は甲子園球場で第100回高校野球大会の開会式に立ち会いました。
IMG_8575

8/5「100回目の夏に感動!」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-08-05.html

IMG_8576
毎年、高校球児の入場行進と選手宣誓をテレビで観てきましたが、一度でいいから甲子園で生で観てみたい思っていました。念願がかないました。

我が家のガーデンでは、恒例の「芝生の手入れ」には苦労しました。

7/25「壊滅的被害!我が家の芝生」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-07-25.html

しかし、庭や玄関先ではいろんな花や野菜の栽培にチャレンジしました。
IMG_8198
IMG_8213
IMG_8214
7/8「ジェノバペースト」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-07-08.html


9月に大阪旅行に行った際には、太陽の塔の内部が48年ぶりに公開されていることを知り、チケットを4か月前になんとかゲットして観覧しました。
IMG_8853
9/27「太陽の搭公開!」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-09-27.html

web_ImageView4
つい先日、大阪で2025年に再び万博が開催されることが決定しました。

P1100072
また、USJでは息子がようやくアトラクションの身長制限が解けました。

9/25「フライングダイナソー」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-09-25.html


秋には、息子が音楽発表会でソロパートを歌うという名誉をいただきました。
BlogPaint


11〜12月には女子ハンドボールアジア選手権大会を何試合も観戦しました。

12/9
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-12-09.html
IMG_9534
準決勝の日本対中国ではおりひめジャパンが逆転勝ちし、会場は大いに盛り上がりました。

年末にはスノーボードに挑戦しました。
IMG_9655

12/30「九重スキー場でスノボに挑戦!」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-12-30.html

IMG_9653
顔が日焼けしてしまいました。


ほかにもたくさんの思い出ができた2018年でした!
IMG_9660
12/30には、3人で我が家の忘年会を開きました。家庭菜園の春菊と水菜に和牛肉のすき焼きを仲良くつつきました。


2019年も、家族3人仲良く平和な便りをお届けします!

おっと、家族の一員であるどじょうや金魚たちを忘れていました。メダカやザリガニも飼っています。

7/13「二匹目のどじょう」ほか
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-07-13.html

IMG_7766
新年もどうじょよろしくお願いします!




  

我が家3人でスノーボードに行きました。

八代市から九州自動車道で熊本インター経由、やまなみハイウェイを通り、向かったのは・・・

IMG_9650
九重森林公園スキー場です。

雪は少ないですが、九州でもスキーやスノーボードができるんですよ!

今年は未だ雪が少なく、約50cmの積雪でしたが、入門者の我が家には近場で雪遊びが楽しめてちょうどよかったです。

IMG_9652
息子はスノーボード初挑戦!

レンタルはウェア、ボード、ブーツの3点セットで5,000円
亭主はウェアは20年前からの愛用品を持っているため、スノーボード2点セットで5,000円でした。

亭主がスノーボードを楽しんだのは息子が産まれる前ですから、10年振りでしょうか?久しぶりの挑戦ですので、最初はふくらはぎの傷みが出ないだろうか心配で恐る恐るでしたが、少しずつ思い出しなんとか気持ちよく滑ることができました。



なお、リフト料金はICカードのデポジット料1000円が後から返金されるのを除き、8時間で大人5500円、小学生3500円でした。

スノーボード初挑戦の息子は
IMG_9655
さすがに子どもは覚えが早いですね!

転び方、起き上がり方から始まり、ボードの装着、リフトの乗り方はバッチリです。

ターンも早速マスターしました!
お見事!

動画もしっかり撮影したかったところですが、低温だとスマホの電源が落ちちゃうんですねー。


IMG_9649
休憩所でランチ
スキー場のお料理はお味はそこそこ、お値段もそこそこですが、ボリュームたっぷりで元気がでました。

IMG_9653
今年も3人仲良く元気に過ごすことができました。




  

12月15日に亭主は息子と友人アシモモ~さんと漢三人で田原坂へ出かけました。
IMG_9580


12月16日の日記
「西郷どんクライマックス!田原坂で西南戦争の激しい戦いを知る」
http://sekarashika.blog.jp/archives/54592559.html


友人アシモモ~さんは今年の夏から、お仕事の都合で東京から熊本へ単身赴任なさっています。

当初、「車はどうするんですか?」とお尋ねしたところ「いつまでいられるか分からないので車は持たないようにした。」とのこと。

熊本で車なしで生活することは、憲法第25条の生存権を主張しないに等しいと理解してきた亭主にとっては信じがたいことでした。

しかしながら、来熊以来、アシモモ~さんは、ツーリスト会社の社長ポンドさんと共に、公共交通機関、自転車並びにレンタカーを駆使されて熊本県内をくまなく訪問されているようです。

そのレポートは「アシモモ~のブログ」に詳細にレポートされており、熊本在住の私たちがこれまで全く知らなかったことや新たに気づかされる話題が満載です。


その、アシモモ~さんのブログ「田原坂訪問編」はこちら
https://blogs.yahoo.co.jp/anmako1976/16039662.html

アシモモ~さんの日記は極めてクオリティが高く、また、功績をあせり、先にアップした私の記事を侵さずとも後方からしっかり補足支援していただき感謝感激です。

同じ場所を同じ時間回ったはずなのに、当ブログよりも明確に分かりやすくまとめられており敬服いたします。
今後ともアシモモ~さんとポンド社長には熊本を広く紹介していただきたい。

アシモモ~さんは、田原坂を攻める前にはしっかりと「熊本城」を堅守されていらっしゃいます。
https://blogs.yahoo.co.jp/anmako1976/15925918.html


なお、西郷どんや坂本龍馬など偉人の影響で、幕末に明るい我が息子ですが、地理の知識は散々であることが2学期の通知表で露呈されました。

アシモモ~さん主宰のポンドツーリストにて修行させるのも一案だと思います。





  


JR鹿児島本線を熊本駅から博多方面へ6つめの木葉(このは)駅
Konoha_Station_3
(wikipediaより)

熊本→上熊本→崇城大学前→西里→植木→田原坂→木葉 です。

その木葉駅前にお蕎麦屋さんがあります。
IMG_9622
そば是 上々吉(じょうじょうきち)

お店はこのように普通の住宅兼店舗のディティール

車で参ったため一度通り過ぎてしまいました。

障子の引き戸を開けて、頭をかがめて敷居をまたぐと、あら素敵な空間が!
IMG_9619
2年前までは、当該建物の二階の民家部分で「木葉そば」の屋号で営んでおられました。

平成28年熊本地震で罹災されたご近所の由緒ある古民家の廃材を引き取られ、そもそも倉庫であった部分の内装を大改修されて再オープンされたそうです。

さて、席に着くとメニューに加えて目を引いたのは
IMG_9618
「おいしいそばの食べ方」なる指南書

そばに対する店主さんの思いがうかがえます。

丼ものなど大変興味をそそられるメニューも存在しましたが、お昼をずいぶん過ぎた時間に参ったので素直にお店のフラッグシップメニューである「せいろそば」をいただくことにしました。

あえて、十割と二八があったため、女将さんに「どちらをおすすめされていますか?」と愚問をなげかけてみたところ、「そりゃぁ十割をおすすめします」とのことでしたので漢三人で十割をいただくことにしました。

IMG_9617

IMG_9620
そばはやや細目に刻んであります。

店主さんの御指南どおりに、まずはつゆにつけずそのまま、次は少しだけつゆにつけてズズッと、さらに辛み大根とねぎをつゆにつけてズズズッといただきました。

つゆが濃く、大根が辛く、それらがぽそぽそっと口の中でほどける十割のそばにしっかりなじんでいるようです。

おいしいです!

「そばの風味」とやらを感じ取ることができなかったのは、空腹に負けて一気に食してしまったからでしょうか?もしくは、亭主のそば道に対する未熟さでしょうか?

漢三人ともあっという間に平らげてしまい、皆「大盛りにしとけばよかった」と悔やみました。

息子の十八番の台詞である「そばはのどごしがいいんだよ!」が聞けなかったので、二八にしてみても良かったかもしれません。


お店の壁には燦然と輝く
IMG_9621
ミシュラン掲載店の印籠

次回参った時には建物の一つ一つを眺めてみて、鴨せいろをいただきたいと思いました。
ごちそうさまでした(^^)





  

亭主は2019年当初の自己目標として、2月には熊本城マラソン、3月には鹿児島マラソンと中2週間空けてのフルマラソン出場をあげています。

去る11月18日に神戸マラソンに出場し、その後2週間で脚や身体がどれだけ回復するのかをチェックしました。

しかし、予想に反して右脚のひざ裏からふくらはぎの炎症がとれません。

整体の先生にお世話になり、施術と鍼治療で随分と回復に向かっているものの、本番に向けて長い距離やスピードを上げての練習ができておらずかなり心配です。

先週の日曜日には「走らなきゃ、でも、脚痛いし、雨だし・・・」と、家でごろごろしながら、防府マラソンのテレビ中継を見ていました。

IMG_9610
先頭集団を走る選手達

左端には、来年からのプロ転向を目指す公務員ランナー 1川内優輝選手。

対する右から二番目には、モンゴルの英雄 2バトオチル選手。

防府ではお馴染みの2人を中心に集団が形成されていました。
中盤からは雨が降りしきる中ペースは落ちたものの、集団での互いの駆け引きが見られ勝負が面白くなりました。

IMG_9611
川内選手は通常の長距離ランナーのような細さはなく、肉付きが良いのですが、それが毎週のようにレースをこなすことができるタフさにつながっているのでしょうか?


39kmの跨線橋の上りで力を溜めて下りでバーンとスパート!
IMG_9612
あとは独走状態、バトオチル選手もついていけませんでした。

亭主が期待していた通りの展開となり、ファンの気持ちを体現してくれるところがスターですね!

IMG_9613
優勝タイムは2時間11分29秒

タイムはともかく、彼は後半の粘りはどうやって生み出しているのか?

IMG_9614
優勝インタビューではいつものように早口で来年の抱負をまくし立てました。

必ず地元の方々への感謝の意を込めた言葉を添えることも忘れません。

埼玉県内での市民マラソン大会では仮装をして走って大会を盛り上げることもあるそうです。


今年4月にはボストンマラソンを制したスターが身近な公務員ランナーでなくなってしまうのは寂しいですが、今後より注目を浴びることでしょう。

2月の熊本城マラソンと併行して行われる熊日30kmロードレースに出場予定だそうです。

亭主はコース上ですれ違うことができれば嬉しいです!


脚はまだ痛みますが、川内選手に刺激を受け、雨の中を10km走ってきました。今年も残り少ないですが、年末のお付き合いにも負けずに頑張ろうと鞭が入りました(^_^)





  





2018年 我が家はNHK大河ドラマの西郷どんにはまった年でもありました。
image

年初の1月10日には鹿児島県を旅してゆかりの地を訪ねました。
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-01-10.html

11月11日には大河ドラマ館に行きました。
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-11-11.html


毎週日曜日の夜に家族3人で大河ドラマを楽しむことができたということは、それだけ平和な一年だったということです。

しかし、今から141年前の1877年、九州では日本国内最後の内戦である西南戦争が起こり、明治新政府の政治の進め方に不満を抱えた薩摩や肥後の士族と、対する全国から徴兵された政府軍とが、日本人同士、あるいは同郷の者同士が戦うという悲惨な歴史が存在しました。
seinan
その戦禍は熊本県内を縦横して繰り広げられ、特に江戸時代から玉名と熊本を結ぶ幹線道路であった田原坂(たばるざか)では政府軍と薩摩軍の間で十七昼夜に及ぶ極めて激しい戦いが繰り広げられ、西南戦争全体の戦死者約一万四千人のうち約4分の1にあたる人々がこの地で命を落としました。(鹿児嶋争戦一覧図:正念寺蔵)

「西郷どん」では先週12月9日に田原坂や玉名高瀬での戦いの様子が放映されました。西郷隆盛の末弟である小兵衛が戦死し、息子菊次郎が脚を銃弾で打たれるというシーンがありましたが、熊本ケンミンにとっては、「もう熊本編終わりかよ?」と思ってしまうほど、あっという間のわずかな放映でした。

亭主は、ドラマ最終回を控えた12月15日、息子と友人アシモモ~さんと共に漢三人、田原坂に参り、直に歴史にふれてみることにしました。

IMG_9549
田原坂の遠景

政府軍が北側から熊本城方面へ向かうためにはどうしてもこの田原坂を越えなければなりませんでした。他の間道は道幅が狭く大砲をひいて通ることができなかったのです。

IMG_9572
田原坂の入り口 豊岡眼鏡橋

IMG_9581

IMG_9561
田原坂は標高わずか約80m、延長距離約1.5kmの縦貫道でしたが、曲がりくねり、両側は断崖になった切り通しの凹道でした。薩摩軍はこの坂の両側いたる所に防塁を設けて政府軍を待ちかまえました。

田原坂の激戦は3月4日、雨の中で開始されました。
tabaru03
守備する薩摩軍を攻めあぐねた政府軍でしたが、警視庁巡査や旧合津藩士族で臨時に組織された抜刀隊(ばっとうたい)の活躍で活路を見出し、徐々に戦況を優位にして行きました

薩摩軍は示現流で鍛えた白兵戦で勇敢に突撃していましたが、弾薬不足に悩まされます。
siryou2


また、田原坂での戦いは雨が多く、民謡にも唄われています。
IMG_9548
雨は降る降る じんばはぬれる
越すに越されぬ 田原坂
右手に血刀 左手に手綱
馬上ゆたかな 美少年


負傷した兵士は官薩問わず日本赤十字社の前身「博愛社」が治療を承りました。
その病院は正念寺に設けられました。
IMG_9571
正念寺
門には弾痕が残っています。


さて、熊本市はこの西南戦争に至る経緯や時代背景、戦いの様子などについての資料を展示し、学ぶことができる、田原坂西南戦争歴史資料館を平成27年11月にオープンさせました。
IMG_9558

siryoukan
屋根の勾配は田原坂をイメージして設計されたそうです。

館の外は見事な眺望であり、田原坂と同様の激戦地であった吉次峠を眺めることができます。
IMG_9556
吉次峠では赤いマントをひるがえす薩軍一番大隊長 篠原国幹が命を落としました。

館内では、様々な展示が目を引きました。
siryou1

なんと!この日は私たち3人のために資料館の館長さまが直々に詳しい説明を行ってくださいました。
IMG_9553
戦時中の実弾

田原坂では一日に約30万発もの銃弾が飛び交い、弾どおしが空中で当たりくっついた「かちあい弾」も多く出土しています。

IMG_E9552
戦争中に薩摩軍が軍費を調達するために管内で流通させた「西郷札」

IMG_9575
館発行の展示案内パンフレットが美しい漫画を用いて分かりやすくクオリティが高く秀逸です!

他にも大変興味深い貴重な品々を観覧でき、さらに懇切丁寧な説明まで行っていただき、大変有意義な日を過ごすことができました。中村館長様をはじめスタッフの皆様ありがとうございました。

お土産を買いました。
IMG_9576
当時の弾丸を再鋳造したものです。


さて、本日12/16は「西郷どん」最終回です。クライマックスはどのように描かれているのか?楽しみです!





  


第17回女子ハンドボールアジア選手権大会が熊本県を舞台に開催されています。
IMG_9460

我が家は11月30日の開幕戦を観戦しました。
http://sekarashika.blog.jp/archives/2018-11-30.html


それからすっかりハンドボールの魅力に取りつかれ
引続き何日も会場に足を運びました。
IMG_9536
12月2日(日)
Aブロック
カザフスタン対ニュージーランド 51-14で圧勝したカザフスタンが準決勝進出を決めました。

12月4日(火)
Bブロック インド対シンガポール
IMG_9535
序盤から優位に試合を進めたインドがシンガポールの猛追をしのぎ22-17で逃げ切りました。

12月5日(水)
この日は息子とママのみ観戦
Bブロック首位をかけた韓国対中国
IMG_9537
意地の攻防は韓国が24-21で勝利!

インド対香港戦は白熱した熱戦で一点差で香港の勝利!

12月7日(金)
熊本県立総合体育館では
日本対中国の準決勝戦が行われました。
IMG_9531
金曜の夜でしたが、そこそこのお客さんが入りました。

県民が、ハンドボールの「魅力」を感じることができるイベントを開催すればもっとお客さんは入ることでしょう。


一般のお客さんが持っている疑問は「あのボールって硬いの?」とか「チャージって何?」などの基本的なことです。

運営主体がしっかり汗をかかないと一生懸命がんばってくださるボランティアの方々が戸惑っていますよ。

ハンドボールは野球やサッカーなどに比べるとマイナーな競技ですが、生で観戦するととても迫力とスピードがあり大変おもしろいスポーツです。ぜひこの魅力が多くの方々へ伝わり、来年の世界選手権が成功するように祈ります。

例えば、会場の外やホワイエで7mスローを体験できるコーナーを設けてみるのもいいかもしれません。



さて、準決勝の対中国戦は大変白熱した試合でした。
IMG_9532
中国に常に先行されますが、前半11-11で折り返しました。

中国のGKは大柄でこの日は大変当たっておりサイドからのシュートを多く止められ苦戦しました。

後半も中国に食らいつき、残り2分でついに勝ち越し、最後は24原主将の「スカイプレー」でとどめを刺しました!見事なプレーでした!
hara
この日8得点をあげた24原希美主将(三重バイオレットアイリス)

itano
好セーブを見せた12板野選手(広島メイプルレッズ)

ハンドボールのゴールキーパーは素手でボールを止めるんですね!今大会まで知らなかった・・・。

kametani
同じく好セーブの30亀谷さくら選手(ニュークビン=デンマーク)
身体を張って中国の壁となったピボット28永田しおり選手(オムロン)
堅守攻守で効いた25大山真奈選手(北國銀行)

IMG_9533
勝利の瞬間雄たけびをあげるおりひめジャパン

IMG_9534
この勢いで、12月9日(日)決勝の韓国戦でも勝利をおさめアジア女王として来年の世界選手権を迎えてほしいです。

残念ながら我が家は観戦に行けません。Jスポーツでは録画中継~、スポナビでも反映されないのか~。


決勝戦は午後3時試合開始です!





  


ここは、熊本県庁
IMG_9468
銀杏の樹が黄色に色づいています。

P1100320
通常とは何か異なるプロムナードの様子

IMG_9469
庁舎がワンピースのキャラクターで彩られています。

この度そこに、ワンピースの主人公ルフィの等身大立像が設置されました。
P1100315
これはすごい!
カッコいいです!
ワンピースファンなら必見です!

P1100317
ブロンズ製174cm、台座30cmの上に笑顔で立っています。

亭主は除幕式翌日の12月1日に拝ませていただきました。
P1100319
ルフィと一緒に記念撮影をしようという方々が長い列を作っていました。


像の除幕式は11月30日に行われました。

ワンピースの作者である熊本出身の尾田栄一郎さんは熊本地震の復興支援のために多額の寄付をされ県民栄誉賞を授与されています。

式には尾田氏の両親や週間ジャンプの中野博之編集長らが出席され、約1500人の方々が詰めかけました。

庁舎ロビーでは
IMG_9470
熊本地震の復興を支援するワンピースの仲間たちの軌跡を辿ったパネル展示が行われています。

尾田氏からのメッセージボードも展示されています。
IMG_9481

あらためて、像が建つということはすごいことなのだと分かります。

なお、今後、県内各地の市町村に「麦わらの一味(現在8人)」の像が設置され、各地の復興に寄与されるそうです。

一味の像設置は、大争奪戦の様相を見せており、県内31市町村から設置希望があっているようです。

どの市町村に誰の像が?果たして、ログポースはどの市町村を指すのか?

亭主が住む八代市には設置されるのか?

設置されるのは、トナカイの医者か?三刀流の剣士か?メロリンコックか?美人の航海士か考古学者か?ソウルキングか?狙撃手か?はたまた、スーパーな船大工か?

作者のストーリーはこれまでに多くの伏線が張ってあり、一味のキャラと関連がある箇所に設置される気がします。

像が設置されると、ファンの聖地巡礼が行われそうですね(^^)





  



このページのトップヘ