せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

2018年01月

熊本城マラソン2018に向けてじわじわと練習をしてますが、足の故障ではかどりません。

例年は一月第2週の日曜日に開催されていた「倉岳えびすマラソン」の開催が1/14(日)となり、同日エントリーしていた「熊本30k」と共に都合で出場できず、練習に抑揚をつけることにも失敗!
IMG_6795
使うことなくゴミ箱行きとなった熊本30kのゼッケン(背中用)です。

本番まで日が迫り焦りがでてきました💦
そのような中、1/27(土)には恒例の30k走を敢行しました。
image
我が心の師匠 金先生のメソッドでは本番の3週間前に30k走を行うこととされています。

午前9時は気温が−1.3℃
全く身体が温まらない中走りました。
結果から言うと撃沈です!
IMG_6801
5分33秒/kmとサブ4ペースに見えますが、実は…

グラフです。
IMG_6802
横軸は走行距離、縦軸は1kmあたりのペースです。

後半のペースダウンが悲惨なものでした。

15kmまではキロ5分台前半のハイペース、たまに4分台もあって明らかに突っ込み過ぎ
16kmでトイレロス
24kmで脚が売り切れジェルを補給
28kmではあまりの疲労でつまづき転倒!散歩中の高齢者の方に心配かけてしまう体たらく
なんとか30km走り切ったものの前半はオーバーペースでした。目標を下方修正する必要があります。


しょんぼりした亭主を癒やしてくれる、最近のお気に入りの練習場がココ
IMG_6756
熊本県芦北町の湯浦グラウンド

のすぐ東側に流れる湯浦川
IMG_6757
の両岸コース 

IMG_6806
マップをあげておきます。(クリックすると拡大します)
上流の広瀬橋を渡って、向う岸を走り、さらに下流の湯町橋を渡り元の地点に戻る一周約2kmの周回コースです。

IMG_6759
車はあまり通りませんし、夜間でも街灯が照らしてくれます。

ここを5周強ジョギングしストレッチを行い、後の楽しみは、コースに隣接する
IMG_6755
湯浦温泉 ヘルシーパーク芦北
公営の天然温泉で、石鹸、シャンプー完備で大人300円はヤスイ!

水風呂でしっかりアイシングした後は身体を温めることができます。

お腹が空いたら温泉前の
IMG_6520
清水食堂

創業40年超、元々は駄菓子屋兼タコ焼き屋さんだったそうですが、今は二代目が食堂として切り盛りされています。

この食堂、味は侮れません!
IMG_6521
ちゃんぽん定食 850円
唐揚げが3つもつきボリューム満点。
白米が艶々して、いいお米使ってます。

ちゃんぽんの方は
IMG_6522
県外出身の店主さんは九州のとんこつスープに馴染めなかったということで、この店のスープは「和風だし」です。

野菜の甘みととても合います。

IMG_6523
麺はオーソドックスですが、茹で加減も良く、美味しくいただきました。

走って、汗を流し、腹を満たす。
チープではありますが、ストレスなく欲求を満たせる近所のフルコースです。


ブログランキング・にほんブログ村へ          



熊本県八代市鏡町にやって来ました!
IMG_6786
八代海の堤防の上で「とごえる」親子!
指先はかつての我が家の別荘があった「天草」を指します!

この堤防の向こう側は
IMG_6784
堤防が絶壁になっておりすぐ海です。

この時は満ち潮でしたが、この海で育まれた牡蠣を食べることができる牡蠣小屋があります。

それが、これ!
IMG_6770
鏡オイスターハウス
八代市鏡町北新地
0965-53-9352

店内です。
IMG_6765
そうです。ただのビニールハウスです!

世界に販路を持つ「クマモトオイスター」発祥の地で三年前にOPENしました。
冬季昼間のみの営業であることや予約ができないことなどから、これまで訪れる機会に恵まれませんでした。

メニューです。
IMG_6783
鏡オイスター大は大ぶりの牡蠣4個、並は7個がざるに盛られて登場!

早速焼きまーす!
IMG_6780
平べったい側を下にして1分!

IMG_6779
ひっくり返して2分!

IMG_6781
アッ!という間にアツアツ・プリプリの牡蠣が味わえます。

IMG_6772
カキ飯 350円
ちょいと小ぶりですが充分です!

3人で牡蠣は3皿
他にも厚切りベーコン、お味噌汁、イカの一夜干し(これも柔らかくてうまい!)、ドリンク等
で約5,000円!

お腹いっぱいになりました(^^♪

牡蠣がなくなり次第、シーズンの営業が終了します。
道が分かりにくいので地元の方にお尋ねください!


ブログランキング・にほんブログ村へ          






何を今更と言われましょう。

一月も下旬にさしかかりましたが「初詣に行きました!」の類いの話です。

2018年は地元で初詣ができなかったため鹿児島に旅行に行った際に神社参りを行いました。

鹿児島市の
IMG_2410
照國神社
(写真は2016年撮影)

Shimazu_Nariakira_Terukuni_shrine
島津家28代当主 島津斉彬公を祭った神社であります。
(写真はWikipediaより)

IMG_E6693
平成三十年 皇紀二六七八年 戌年です。

IMG_E6691
雨模様にも関わらず、初詣等の参拝者がたくさんいらっしゃいました。


息子はせっかくなのでお守り(勝ち守り)を頂きました。
IMG_6718
力強い「十文字紋」のように日頃の生活をがっちり締めて欲しいものです。


さて、亭主はこの日の朝に恒例の旅ランを試みました。
足を少々痛めており、雨模様であったため走行距離5kmにとどまりました。
IMG_6664
早朝の鹿児島中央口西口をスタート地点としました。

IMG_6666
照國神社の鳥居を過ぎ、鶴丸城あたりで折り返しました。

雨が降ってきたので天文館アーケードを利用させてもらいました。
IMG_6674 (1)
アーケードを走っていると

偶然
IMG_6671 (1)
天文館跡の碑を見つけました。

「天文館」の由来は江戸時代に島津家第25代当主島津重豪公が天体観測や暦の研究機関「明治館(天文館)」を設置したことに由来します。

当然
IMG_6670 (1)
近くに重豪の銅像があります。

アーケードを出た後は迷いながら
IMG_6678 (1)
鹿児島中央駅正面に出てしまいました。

IMG_6679
宿泊したホテルは西口ですので、駅構内を通って帰り着きました。


さて、初詣の二社目は
IMG_6709 (1)
霧島神宮を参拝しました。
神々のふるさとと称されニニミギノミコトが主祭神です。

なお、写真が見切れて大変恐縮なのですが、写真の門松の右側、さらに黒い碑の右側にあるのは、なんと!君が代に歌われる「さざれ石」です。


霧島神宮は雨にもかかわらず多くの方が参拝されていました。
IMG_6710 (1)
相当なパワースポットと思われます。
参拝される方々も皆神妙な表情です。

さて、霧島の地は、坂本龍馬とお龍さんが日本初の新婚旅行に出かけた地でもあります。

お守りを頂きました。
IMG_6716
せっかくなので明治維新150年限定の「維新守」です。

今年も家族の健康、そしてちょっとだけでもいいことがありますように!


ブログランキング・にほんブログ村へ          





昨年大ブレークした
『乃が美の「生」食パン』

一度食べてみたいなーと思ってました。
先日、熊本市南坪井にも店舗がOPENしたようですが車でちょっと立ち寄るには面倒な場所にあります。

今回、鹿児島旅行の際にふと思い立ち、店舗で購入することができました。

鹿児島市中央町
鹿児島中央駅から徒歩圏内
IMG_6687
乃がみ はなれ 鹿児島店

営業は午前10時からとのこと。昨年のOPEN当初は予約分で売り切れてしまっていたそうですが、現在は落ちついています。

日曜の開店間もなくだったため駐車場も余裕で停めることができました。10台くらい停められます。

店内は拍子抜けするくらいシンプルな造りで、カウンターに店員さんがお2人。棚にはテイクアウト用に紙袋に梱包された食パンがずらりと並んでいました。

nogmi1
二斤と一斤の2本も買いました。

二斤864円、一斤はその半分432円と毎日食べるには少々お値段高めです。

nogami

まずは、ご指定のとおりちぎって食べてみました。
IMG_6689
あら⁉︎
これをふんわりと言うのでしょう!

口にほうばり噛みしめると食パン特有の甘みが感じられ、口の中でまとわりついたり歯につくことなく喉を通りぬけます。


パンの耳も柔らかい。
通常、パンの耳は英語に訳すと「crust」や「heel」など固いものを連想させますが、乃がみのパンは耳もとても柔らかく白い部分との区別がつかないほどです。

これは美味いです(^^)!
家族三人で一斤をおやつとしてペロリと食べてしまいました。

まだ二斤も残っています。
賞味期限は4日で、それ以上は冷凍保存がオススメとのこと。

美味しいので期限内になくなってしまう予感はありました。

翌朝にはカットしてジャムをつけて食べました。

パンの風味がジャムに負けません。勝ち負けではありませんが今朝もパンの旨みそのものを味わいました。

2日目の夕方にはあえて切り口を食べました。もちろん袋に入れて保管していましたが、全くパサパサしません。


3日目の朝は、我が家のママの提案で軽くトーストにしました。

「生で美味しいんだから焼いても美味しいはずよ!」

いつも愛情のこもった朝食を提供してくれるママの言う通りにいただくと、

あら⁉︎これまた、

「カリッと、ふわっと、もちっと」

美味しい食パンを讃える3つの表現がいずれも増幅しているではありませんか!

見事に完食!

ネットでは「高い!」とか「ほかにうまいパンいくらでもある!」とか叩かれてもいますが、具体的にどこのお店とか教えて下さるとそちらのパンも食べてみるんだけどな~と思います。少なくとも熊本県にはないかな?

nogami1

鹿児島県には国分市にも販売店舗がOPENしたようですね。

熊本でも立ち寄りやすい場所に2店舗目が開店してくれないかなあと。

パン好きな実家のオカンに食べさせてやりたいなあと。

そう思った美味しい食パンでした。


ブログランキング・にほんブログ村へ          

鹿児島旅行の帰りに
霧島市の大行列レストランに行きました。

産直レストラン 黒豚の館

~黒豚の本当のおいしさを味わってください!~   
『黒豚の館』でお届けするバークシャー種純粋黒豚は、自然に恵まれた環境のもとで、霧島山麓、宮の元より湧き出る清らかな水とさつま芋や独自の飼料が与えられています。そして肉に熟度を与えるに必要な35週齢、245日の歳月をかけて大切に飼育された黒豚のみをお届けしています。『黒豚の館』自慢の黒豚をどうぞお召し上がりください。

期待が膨らみます!

しかし、この日は連休。お昼12時に行きましたがすでに大行列ができていました。

一時間ほど待ち店内へ
BlogPaint
4人掛けのテーブルが9、カウンターが4~5席、合計キャパ約40人

メニューです。
IMG_6696

注文して、またしばらく待ちました。

ヒレ、ロース、しゃぶかつの三種類が味わえる
IMG_6704
三味かつ定食 ¥1,600‐

具だくさんの豚汁、サラダ、豆腐がついています。
手前のたくあんのお隣は豚味噌ですね!

まずはしゃぶカツの断面
IMG_6702
別名「ミルフィーユカツ」
肉汁ジューシーです!


IMG_6707
ヒレの断面です。

IMG_6706
ロースの断面です!

両方とも厚みがあるにも関わらずとても柔らかく

わっぜ うまかです!

息子はかつ丼
IMG_6703
卵と玉ねぎの甘みがカツの衣とお肉にしゅんで、これも美味!

BlogPaint
息子も感動!

お客さんの回転は良くないですが
待って損はないお店です。

鹿児島グルメコンプリート!

ごちそうさまでした!
   

ブログランキング・にほんブログ村へ           


熊本県の我が家が暮らす地域では毎年1月14日の夕方にもぐら打ちというイベントが執り行われます。

2017年の様子
http://sekarashika.blog.jp/archives/2017-01-14.html

2016年の様子
http://sekarashika.blog.jp/archives/2016-01-17.html


2014年の様子
http://sekarashika.blog.jp/archives/2014-01-15.html


簡単に言うと
家庭の五穀豊穣を願って近所の子ども達がよその玄関先をわらでぽこぽこ叩いて報酬としてお菓子をもらうという和製ハロウィンのような行事です。

我が家の息子も毎年恩恵に預かっています。
お正月に続く1月の楽しみなイベントです。

tuto
わらづとも用意しました。


我が家にも絶対に大勢の子ども達が来るでしょう。
迎える側としても気を使います。

大袋系やアソート系のお菓子を買い込んでばらし、4~5つずつを袋に詰めて準備しました。
okasi
一戸建てが増えつつある我が家の近所ですから去年より多めに約110個用意しました。
(すべてなくなりました。)


子ども達が玄関先をポコポコやっている画像は過去の日記をご覧ください!

(ライブドアブログがスマホで写真の加工ができなくなったんでとても面倒になりました。)

息子は行事のため、もぐら打ちの参加が出遅れましたが
IMG_6748
この収穫です。

地域の皆様方ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ          







磯庭園からの桜島の光景はあいにく曇り空でした。
IMG_6632
庭園内、写真右下付近には鶴灯篭(ガス灯)が見えます。

しかし庭園内には他にも見どころがたくさんありました。

園内では
P1090701
島津牡丹展が開催されていました。

IMG_6617

botan
島津家と牡丹の関係は家紋にあります。

島津家の家紋は3種類あり

おなじみの
kamon1
丸に十文字紋

kamon22
替紋の桐紋

そして
kamon3
牡丹紋です。

1221年に島津忠久公が近衛家から牡丹紋を賜って以来丁度品に描かれています。


磯庭園のお隣には
IMG_6650
尚古集成館(しょうこしゅうせいかん)があります。

島津斉彬は国を護るインフラ整備と新事業の工場群を「集成館」と名づけて力を注ぎました。

尚古集成館はそのような島津家の文化と歴史と偉業を一覧できる博物館です。

斉彬公は、1851年に海外からの脅威に対し、海からの外敵から護るための大砲や武器、軍船を自前で作る必要があると考え、材料の鉄を溶かす溶鉱炉や反射炉建造に着手しました。

IMG_6616
反射炉跡は世界遺産に指定されています。

城郭の石組技術が応用され、湿気が入らないように精密に組まれています。

IMG_6613
かつての反射炉の模型がお隣にあり仕組みが分かります。高さは20mあったそうです。


園内にリニューアルオープンした
IMG_6646
薩摩切子薩摩焼の館も見ごたえがありました。

斉彬公は、反射炉に続けて、ガラス工場、紡績、蒸気機関の研究所など次々に設けました。
IMG_6645
売り物とは分かっていながら、見ていて飽きません。

薩摩切子は透明なガラスと色付きのガラスを重ねてデザインされています。

斉彬公は薩摩焼も積極的に輸出して藩の財政に充てました。
IMG_6647
鳳凰と花が描かれた薩摩焼の皿は270万円!


さて、旅の楽しみといえばご当地グルメです。
IMG_6625
園内には「薩摩土産処」としてお買い物や食べ歩きができます。

IMG_6618
明治維新150年と西郷どん放映に加えてインバウンドを見込んだテナントのリニューアルは気合の証拠です。


土産処ではさつま揚げをつまみました。
satuma
芋焼酎が欲しくなります。

芋焼酎の生みの親も斉彬公と言われています。

軍事力強化のために製造した雷管銃の爆薬にはアルコールが必要であり、当初は米焼酎を用いていたが、斉彬公はコスト削減のため芋焼酎で作らせた。当時は繊維質が多く匂いもきつい芋は焼酎には不向きとされていたが成功!それを工業用のみならず飲料用に改良するように研究を命じたのも斉彬公と言われ、明治期からはさらに改良され鹿児島を代表する特産物になりました。


さらにさらに、名物の
IMG_6619
ぢゃんぼ餅

右は(みたらし)しょう油味左は味噌味です。

6本でお値段は310円(ヤスイ!)

餅に二本の竹串を差した餅の格好が、武士が大小の刀を差している「両棒差し(ぢゃんぼさし)」に似ていることからこのように呼ぶことになりました。

多分 両棒→りょうぼう→りゃんぼう→ぢゃんぼ かな?

BlogPaint
薩摩武士に愛され、藩主と家臣共々味わった「ぢゃんぼ」は、現代の子どもも愛する薩摩銘菓です。


ブログランキング・にほんブログ村へ          

平成30年1月7日から西郷隆盛を主人公としたNHK大河ドラマ
「西郷どん(せごどん)」がスタートしました!

気が少し早いようですが、
家族旅行で鹿児島県へ行き、
ゆかりの地を訪ねることにしました🚗

まずは

「西郷隆盛誕生地」
鹿児島市加治屋町の西郷家跡地です。
西郷どん(鈴木亮平さん)と弟の従道が産まれ育った場所です。


公園内に碑が建てられています。

西郷どんは、薩摩藩独自の「郷中(ごじゅう)教育」により少年期を過ごしました。ドラマでは「ごうちゅう」と表記されてましたね。

郷中教育とは、地域ごとに自発的に実践された集団教育であり、最大の特色が「教師なき教育」であり、先輩が後輩を指導し、同輩はお互いに助け合う、いわば学びつつ教え、教えつつ学ぶ」という教育でした。学問のほか、徳育・訓育・体力づくりが中心で、武術の修練は重要で剣術は特に厳しかったそうです。

仲間と切磋琢磨しながら学び次第にリーダーとしての資質を身につけるこの「郷中教育」制度。これはまさに、現代の文科省が推める「主体的、対話的、深い学び(アクティブラーニング)」 そのものであり、コミュニティスクールの原点であることに驚かされます。薩摩藩が幕末から明治維新にかけて活躍していく人材を多く輩出できたのもうなずけるところです。

続いて、維新ふるさと館に行き
sego
こてこての記念撮影を行い
きら星のごとく輝いた薩摩の英雄方について学んだ後


旧薩摩藩別邸の 
仙厳園に行きました。 

桜島を借景とした広大な庭園をロケ地として、子役さんたちが暴れ周りました。

      
第29代 島津忠義が本邸として使用していた御殿です。明治17年に改築されています。


IMG_6642
望嶽楼(ぼうがくろう)
1600年代 島津光久が琉球国王から献上を受けた東屋であり、後に島津斉彬�(渡辺謙さん)と勝海舟の面会の際にも使われました。

御殿と望嶽楼の間には池があります。

ドラマ内で菓子を盗み食いしようと屋敷に忍び込んだ子どもたちが庭園の池に落ちたシーンはこちらで撮影されました。

さて、第一回目の放送では、隆盛の少年期を演じた 渡邊蒼 さんを始め、子役さんたちの演技が上手かったですね〜(^^)

大河の子役と言えば、
前回2017年 「直虎」新井美羽さんの演技が絶賛されました。
過去にも
2011年「江」芦田愛菜さん、
2010年「龍馬伝」で幼少期の龍馬役濱田龍臣さんもブレイク!
2009年「天地人」加藤清史郎さんは子ども店長で大人気!阪神ファンであることも好感度高いです。
少し古いですが、2003年の「武蔵」では市川海老蔵さん演じる宮本武蔵の弟子 城太郎 の役であった 三浦春馬 さんの演技がとても上手かったのを思い出しました。
 
我が家の子役は
BlogPaint

大河ドラマより「わろてんか」の芸人向きでしょうか?


さてさて、
西郷どんは、最晩年、西南戦争で敗走し、鹿児島市を一望できる城山に立てこもります。この日、城山から桜島の景色は天気に恵まれませんでした。

1877年明治10年9月24日、政府軍の一斉砲撃を受け覚悟を決した西郷どんは、40余名で岩崎谷を駆け下り、最後の抵抗を試みました。

しかし、途中、腰と太ももに二発の銃撃を受け、部下別府晋介に「晋どん、もうここらでよか」と介錯させたそうです。
 
その終焉の地にも碑が建てられています。

今回の旅行では、鹿児島県民の西郷どんに対する信仰の強さと、薩摩藩から明治初期にかけて活躍した偉人に対する敬愛ぶりをあらためて知ることができました。
          
明治維新150年を迎えた今年は、篤姫ブームに湧いた10年前よりも鹿児島の盛り上がりがすごく、また参る機会がありそうです。



ブログランキング・にほんブログ村へ           

今朝スマホにて、寝起きでは信じられないニュースを目にしました。

元、中日ドラゴンズのエースであり、中日、阪神、楽天の監督としていずれもチームを優勝に導いた
星野仙一さんが1/4にお亡くなりになられたそうです。

阪神ファンの亭主にとっては、2003年に19年ぶりのリーグ優勝をもたらしてくれた偉大なる監督であり、日本プロ野球界にも多大な功績を残した野球人でした。
 
2003年9月15日
リーグ優勝の日、赤星選手をグシャグシャにハグする闘将 星野監督


わざわざナゴヤで決めずに甲子園で決めてくれた恩があります。亭主が、ライトスタンドから目に焼き付けたこの光景は忘れられません。


古巣中日や憎っくき巨人からもぎ取ったチャンピオンフラッグを15年ぶりに拝みました。

強い求心力でチームに新しい血を入れ、熱い情熱で選手を動かし、厳しさと優しさを兼ね備えたそのマネジメント力も学ばせてもらいました。


「打倒讀賣!」
このフレーズが似合う「燃える男」


星野さんの胴上げされる姿が上手いなあと思ってました。

阪神時代


中日の時も


ほらね!
野球の魅せ方も上手いんですよ。

まだまだ、日本プロ野球界のために尽くしてファンの心を熱くしてもらいたかった。70歳は早すぎます。

心より御冥福をお祈りします



ブログランキング・にほんブログ村へ           

2018年も勝手気ままな亭主の日記をご愛読ください😊


まずは、以下、40代の父と小3の息子のほぼ実話!

新春から、親子の漫才❗️
スタート‼️

親:2017年がんばったねー

子:オレ、神ってた?

親:その言葉、もう古いよ!新しい話題ないの?(笑)

子:(タオルをマフラーに見たてて貴乃花親方風に)それはー、すべてー、あとでお話しさせていただきますのでー。(笑)

親:それに、自分で神ってたって思えることあったん?

子:サッカーで3点決めた!

親:えっ?そりゃすごいなー
(でも、相手は確か低学年の子だったよね)(笑)

親:他には?一年の振り返りとして、良かったことと悪かったことを一点ずつあげてみて?

親:まず、他に良かったことは?

子:カニ鍋でたくさんカニを食べたこと!(12/29)(笑)

親:おいおい!勉強よりもサッカーよりも、家族旅行よりも年末に食った「カニ」が上回るんかい⁉️


親:続いて、反省することは? てゆーか、まあ、悪いことがあっても忘れて、来年がんばろう!もう、いいことだけでいいさ!(子の自尊心を傷つけないように)


子:父ちゃん!何ば言いよっとね!反省は大切バイ!まだ治っとらんバイ!

親:えっ?じゃあ、何よ?

子:北朝鮮のミサイル問題タイ!

親:(なんと!熊本県の小3生が、緊迫した隣国との関係を、自分の課題と同等の扱いにするとは…。)
君、本当はクラスの中で孤立してないよね?

子:でも、だいじょぶ!我らの安倍首相が考え中だけん!(笑)

親:君はいつから自民党員になったんだい?

親:それでは、君のお年玉を我が家の教育費と防衛費にあてさせてもらうね💕

子:なんでやねん、もうええわ!

親子:どうも、ありがとうございました‼️


さて、2018年のお正月
我が家3人は熊本市と多良木町の実家をハシゴしました。


標高1721mの市房山は冠雪しており夕陽があたってきれいでした。

2018年も我が家の話題を中心に、様々なテーマをゆるく取り上げて参ります。

コメントなどありましたら、よろしくお願いします😊


ブログランキング・にほんブログ村へ           


このページのトップヘ