せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

2017年06月

新体制!ロアッソ熊本VSレノファ山口 2017 第20節

平成29年6月25日(日)
この日、熊本県内では大雨による警報が発令されていましたが、なんとか小康状態となり、試合は予定どおり開催されました。

昨日、陸上の日本選手権100m決勝が行われました。

直前に雨が降り日本人初の9秒台は持ち越しとなりましたが、サニブラウン選手が優勝し、世界選手権への出場を決めました。

さて、本日の相手は新興のレノファ山口

おいでませ!
相手も「今日は勝てる」と意気込んで遠征に来てるのかサポーターの声が実に通ります

しかし、我が軍よりドン底の最下位
2ヶ月も勝ちに見放されたチームにホームで負けるはずはない、いや、引き分けも許されない試合です。


今日は区切りの第20節です。

震災翌年、復興元年の今年は大きな期待はしていませんでしたが、約半分を終え「勝点15」は厳しいところです。
J2残留には「勝点40」が必要と言われています。

昨年の対戦成績は1勝1敗
アウェイでゴールを決めている41 菅沼選手に期待します!

この子も柏の下部組織出身でいわゆるイケヤチルドレンですね(^_^*)

キックオフ!
 
3バックで臨みますが、相手は左サイドからガンガン攻め上がり、引き気味になって、結局4枚で守っているのがいやな展開!

イエローも複数出ており、ディフェンスの粗さも目につきます。

前半29分、相手にCKを与えます。
「こりゃ、危ないな」

頭で合わされ、いつものようにこぼれ球を押し込まれ先制を許してしまいました。(ガックリ)

それからも防戦一方、支配率もかなり低いのではないでしょうか?

4分のアディショナルタイムも無用の長物。サンドバッグのまま前半終了。

いつも「風下の前半」を耐え切れていない気がします。

ここまで一番良かったことは、
なんと!
 
タオルがもらえたことです(^^)

後半も攻撃の糸口を見いだせないまま、時間が過ぎていくのみで、

後半18分、またもCKを拾われ、相手にフリーで落ち着いて決められ0-2

もはや、末期か・・・。


後半23分、早くも3枚目のカード36巻選手を投入します。

28分、相手のミスで間接FKをもらいますが実らず。

もはや、セットプレーに頼るしかないのですが、せっかくのCKのチャンスも消極的なミスでこれまた実らず。

相手は昨年までロアッソに在籍していた高柳選手を出場させる試合巧者ぶり。

じわじわ時間ばかりが経過し、最下位相手に完敗。
 
相手は十数試合ぶりの白星!


今日は、選手が一丸となって闘う姿勢が見られない、実につまらない試合でした。

また1週間熊本県民に下を向かせるのか?

いったい、日本のどこに足を向けて寝ればいいのか?

教えてくれ!

今日は際立って選手同志の意思疎通のなさが目立ちました。

選手同志が純粋にサッカーだけのことを話し合う場が欠けているのではないでしょうか?

焼肉会等も催されているようですが、緊急の短期キャンプでもやって、異例でも何でも、危機感を持ってやらないと、見る方もやる方もつまんないサッカーになってしまいます。

今一番耐える時期です。精一杯頑張っていただきたいと存じます。


ブログランキング・にほんブログ村へ        

大阪マラソン2017に出場予定!

平成29年11月26日(日曜)に開催される第7回大阪マラソン出場の抽選に当たりました!
osaka
まず、倍率4.11倍の第一関門を突破しました!

osaka
早速、参加料を払い込みました〜!

osakaco
コースマップ です。

大阪城公園をスタートして、御堂筋を南北に駆け、大阪南港のインテックス大阪展示場をフィニッシュとするコースです。

35km頃からは、橋やら自動車専用道路を多く通るコースのようですね。亭主は昨年2月の旧東京や昨年11月神戸でもその辺りからみるみるタイムが落ちました。

また、秋はまだまだ気温も高いので脱水症状にも気をつけねばなりません。
昨年の神戸マラソンの二の舞にならぬようにしっかりトレーニングしたいと思います。

2016年11月20日の日記「亭主 第6回神戸マラソン完走!」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2016-11-20.html
   

とりあえず、捻挫を完治させて
残暑の梨マラソン10kmで走力を見て本番に臨みます!
nashi
名産の「梨」食べ放題のこの大会

息子のサッカーの試合に被らない限りは、
我が家3人で参加を計画中です!(^^)!




ブログランキング・にほんブログ村へ        

桜島フェリーの名物うどんは450円!

2ヶ月前に誕生した姪っ子に会いに鹿児島市に行きました。

かわいい姪っ子の写真はありませんが、
西郷どん(せごどん)の写真はあります😄

来年の大河ドラマの主人公です。
今夏頃からクランクインだそうです。鹿児島県内でもロケが行われるでしょうね。

我が家のママは「鈴木亮平くんも来っとね!?」と西郷像の前で興奮していました😅


おいといて、なかなか行くことがない桜島に船で渡りました。

桜島行きのフェリーターミナルです。


鹿児島港から桜島港まで大人片道160円です。運賃は鹿児島から桜島行きは後払い、桜島からは先払いです。


船の下二層は車を輸送するスペースです。


船内からも桜島が拝めます。

乗船したら名物の

うどんを食べました。


かけうどん 450円
親子三人の乗船料400円より高いですね。

小さなさつま揚げがのっています。


麺は平たくて柔らかいです。

味は「まあまあ」と言っておきます。

わずか15分で桜島に着きますが、慌てて食べなくても間に合います。


桜島が見えてきました。

桜島のターミナルでは、

サッカー日本代表 遠藤選手の栄光の品々が展示されています。

彼は桜島出身です。

船乗り場から徒歩10分程歩いて「桜島ビジターセンター」に行きました。

火山灰アートです。

ここには

全長100mの日本最大級の足湯が、あります。


鹿児島市内も一望できますよ(^^)

鹿児島市街へ戻りました。

鹿児島に来たからには、もう一つ食のノルマがあります。

天文館むじゃき アミュプラザ店

本来なら天文館本店に出向くところですが、諸事情により鹿児島中央駅内の支店に参りました。


アイス白熊(しろくま)M


白熊(しろくま)S

上野動物園の赤ちゃんパンダ誕生に多少なりとも乗っかれば良いのに、他を侵さず地道で保守的なところが鹿児島男児の粋なところです。

亭主の好物「プリン白熊(しろくま)」がメニューになかったのは残念でしたが、また、鹿児島に再来する理由ができました。


もう一つ鹿児島に再来する理由もあります。

美味しい食パンで有名な「乃が美 はなれ」(のがみ)が鹿児島に先日オープンした模様です。たまたま通りかかったこの日は既に完売していました。

九州では、福岡、北九州に続き3店舗目だそうです。

さぞかし、美味しいのでしょう。
次回はレポートしたい品ですね😋


ブログランキング・にほんブログ村へ        



暑い日はハイボールもイケる!

地元のショッピングセンターに行くと

我が家が大好きなカルディが八代にも進出するとのことです。

これで、エスプレッソのポッドも安定して調達できますし、解凍された生ハムを前菜としてビールをぐびぐび飲む姿も容易に想像できるようになりました(^^)

てゆーか、そのビールが6月から大幅に値上げされるとのこと!こりゃ死活問題ですバイ!

そ・こ・で!
この夏はウヰスキーにチャレンジすることにしました(^^)

亭主はNHKの連続テレビドラマ「マッサン」を見て以来、ウヰスキーに興味津々だったのです。

とりあえず入門用として

ブラックニッカ(ハイボール用グラスのおまけつき)を買いました。

ニッカ創業者の竹鶴政孝(マッサン)がこだわったのはピート(草炭)を燃やして乾燥させた大麦麦芽によるスモーキーフレーバーでしたが、1997年に日本人に飲みやすいウヰスキーにするためにノンピート麦芽を用いた製品を作りました。それが「ブラックニッカクリア」です。


まずはハイボールでいただきました。

栓を開けると、鼻の奥までふわっと!
ウヰスキーはとても香りがいいですね!

まず、グラスに氷をぎっしり詰め、ブラックニッカを1/3注ぎます。


炭酸水を入れ、マドラー(我が家では箸)で軽く1回かき混ぜてできあがり!

できあがったハイボールは爽やかでにわかにも飲みやすいです。苦味もビールほどではありません。

つまみも肉魚選びませんが、やはり揚げ物との相性が良くカロリーは蓄積されそうです。

一昔前、安いスナックで飲んだ、ぬるくうすい水割りでウヰスキー嫌いになっていたのですが、じっくり樽の中で寝かせられた本物のウヰスキーはとても美味しいのでしょうね(^^)

大人の味ロックにも挑戦してみたくなりました。

あ〜、こちらの方が木樽の香りがダイレクトに来ますね〜。

これ、うまいじゃないですか〜(^^)

しかも手軽に酔えて、ビールより身体に良いと言われてるし〜(真相は分かりません)

サントリーの山崎醸造所や、ニッカの余市醸造所に行って、ウンチクの一つや二つ仕入れたくなりました(^^)

 
ブログランキング・にほんブログ村へ        





監督解任 新 池谷ロアッソに期待!

ロアッソ熊本の清川監督が成績不振の責任を取り解任され、元監督の池谷社長が新監督に就任することになりました。

昨日朝にメールが来ました ↓





以下、清川氏のコメントです。

熊本地震で大変な中、チームを率いながらボランティアにも理解を示してくださった清川氏は不運もあり、なじる気はありませんが、内容も結果も散々たる状態ではトップの交代は仕方ないかと。

池谷さんへの交代はこれ以上の新たな不安を回避したと共に、チームの財政力と政治力を考えるとベターな落としどころかとも思いました。

一つ心配なのは、池谷さんが前回2013年にシーズン途中で就任した時とは違い、監督専任で退路を絶っているところです。このまま最悪のシーズンとなれば、熊本は現場もフロントも後継者不在のまま 池谷友良 という人材を柏に返してしまうことになるのではないか?
また、池谷さん自身も息子の成長と共に熊本からの退き際を意識しているのではないか?

上村健一、藤田俊哉、南雄太、カレン・ロバート、北嶋秀朗らのビッグネームを引っ張り、プロスポーツ不毛の地にサッカーを観るという文化を植え付けてくださり、

武富孝介、長沢駿、堀米勇輝、橋本拳人、シュミット・ダニエル、清武功暉ら、これから日本の主役となる人材を輩出した功績を考えると、

フィレンツェのアルテミオフランキにガブリエル・バティストゥータの銅像が建っているのであれば、えがスタのグルメゾーンの一角にある彫刻「歓喜(TRIUMPH)」の隣に「池谷友良の像」を建立しても良いのではと思うくらい、九州の片田舎に尽くした貢献者を追い込んだ熊本の地盤の弱さも恥じるべきところです。

P1000104
フランシスコ・ソマーニ作




今回、熊日の運動部の記者は今回チームの英断を「異例人事 不透明さも」と切り捨てました。

厳しい異見もごもっともですが、「いらん事は言わんでよか!と」
ファンを路頭に迷わせるような無責任な結びよりも、立ち直ろうとしているチームを後押しするようなフレーズでも捻り出せないものか?と、少々残念です。


願わくは選手達には、6月17日、新監督の55回目の誕生日を白星で祝い、25日に熊本で最後まで気迫溢れるプレーをすれば、7月1日にファンはスタジアムを赤いTシャツで染めて、これからもついて行くものと思います。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ        


芝生の手入れ 2017 その4(6月)

昨年は熊本地震以来、心が折れていた芝生の育成ですが、今年は頑張っています。

先月に芝生の土壌改良をした結果、例年に比べて上々の育成具合ではないかと思います。(あくまでも絶対評価であり、相対評価ではありません)

しかし、見てください

芝生の色づきにムラがあります。昨年も同様でしたが、施肥を行なった箇所と行なっていない箇所の違いであることは明らかです。


ジョウロにキャップ一杯の液肥を入れ、水を満タンにし希釈したうえでジョロジョロ撒きます。これを何度も行わなければならず、まあ、ムラが出るのもしょうがないですわ〜😓


そこで、またまた秘密兵器を手にいれました。

散水器や浄水器を手掛けるあのタカギと家庭園芸肥料のメーカー ハイポネックスジャパンが強力タッグを組みました。

液体肥料を手間なく散布
「ハイポネックス専用希釈キット」です。


ハイポネックスを装着にセットして、水道蛇口とつなげば、あ〜ら不思議!自動的に肥料を250倍に希釈して、かつ、ジャブジャブ散水できます。

別途、水道からキットにつなぐまでのホース(リール)と

上のようなアダプターを購入する必要があります。


このようにビャンビャン肥料を撒くことができます。

我が家が使用している「芝肥料メネデール」は、希釈率500倍が適量ですので、まず、空っぽのハイポネックス容器に2倍に薄めておいて、さらにキットで250倍に薄めることで、500倍希釈になるというところです。


施肥の前には芝刈りも行なってます。次回の報告は「成長」か「後退」かお楽しみに😅


 
ブログランキング・にほんブログ村へ        



マテオとドリスの区別がつかん!2017 6月11日 生観戦!

2017年6月11日、ヤフオク!ドームに阪神VSソフトバンクを観戦に行きました。

ここまで57試合34勝23敗 首位に2ゲーム差の2位につけている我が軍であります。

若い頃は年間10も20も観戦に(ほぼすべて遠征です)行っていた亭主ですが、近年は年イチで観戦に参る程度でしたが、スカパーでほぼすべての試合をチェックしている今季は球場に足を運ぶことにしました。


新幹線でちゃちゃっと博多に着き、バスで野球場へ着きました。








やっぱり生観戦はいいです。亭主は野球場が大好きです😄
 

先発は、ドラ2ルーキーの28小野泰己投手。富士大学だけど、福岡北九州出身と地元です。やってくれるでしょう!何々?親父が競馬好きでタイキブリザードにあやかって名付けられたんですと。どうでもええから、いいピッチング頼むわ〜!

と言ったのもつかの間、立ち上がりから全くストライクが入らず、2点献上〜。三回にもカウントを悪くした挙句、松田にタイムリー献上。しかし、ランナー デスパイネの走塁がなんか変!セカンド上本の判断さえ正しければ、ホームで刺せたのでは?

今年はエラーは確かに多いが、目に見えないミスも多数!

小野くん、力入り過ぎやわ〜。6回3失点でもリズム悪いといかんよね〜

なんとか中盤は落ち着き

ラッキー7👏

大和が出て、前の打席でホームランを放った44梅野選手が凡退するも

代打33糸原選手がライトへのタイムリーで一点差❗️

しかし、8回裏に頼みの高橋投手が2点を追加され万事休す😓

マテオドリスの違いも拝めず、2-5の敗戦でした。

敗因は先発小野の立ち上がりの悪さと直球から変化球へ切り替えなかった梅野のリードかと。60中谷選手もからきしで福岡出身の若手が力み過ぎたような気がします。

3番高山選手も緩急に対応できてませんね。「(両チームの)3番の違いやね〜」帰りのバスの列で一緒に並んだ徳島から駆けつけた大お姉様のコメントです。

ベンチの采配も?昨日柳田を封じ込んだ岡崎選手をなぜ起用しない?また、7糸井選手が振れるのなら7回高山のとこか8回の0大和選手のとこで代打だろうと。(しかし後からメンバーを見ると遠征メンバーに外野手がいない!から代えれない!ということが判明、それもどうか?)

まあ、しかし、広島も、あの球団も、負けたのが救いで、ビールもぐびぐび飲んで、とても楽しく観戦できました(^^)

同業他社の先輩と二人、阪神と仕事、家庭についてたっぷり談議することができ、とても満足した1日でした😄
 
博多駅三日月のクロワッサンをお土産にして我が家に帰ります。



ブログランキング・にほんブログ村へ        


 

芦北町でプリプリの赤足えびを食べる「えび庵」!

熊本県葦北郡芦北町(あしきたまち)の山城 佐敷城跡に初登城しました。

車で勾配を登り駐車場に停め、さらに徒歩で登ります。

しもた!足首を捻挫してたんだった!


本丸入口に着きました。

この城は加藤清正が、肥後国境を守る「境目の城」として築きましたが、江戸幕府の一国一城令の元取り壊され、さらに天草島原の乱の後、「壊しかたが甘い!」と幕府からクレームがつき、再度壊されたそうです。

登り終えたと思っていたら
さらに石段!(復元済み)

本格的に暑くなる前の時季で良かったと思いました。

標高87.3mからの眺めは格別です。

川の手前は「薩摩街道」鹿児島につながり、川の向こうは「相良往還」人吉につながります。

佐敷の町は、薩摩の国や球磨のほか、航路では天草地方へつながる交通の要でした。

街中の「宿」では、豊臣秀吉も篤姫も心身を休めました。(写真は交流館)


昭和5年9月13日には種田山頭火も佐敷の街を訪れ、三時間あまり行乞をして1泊40銭の宿「川端屋」に泊まっています。

薩摩街道から小道を入ると、山頭火の句碑がありました。

捨てきれない 荷物の重さ まへうしろ

佐敷城から西を眺めると

奥に見える「野坂の浦」は、奈良時代に長田王(ながたのおおきみ)が歌った名所であり、その歌は日本最古の和歌集である万葉集に収められています。

葦北の野坂の浦ゆ船出して水島に行かむ波立つなゆめ

訳:葦北の野坂の浦から船で水島へ行こう。波よ、決して立ってくれるなよ!


さて、山城を下り、西の不知火海方面へ行きました。

芦北町 計石(はかりいし)は不知火海に面している漁業の町

伝統漁法のうたせ船で、足赤えびや石えびなどの海の幸が港に水揚げされます。


それらの魚介類は他地域に流通され、これまで地元民もあまりありつけなかったそうですが、先日、町が地元水産業の情報発信と活性化を目的とした食堂を、OPENさせました。


芦北うたせ直売食堂 えび庵(エビアン)


店内の様子、40席程あり
先に会計を済ませるシステムです。


赤足えび天丼 1,500円

プリプリの赤足えびを贅沢に2尾使った天丼です。


衣は見た目より薄く、すぐにプリプリと弾力あるえびにたどり着きます。

えび本体の甘みと自家製つゆの甘辛さが相まってとても美味しいです。
頭も「剣先」をポキッと折れば、バリバリと食べれます。

お味噌汁は潮の香りがして、こちらも美味しい!

他にも単品メニューで季節のお刺身や

夏が旬の「石えび」のフライなどバラエティに富んでいます。

物販も充実

ちりめんじゃこも新鮮で美味しそう!

これはリピート必至です😄

 
ブログランキング・にほんブログ村へ        

水俣市立水俣病資料館で強く学びました

熊本県水俣市のエコパークみなまたでは

春のローズフェスタが開催されていました。


園内には750種6500株のバラが春(5月)と秋(10〜11月)に満開となります。


入場無料(お気持ちで協力金を)で目の保養ができます。

公園内には親水海岸、物産館及び食堂も整備され、家族で一日中遊ぶことができます。

護岸工事が行われた親水海岸からは恋路島が見えます。この日はあいにくの天気でしたが、夕焼けがとても美しいでしょうね。


園内には遊具を備えた広場や球技場もあります。通路は木陰も多く、ランニングには絶好の環境ではないでしょうか?

平成2年、それまで水銀を含むヘドロに汚染されていた水俣湾は埋め立てられ、58.2ha(東京ドーム13.5個分)のエコパーク水俣が完成しました。

高濃度の水銀を含んだ海底の汚泥をしゅんせつし、湾奥部の約58万平方メートルに埋め立てた上で、海との境界(護岸部分)に「鋼矢板(こうやいた)セル」と呼ばれる直径29メートルの巨大な円筒を隙間(すきま)なく並べて封じ込めています。熊本地震で水俣市は最大震度5弱でしたが、県は鋼矢板セルなどを点検して「異常なし」としています。

鋼矢板セルの耐用年数は50年とされていますので、腐食や破損の可能性もあり、県は2008年、水俣湾埋め立て地の耐震や老朽化対策を検討する有識者委員会を設置し、調査を続けています。

また、水俣の海は平成9年7月に県知事が安全宣言を出し、元の美しい海に戻りました。現在、沿岸・近海では安心、安全な美味しい魚が流通しています。

その広大な公園の一角にあるのが
 
水俣市立水俣病資料館
国立水俣病総合研究センター水俣病情報センター
熊本県環境センター

の三館です。

国・県・市が三位一体となり公害問題や環境問題について情報発信する拠点を設けました。


水俣病資料館は、
水俣病の歴史と現状を正しく認識し、悲惨な公害を再び繰り返してはならないという切なる願いと、貴重な資料が散逸しないよう収集保存し、これを後世へ継承していくことを目的として、平成5年1月に開館されました。


開館後も最高裁判決での国、県の責任確定。被害者救済策の施行。地域再生の取組等水俣を取り巻く環境は大きく変化し、近年館内はリニューアルされました。

受付で写真撮影の許可をいただき、支障がない程度に撮影させていただきました。


昭和31年5月1日は水俣病の患者が公式確認された日です。写真は当時の保健所の公文書です。

しかし、原因企業のチッソはその後もメチル水銀を含む工場排水を水俣の海に流し続けました。これは昭和41年まで続きました。



作家の石牟礼道子さんは類い稀な文才と方言を駆使して、表現を持たぬ水俣病患者の代弁者となりました。

写真は著作「苦海浄土」の中の一文です。


経済成長の流れの中で、企業、国、県の対応は遅れ、多くの被害者が苦しみました。

写真の左下は患者の方が身体の症状の緩和のために半年間で服用した薬の包装です。

水俣市はこの負の歴史から立ち直り現在では有数の環境都市として生まれ変わり
ました。

低農薬の野菜や柑橘類は全国でも有数のブランドです。

しかし、水俣病患者の方や水俣の方々がこれまでもこれからも背負わされている負の歴史は、私のにわか知識では到底語ることはできません。

幸い、亭主はこの夏に再度この資料館を訪れる予定があります。
正しい知識をしっかりつけて、これまでの無知、誤ちを反省したいと思います。

なお、館内はミュージアムショップも充実しています。


現在、熊本県内の全ての小中学生は水俣病について学ぶ機会があります。

この日も大型バスが何台も停まり中学生を降ろしていました。

資料館のパンフレットにも記載してありますが、「水俣病はうつりません。」

無知な知識は差別を生み出します。子どもたちにしっかりと教育をしていくことが私たち大人の責任であります。

    
ブログランキング・にほんブログ村へ          

ロアッソ熊本VS京都パープルサンガ 2017 第17節

2017年6月5日
今日は月曜日です。

熊本県では高校総体が開催され、高校生が己の練習の成果をここに出し尽くそうと熱戦を繰り広げています。

そのあおりを受けて、今日のサンガ戦は月曜開催となりました。

とにかくここまでホームでガタガタの4連敗中。
今日も確かに分が悪い相手ですが、個々が自分のサッカーができておらず、全員がバタバタしている様子。

マイナス11の状態からキックオフといった調子ですから、今日も勝てる確率は高くないでしょう。


キックオフです。

なお、今日は亭主の実弟によるレポです。

前半に1点、後半立ち上がりに2点
またPK献上ですか〜

合わせて0-3

こうなったら観客は試合終了まで何を楽しみにしたら良いのでしょうね?

かつて、阪神タイガースが非常に弱く万年Bクラスだった暗黒時代に、応援団は試合を投げ出し、スタンドの裏で賭博行為を楽しんでいるようでした。


おこしやす

それでも前節はFWを入れ替えて、2点取り返しました。

今日はFWを下げてDFの韓国人を入れました。
意図は何でしょうか?

嶋田選手は今日もキレがなかったのでしょうか?

ゲームキャプテンは誰で、何を指示していたのでしょうか?

精神的支柱の巻選手はベンチ外?


思い浮かぶのは、この人のドヤ顔だけですね。

試合後の挨拶もグズグズとして、いつまでも観客を待たせた姿が想像つきます。

J3に落ちたら、敵チームのスターを拝める機会もなくなります。

トップの入れ替え、今ではないでしょうか?

 
ブログランキング・にほんブログ村へ        

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ