せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

2017年05月

1年越しの「円山応挙」展は裏切らない名展!(6/4まで!)

八代市立博物館未来の森ミュージアムで開催されている展覧会を見に行きました。
 
世界的に有名な伊東豊雄氏の設計による建物は周囲との調和をテーマにされています。


正面エントランス

今回の展覧会は   
okyo1
「円山応挙」(まるやまおうきょ)展

本来ですと昨年4月に開催されるはずでした。学芸員さんが展示と作品のチェックをすべて終え、翌日の開会を目前にした4月14日夜にあの熊本地震(前震)が起こりました。翌日、当博物館は、来場者と作品の安全を考え展覧会の中止を決定してすべての作品を京都にお返ししました。八代市はその夜に再び大きな本震に見舞われました。

「お借りした作品を天災から無事に守った。」
当博物館の学芸員さんの誠意と努力が実り1年越しの展覧会開催となったのです。

会場では臨済宗の相国寺(しょうこくじ=日本最古の法堂建築として一六〇五年に再建)が誇る日本屈指の応挙コレクションや弟子の呉春長沢芦雪(ろせつ)の作品を目にすることができます。


また、臨済宗相国寺派の大本山である相国寺(しょうこくじ)の歴史が分かりやすく解説されており、相国寺の塔頭寺院(たっちゅうじいん=高僧の死後、墓を守るためにお弟子さんたちが造ったお寺)である金閣寺(鹿苑寺)と銀閣寺(慈照寺)に所蔵されている美術品も併せて展示されています。


さて、円山応挙(1733~95)は江戸時代中期に京都で活躍した画家で、伊藤若冲をはるかにしのぐ人気画家でした。彼の特徴は圧倒的で緻密な写生術であり、それまでの日本の絵画にはみられない斬新な制作法でチラシの「牡丹孔雀図」らが描かれました。

会場内には、長さ3.6m、幅1.4mにも及ぶ
「大瀑布図」などの26点が展示されていました。
taki
展覧会チラシより(実物をご覧になってそのスケールをお楽しみください。)


中でも亭主が注目したのは「七難七福図巻」です。
経典に説かれる七難と七福をリアルに描くことで、仏神への信仰心と善行をうながす目的で制作された絵巻なのですが、絵巻に描かれているのは写生ではなく応挙が想像した天災(地震など)と人災(盗賊など)と福寿(豊作など)の様子が非常にリアルに表現されています。
fuku
yahoo画像より(写真は福寿巻)

会場では触れられていませんが、天災の恐ろしさを身を持って感じた熊本県人へのメッセージが込められているのでは?と感じるとともに、

さらには、亭主が先月に観覧した熊本県立美術館での展覧会 「震災と復興のメモリー@熊本」に展示されていた  edoansei

国宝「江戸大地震乃図」 (安政江戸地震の情景を描いたもの)と相互リンクしているのではないか?とも考えられる名作でした。

(参照) 
5/16の日記「土佐の龍馬と肥後の小楠」展 


なお、展覧会場は(八代としては)非常に盛況で、学芸係長さんも駐車場整備で続々と訪れる観覧者への対応にあたっていらっしゃいました。
その姿にまた、大変頭がさがる思いで作品を堪能させていただきました。
           
    
ブログランキング・にほんブログ村へ         



Tシャツの先行配布がほしい!ロアッソ熊本VS水戸ホーリーホック 2017 第16節!

さあ、今日こそは勝てるやろ~!
とスタジアム入り前にチームのHPを覗いたところ素敵なニュースを発見しました。

以下クラブHPより
このたび、7月1日(土) 東京ヴェルディ戦、19時キックオフ)にて、株式会社マイナビ様のご協力により、「マイナビ×ロアッソ熊本 スペシャルコラボTシャツ」を来場者先着10,000名様へプレゼントすることが決定いたしましたので、お知らせいたします。
来場者10,000名様へのスペシャルコラボTシャツプレゼントは当クラブ初の企画となります!
「マイナビ×ロアッソ熊本 スペシャルコラボTシャツ」のサイズは、150サイズとメンズМサイズの2種類となります。

OvkKOs1slUpuJy6b
ありがたや、ありがたや!

さて、

対戦成績はこれまで全くの五分だけにホームで叩きたい!


試合は会場ののんびりした雰囲気同様、静かにパスをつなぎ合う展開。しかし最前列にはなかなかパスが届かず、そうしている間に前半25分、コーナーからつながれあっさり先制を許すと、わずか2分後にもシュートコースを見事に開けてバイタルからきれーいにミドルを決められる。
さらに37分にはまたも右サイドからDFが振り切られ、なんと0-3で折り返しとは😩

ハーフタイム、他会場では首位福岡が博多の森で、降格圏の群馬に1-3とこちらも許しがたい展開

アウェーサポ席は

フラッグもなく観光気分か?

後半から11グスタボ選手を投入し流れを変え一矢報いたい。

すると早速後半6分ゴール前で体を反転させてまず1点返す!

さらに11分CKからつなぎ、28林選手がヘッドで反らし2-3と一点差に迫る!

あと一点!
嶋田選手が絶好の決定機を逃した後は逆に劣勢。GK野村選手が当たり出すも、前半の3失点が痛くまたホームで黒星

右サイドは最後までザル同然でした。嶋田選手もあれを決められないのでは器以下の輩です。まあ酷かった。

地元局のテレビ中継があってるのに。
いい加減にせんかい!

そろそろ血の入れ替えも考えた方が良いのでは?と思わせる一戦でした。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ         

偉大なる鳥谷敬 選手に拍手を!

平成29年5月24日 対巨人戦の試合中に

平成のミスタータイガース
鳥谷敬 選手は頭部にデッドボールを受けました。

どうやら顔面を直撃したようです。

大量の鼻血はテレビを通してもはっきり分かり

検査の結果、鼻骨骨折とのことで今後しばらくの試合は欠場も免れないと誰もが思いました。

鳥谷選手はこの日まで、連続試合出場を歴代単独2位の1794試合にのばし、かつ、昨年の不振から脱出して首位を走るチームをけん引していました。


さて一夜明けて25日に、彼は鼻骨骨折にも負けず、フェイスガードを着用して代打で試合に登場しました。

結果はサードゴロでしたが一塁への疾走は亭主の心を打ちました。

(世間評「バットマン」ですが「ミッキーマウス」のようだと思います。)

また金本監督への「スタメンで行けます!」との言葉は、高給取りながらすぐ休む他の選手にも見習って欲しいものです。

これで、1795試合連続出場。
元祖鉄人 衣笠祥雄さんが持つプロ野球記録の 2215試合にはあと3年程かかりますが、なんとか達成してくれないものか。

彼が持つ関東出身のクールな雰囲気が、関西のオッチャン達には受けがいまひとつの感もあるようですが、記録を達成した暁には、「平成から◯◯(新元号)のミスタータイガース  鳥谷敬」として、彼の背番号1は永久欠場となり、すると「鳥谷 男前〜!」と全国のファンも認めることでしょう。

そうなると、さらに1987年に阪神に入団して背番号1をつけていた野田浩司投手は「目指せ 1 永久欠番 !」の約束を果たすことにもなります。


亭主は、彼のあと一つの記録である、あと87本に迫った通算2000本安打の今季中の達成と、今シーズンのタイガースの行方も気になるところで、今年も秋まで退屈しないで済みそうです😄


 
ブログランキング・にほんブログ村へ         


緊急!ケガをした亭主の週末!

亭主、足首を捻挫してしまいました〜😫
土曜日の夕方に子どもとサッカーして遊んでいた際に「あとワンプレーで帰ろうよ」と言っていたラストパスを受けた瞬間に左足首がぐにゃりと曲がってしまいました。


激痛の中、自転車をこぎ必死に帰宅しました。

横になりアイシングしました。RICE療法は基本ですが、とにかく痛い!近所の救急病院に行きました。

なんと情けないことよ😫

しかし、思いのほか診察もスムーズに進みレントゲンの結果、骨折はまぬがれ、即ち靭帯断裂もありませんでした。

ただ、家族には心配をかけてしまいました。

思い出しましたが、

こちらの病院には6年前にも夜間救急で参りました。

その時は、小エビの唐揚げがのどに刺さって取れなくなってしまったのです。

当時赤ん坊だった息子がいつ病気になっても安心なように病院の近所に住んでいるのですが、父親がお世話になりっぱなしです。

なんと情けねー😵


新しい診察券はくまモンって、
心だけでなく傷も癒してくれると良いのですが(^^)


本日は日曜出勤を反故にして、休養に努めました。

それでも、息子のサッカーの練習にチラリと顏を出し、さっさと帰宅し、家の掃除に精を出しました(ブラーバが)

掃除をしながら、テレビでバスケットのBリーグ セミファイナルを観戦したところ

栃木ブレックスが残り6秒で逆転という大接戦を制してファイナル進出を決めました。


亭主は日本人初のNBLプレーヤーである田臥選手のにわかファンです。

小さな身長で2m級の大男達を翻弄する姿が日本人の心をくすぐりますね。


来週は栃木VS川崎がファイナルを戦い、初代Bリーグ王者が決定します。

夕方はサッカーU20ワールドカップで

15歳の久保建英選手(右)が見事に決勝ゴールをアシストしました。

夜は阪神戦を観戦です。

なんと、ヤクルトのルーキ投手が打者福留選手に放った敬遠球が暴投となり決勝点をいただきました。

このように思いがけないことが起こるのがスポーツの面白いところです。


ただただ

24時間たち、亭主の足は内出血が下がってきた模様

早く治ってくれることを祈ります。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ         

呼子直送の新鮮なイカが堪能できる 八代の宗弘!

我が家のママはたいそうお魚料理が好物のようです。

先日は◯歳のお誕生日ということで珍しく外食しましたが、やはり魚料理のお店でした。

八代の漁師の店 いけす料理 宗弘(むねひろ)ではイベントとして「呼子のヤリイカ祭り」が開催中でした。

ヤリイカ御膳


美しく透きとおっています。

イカはデリケートな活きもので、輸送の際の水温に大変気を使うそうです。

この日食べたイカも新鮮な逸品でした。

同じ九州の港で水揚げされたからこそ、美味しくいただけたのだと感謝申し上げます。


ワタリガニも旬です。

甲羅をはがすと

ミソと卵がたっぷり!

亭主は好物のカワハギをいただきました。


よく見てください。

薄造りです。

新鮮な魚介類をゆったりした個室でいただき、家族がたいそう喜びました(^^)

店内のイケスでは、伊勢海老や大型のアラを始めいろんな魚介類が活き活きとしており、さながら水族館のようでした。

また来ようね!

 
ブログランキング・にほんブログ村へ         




芝生の手入れ 2017 その3(5月)

先週仕事上、ある造園業者様と面会しました。

流れで芝生の話となり我が家の庭の話に及んだ時の会話です。


我が家の芝生には、4月中旬に土壌改良材と肥料を与えました。

我が家の写メを見せると

「ありゃー、高い肥料使ってますねー」


「褒められてるのかどうか分かりません。ヒロシです…」


「その肥料、効きましたか?」


「効いてるのならあなたに相談なんかしません。ヒロシです…」


「肥料が雑草の栄養になっとるとです。ヒロシです…ヒロシです…ヒロシです…。」


つーことで、雑草に悩まされている我が家の芝生です。

ツメクサ(だろうと推測します)がしつこい!


朝早起きして、必殺「タンポポ抜き」を駆使しながらひたすら抜きます!


厄介なツメクサを根こそぎ除去しました。

次に全体的にまばらな芝生の改良に取り掛かりました。


表面には「ランナー」が目立つ場所もあります。

本来なら地下に潜っているはずのランナーが地表に目立ちます。

造園屋さん曰く、
「根を切った方がいいですね。あと目土を少し入れてみたら。」とのアドバイス

そこで、5/13

ローンスパイクで穴あけ(エアレーション)を行いました。


写真では横一列に穴が開いています。この後、縦にも穴を開けて格子状にしました。

エアレーションの機会は施肥の機会だそうで、4月に施した土壌改良材と肥料を5月に再び与えます。

「高くねっすか?」と揶揄された肥料です。


確かに、たかだか田舎の一軒家でやるべきことではないかも知れません。ヒロシです…。

肥料を入れ、「砂」を少し入れました。

「砂」は近所のホームセンターにおいて、土のう袋一杯に詰めて298円です。袋は一枚20円でした。

ざざっと広げて、熊手でならします。

砂を入れたら、たっぷり水をまきました。

今年は例年より力を入れて芝生の手入れに取り組んでいます。

当ブログをご覧の皆さま
我が家の手入れはあくまでも我流ですので、参考にはなりませんが、温かく見守って下さい(^^)

 
ブログランキング・にほんブログ村へ         



土佐の龍馬 肥後の小楠 展 の展示が濃い!

息子を口説いて男2人で熊本県立美術館に行きました。
熊本地震では収蔵品の一部に被害がありましたが、以前のように展覧会が開催されるようになりました。

今年度初の大型展として
 
土佐の龍馬 肥後の小楠」展が開催されました。

BlogPaint
会場入口では龍馬と一緒に写真撮影を行うことができます。

なお、「開催されました。」というのは残念ながらこの展覧会は5/14で終了したからです。

ただし、展覧会中の龍馬関連の史料は6月1~25日の期間に東京の「目黒雅叙園」で巡回展が開かれるようです。


ただ今、高知県立坂本龍馬記念館はリニューアルの最中であるため全国巡回展が実現しています。
ryomakan
本家の坂本龍馬記念館のリニューアルにも期待!

横浜市の設計会社ワークステーションさんがきっと素敵な新館を設計してくださることでしょう。


さて、会場内では坂本龍馬が姉の乙女さんや後藤象二郎に宛てた直筆の書簡や下関海戦図、幕長海戦図等の資料に加え
 
ryomawaki
龍馬が愛用した脇差等が展示されています。

また、龍馬が訪れたことがある熊本藩の儒者・横井小楠にスポットを当て幕末の肥後についても特集されています。

激動の幕末の時代に、国事に奔走した二人の足跡を辿った良展だと感じました。



熊本県立美術館は熊本城の広大な敷地内にあります。

その熊本城は修復に向けて工事が始まりました。


天守閣には鉄骨が差し込まれ、足場が組まれています。この後周囲には飛散防止の幕が張られますのでこれが見納めとなります。


熊本や熊本城が大きな災害にみまわれたのは昨年が初めてではありません。 

古文書や絵画等で熊本の震災史を振り返り、復興を目指した人々の歩みに目を向けた展覧会がこちらです。   
shinsaiten
「震災と復興のメモリー@熊本」(~5/21まで)

展覧会では元和5年(1619年)に倒壊した八代の麦島城にかわり新築された八代城の図や、寛永10年(1633年)に発生した熊本地震に関する証言書などが展示されています。

なお特別展示されていた
edoansei
国宝「江戸大地震乃図」 (安政江戸地震の情景を描いたもの)を観覧することができたのは良い体験でした。


当初、息子はいやいやながらついてきましたが、龍馬(ゲームのキャラで出てくるので名前は知っている)に関する展示や常設展示されている印象派の洋画などをじっくりと眺めている姿も見られ、父に「しめしめ」と思わせた一日でした。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ         

気持ちよく走ったが、ロアッソ熊本VS湘南ベルマーレ 2017 第13節

2017年5月13日
久しぶりに熊本県民総合運動公園の周回コースを走りました。

ただし、ロアッソ熊本の試合が行われるスタジアムの入場ゲートを起点終点として

試合開始2時間前にはまだ駐車場に空きがありました。

亭主を悩ませた花粉症もようやく快方に向かい、この日は約11km走りました。

806kcal消費 お腹すきました。


地震の影響から樹木が伐採され、少し木陰がなくなりましたが抜群の環境です。


スタジアムのお隣「パークドーム熊本」が地震のダメージから見事に復活!

こちらには、無料で使える更衣室とシャワーがあるので快適にランニングが楽しめます(^^)

さて、今日の相手も難敵

湘南ベルマーレ

かつてASローマで伝説を産んだジョカトーレ 今は自由な酒呑み 中田英寿 さんが所属していたチームです。


 前半30分頃までボールを支配して、11グスタボ選手と 8モルベッキ選手の両ブラジル人FWにボールを集めますが、なかなかシュートまでに至らず。

じわじわと湘南が責めに転じますが、ロアッソDF陣もよく統率され、前半は0-0で終了!

ハーフタイムに少しCM

亭主は今秋のマラソンシーズン三つの大会にエントリーしました。
fukuoka
11/12開催の福岡マラソン2017

kobe
11/19開催の第7回 神戸マラソン

osaka
11/26開催の大阪マラソン2017

いずれも抽選ですが、出場できたあかつきには「秋にもサブ4!大作戦!」を立てがんばります(^^)

さてさて後半

イエローカードを連発しながらも攻撃を凌ぐロアッソ

開幕戦で2ゴールをあげた9 安選手を投入してなんとか勝利への執念をみせます。

今日は監督を始めとするベンチと選手のコミニュケーションが取れており期待が持てます。

後半残り時間わずかで清川監督が切った3枚目のカードはなんとDFの3イムジンウ選手

なぜ?
植田選手にアクシデントがあったのか?

時間はあと1分!このままスコアレスドローか?

しかし、自陣ペナルティーエリアで、代わって入ったイムジンウ選手が相手を倒したように見え、ホームにとっては厳しいPKの笛!

これを決められ万事休す

0-1で試合終了。なんと泥沼の4連敗!

しかし、前節に比べて選手の前を向く姿勢が見てとれ次節以降は期待が持てそう!
ってしばらくアウェイの試合が続きますので観戦には行けません。

熊本の観光大使として、はるばるやって来た敵チームのサポーターを喜ばせることで熊本に貢献するのはほどほどにして欲しいものです😣

 
ブログランキング・にほんブログ村へ         

天草窯元行脚 2017 GW!

今年のGWは天草の窯元巡りをしました。

著名な窯元とこれからグーンと有名になりそうな窯元を巡りました。



まずは、天草市の玄関 本渡

丸尾焼(まるおやき)

たくさんのお弟子さんと息子さん方が跡を継ぐ金澤さんが主宰する窯元です。


様々な普段使いができる器が目を引きます。

続きまして、天草郡苓北町


雲舟窯(うんしゅうがま)


鯉のぼりの焼き物



旬のびわが引き立つお皿です。


こちらはミニ盆栽
流木を使ったエアープランツなども販売されていました。

流れに逆らわない自然な作風がいいなと思いました。

同じく天草郡苓北町の

内田皿山焼


内田皿山郷の山中、古内田皿山窯の由来は17世紀と推測され、有田焼・波佐見(はさみ)焼等に次いで磁器では日本で2番目に古い貴重な窯跡だといわれています。古陶片には中国明時代の染付磁器、赤絵磁器と典型的な中国絵文様が描かれ、素朴な中にも洗練された白磁の美しさが魅力的です。

現在も、この古陶片に描かれている荒磯紋を忠実に再現した素朴な民芸白磁の製品をはじめ、生活に密着した陶磁器や装飾品づくりが行われています。 


また、日本で唯一「たこ壷」が焼かれています。

まだまだ続きます。
天草市五和町手野

市山くじらや


古民家そのものが展示会場

早速、コーヒーでおもてなしを受けました。


主宰者の市山さんは壱岐出身のとても穏やかな女性

その柔らかさは作風にあらわれてます。

実家のくじら肉販売店から屋号を頂いたそうです。


さて本日の目玉


天草市天草町下田南

天草唐津十朗窯(じゅうろうがま)

こちらは夫婦で主宰されている窯です。


唐津で修行された亀山さんはみかんの釉薬が新作の特徴

亭主もある筋からいただき現在愛用しています。


奥様のサ苗さんが描いた絵付けは実に愛らしい!


最後に天草最大手の窯元

高浜焼 寿芳窯(じゅほうがま)

単身赴任の3年間、亭主がコーヒーを入れていた白磁の器。

そこに、ママが買い足してペアになりました😍

    
ブログランキング・にほんブログ村へ        

大型クルーズ船 クワンタム オブ ザ シーズ 就航!

先日、ママと2人でショッピングモール内のスターバックスでお茶していたところ


何だかいつもと雰囲気が違うことに気づきました。

お店の中にはたくさんのお客さん

ところが、よく見ると我々以外のお客さんのほとんどが外国のようです。 

BlogPaint
写真の中だけでも12/15の確率

九州田舎の熊本県八代市に多くの外国人観光客の姿が目立つ原因は

八代港に停泊した大型クルーズ船

クァンタム・オブ・ザ・シーズ

数年前には数年に一回だった熊本県八代港へのクルーズ船の就航は、2017年には約70回におよぶ見込みです。

2014年10月20日の日記「でかっ!超大型クルーズ船を見た!」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2014-10-20.html



そのような中で、我が家の近所に「生活空間」という謎の店舗が存在します。

普段は閉店しています。店内を覗いても人の気配がありません。


ところがクルーズ船が就航した日には

大型バスが次々に出たり入ったり


周辺道路も混みあいます。

どうやら、爆買い中国人ツアーを目論んだ中規模のショッピングセンターであり、クルーズ船が就航した日(時間)のみOPENしているようです。

敷地内はDUTY FREE!
日本人はお断りのようです。
       
なお、駐車場には仮設トイレも十台ほど設置されています。

また、この「生活広場」の徒歩圏内には、既存のディスカウントスーパーやドラッグストア、ニトリ、ダイソーが揃っており、ここを拠点にブラブラされる中国の観光客の方々がわんさといらっしゃいます。

中国の方々のマナーうんぬんは置いといて、地元に少しでもお金を落としていってもらえれば良しとしたいです。


八代港にはロイヤルカリビアンクルーズ社と熊本県が連携し、クルーズの世界的拠点として22万トン級の専用岸壁や旅客ターミナルが整備される見込みです。


今後は天草を中心とする熊本県南のポテンシャルをますます活かすために、八代と天草間の「フェリーの再就航」や「八天(ばってん)架橋」の再検討を急ピッチで進めるべきだと思います。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ        





記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ