せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

2016年04月

あの「フランク三浦」のウォッチを購入した!

平成28年4月の熊本ですが、
4/14、16の両日に「熊本地震」が起き
今でも昼夜問わず余震がずっとずっと続いています。

幸いに熊本県八代市の我が家は被害は免れていますが亭主もママも夜もロクに眠れません。

ただ、息子はかまわずスピスピ眠れているようで安心です。


自分で言うのもなんですが
ここ最近、亭主は疲れてます・・・。
多くの熊本ケンミンも同じように疲れていると思います。


世では「地質専門家」や「地震に詳しい」などとのたまう方々がこれからの日本列島の不安をあおっていますが、もはや、誰も信用なりません。


熊本県天草地方では4/4にザトウクジラが
網にかかり死亡していました。
kuzira
地震を予知していた小魚等を追って
内海に入り込んできたのではないかという
都市(田舎)伝説があります。

自然界の出来事を予知できるのは、自然に生きた者のみだろうと思います。


さて、亭主が錯乱状態にあった頃に
ネットの通販でポチッと発注してしまった
「フランク三浦」の時計が届きました。
P1090205

最近はすっかり話題沸騰となっていますが

念のため「フランク三浦」とは「フランク・ミュラー」のパロディーです。


しかし、そのクオリティが物凄い!

まずは外箱
P1090197
白い陳腐な紙箱にマジックで書きなぐられたロゴ(^^)/
直筆のプレミアムBOXと言われているらしいです。

miura
雑です!「浦」の文字に点がありません。

P1090198
過剰な包装は一切ナシ!ビニールすら覆われていません。


今回はフランク三浦のご当地版である
「熊本県バージョン」を購入しました。
銘板
「1」は天草四郎
「8」の位置には漢字で馬刺
「9」には辛子蓮根か?


「フランク三浦」の製品についている保証書がものすごい!
P1090202
[フランク三浦保証書兼取り扱い説明書兼保証規定]
(抜粋)

外装について
全て手作りで作っているため外装に多少の傷、文字盤に埃、異物、指紋まれにちぢれ毛などか混入しておりますが
これらは全て許容範囲内とお考えください。

防水について
フランク三浦は基本的に全て完壁な非防水です。
ダイビングや水泳に使用されるのは勝手ですが確実に水分が浸入して時計が破壊されます。

汗、気圧、温度変化などありとあらゆる水気や空気中の水分にすらに耐えられませんのでガラスの曇りや水分の浸入には
一切対応が不可能だとお考えください。
30度以上の高温にも全くたえられません。


ショックについて
落下などのショックによる耐久性は全く持ち合わせておりません。
2センチ以上の高さから落とした、ほんの少し壁やドアに接触したなどで故障した場合も全て自己責任です。

ウレタンベルトに調整用の穴が開いていない
ご自分で開けて下さい。

使用による皮膚のかぶれや湿疹などが起きた場合、直ちにご使用をおやめ下さい。時間は携帯電話、スマートフォン、駅の時計などでお確かめ下さい。

一日の遅れや進みか大きい場合
⇒電波時計を参考に毎日時刻合わせをして下さい。

どうですか?この無責任な保証書!

時計ゴミ
早速、ベルトにボンドのカスのようなものがついてます。
無理にとろうとするとベルトの表面まではがれそうです。

P1090200
時刻を合わせてから6時間程経ちましたが今のところほぼ正確な時間を刻んでいました

「火の国くまもと」と書いてある銘板を腕にしてより一層、熊本愛を感じてみようと思います。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ    




できることから始めよう!

地震から10日が経ちました。

(何か自分にできることはないか?)

毎日そんなことを考えていますが、

(できることから始めよう!)

まずは、会社のみんなで集めた募金で缶詰を買い
代表で避難所に届けることになりました。
P1010547
避難されている方々も昼間はおおむね仕事や自分の家の
片付けなどで避難所を留守にされています。

亭主が参ったのは「指定避難所」ではありませんが
P1010548
当座の物資は足りていたようです。
ただし、どうしても食事が単調となってしまうようで
「さばの味噌煮缶詰」は喜ばれました。

IMG_1926
各地には自衛隊の皆さんが張り付き
お世話をされています。
多くの家が断水する中、我が家の弟も
お風呂でお世話になったようです。

また、今回の地震の特徴は車中泊をされる方々が多いということです。
諸説ありますが、熊本ケンミンがいかに車を頼りに
生活していたかが分かります。

さて、
2度目の週末を迎え、熊本市の実家に向かいました。
高速道路が依然通行止めなので一般道路を通ります。

どうしても震源地となった益城町(ましきまち)も通行せざるを得ません。

IMG_1943
震源からほど近い、「飯田山(いいださん)」です。
この山の裾野に断層帯が走っています。

街中には
P1010549
このように甚大な被害を受けた家屋がいたる所に存在します。

亭主はかつてこの町の会社に勤務していましたので
その頃お世話になった方々がいかがお過ごしか心配です。
地震後間もないため、気持ちを察すると連絡すらできません。

今後、微力ながらボランティアをさせていただこうと思います。


被災地の前に我が家の復旧も急ぎます。 

外壁のひび割れは

図面で確認した結果

大きなダメージはないのではと思います。

IMG_1941
コーキングで応急措置

IMG_1942
モルタルの剥落と水の浸みこみを防ぎます。


また新しい1週間が始まります。
続震(余震)がある中、家族を残しての単身赴任は心配なことばかりですが
とりあえず自分ができることを一つ一つがんばっていこうと思います。


 
ブログランキング・にほんブログ村へ    




熊本城が崩壊!

熊本県や大分県などでは平成28年4月14日に続き
4月16日午前1時26分にもM7.3の大地震が発生しました。

こちらが「本震」とのことですが、情報なんて全くアテになりません。


予断は許しませんが
幸いにも熊本県八代市の我が家には大きな被害はなく一安心です。

それから丸一日以上たちましたが、
数十分から一時間おきぐらいに余震があり
そのたびにビクビクする週末でした。


亭主は、熊本市東区の実家のことが気がかりで
わずかですが飲料水や食料等を車に積み帰省しました。

普段は高速道路で30分ほどなのですが、
道路の隆起や橋げたの落下などで
九州自動車道が通行止めとなっており、一般道を通りました。

道路は避難する車や物資を求める車などで大混雑でした。

さらには河川橋と道路の接続部に大きく段差ができているため
通行がスムーズにはいきません。
また迂回しなければならない箇所も多く、相当時間がかかりました。

実家の両親はケガもなく元気でしたが、気がせいているのでしょうか?
いつにも増してどうでもよい細かいことで揉めていました。

実家には「被害はない」と聞いていたのですが

IMG_1919
外壁が剥離したり

IMG_1918
お風呂にひびが入っていたり

IMG_1914
室内の壁(石こうボード)がひび割れていたり

修復には時間とお金が少々かかりそうで
しばらく頭を悩ませなければなりません。


帰り道に友人、知人宅を訪ね無事を確認し

「熊本城」の近くに寄りました。
P1090189
「天守閣」のしゃちほこがありません。

kumashiro3
「天守閣の屋根」瓦が総崩れです。(共同通信社)

kumashiro
「天守閣の屋根」(西日本新聞社)

kumashiro2
「飯田丸」(西日本新聞社)

周辺は立ち入り禁止でした。
P1090192
長塀

P1090195
十八間櫓は熊本大神宮の上に落下しました。

P1090196
熊本県立美術館分館前の櫓は石垣もろとも崩れ落ちました。

熊本城のこのような姿は、我が家と同様に悲しいものです。

「阿蘇大橋」や「阿蘇神社」
熊本のシンボルが被害に遭うと絶望感を覚えます

亭主が大好きでお蕎麦を食べたり、いちご狩りをした
「南阿蘇」へのアクセスが遮断され当分行くことができないでしょう。


いやいや、我々は前を向いて進まなければなりません

「前 進!」




ブログランキング・にほんブログ村へ    




熊本県で大地震発生!

平成28年4月14日午後9時26分
熊本県益城町を震源とする震度7の大きな地震が発生しました。

現在、日付が変わり15日午前1時過ぎですが、
お亡くなりになられた方もいらっしゃいます。
御冥福をお祈りします。

ただ今、亭主も会社に行き仕事関係者の安否など
情報の収集等にあたっています。 

なお、我が家の家族や親戚は無事のようでひと安心です。
全国からメールや電話をいただきありがとうございます。

皆さん、今夜は眠れない夜となりましょうが、
力を合わせてがんばりましょう!

がんばれ熊本!がんばれ益城!

 

速報 ロアッソ熊本VSレノファ山口 2016 第4節

J2リーグロアッソ熊本は
ここまで首位と勝ち点3差の3位

前節はオリジナル10の清水に
力もスピードも及ばなかったところですが

今日は落とせないでしょう。

相手は今シーズンから昇格した
レノファ山口

スタジアムへのバス内で山口からいらした方と情報交換をしました。

山口市から青春18きっぷを利用して
来られたそうです。
つい先日もお子さんを連れて熊本に旅行されたそうで、今後もごひいきにお願いします

ここまでは友好ムードでしたが

試合開始わずか1分で相手に先制点を奪われます。
開始直後、終了間際
サッカーで多く点が入る時間帯です。
緩み、たるみとしか表現のしようがありません。

試合は一進一退し、このまま前半終了と思っていたところ
終了間際にまたも不用意な失点!
言わんこっちゃない!

しかし、サッカーで0-2からの逆転はよくあること。後半に期待!

すかさず、開始1分
清武のフリーキックから平繁の今季2点目で1-2

行ける!
亭主はビールも2杯目を迎え
期待も高まります。

後半23分、二枚替えで上村選手と齋藤選手を入れ勝負に出ます✊

その後、巻選手を投入してさらに攻め込みますが、ペースをつかめず敗戦・・・


レノファの舞みたいなのをやられ・・・

黒木兄弟対決は兄者に軍配があがりました。

いつまでもうまくいくとは思ってませんが、このままではマズイ

危機感を持ってがんばってください。


ブログランキング・にほんブログ村へ    




天草のカレー専門店「くいしん坊」

ここは、天草市本渡 

ここ10数年くらいの間にホームセンター等の大型店や
コンビニが出店した一角にあるカレー専門店
IMG_1813
「くいしん坊」

オーダーストップは午後8時30分と
亭主にとってはやや早く営業が終ってしまうので
なかなか行ける機会がありませんでした。

外観に比べ店内は落ち着いた雰囲気 。

山や滝など自然の風景写真や「エッシャーのだまし絵」が 

店内のいたるところに飾られていました。 (写真はエッシャーの展覧会のチラシです。)


IMG_1814
会社の同僚は「欧風カレー」を発注


IMG_1815
亭主は「欧風カレー」「インディアンカレー」との
「ハーフ&ハーフ」を発注!(¥860)


「欧風カレー」って 

(ヨーロッパってカレーがおいしいのかしら?)と思いながら 

ターメリックライスの底に、がしっ!とスプーンをくぐらせて口に運びました。 

あぁ・・・
おいしいですわ
とろみが強くこってりとした味わいのルーは
辛みがじわじわと後から来るおいしさです。

「こくまろ」という例えがぴったりとはまります。


さーて、満を持して「インディアンカレー」をいただきましょうか。

パクッ!

おお!辛い!

スパイスが効いたルーは
ひき肉と玉ねぎによーく「しゅんでます」!

そして我が社のスプーンは
BlogPaint
インドとヨーロッパの国境をくぐり抜けました ↑
二つの味が交じり合うこの地点はこれまたウマイ!

リピート必至です。

ごちそうさまでした


ブログランキング・にほんブログ村へ  

太宰府天満宮の「梅ヶ枝餅屋」さんのまとめ

九州の桜ももうじき見納めです。

福岡県や大宰府では桜とともに梅の花もきれいで県花となってます。

その梅の花に由来した
大宰府天満宮表参道の「梅ヶ枝餅屋さん」をまとめました

大宰府駅側から順に
P1090037
「萬屋」

P1090039
「松屋」

P1090040
お店の方が焼き具合を「覗く」しぐさがいいですね~

P1090041
おもわず購入!
亭主は中のあんが少し見えるくらい薄めの皮のものが好みです

P1090042
人気店「やす武」

P1090044
こちらはオートメーション

P1080788
焼き印がしっかり入っています。

P1090050
人気ナンバーワンの「かさの家」

BlogPaint
もちにふわっとした感触がありました。

途中寄り道して
P1090051
「スターバックスコーヒー大宰府天満宮表参道店」

新国立競技場を設計した隈研吾氏の設計によります。

P1090047
建物の内部です。
奥の中庭からの光が差し込みます。

P1090048
壁面にはオブジェが。

さて、
P1090053
「かのや」
オレンジのエプロンがポイントです。

P1090055
「寺田屋」

随分一の鳥居に近づきました。隣には「中村屋」もあります。

P1090056
寺田屋は手焼きです。

P1090057
「甘木屋」

他にも「きくち」「酒殿屋」などの有名店があります。
とても一度では食べ尽くせません。

焼き立てが一番おいしいですが、
テイクアウトして温めて食べてもおいしいですよ


ブログランキング・にほんブログ村へ  

恐竜の島「御所浦」で化石を発掘!

亭主の天草生活も3年目を迎えました。

春休みの息子を連れて
熊本県内唯一の離島(群)である
「御所浦(ごしょうら)諸島」
生まれて初めて行きました。

熊本県天草市の本渡港や倉岳町の棚底港からフェリーや客船で
約30~45分の所にあります。
IMG_1820
行きはパラパラッと雨が降りました。

「御所浦島」に着くころにはいい天気になりました。
IMG_1842
右が御所浦島、西側は牧島。
どの島も平地は少なく山の緑が覆う島々です。


この御所浦は恐竜の島として売り出しています。 
1997年、恐竜化石の発見を機に熱が高まりました。 
地質学的にも貴重な島であり
今では島諸全体が「日本ジオパーク」に認定されています。

IMG_1828
港にはティラノサウルスのモニュメント
このようなモニュメントが島の至る所にあります。

港から徒歩1分のところにある
IMG_1831
「天草市立御所浦白亜紀資料館」に行きました。

館内には島で発見された恐竜などの
化石の数々が展示されています。
IMG_1833


この資料館では「ハンマー」を貸してくれます。

なぜか?

なんと!
来館者自身が
「化石を発掘できる!」のです。

IMG_1841
館から徒歩数分の「化石採集所」です。

石がゴロゴロしているので、
足をくじかないよう気を付けてください。

早速、発掘開始!
IMG_1844
ハンマーで石をカチンカチンと叩いて割ります。
飛び散った破片で眼を傷めないよう気をつけましょう。

すると
IMG_1843
化石発見!

「・・・何の?」

資料館へ戻ると学芸員さんがていねいに解説してくださいました。
どうやらこの化石は 
「プテロトリゴニア・プスチュローサ」という
二枚貝の化石だそうです。

IMG_1848
新聞紙にざざっと包まれた化石 ですが

なんと!

約1億年前の白亜紀のものです。


化石は持ち帰り可能ですが
もしも、状態が良いものが見つかれば資料館に寄贈し
発掘者の名前は館内に永遠に残るそうです。 

これぞ、男のロマンですね😊


御所浦島は海の幸も豊富なので次回は
IMG_1850
丸2年も仕事と育児を両立してくれたママを連れてきて
ハンマーを打たずに、うまい魚に舌鼓を打ち
感謝の意を表したいですね 

「いつもありがとうございます!」


ブログランキング・にほんブログ村へ  

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ