せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

2014年04月

天草の「まっこて」うまかもん!

亭主が天草の別荘に住みついて一月が経ちました。
P1060251
熊本県富岡(とみおか)海水浴場の様子

コンビニの味気ない食事で済ますこともありますが
天草ならではの贅沢三昧をさせていただく機会があります。
P1000214
シマアジと鯛のお刺身
身のしまりが違います。こんなものは序の口です。

P1000215
岩ガキ
手のひら程の大きさがあり、これもプリップリです。
このカキは夏が旬であり、
これから近所の海でたんと取れるそうです。

さらに今が旬の海産物にめぐり合えました。
P1000273
生ウニ
亭主は魚卵が大好きです。
ウニ、いくら、とびっ子、白子、からすみ・・・

今回は特別に、お得意様から破格値で提供してもらえることになり
今が旬の「天草うに」を5本も調達してしまいました
(近所の方々へおすそ分けしました。)

うにの色は濃い方がおいしそうに見えますが
色が濃いのは卵巣で、色が薄いのが精巣であり

色が薄い精巣の方がコクがあっておいしく値段も高いそうです。

両方おかまいなくアツアツのご飯の上にかけます。
P1000274
写真は、びん1/5本分くらいの「うに」
しょう油をすこーしだけたらして潮の香りを味わいました。
1分ほどで亭主のお腹の中へ消えてしまいました

※「まっこて」=本当に、本当だ

ブログランキング・にほんブログ村へ

サイクルポートを新調しました!

今回は久しぶりに家造りの日記です。

我が家の庭先にあるのが
koya5
呼称「駐屯地」(ちゅうとんち)
koya6
幌は丈夫なターポリン生地で
自転車3台が濡れずに収納できます。

しかし、台風や強風の際には亭主が幌をたたまないと
飛んで行ってしまう恐れがありました。

そこで、この際サイクルポートを新調しました。
P1000259
まずは支柱部分の穴掘り

P1000263
コンクリート部分は「はつり」ます。

P1000264
コンクリートには鉄筋が入っているのでサンダーで切ります。

P1000268
支柱を埋めます。
レベルをしっかり計らないといけません。

P1000271
屋根をつけます。
プロの方にお願いしてよかったです。
自分での組立ては無理でした。

P1000275
脚は生コンで固定します。

P1000276
完成です。
支柱の根元はコンクリートが乾き次第、埋め戻す予定です。
小さめで完全に雨露がしのげるとは言えませんが
強風の夜に幌をたたむ必要もなくなり良かったです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

八代市のテイクアウト中華料理「謙張」

我が家に引越して2周年を迎えました
P1000257
玄関先のヒメシャラが新緑をつけ元気です。

さて、我が家から自転車で数分
P1000248
スーパーの軒先に構えたテイクアウト専門の中華料理店
「謙張」(けんちゃん)

我が家の食卓にもちょいちょい顔を出す
お気に入りのこのお店が
先日、熊本県内のフリーペーパーに紹介され
ついに日の目を見ることとなりました

目玉は「いもあめ(大学いも)」
P1000250
広いバットの上であめにからめられます。
このため、あめが均等にからまり、
いつまでもカリカリのあめが味わえます。

P1000254
やや大きめの乱切りにカットされたサツマイモは
断面をなるべく多くして、あめのつきが良くなるように
工夫されているようです。
いも自体も良いものを使っているようで
アツアツでも冷めても、しっとりとしたおいしさがあります。

P1000251
違う角度からも写してみました。

他にも身が柔らかい手羽先や唐揚げ等の揚げ物や
酢豚や海老チリなどの本格中華もあります。
炒飯はご飯のパラパラと玉子のふわふわ感が相まって
とてもおいしいです。

二十歳そこそこの時から
狭いお店を切り盛りするのはMさん
若い方ですがとても愛想が良い兄さんです。

「独立する時は教えてよ!食べに行くけん!」と申すと
「まだまだです。へへへ」と謙遜する近所の爽やかな青年です


ブログランキング・にほんブログ村へ

天草市本渡の風景

息子が生誕以来最長 5日間顔を合わせませんでした。

久しぶりに会うと随分と口が達者になり
寂しいながらも少しずつたくましく成長しているようです。

保育園の年長生ですので、来年は1年生です。
140413_122018
しかし、まだまだちびっ子でした


さて、天草市本渡(ほんど)
我が家の別荘がある街です。
140412_083426
「天草市役所」
近々建て替えられる予定です。
くまもとアートポリス事業の元で
画期的な設計になると思われます。

天草市は「東洋経済」が発表した人口5万人以上の全国都市ランキングによると
九州一住みやすいとお墨付きの街です。

亭主は約15年程前に天草の隣町に住んでいましたが
その頃に比べて(とても発展したなぁ)という印象です。

自転車で市役所の近くを散策していると
「あっ!ピーターパン!」
140412_083909
パン屋さん「ピーターパン」
15年前と同じ場所にありました。

140412_083747
ここの食パンはずっしりと重たいのに
すごくふわふわ、耳までとってもおいしいんです。
その食パンではさんだサンドイッチは具もたっぷりで
(熊本で一番ではないか)と亭主は思います。
朝は8時から営業しているそうです。

亭主が望む住環境は
「おいしいパン屋と品揃えが良い本屋さんが近くにあること」
ですので、我が家の別荘はその条件にピタリ合いました。

さて、街中をぶらぶら
140412_082907
「本渡諏訪神社」
天草島総鎮守の祈願社です。
早速、家族と亭主の健康を祈願しました

140412_083120
銀天街アーケードや中央街は相当さびしくなったようです。
と言っても写真は朝一番の風景ですので
昼間はもう少し人が集います。


再びバス通りへ戻り、別荘至近の天草市太田町
全国に一店舗のみある老舗菓子店
P1000199
「黒まん本舗」
「天草の味 黒まんの味」と唄われます。

P1000200
皇室ご献上の由緒ある天草銘菓です。
ほど良い甘さであり、コストの割に上品な味です。

P1000176
甘味もあれば魚もうまい

家族の支えもあり、なんとか頑張って行けそうです


ブログランキング・にほんブログ村へ

GT-R EGOIST に乗った!

先日、お得意様のご自宅で
とんでもない車を目にしました。

「日産GT-R EGOIST」 
BlogPaint
こんな所で日本最高峰のスポーツカーを
目にすることができるとは思いませんでした。

お金の話で申し訳ないのですが、
この車、車両本体価格で1,500万円
税金やオプションを含めると2,000万円以上します。
140411_165843
本物です。九州には一台しかないそうです。

あのウサインボルト選手が
金色のこの車に乗っていたと言えばそのステイタスが分かるでしょうか?
ボディーの色は20色の中からチョイスできるそうです。

140411_170306
エンジンは6気筒 3.8リットルのツインターボ

140411_171253
285/35の後輪 ホイールは20インチ
「近所ん者からは『タイヤの擦り減っとるバイ!』」
と言われるそうです。

BlogPaint
マフラーはチタン製、エンジンの音色が心地いいです。

140411_170450
よく見てください。メーターが340km/hまで刻んであります。

140411_170548
内装もボディーと同じ色
ドイツ製の牛皮張り
この車のためだけに飼育された牛から採れた皮らしいです。
少々の“G”にも耐えられる程
かちっとしたシートに腰かけさせてもらいました。

また、BOSE製のスピーカーの音の響きの良さは
素人でも分かりますよ。

特に車に詳しくなくとも「鳥肌が立つ」
そんな車を天草の地で見かけることができるとは
夢にも思いませんでした。

「今度乗ってみなっせ!」

いえいえとんでもありません・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ

安住アナが憧れたちゃんぽん屋(天草の別荘から)

亭主は転勤により天草で仕事をすることになりました。
藍より青い美しい海に囲まれたところです。

ということで
今後は天草の別荘からの話題も増えることになります。

美しい海に囲まれるということは
おいしい魚には事欠きません
140401_200721
別荘の近所のお店では
うにやあわびと旬の魚で彩られた海鮮丼が
わずか1,500円で味わえます。

さて、ここは
P1000190
「富岡港(とみおかこう)」

写真中央奥にほんのりと長崎市方面が望めます。
全国唯一の「ペンギン水族館」あたりの方角でしょうか?

きれいで広大な外海の景色をupしたいのですが
PM2.5か何か分かりませんが、
「もや」か「かすみ」のようなものが邪魔して
きれいな風景を撮ることができません。

花より団子ということで
食事の方はさっそく好機に恵まれました

幻の名ちゃんぽん店「明月(めいげつ)」
140403_130957
創業は明治初頭で創業百年以上を誇ります。
不定休かつ自家製麺がなくなり次第閉店ということで
幻なのです。

かつて、ちゃんぽんフリークであるTBSの安住アナも
休日に訪れたという話があるくらい有名なお店
です。

メニューはちゃんぽん(玉子入りや大盛りあり)と
ご飯、ビール、焼酎のみです。
お昼のみの営業なのに、ちゃんぽんをアテにして
ぐいっと飲む方がいらっしゃるのでしょうね。

140403_125441
ちゃんぽん 600円
鶏ガラと小エビのダシのようです。
キャベツ、モヤシ、きくらげの他、練り物が入っており
天草の香りがプンプンします。
黄色を帯びた自家製麺が奥に控えています。

麺の柔らかくも固くもない歯ごたえは絶妙でした。
さて、スープのお味は・・・

ガーン
花粉症なのか?環境の変化がもたらしたアレルギーか?
この日の亭主の鼻からは匂いが失われて、
全く味わうことができませんでした。

地元の方々が屈託なく「クセになる」とおっしゃるその味は
味オンチの亭主ごときがレポートするまでもなく
おいしいのでしょう。

再訪必至のこのお店
またレポートさせていただきます


ブログランキング・にほんブログ村へ
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ