せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

2013年12月

「我が家」の大掃除と忘年会

「我が家」に住んで1年半強ですが
しばしば自前でメンテナンスを行っています。
P1000719
床と壁の間の目地がとれてきたのでシールを打ち直しました。
シール材は300円程で購入できます。

大掃除も念入りに行いました。
P1000648
我が家は間接照明を採用しています。

P1000650
BOXの中に器具が配置されており、
時々このBOX内のホコリやごみを
掃除機で取り除いたり、拭いたりします。

P1000643
高所のガラス窓へは「はしご」を掛けます。
奥様が、しっかり押さえてもらってると思っていたら
写真撮影のため手放していました

換気扇の掃除も欠かせません。
P1000692

フィルターは油で汚れているので
定期的に取り換えます。
P1000695

P1000697
フィルターシートは10m入りを買いましたが
そんなにはいりませんでした。

P1000696
シロッコファンはきれいなままでしたので
取り外しませんでした。

掃除をしたら「ごみ」が出ます。
我が家の地区では、資源ごみの収集日が隔週1回
決められていますが
「雑誌類」や「段ボール」などは
雨が降ると収集中止になるのでたまっていました。
そこで、クリーンセンターへ直接持ちこみました。
P1000691
ごみを捨てる前後に計量場所へ乗り入れ
ごみの重さを計算して精算します。
料金は、10キロあたり100円です。
雑誌類等40キロあったので400円でした。


さて、家の大掃除を終えた後は
「せからしか我が家の忘年会2013」の開催です。

今夜はお店に参りました。
P1000718
「博多一番どり八代店」

P1000715
お店で食べる手羽先はおいしいですね。

P1000713
我が家は夕飯を外で食べることは滅多にないので
家族3人、楽しく!おいしく!いただきました。

自宅に帰り2次会
P1050857
「EXILE」をテレビで見ながら

ex
なぜか脱ぎ出し
「Rising Sun」を歌い、踊りだした息子

背景はクリスマスツリーにスイカのボール
まだまだ大掃除は終わってません・・・。

皆さまよいお年をお迎えください


ブログランキング・にほんブログ村へ

熊本城マラソンコース試走(向けて!その8)

熊本城マラソン本番まで50日を切りました。
LSDを兼ねて、コースの一部の試走を試みました。

P1000658
約11km地点「アクアドームくまもと」をスタート

P1000661
約14km地点では「ルネサス九州」本社前を通ります。
北京オリンピックベスト4のスエ・マエ ペア
ロンドンオリンピック銀メダルフジ・カキ ペア

ほかにも、熊本県八代市出身の福島由紀選手等
有望な選手達がここの体育館で練習しています。

なお、ここには第2関門が待ち構える予定です。

約15km過ぎから熊本市川尻(かわしり)の街中を走ります。
江戸時代に軍港や年貢米の集積場として栄えた街です。

P1000664P1000665
刃物店や和菓子店等が軒を連ねます。

熊本の地酒「瑞鷹(ずいよう)酒造」です。
P1000667
この会社は、熊本人がお正月のお屠蘇に
頂戴する「東肥の赤酒(とうひのあかざけ)」でも有名です。

約20km地点までは田んぼや水路の中をのんびり走ります。
P1000671
正面の山は「金峰山(きんぽうざん665m)」
熊本市のシンボルであり、
市民は金峰山の空を見ることで天気を予測します。
この山の中腹で宮本武蔵「五輪書」を記しました。

P1000678
約26km地点からは熊本港へ向かう一本道を走ります。
場合によっては海からの逆風が吹くかもしれません。
ただし途中折り返すと順風になるでしょう。

約30km地点まで、このあたりは周囲に何もなく
つらいポイントとなりそうです。

P1000682
約10km地点(往)と約32km地点(復)では
「熊本西大橋」を上り下りします。
標高差が20m程あるようです。

河川、跨線、跨道などありとあらゆる橋を越えるため
高低差があるのがこのコースの特徴です。
P1000685
橋の上からは市街が眺められます。
中央のポツンと高いビルが熊本駅付近です。

約32km地点前では
カレー屋さんからいい香りが漂ってきました。
P1000690
「カレーハウス印度亭」

P1000689
気になったので、練習後に行きました。
野菜のスープカリーとナン(ハーフサイズ)の
セットを注文しました。
疲れた胃腸には酷な位スパイシーな味でしたが
とてもおいしかったです。


さて、元の地点へ戻り
約23kmを3時間弱かけて走りました。

今回は市街地から外れたコースを試走しましたが
師匠曰く「ここば過ぎたら、後はもう少しだけん楽勝!」
(ここを過ぎれば、もう大丈夫!)

P1000686
左は師匠の実弟、最近は故障などで「不調」です。

亭主はこれでようやく月間100km超え達成です
エンジンがようやくかかり、調子が上向いてきました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

合気道っていいですよ!

亭主のライフワークの一つが合気道です。
始めて15年、ちっとも上手になりませんが
楽しく稽古させてもらっています。

熊本県御船町(みふねまち)の道場で教わり始め
熊本市や大津町(おおづまち)の道場で
袴を穿かせていただきましたが、
現在は熊本県八代市(やつしろし)の
盛武館(せいぶかん)で教わっています。
いろんな所で同じように稽古ができるのも
合気道の良いところだと思います。

八代盛武館ホームページ
http://yatsushiroseibukan.web.fc2.com/index.html

4月には福岡サンパレスで開催された
「祥平塾演武会」に参りました。
P1040234

P1040242
2,300人収容のホールで演武を行います。

P1040237
左はいつもお世話になっているU先生
U先生の「受け(うけ)」=受け身の役割ですが
久しぶりにホールに立ち、無事こなすことができました。

6月には盛武館が主催された「護身術教室」に家族で参加しました。
P1040557
うちの奥様は「及び腰」という技をかけました。
先生方に「スジがいい!」と褒められ、
いい気になっていましたが、すぐ飽きてしまったようです。

合気道はまず、先生方が前方でお手本を示してくださいます。
P1040559
左は道場長のU先生(前述のU先生とは別のお方です。)
右で「受け」ていらっしゃる方もUさん。
(頭文字がUの方は合気道で大成されるようです。)

合気道は親子でも楽しむことができます。
P1030974
高校生の息子が中年の親父を投げ飛ばします。

11月には地元のケーブルテレビが
稽古の様子を取材に来られました。
131113_193320
「少年部」の子どもたちも一緒に集合!

さて、亭主は今年も
「仕事だ」「家族行事」だと言い訳して
満足に稽古できたとは言えませんでした。

仕事納めの日に会社の同僚と行った自主練習が
今年の稽古納めとなりました。

しかし、このままではイカンので
来年に向けて、道着を新着しました。
P1000657
来年は充分に稽古して昇段を目指したいと思います


ブログランキング・にほんブログ村へ

台湾からのクリスマスプレゼント!

この秋に、ひょんなことから台湾の方と知り合いになりました。

9/15の日記「台湾からいらっしゃったんですって!」
http://sekarashika.blog.jp/archives/2013-09-15.html

台湾から船で日本へやって来た二人組。
自転車ツーリングで京都を目指すとおっしゃっていました。

しばらくして二人からメールが届きました。
旅が無事に終わったとのことでした。
miyo
一番右の女性が「ミヨミヨさん」
ちょっと道案内をしただけの私たちに
「お箸」をくださいました。

自転車にはオレンジ色の旗
20130917_133130
ここはどこでしょうね?
お会いしてから二日後ですから福岡県ですかね?
まだ9月だったので暑かったでしょうね。

12月に入り、お二人から今度は小包が届きました。
台湾名物
「SunnyHills(微熱山丘)」
「パイナップルケーキ」が入っていました。

「せからしか家族」は、突然のプレゼントに感謝感激です
ありがとうございます。
P1000501
外袋は麻製で凝っています。

P1000503
バター、小麦粉生地の中に
パイナップルの果肉と繊維が効いたジャムが入ったお菓子です。
個包装ですのでお土産に最適ですね。
パイナップルの香りが良く、コーヒーとの相性も抜群で
家族でペロリとたいらげてしまいました。

おいしかったので
このパイナップルケーキのことが知りたくなりました。

この「SunnyHills 微熱山丘」さん。中に入っていた栞を見ると
上海やシンガポールにもショップがあるみたいです。

「へ~」と感じつつ、さらにWebを見ていると
なんと!東京南青山に出店されたとのこと。
しかも、OPENしたのは昨日じゃないですか?

「SunnyHills」ホームページ
http://www.sunnyhills.co.jp/news.php

「せからしか我が家」の面々、
モノにつられたわけではありませんが
お二人のおかげで、台湾に親近感が湧きました。
「謝謝!」 本当にありがとう!

お二人には、年賀状とともに
ささやかなプレゼントを航空便で送りました。
無事に届くといいのですが・・・?

happyou
写真は息子の発表会の様子です。
「浴衣(ゆかた)」(着物?)を着て、日本の昔遊びを再現しています。
ところで、台湾って「浴衣」ってあるんですかね?


ブログランキング・にほんブログ村へ

ありがとう!熊本を愛してくれた戦士達

12月14日、ロアッソ熊本の今年最後の練習を見に行きました。
「練習を見に行った!」と言うと相当マニアックと思われますが、
それだけの思いをかけた選手が熊本を離れることになりました。

最後の練習は地元の高校生との練習試合でした。
試合が終わった後、ファンに囲まれる「背番号6」
P1050851

P1050848
福王忠世(ふくおうただよ)選手

兵庫県出身、まだ20代であり、
チームが発足した当初から頑張ってくれた
最後の“生え抜き”のミスターロアッソです。
我々が今、Jリーグの試合を生で見ることができるのは
彼の活躍によるところが大きいです。

今日の練習試合を見ても、若手選手に檄を飛ばし
明るく振る舞い、彼がチームに
大きな影響を与えていたことが分かりました。

試合の最後ではミドルシュートをふかして派手に悔しがり
寒い中集まった我々約200人程のファンを沸かせてくれました。

「まだできる」いや「もっとできる」選手です。
他チームでも頑張ってほしいものです。


もう一人大切な選手
P1050855
堀米勇輝(ほりごめゆうき)選手
(若干撮らされたようなあどけない表情ですね。)

今年のシーズン途中、
ヴァンフォーレ甲府からレンタル移籍で加入した
まだ21歳ながら“甲府の至宝”と言われる選手です。

若くはつらつと、左足で繰り出す素晴らしいテクニックで
熊本に活力を生み出してくれました。
今年彼がいなかったら、
ロアッソ熊本は下部リーグに降格していたことでしょう。

今日の練習試合では「10番」を着けてプレーしていましたが
格の違いを見せつけ、エースナンバーがすごく似合っていました。

彼は、5年後の「ロシアW杯」のメンバーに入っていてもおかしくない
まさにプラチナ世代の「これからの子」です。
もっと上のカテゴリーで頑張ってくれるでしょう。

二人がグラウンドを離れる際、
残ったファン一同、大きな拍手と声援で送りだしました。
「熊本のファンは、とても温かいですね。」


ブログランキング・にほんブログ村へ

熊本県高森町(たかもりまち)の風景

森高千里さん もちろんご存知ですよね?

彼女は熊本県出身でこの「高森」の地名を
逆にして芸名にしている。
との噂は単なる伝説であり、彼女は本名で活動しているようです。

その高森町にある「乗馬クラブ ブルーグラス」
 http://aso-bluegrass.com/

ここでは手軽に馬とふれあうことができます。
P1000593
ここの牧場の馬たちは乗馬のほかにも
県内のお祭りの時に奉納馬などとして活躍したりしています。

八代の「妙見祭」にも出張で出かけているそうです。
umamyouken
 ↑ 数年前の「妙見祭」での風景

せっかくですから親子で馬に乗せてもらうことにしました。
P1000598
頑張ってくれるのは「キティ号」(牝馬)
鞍上から馬に話しかけるとしっかり耳をこちらに傾けて聞いてくれます。

来年は午年、彼女たちの活躍の場が広がるといいですね。

P1000599
阿蘇の山々を見ながら、お馬に揺られ気持ちよかったです。

山の上に見えるのは雲ではなく、
中岳(なかだけ)噴火口からの噴煙です。


その後、ドライブのシメに温泉に行きました。
「月廻り温泉館」(つきまわりおんせん)
 http://www.tsukimawari.jp/

ここの露天風呂から眺める景色は
多々ある熊本県内の温泉の中で一番なのではないかと
亭主は思います。
P1000608
阿蘇五岳の一つ「根子岳」(1,433m)です。

この雄大な景色を眺めながら
我が子はひたすら湯船の底をもぐって進みます。

本来は他のお客様に迷惑なので叱るべき所ですが
バタ足でしぶきを立てるわけでもなく
スイーッとジュゴンのように泳ぎ、
ウミガメのように静かに息継ぎをしながら
おじさん達と会話していました。

おじさん達:「おっ、ボウズ!どぎゃん魚がおったかい?」
         (ねえ、ボク!お風呂の中には何の魚がいるの?)

息子:「マグロがおった!」

おじさん達:「ワハハ!今度はイカば探してけ~!」
         (イカを探しておいで)

その息子ですが、湯面からお尻を突き出し
「ほら!お山だよ!」とさけんだ時ばかりは
父親の説教に遭うのでした。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ランニング教室最終章(熊本城マラソンへ向けて!その7)

毎週木曜日の19時から
熊本市のうまかな・よかなスタジアムで
計8回開かれた「ランニング教室」に出席しました。

その日ばかりはなるべく定刻に仕事を終え
ランニングの基本を学ぶために
約90km弱の道のりを車で通いました。

第7回目のテーマは「ビルドアップ走に挑戦」でした。
P1000508
まずは、コーチの説明

P1000511
走る前には必ず体操、ストレッチ、基本動作のドリルを
行い、ケガを予防します。

P1000507
今回は痛めた脚も回復しましたので
Aコース(写真左側)の8km走に挑戦しました。

最初の2kmは、7分/kmペース
徐々にペースを上げて行き
最後の1kmは目一杯頑張って、4分半/km程でした。


そしていよいよ最終回!(第8回目)は
12分間走に挑戦!(フルマラソンのタイム予測)」

【12分間走とは】
全身持久力を調べるテスト方法の一つ。平坦なコースを使い、
12分間でどれだけの距離を走ったのかを測る。
その走行距離から、最大酸素摂取量を推定することができる。
フルマラソンのおおよその目標タイムも予想できるが、
12分間全力疾走もしくは全力に近いペースで走りきる必要がある。

ペアを組み、一人が走り、もう一人が応援することになりました。
P1000615
少々ブレていますが、1組目のスタート前
皆さん少々緊張気味です。

二組目では、亭主も頑張り2,650m走ることができました。

フルマラソンの予想タイムは
なんと「4時間05分~24分」という結果でした。

が、未だ20km以上走ったことがない亭主には
夢のような数字です。

これから大会まで少しずつ距離を延ばして
故障することなく本番を迎えたいですね。

P1000621
最後は参加者全員で(亭主もどこかに写っています)
「走ることは自分との戦い」とはよく言いますが
皆で励まし合いながら頑張ることができました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

熊本県南阿蘇村の風景その2

ある天気の良い休日に
熊本県南阿蘇村(みなみあそむら)にお出かけした記録です。
明朝に食べる「いちご」を狩りに立ち寄ったのは
「南阿蘇ふれあい農園」さん
 http://www.fureainoen.com/


P1000570
一面のいちご畑が広がります。

P1000571
いちご狩りの本格的なシーズンは1~2月
ちょっぴり早めですので実は小さく少なかったのですが
2パック程摘ませていただきました。(100g=200円)

P1000573
ヤギに人参を与えることもできます。

南阿蘇村にはいちご農園がたくさんありますので
また来月訪れようと思っています。

お昼御飯は南阿蘇村のランチとして鉄板人気の「お蕎麦」
訪れたのは「明神そば」さん
P1000574
場所は南阿蘇村白水(はくすい)「鬼官兵衛記念館」のお隣です。

「鬼官兵衛」とは、
旧会津藩の家老佐川官兵衛(さがわかんべえ)隊長
西南戦争の際に官軍を率いて薩軍の前に立ちはだかった方です。
(八重の桜では中村獅童さんが演じておられました。)

官兵衛公が旧白水村に滞在していた頃は村人にも慕われていたようです。
そば屋のお隣に位置する水源「明神ヶ池」で身を清めて出陣しましたが
薩軍との戦いで壮絶な最期を遂げられました。

その後、官兵衛公の遺徳は語り継がれ、阿蘇地方には彼の記念碑や
慰霊碑が十数もあるそうです。(以上、熊本県観光サイトなごみ紀行より)

さて、お蕎麦は
P1000576
盛りそば150g(800円)

一膳一膳に違ったお花が添えてありました。
「冷めたい」そばは「うす盛り」「盛り」「大盛り」と量によって
お値段が違います。
もちろん温かいそばもありますし、
ねばりが効いた「麦とろ飯」や大きい笹がきの「ごぼう天」
などのメニューもありました。

濃いつゆのように見えますが、ねぎを入れ
やや細めの麺にからめて
「ズルズル~ッ」とすすると丁度良い味になります。
5歳の息子が「くーっ!この、のどごし(がいいね)!」
のたまうのですからやっぱりおいしいのでしょう

やはり、いい水がいい蕎麦を産み出すのでしょうか?
大人にとってもすごくおいしかったです。

そのいい水を汲みに「白川水源」に行きました。
  http://www.vill.minamiaso.lg.jp/map/shirakawasuigen.html

白川(しらかわ)は熊本市内を流れ、有明海へ流れる一級河川
その源であり、毎分60トンの水がこんこんと湧き出ています。
P1000580
この水の透明度が伝わるでしょうか?

P1000582
毎日、水を汲みに来られる方が絶えません。


P1000585
我が家もポリタンク持参で少しばかり、お水を頂きました。

ここ数日はこのお水で
コーヒーを入れたり、ご飯を炊いたり・・・
すべてまろやかな味を楽しむことができました
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

熊本県南阿蘇村(みなみあそむら)の風景

ある休日、家族でドライブしました。
目的地は熊本県南阿蘇村(みなみあそむら)です。
asoyama
とても良い天気に恵まれました。
阿蘇山を南側から望みます。

熊本が世界に誇る「阿蘇山」は五つの山々からなる集合体です。
奥様の頭のすぐ右に見えるのが最高峰の「高岳(1,592m)」
左に白く煙が立ち上っているのは「地獄温泉(じごくおんせん)」です。

途中、行ってみたかったパン屋さんへ立ち寄りました。
「天然酵母 パン ダイゴ」
P1000554
久木野(くぎの)温泉館のお隣です。

daigo
お店の看板やチラシのデザインです。

お店の中は
P1000556
小上がりに畳敷きのスペースや

P1000558
木のテーブルでしっとりとお茶を楽しむ空間があります。

肝心のパンですが
P1000555
こんなお惣菜パンや

P1000557
甘いパンなどたくさん種類がありました。
写真は「クロワッサンアマンド」
さくさくのパイ生地の中にカスタードがたっぷり入っていました。

訪れたのは、休日の11時頃でしたが、
魅力的なパンが次々に焼きあがってきたので、
どれを買おうかとても迷いました。


続いて参ったのは本日の一番の目的
「阿蘇白水郷美術館」
P1000559

そこでは熊本県八代市在住の画家
澤村武山(さわむらぶさん)さんの個展が開かれていました。
P1000560
おされなポスターです。

P1000561
会場に入るとその作品の数に圧倒されます。
約60点が展示されていました。

カンバスに油彩で描かれているのは
P1000569
画家や亭主が住んでいる八代市のいとしき風景

それらに加えて
P1000563
「南阿蘇の風景」です。

青い空」「白い雲」「緑の山脈(やまなみ)」
「澤村トリコロール」全快の逸品です

これは、作者本人が今年の初秋、
南阿蘇にテントを張って住み込み、
地元の方々との触れ合いを通じながら
描きおろした新鮮な作品です。

P1000565
写真は作者が使っていらっしゃるイーゼル、パレット
この絵はまだ描きかけだそうです。

おっと、左に写っていらっしゃるのは作者本人!


最後に・・・
P1000562
作者の自画像をアップしときます

澤村さんの個展は12月23日まで開催中です。


ブログランキング・にほんブログ村へ

「まんさく園」冬の作品展

熊本県八代市にある
多機能型指定障害福祉サービス事業所
「まんさく園」さんへおじゃましました。
P1000528
その日は「冬の作品展」が開催されていました。

利用者の方々が製作された「手織物」の
大・大・直販市であり、
園の最大イベントだそうです。
mansaku
12月6日と7日の2日間開催されました。

P1000513
ポーチやペンケースなどの小物から
本格的な洋服やバックまであります。
初日はもっと相当な品ぞろえだったようですが、
売れ行き好調だったようです。

P1000512
どれも丁寧に手織された逸品です。
我が家はペンケース、ポーチ、エコバッグ、ストラップを購入しました。
それから、これも利用者の方々の手作りによる
フルーツケーキを1ホール購入しました。

P1000519
この日は地元のバンド「SORA」によるコンサートも開催されていました。
(リハーサル中を

その後、普段は平日しか食べられない
「クミン」(まんさく園に隣接するカフェ)のカレーを家族で食べました。

11/6の日記「平日限定のギャラリー&カフェ「クミン」」参照
http://sekarashika.blog.jp/archives/2013-11-06.html
P1000521
奥様は「チキンカレー&レッドカレー」セット
レッドカレーは東南アジア風、ココナッツ風味です。

P1000524
亭主はお勧めの「チキンカレー&野菜カレー」セット
野菜カレーは季節の野菜が入っています。
今日は里芋も入っていました。
二皿ともとてもおいしかったです

息子にもチキンカレーを一皿注文しましたが、
「おれクミンのカレーバクバク食べるけん!」の言葉どおり
一番乗りで見事に完食してしまいました


ブログランキング・にほんブログ村へ
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ