2013年07月

2013年07月19日

幻の焼酎「蔵魂」

夏バテ防止のうまかもんの続編です。

亭主は根っからのビール党
一昔前まではアルコール度数が高い「焼酎」は
ハードすぎてあまり飲めませんでした。

子どもの頃、祖父に焼酎のお湯割りを作った時、
コップから立ち上がる湯気のかおりの
記憶がトラウマにもなっていましたね

そんな亭主を変えてくれたのが
鹿児島奄美群島でしか生産されない「黒糖焼酎」です。

特に「里の曙」という銘柄は
洋酒のようなというか樽漬けされたような
香りでとてもスッキリとしていて
「焼酎をロックで!」という楽しみ方を教えてくれました。

「里の曙 奄美の杜」ボトル
amami1
孤高の画家「田中一村」の絵がラベルに使われています。

この「里の曙」は減圧蒸留で製造された焼酎です。
焼酎の製造法には「常圧(じょうあつ)」「減圧(げんあつ)」があります。

「常圧」は
昔ながらの製造法で
通常気圧の100度で沸騰させたものを蒸留させています。
原材料の風味がそのまま残り、濃厚でコクがあり
米や芋など原料のインパクトが楽しめます。

「減圧」は
蒸留器内の気圧を下げ沸点を低くして、
40度~50度の温度で沸騰させ、
雑味や原料のクセの成分を含んでいない部分のみを、再び液化させます。
そのためクリアですっきりとした味になります。
                           (引用多数です。すみません・・・)


さて、今回奥様の実家からまたまた焼酎を頂きました。

過去にいただいた焼酎は
13/2/9の日記「幻の銘酒 園の露」を参照
http://blog.livedoor.jp/okazy1985/archives/23720525.html

今回いただいたものはコレ
P1040799
なんと、3本も!

P1040800
「三本くびり」が見事!

減圧蒸留で作られた「蔵魂」(ぞっこん)Alc25℃
P1040803
これもまた現在では製造販売されておらず
数少ない貴重な品です。

今回頂いたものは、さらに樽で熟成させてあり
オークの香りが鮮やかでロックでキリリと飲むと
夏バテ防止になる、かどうかは分かりません


10数年前まで使っていたラベルもいただきました。
zokkon1
一升瓶用です。迫力が伝わる書です。

zokkon2
香り米を使用した四合瓶用です。
バックの色と描かれた稲穂がおしゃれです。

過去にいただいたこれらの焼酎
義父は「〇〇ちゃん(亭主のこと)の実家へ」と
プレゼントしてくださるのですが
いつも亭主のコレクションと消えていたため
ついに、しかられました

渋々ですが、次回実家へ帰る際に引き渡します。
しかし、義父が紡いだ歴史の数々
大事に味わいたいものです


ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年07月18日

夏バテ防止のうまかもん!

皆さま 暑中お見舞い申し上げます

梅雨も明け、ここしばらくは夏空が続いています
とても暑いですが、やはり空が晴れると活発になれますね

子どもを外へ連れて行きました
P1040741
「八代市民プール」 大人210円、幼児50円(ヤスイ!)

そのプールの前にはワゴン車を利用した
「かき氷屋さん」があります。
P1040764
どこか懐かしい風景です

うまかもんその1
P1040766
冷えた「水あめ」が売ってありました。(100円)
これも懐かしい・・・

翌日もまたプール
P1040780
「さがら温泉 茶湯里」(さゆり)
大人600円、子ども400円

ウォータースライダー(待ち時間なし)
P1040782P1040783
P1040784P1040785
「すべるけん、見とってよ~
「ハイハイ」
この風景が延々と続きました・・・

さて、うまかもんその2
人吉市「エベレストキッチン」のカレー
お店は人吉市唯一のボウリング場「人吉スターレーン」内にありますが、
発祥は熊本県多良木町(たらぎまち)です。
P1040798
「おすすめセット」950円

画像右側はカレー2種類、サラダ、チキン、ヨーグルト
さらにドリンクは「マンゴーラッシー」をチョイス

左の画像に入りきれていないのは特大の「ナン」
写真は「プレーン」ですが、
「チーズ味」や「ココナッツ味」も選択できます。
奥様からチーズ味を分けてもらいましたが、とても秀逸

セットのカレーは子どもでも食べられる辛さでした。
辛いのが好みの方は店員さんに伝えるといいでしょう。

このセットはナンと!
ライスとプレーンナンはおかわり自由です!
しかし、これだけでお腹いっぱい
そう、ナン枚も食べれません

・・・少しは涼しくなっていただけたでしょうか


ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年07月10日

太陽光発電は元が取れるか?

我が家に住まい、早1年が過ぎました。
住宅ローンはなんとか滞ってはいませんが
生活費は常に家計に重くのしかかっています。

我が家の家計の手助けとなっているのが
オール電化+太陽光発電 でしょうか?
gaikanleft
5.16kwのパネルを載せた我が家の屋根

収支の面だけに特化して簡単に検証してみると

       買電料   売電料   過去同月のガス料金
H25.6   6,839円  15,372円  8,199円

となり、電気料金(買電料)はゼロ!
しかも、儲けがでます

さらにオール電化にすることにより、
今までかかっていたガス料金がかからなくなることで
月に16,732円の効果が出ていることになります。
(なお、ここに揚げるガス料金は以前賃貸に住んでいた頃のLPガス料金です。)

暑さに強い我が家のハイブリッドパネルは
梅雨明けはもうちょっと効果がプラスになりそうです。

さて、冬季はどうでしょうか?

       買電料   売電料    過去同月のガス料金
H25.1  14,543円   6,048円   22,455円

となり、月に13,960円の効果です。
冬は照射時間が少なく太陽光発電の収入は激減しますが、
オール電化のため、高価なLPガス料金がゼロとなるため、
収支は変わらずプラスです。

としても年間で約20万円のプラスでは
太陽光発電のイニシャルコストである
約240万円を取り返すことは困難でしょう。

さらに発電した直流電流を交流電流に変換する
「パワーコンディショナー」
P1040737

夜中の安い電気料を利用してお湯を沸かしてくれる
「エコキュート」
P1040736

これら機器の維持費もかかります。

条件は様々でしょうが、結論を申すと
「太陽光発電で元は取れません!」

しかし、これまで電気料や省エネのことなど
考えたことがなかったことを加味すると
意識の高揚の点ではとても良かったと思えます。


さて、梅雨が明け
本格的な夏です。
P1040722
お隣のKさんから頂いた朝採れのキュウリ
大きなトゲは新鮮な証拠

P1040724
これはなんでしょうか?
熊本県植木産のご当地「スイカサイダー」

息子は「今年も泳ぐぞ~」のポーズで暑さをぶっ飛ばします


ブログランキング・にほんブログ村へ

okazy1985 at 20:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)家具家電 

2013年07月08日

芝(庭)の手入れその5

我が家のお庭の芝生について

12/11/13「庭の芝張り」
http://blog.livedoor.jp/okazy1985/archives/19812131.html
5/18「芝生の手入れその1」
http://blog.livedoor.jp/okazy1985/archives/28156714.html
5/24「芝生の手入れその2」
http://blog.livedoor.jp/okazy1985/archives/28409251.html
6/13「芝生の手入れその3」
http://blog.livedoor.jp/okazy1985/archives/29399299.html
6/22「芝生の手入れその4」
http://blog.livedoor.jp/okazy1985/archives/29647238.html

6/22の我が家の芝生
P1040618

それから約2週間経ち 7/7に芝刈りを行った後の庭
どうでしょう?
P1040729
随分と緑が濃い部分が多くなってきたと思われます。

さて、芝生に気をとられているうちに
玄関先の我が家のシンボルに非常事態が起こりました。
P1040725

P1040727
「かめ」の草花に元気がありません

P1040726
あっ!水がたまっています

掘り返してみると
P1040728
かめで熟成された焼酎・・・、ならよかったのですが、
水が全くはけきれずに底にたまっていました。

P1040733
唯一、かめの底にあけてある穴が粘土質の土で
埋まってしまっていたようです。
何を植えてもだめになったはずです・・・

P1040734
縁が欠けても、なお味がある100年ものの「かめ」
底に穴を増やし、しばらく干すことにしました。

P1040732
隣のセダムはようやく増殖してきました

P1040731
星に願いを

P1040730
この夏、これまで18万km乗ったRAV4をあきらめ
車を買うことにしたため
「交通安全」も祈願しました


ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年07月06日

寒の地獄(かんのじごく)温泉?いいえ、冷泉!

大分県から熊本県へ帰る道のり

この日は初夏にしては少し肌寒かったため
温泉に立ち寄り、温まって帰ることにしました。


前回に続き、ノープランのまま「秘湯」の看板に引かれ
車のハンドルを切ると

なんとそこは
霊泉(冷泉) 寒の地獄温泉」でした
P1040713

いろんな立ち寄り湯におじゃましている亭主ですが
こちらの「寒の地獄(大分県九重町)」は初めてです。
P1040708
由緒ありそうな湯治宿の外観です。

うちの奥様は「なんか誰かがテレビで入ってたよね!」と
明るいが、頼りにならないコメント・・・

P1040710
水路は湯の花が積もり真っ白です。

女将さんらしき方の話を聞くと
メインである冷泉場の他にも、加温した温泉があるとのことで
P1040702
左の「瓦久楽湯」へ進むと、息子と2人で貸切状態でした。

外から木漏れ日が差した雰囲気のいい石切りの湯船で
じっくりと温まることができました
イオウの香りは周辺の温泉に比べほのかです。

内湯には「冷泉」の湯船もついており
息子にせがまれ入ってみましたが
ひざ下までつかったところで降参

さて、温泉で体もすっかり温まったところで、冷泉湯の方も
覗かせてもらいました。
こちらは混浴ですが、水着着用です。

例年7月~9月のみの営業で
「今年は、昨日(6/29)から開けたばかりです。」とのこと。
P1040704
湯船の脇には神棚があり、厳かな雰囲気
源泉かけ流しの泉は透明感に満ち、なんとも冷たそう!
泉温は14℃ 触れると、やはり冷たかったです。

写真右の壁の向こうに、もう一つ湯船があり、湯治のご夫婦でしょうか
男性と女性の方が入浴されていました。

huroh
隣には「暖房室」 壁には一面に落書きだらけ
しかし、その落書きをよく見てみると
「10分達成」「30分新記録!」など
冷泉に入ることができた時間を記したものがほとんどでした。

P1040706
「この水は胃腸病にも効くし、化粧水にもなりますよ」と聞き
旅館の方の厚意に甘え少しばかり持ち帰り

我が家の奥様は、帰りの車中で
顔にプシュプシュかけまくってイオウ臭くなってました



ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年07月05日

湯布院の洒落た生パスタ屋さん

大分県から熊本県への帰り道
「パスタがたべたい・・・」とのたまった息子

「湯布院」の街中に入るちょっと手前で見かけたのは
イタリアの国旗と「ランチ」の看板

ここならパスタがあるだろうと思い車のハンドルを切ったものの
パスタとは異なる門構えがありました。
P1040701
「少し敷居が高かったかな?」と思いましたが、
雨宿りを兼ねて行ってみました。

「四季彩ホテル湯布院別荘」内の
ランチ専門店「彩々」
P1040678
なんとまあ「しゃれとー」店内
「写真撮ってもいいっすか?」と気取りながらも、
財布の中身を確かめる亭主・・・

鳥の声と川のせせらぎが聞こえる
渓流を眺めることができる窓辺のカウンターです。


店員さんは、雨に濡れた私たちを気遣うように
タオルを貸してくださいました
(ホテルのタオルって気持ちよかですよね)

テーブル席に着き
早速、パスタランチを二つ注文
P1040684
まずは、おかわり自由のバゲット(オリーブオイルつき)

P1040679
アンティは「ゆふ盆地採れたて野菜のパレット」
4種のソースと3種のお塩でいただきます。
真ん中のカプレーゼ、トマトの下はなんとお豆腐です。

P1040687
パスタは4種から選ぶことができます。
写真は「椎茸と森の恵み竹炭生パスタ(和風)」
筍はしゃきしゃきとやわらかさのバランスが良く
甘みがあるやさしい味です。

P1040686
亭主は、鶏肉とオリーブがごろごろと入ったトマトソースのパスタ
なんかかっこいい名前がついてましたが忘れてしまいました・・・

P1040692
デザートはパイナップルのジェラートとムース
もちろんドリンク付き

子どもには私たちの料理を取り分けたのですが
パン、オレンジジュース、ジェラートは
丸々一人分サービスしてくださいました。

これで一人1,500円
すごく親切な店員さんにも申し訳ない程のプライスでした。

湯布院別荘HP
http://www.yufuin-bessou.jp/
「PRお願いします!」とのことですが、
PRしなくても、そのうち「予約が取れない宿」となりそうです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年07月02日

これが東京タワーの兄貴分!

大分県別府市へ行きました

「ゆず」のコンサートを家族で楽しんだ後は
コテコテの観光旅行です。

まず一枚目
130629_201415
「一番搾りフローズン生(なま)」
ビールの消費拡大のため
メーカーもあの手この手を考えてますね。

翌早朝、につかったあと
ホテルの前から一枚
P1040647
「別府タワー」高さ90m
名古屋テレビ塔、通天閣に次いで
日本で三番目に建てられた高層タワーとは驚き!

P1040644
ホテル周辺を散歩して大分市方面をパシャリ!
梅雨時で天気はどんよりでした。
右手はあの「高崎山」です。
大分出身AKB(HKT)の指原さんを前面に出しPRされています

P1040654
昨年行けなかった「血の池地獄」
「日本最古の天然地獄」とのことです。
赤く煮えたぎっているようですが約78℃程だそうです。


asi
地獄から引かれた「足湯」につかりごきげん


P1040665
「アフリカンサファリ」のジャングルバス前で一枚
ズボンが先ほどとかわってますね


P1040677
ジャングルバスは
動物たちから見たらこんな感じです。
(どっちが鑑賞の対象だか分かりません・・・
青いものは「えさ箱」です。

バスの所要時間は約50分
ポイントで停車しながら動物にえさをあげます。
運転手さんのガイドも分かりやすかったですよ
P1040668
百獣の王もえさの生肉をおねだり
じらすと「ガオーッ」と怒ります
さすがに怖いです

P1040675
「麒麟です
長いベロでみかんを“なめとり”ました

P1040663
サファリの近くにはクロカンのコースがありました。
思わず車を飛び出し走りたくなるようなコースでした。


ブログランキング・にほんブログ村へ