せからしか我が家

毎日がイベントの我が家!「せからしか」家族の暮らしと共に綴った亭主の日記!おやじランナーは伸びしろあるね~! ※せからしか=うるさい≧にぎやか

熊本県水俣市はかつての公害都市から生まれ変わった環境都市です。

美しい海辺に亀が見つけたと言われる「湯の児(ゆのこ)温泉」があります。

そちらにある「湯の児島公園」に参りました。
DSC00289
小さな島が砂州でつながっています。

一の島、二の島、三の島と分かれています。
FullSizeRender


DSC00295
一の島は陸と吊り橋(観月橋)でもつながっています。

DSC00284
周辺は海水浴場です。
また、SUPのメッカとしても知られています。
この日は前日までの雨が上がり、家族連れの方々が数組海辺で遊んでいました。コロナの影響がなければもっと多くの方々がいらっしゃるのでしょうね。

さて、吊り橋を渡ると遊歩道が整備されており、島を一周して海を眺めることができます。

一の島の南側を半周歩いて行きました。
島の所々に「亀」が鎮座しています。
DSC00267
ウェルカメ!

DSC00268
こちらもカメ

陸上の建物は湯の児温泉のホテル「海と夕やけ」です。こちらに泊まり朝夕に散歩すれば気持ちいいでしょうね(^^)


DSC00270
またまたカメ登場
このカメさんはやや小ぶりです。

さて、我が家のお目当てで、湯の児島のカメ群のエースは、一の島と二の島の間にかけられた歩道から拝むことができます。
DSC00272
願かけ亀」さま


亀の顔の手前に壺があります。
こちらを目掛けてお賽銭を投げ入れ見事入ると願いが叶うと言われています。

BlogPaint
壺は小さく2〜3mの距離があるため入りそうでなかなか入りません。1円玉は軽いので風にも流され届きにくいです。5円玉か10円玉を持って行った方が良いでしょう。

我が家は家族3人でなんとか一つ投げ入れることができました。願いはズバリ「コロナ禍の収束と家族の健康」です!

DSC00273
こちらは自然形のカメさん。右向こうには三の島が見えます。

二の島を一周して一の島の頂上に行き、湯乃児神社にお参りしました。
DSC00282
願かけ亀で小銭を使い過ぎたためこちらに奉納するお賽銭が少なくなってしまいましたがこちらでもしっかり祈願!

さて、海水浴場に戻り、しばし水遊びしました。
DSC00292
カニさん発見!
小さ過ぎて、我が家のママの食欲をそそるまでには至らなかったようです。

美しい海と明るい空が新緑に映え、とてもリラックスした時間を過ごすことができました。


ブログランキング・にほんブログ村へ         

コロナの影響から通信販売でモノを購入する機会が増えました。

しかし、荷物が届いた時に不在ですと運送会社(特にドライバーの方)に迷惑をかけてしまいます。

また、Amazonは郵便局が配達するため再配達申込の締切時刻が早く、結果的に荷物受取までの時間ロスと手間がかかってしまいます。

高級マンションやSOHOですとコンシェルジュがいたり受付で預かってくださるのでしょうが我が家にはそのようなシステムは採用していませんので自力でなんとかしなくてはなりません。

いっそのこと宅配ボックスを購入してみようと、やはり通販サイトからポチッとやってしまいました。
IMG_4239
ナカバヤシ 宅配ボックスSTB-101

玄関先にコンパクトに収まりました。

受け取りできるサイズは
IMG_4236
250×377×465mm、20Kgまでです。
我が家のママは「もう少し大きい方が良かったんじゃ?」と注文をつけました。

確かにママが注文しそうなZOZOの衣類が入った箱は入らないかも知れません。

が、景観とのバランス、扉の向き、コスト面等等から勘案してこのサイズになりました。

そのように大きなものは従前通り再配達や営業所へ取りに行くしかありません。

さて、ボックスの中はこのようになっています。
IMG_4240
印鑑をぶら下げておきます。荷物を入れて扉を閉めて南京錠をカチッと閉めてもらいます。「使用可」「使用中」の表示ができます。

上にワタミの食材宅配ボックスをちょうど良く置くことができました。
IMG_4241
早速、宅配業者のドライバーの方にお伝えしたところ「助かります!他のドライバーにも伝えておきます!」とおっしゃっていただきました。

これでまた夜中に「ポチッと」やってしまう機会が増えてしまうかも知れません(^^;


ブログランキング・にほんブログ村へ         


みんな大好きいちごのシーズンも終了!

我が家は毎年のように「いちご狩り」に行きますが、今シーズンはコロナ禍の影響で外出や三密を防ぐために、ビニールハウス内でのいちご狩りは断念しました。

これまでの「いちご狩り」の様子



しかしながら、シーズンも終了の時季にいちご農家Tさんから「かがりあげ」にお呼ばれし、我が家からはママが代表して参戦して参りました。

かがりあげ」とは?
シーズンも終わり、いちご農家の方が畑や苗の後片付けを行う前に、せっかく成ってしまっているいちごを近所や知り合いの方々に人海戦術で摘んでもらい処分すること。

残っても処分してしまうだけということで、たくさんいただいてきました。
IMG_4277
熊本の初夏の果実メロンと共演

IMG_4278

IMG_4279
色も形も甘さもみずみずしさもどれをとっても一級品です。

完熟に近いため、重ねていると傷んでしまいます。速やかに別の容器に分けてご近所へもお裾分けさせていただきました。

IMG_4280
軽く500個以上はありました。


さて、先日はその我が家のママの誕生日でありました。
IMG_4281
ささやかですが、おめでとうございます!
また、いつもありがとうございます!

誕生日ケーキにはたっぷりと「追いちご」をしてビタミンローディングに努めました。

しかし、ビタミンCは水溶性なので過剰摂取しても身体に蓄えはできず外に出てしまうそうな〜。


ブログランキング・にほんブログ村へ         

このページのトップヘ