我が家は今年もUSJに参りました。

5年連続となりますが、毎年のようにアトラクションが増えたり、違うイベントを楽しんだりしています。
P1100007
ユニバーサルスタジオ駅にて

ホテルは5年連続で異なるホテルです。

今年はザ・シンギュラリホテル&スカイスパアットユニバーサルスタジオジャパンに宿泊しました。

P1100077
昨年オープンしたUSJ6番目のオフィシャルホテルです。

IMG_8799
室内の装飾はシンプルですが、外国人旅行客を意識した和のテイストが盛り込まれています。

しかも、このホテルでは宿泊客は無条件で展望大浴場を利用することができます。息子は大はしゃぎしていました。

そんなホテルに滞在できる時間はわずか、翌朝早起きしてUSJに急ぎました。
P1100076

今年はなんといっても、息子の身長が132センチを超え、すべてのアトラクションを利用することができるようになったことが一番の楽しみでしょうか。
IMG_8803
おかげでハリウッドドリームザライドフライングダイナソー(以下FDという)を満喫し、高学年の仲間入りを果たすことができ、満足気な息子です。

世界一の高低差を誇るFDは我が夫婦も初体験です。
IMG_8884
休日は150分待ちもあり得ます。
我が家のように1年に一度しか訪れない遠方の利用者は、エキスプレスパスやシングルライダーを利用する必要があります。

我が家は、朝一のアーリーパークインで一回、午後にエクスプレスパスでもう一回、合計2回チャレンジすることができました。

通常のジェットコースターは椅子に腰掛けた際に足はマシンに着いたまま進みますが、FDはガッチリした装備に守られているものの脚元には何もありません。

それどころか「うつ伏せ」の状態、まるでプテラノドンに背中をガッシとつかまれて空を舞う、というよりブンブン振り回されているような感じのコースターです。

ポケットの中身を全部出し、サンダル履きの方は足にゴムバンドをつけたり、万全の態勢にする間に恐怖感が増幅します。
IMG_8887
まずは、地上を見下ろしながら高さ約40mまで上ります。

IMG_8889
そして、頭から地面に向かいすごいスピードで、真っ逆さまに落とされます。

その後は回転、キリモミ、右左と傾き、狭く暗いトンネルに入る瞬間は壁に激突しそうな錯覚があります。

わずか3分ですが、恐怖におののき何度も絶叫してしまい、地上の方々にヨダレがかからなかったか心配でした。

なお、回転の際にはお腹と背中にすごいGがかかって、これもなかなか味わえない感覚でした。

スパイダーマンやハリポタのフォービドンジャーニーのような酔いは感じませんでしたが、降りた時は顔面蒼白で言葉が出ずにむしろ笑いしか出ない、次世代の絶叫コースターでした。

他にも
IMG_8891
エバンゲリオン・ザライド

P1100037
ハリポタのホグワーツ城など

P1100040
FDの後も園内を楽しく過ごしましたが、亭主は前週までの仕事の負荷がここにきて出てきたのか、それともトシなのか、軽い「酔い」を感じ、いくつかのライドをママと息子に任せて、一人休憩をとることにしました。


そこでお見かけしたのがアニメワンピースの仮装集団

仮装OKのUSJでいつも色んな方々を目にしますが、初めてお目にかかったのは、四皇の一人ビッグマムの仮装をされた方

写真を撮らせてもらいました。
P1100055
サンジとローラプリンたちも加わって、気前よくポーズをとってくださいました。

このようにUSJは東のネズミーランドと人気を二分する何度行っても楽しい夢の国でした。

P1100072
今回、亭主は少し休んだ時間を挟んだことで、家族ががたいそう楽しむ姿を見ることができて、何よりも大安心、大満足することができました。

リア充感まで味わえ、とても楽しいUSJの旅となりました。
また、行こう❗️