2017年10月14日

熊本城マラソン2017 プレイベント 「熊本30k」にエントリー!

2018年2月18日に熊本城マラソン2018が開催されます。

その約一カ月前の1月14日に「熊本30k」というイベントが開催され、亭主もエントリーしました。

「くまもと三十キロ」と呼ばずに
「クマモト サーティ ケー」と呼ぶそうです。

この「30kシリーズ」は全国各地で開催されています。
東京も大阪も岡山も鹿児島も沖縄も
当地のフルマラソン大会のおよそ1ヶ月前に開催されているようです。


フルマラソンを自分が定めたペースで走り切るには大会の前に一度は30kmを走るべき!と言われています。

亭主が崇拝する金哲彦先生は

大会の3週間前にメニューに取り入れていらっしゃいます。


30km走は嫌でも避けられないトレーニングですので、カネを払って自分をピン留めしておくことがこの大会にエントリーする大義でしょうか?

毎年恒例の「倉岳えびすマラソン(10k 同日開催)」の参加賞であるタイ1尾を袖にすることになりますが30kを優先します。


以下、この大会のポイントを紹介します。

亭主の理想は3.5時間ですが、実力からすると4時間が関の山でしょうか。


フルマラソンは30kmの壁があると言われます。壁を破るためには30kmを終えた時点で余力を残しておくことが必要と思います。
よその30km走は10km周回位ですが、熊本は2.5km周回です。延々と14周も走らなければなりませんので心の鍛練にもなるでしょうか?



書いてあることはクマモトケンミンには当たり前のことであり、隣接するパークドームでは着替えもシャワーも無料なんです。
この辺りはやや中央からの目線ですね。

これこそニッチ産業!
当たり前のことをシノギに変えたアールビーズ財団(ランネット)さん、儲かってるんだろうなぁ。

ブツブツとディスってしまいましたが、いい練習の機会ができて良かったです(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ